タグ:思春期 ( 6 ) タグの人気記事

完成させることへの想い2

子供もティーンエイジャーになったら
母親の忠告なんて
なかなか聞いてくれないでしょ




いつ見ても中途半端に
テストや作文を仕上げて
提出している息子
どう話したら彼が今までのやり方を
変えられるのであろうか




大きな目標を掲げても
完了していない中途半端なものを
積み重ねることは砂の城を建てているのと同じで
築く前に下から崩れていってしまう




それをわかってほしくて
話したのは私の体験談
息子以上にダメダメだった
私が仕事を通じて
〝完成させることを意識する”
大切さを学んだことについて



それは



私が20代のころ
自分の仕事に誇りを持つことが
出来ませんでした





何故なら単純に自分が好きで
している仕事に対して
誇りをもつなんて可笑しいでしょう
だってこの仕事は自分の幸せなんだもの





選んだ宝石が素敵なジュエリーに
なるように制作することは
私にとってとても楽しいこと
でもそれで誇りを持つなんて
ずうずうしくておこがましい
と思っていたのです




d0339681_17540721.jpg
ちなみにCLASSYに掲載された
25歳の私です(笑)






でも仕事を続けるうちに
この仕事を本気で続けたいと願うなら
そこに誇りを見出し覚悟を持たなければ
仕事についてまわる困難を越えられないことに
気が付きます
自分の寿命より長くあり続けるジュエリーを
作り出す仕事が
そんなに甘い業種であるはずはないのです




どうしたら仕事に誇りを持つことが
出来るのであろうかと…
答えを見つけることはなかなか
出来ませんでした





より良いものを制作する
そんなことは好きなのだから当たり前
努力のうちにはいらないでしょう





単に好きなことをしているだけ
お買い上げくださるお客様が喜んで
下さるのはとても嬉しいけれど
それだって自分の幸せでしょ
どうあれば自分に誇りがもてるのか…?





それまで好きで制作したジュエリーが
売れなかったとしても私にとって困るとか
不良在庫になるという概念はありませんでした
だって金庫のなかにあるだけで嬉しいのですから




でも金庫の中で長らく眠っている
ジュエリーを眺めているうちに
ふと
いつか誰かがこのジュエリー達を
気に入って着けてくれる日が来るのかな?





なんて考えた時
急に金庫の中で長らくしまわれている
ジュエリーに申し訳なく思えました




ジュエリーはやはり持ち主に巡り合い
その人に喜ばれ
その人の人生に彩を与えて
はじめて役割を果たせるのではないか





デザイナーが制作し終わった段階で
満足しているようでは
そのジュエリーの真の
存在する意味を満たすことが出来ない




宝石をジュエリーとして
仕上げたら1つの仕事を完了させたと
考えていた私はあまりにも未熟者




石の上にも3年
といいますが





お客様としていらして下さる方々の
ご家族に贈るときのジュエリーの想いや
ご自身の未来のためにジュエリーを選ぶ
多くの場面に立ち会えてやっと


宝石をジュエリーに作り上げ
それを持ち主となる方の人生にとって
価値ある存在になるように
そのジュエリーのエネルギーを
活用して頂けて初めて私の仕事は
1つ完了するのだと気が付くことが出来ました


それからは


その1つ1つの仕事を完了することを
意識して少しづつ積み上げたことが
私の誇りになっていったのでした




d0339681_17543160.jpg
ちなみに20年前に25ansで
アンジェリーナをご紹介頂いた時のページ


息子が将来どんな仕事を選ぶのか
それは自分で決めればいい


でも親として望むのは
どんな仕事であれ
自分と出会った仕事を信頼して
その1つ1つを完了させて
自信を積み上げ誇りをもつこと



その道は今につながっているから



〝僕は自信なんかないんだ”
なんてのたまう前に
与えられた課題を全部とは言わないが
これはやり遂げたいと思ったことは
完了させることを意識する



完了させたものを積みあげたとき
初めて自信が生まれ
いつかそれが誇りになることを
私は体験したのだから



なんて話していたらもう夜中に!
明日から期末テストが始まるのであった
ほらっ、しっかりやり遂げて(笑)









177.pngクリスマスイベントのお知らせ

12月20日㈬~26日㈫

三越日本橋本店1階にて
アンジェリーナのポップアップストアOPEN


完成させることへの想い 1

"ケアレスミスだってば
 ケアレスミスで40点も減点しちゃったんだ”


昨夜は次男の担任の先生との面談日


得意なはずの数学のテストの散々な結果に
対しての次男の言い訳です


この言い訳は小学生の時から
聞き続けているのよね…



ケアレスミスでの減点
ということは
問題を解いても完成度を高めるための
見直しをしていないということであり
成績どうのこうのの前に



彼が自分の作り上げたものに対し
見直すという行為を面倒くさがり
完成度を高めるという意識にかけ
それまでに努力した労力を無駄にしている
ということとしっかり
向き合っていないことを意味します




ということは数学だけではない
文章作成だって
アートだってすべてに
その思考パターンは影響してるはずだから




このまま今までと同じ思考パターンを
繰り返していたら2年後の
大学受験はストレスの大きいものになる



目を見据えて諭す私に


〝うるさいな、母”
何を思っているか
一目でわかるふてぶてしい
表情で押し黙っている(笑)




d0339681_17454753.jpg



それにしても親子って似るものですね



私も若かりし頃は
物事を完成させることへの
意識が低く自分のその問題自体にさえ
気がついていなかったことを思い出しました



デザインを始めたばかりのころ
ワクワクしながら
新しい石に手を出すくせに
せっかく仕上がったジュエリーに満足してしまい
裏のカーブのつくりのチェックや
楊枝で1ピースずつ
つつきながら確認する石留のチェックなど
職人さん任せにしていたのです



数十歳年上の職人さんに
ダメ出しをすること自体を避けたかった
というのもありますが
やはり完全に完成させるという概念を
しっかりと理解し受け止めていなかった



1つ1つを完成させること
そしてそれを積み重ねること



うざがる息子を前に
私が仕事から教わった
〝完成させるために持つべき想い”
勉強とはちょっと違うのかもしれないけど
明日へと続きます







177.png アンジェリーナ店頭イベント
 11月24日(金)~30日(木)
 
 期間中は完全予約制となりますのでご了承ください


177.pngクリスマスイベントのお知らせ

12月20日㈬~26日㈫

三越日本橋本店1階にて
アンジェリーナのポップアップストアOPEN


母の日アピール

明日の日曜日は何の日か覚えてるかな~?



というわけで息子たちの携帯それぞれに
送った画像は




d0339681_13215242.jpg

ニコライバーグマンの前で撮った写真
゛MOTHER`S DAY "
って書いてあるのわかるでしょ




でもすぐに


゛自撮り写真とか送りつけてくるの
 気持ち悪いからやめて”


の返信が…



そうですか



私が何を意図しているかわかりませんか…



ティーンエイジャー男子は
5月の第二日曜日が何の日か
記憶の片隅にもないようだな136.png




じゃあ、もっとわかりやすい画像を
送っておこう


d0339681_13430734.jpg

あれから返信はこないけど
当日 楽しみにしています(笑)




173.png5月アンジェリーナ ランチ会のお知らせ173.png


゛アンジェリーナ

願いを叶えるジュエリーランチ会”


5月のテーマ

~より輝く毎日のために

    流れに乗るためのジュエリーの活用法~



日時 5月24日㈬ 11:30~15:00

会場 CICADA表参道

参加費 ¥8,000(税込)

ご友人とご参加下さる場合は特別割引がございます。



※お申込みは下記のアドレスに

件名 5月ランチ会参加希望 で

お名前・携帯電話番号・メールアドレスを

お送り下さいませ.

info@angelina.co.jp







173.pngウーマンエキサイト取材ページ   

http://woman.excite.co.jp/article/feature/d/mamalife/

173.pngジュエリープラクティショナー宇野真澄さんのブログ

http://ameblo.jp/beautifulclear/

173.pngジュエリープラクティショナー松本華奈美さんのブログ

https://ameblo.jp/natural-leaf0221/

173.pngアンジェリーナのジュエリーは伊勢丹新宿店1階の

IRO I』コーナーでもお取り扱い中です







思春期にベストな母って‼ no.2

前回からの続きです


先日いらして下さったお客様のリクエストは

゛思春期のお子さんに対し

ベストな母親として接するためのジュエリー”



ティーンエイジャーとなったお子さんが

何か悩みなどを抱えているようなので

親として少しでも慰めたいと

言葉をかけると険しい表情で

厳しい言葉を返される133.png



頭にくる!と思いながらも

ベストな母親として接し続けたいので

そのエネルギーをサポートしてくれる

ジュエリーがほしいとのことでした




うん、うん、わかります

私の家にもティーンエイジャーが

生息してますからね



d0339681_18120209.jpg






子供は成長過程それぞれで

様々なハプニングがあり

幼い頃のままの解決策には頼れない

(大人が介入しなくては

解決できない大きな問題は例外として)




「大人になる前のサナギの時期

彼らが必ずこの時期を乗り越え

成虫となって舞い上がることを

確信していること」

が親の立ち位置であるべきだと思います




子供の問題と直面すると 心は揺れ

心配になり不安で胸一杯になってしまうこともある

でもその感情に釣られての判断は

子供を導く母としての正しい判断とは限りません

不安に判断の軸を置くのではなく

いつか必ずこれもただの経験と

終わりが来ることを知っていること




いつかこんな経験さえも

笑い飛ばせる日が来るはず





だからこの経験を単にマイナスで

終わらせるのではなく どんな意味付けをしたら

彼らの人生にとってプラスになるのか

そこに軸を置いて判断しサポートすること





いくつもの新しい朝がきて

いつか彼らなりの答えを見つけて

この狭く暗いサナギを抜け出す日が来る




だからそれを信じてまったく動じていない

未来を信頼する母を演じきり

寄り添うこと



状況をコントロールしたいという気持ちや

いままでの親としてのエゴを捨て

彼らの成長を信頼して

ただ寄り添うことを



そこから見える親としての

発する言葉

やるべきことが見えてきます



いつかね

蝶になるのが楽しみね

蛾になったらどうしましょ(笑)



d0339681_18123583.jpg

思春期はさておき





人生で新しい問題が起きたとき

それは今までの自分で押し通すのではなく

新しい視点で模索し

新たなエネルギーを身に付け

解決のチャレンジをすべき時





あなたにもし

向き合うべく新しい課題があるのなら

ジュエリーのエネルギーを味方につけてみませんか?

24()ランチ会で解説します。




また 個別セッションをご要望の場合はアンジェリーナにお問い合わせ下さい


5月アンジェリーナ ランチ会のお知らせ173.png


゛アンジェリーナ

願いを叶えるジュエリーランチ会”


5月のテーマ

~より輝く毎日のために

    流れに乗るためのジュエリーの活用法~



日時 5月24日㈬ 11:30~15:00

会場 CICADA表参道

参加費 ¥8,000(税込)

ご友人とご参加下さる場合は特別割引がございます。



※お申込みは下記のアドレスに

件名 5月ランチ会参加希望 で

お名前・携帯電話番号・メールアドレスを

お送り下さいませ.

info@angelina.co.jp



思春期にベストな母って? no.1

子供が思春期ともなれば



日々の生活の中で

何があったのかは

話してはもらえないけれど

(特に男子!)



彼らの環境に何らかの異変が起きていて

でも彼らには何が本質的な問題なのかはわからず

解決策が見つけられずに

明らかにもがき苦しんでいる



と伝わってくることがあります



ティーンエイジャーの頃は多感で 経験値も少ない

大人の私達から見れば

世界が全く違って見えているはず



人それぞれに個性は違うので自分の経験と重ねて

完全に理解してあげられることは出来ないけれど

私の思春期を振り返れば



あるきっかけがあって

摂食障害が始まり

食べては吐いてしまう

落ち着くと身体を痛みつけるかのように

大量の物を呑み込むのが止められなかった時期が2年ぐらい続きました



口の端は切れ 胃の悪い口臭がしたであろうし

いつも背中を丸めて歩いてたと思う

当時の私にとってはその状況は恥ずべきことで

誰にも打ち明けられることは出来なかったし

私はずっとこのまま苦しみ続けるのかもしれないと

大人になる未来がとても怖かった



でもそれも高3になり

もっと大問題が勃発して摂食障害からは脱しました、ショック療法ね



そう思い出したなら

いつの間に私はこんなにお調子者になったのかしら(笑)



あの

どこにも居場所はない、

自分にはほんの少しも価値がない

と思い悩みんだ渦中

いつか出口が見つかるなんてことは想像だに出来なかったものよ



過ぎたから理解出来るのは

最初からちゃんと私のための出口は用意されていて

あの苦しかった経験も私の礎のひとつであること




「青春」の画像検索結果







さて



昨日は



”思春期のお子さんとどう接するべきか”

ベストな自分への変化を望むジュエリーガイドをリクエストのお客様がいらっしゃいました



そのお客様に見えてきた答えとは?



明日へと続きます



5月アンジェリーナ ランチ会のお知らせ173.png


゛アンジェリーナ

願いを叶えるジュエリーランチ会”


5月のテーマ

~より輝く毎日のために

    流れに乗るためのジュエリーの活用法~



日時 5月24日㈬ 11:30~15:00

会場 CICADA表参道

参加費 ¥8,000(税込)

ご友人とご参加下さる場合は特別割引がございます。



※お申込みは下記のアドレスに

件名 5月ランチ会参加希望 で

お名前・携帯電話番号・メールアドレスを

お送り下さいませ.

info@angelina.co.jp



べっぴんさん♡3

"いい子ほど後になって糸が切れたら怖いのよ”

と言っておこう


なんの話かと言えば



毎朝 楽しみにしている

NHK朝のテレビ小説

"べっぴんさん”





他にはない良いもの(べっぴん)を

作って提供したいと

ゼロから会社を興し奮闘している

主人公すみにいつも共感しているわけですが






最近のストーリーはというと




すみれの一人娘さくらは

いつも手のかからないいい子だと

言われて育ったけれど

両親はいつも留守ばかりで

本当は日々寂しくて仕方がない




すみれもそんなさくらの気持ちを

察していながらも娘は理解してくれるだろうと

勝手に決めつけ仕事を優先する生活を

変えることができないでいる



そんな高校生のさくらは友人に

誘われて出掛けたジャズ喫茶で

出会ったドラマーの

不良めいた青年と出会い恋心を抱いていく



という展開で

今日はナイトクラブで遊んでいるところを

乗り込んで来た母に見つかり修羅場となってました




d0339681_17063608.jpg




これからのストーリー展開は

わからないけれど



あまい…あまいぞ…すみれ

黙っていても娘は私の愛情を

理解しているに違いないなんて




娘が通う名門の女子高なら

当時周りの親御さんは専業主婦ばかり

学友たちの会話に登場するはずで

そんな環境にさくらはいつも疎外感を感じていたはず



娘の友人関係や活動に興味を示さず

朝食時にも就寝時にも家庭を不在にし続ける

自分の生き方を省みなければ

いずれ高いツケを支払うことになるには

火を見るより明らかなのにね



すみれ本人が幼い頃に母を亡くし

思春期はどっぷり戦争中なのだから

娘の気持ちを汲み取れないのは

仕方がないことなのかもしれないけど…



d0339681_17015186.jpg

そんなすみれを分析すると

仕事にのめり込むと

周りが見えなくなり時間を忘れてしまうし

娘が問題を起こすと頭ごなしに激情する




自己”SELF”のエネルギーや独立心が強い、

自分のものの視方に執着するタイプ

その分 目標達成する力を持っているけれど

他の人に頼るより自分でやらないと気が済まないのね






彼女にお勧めするジュエリーは

スミレ色のサファイアやタンザナイト




心を落ち着かせ 自分にとって

大切なものは何かを見極めること

そして自分の過去の在り方にこだわらず

客観的な視点を持って今どう生きるべきかを

答えを出すのを導いてくれます





またこの後も一悶着ありそうですが

問題が起きてしまった後でも

その解決策を模索するのに

サファイアやタンザナイトは効果的なジュエリーです





072.gif取材ページ    http://woman.excite.co.jp/article/feature/d/mamalife/






★ジュエリープラクティショナー宇野真澄さんのブログ
http://ameblo.jp/beautifulclear/entry-12097609821.html

★ジュエリープラクティショナー松本華奈美さんのブログ
http://ameblo.jp/natural-leaf0221/ 



★アンジェリーナのジュエリーは伊勢丹新宿店1階の
『IRO I』コーナーでもお取り扱い中です













篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei