<   2017年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

てんとう虫のごほうび

今日ポストをのぞくと
可愛らしいポストカードがありました


てんとう虫って
丸いフォルムと
模様が可愛らしくて大好きです



子供のころ
道端でてんとう虫を見つけると
そっと両手で包み込んで
家までダッシュ


庭の木の葉において
どうぞうちの子になってくださいと
お願いしたものです
d0339681_18072895.jpg



そんな大好きなてんとう虫のカードに
書かれていたのは


先日お母さまとご来店くださった
お客様からのメッセージでした



ジュエリーデザイナーとして
仕事をスタートしてもう23年


アンジェリーナだからこそ出来ると
胸を張れる仕事もありますが



私が望む仕事のクオリティに
私自身が届かないように
感じられて息苦しい日も
時にあり


d0339681_18073558.jpg



お客様からの暖かい言葉は
何よりも私を励ましてくれ
正しい解決策を見出すエネルギーとなりました

手に取って一瞬で幸せになる
素晴らしいご褒美です



″ジュエリーは人の人生より長く存在する
そしてジュエリーには人の記憶が宿る”


それを知っている私達が
信じるベストなジュエリーを
お客様に提案し制作すること

宿る記憶に相応しい接客をすること

それを高める道を歩み続けていくこと



この仕事を続けられる
感謝を改めて強く実感しました








代官山アート展

昨夜はヴェレッタオッターヴァの
チーフデザイナーMちゃんと
寺井ルイさんのアート展の
オープニングパーティーへ



d0339681_16081897.jpg

寺井ルイさんは様々なブランドと
コラボアートを発表することが
多く作品に多様性がありユニークです



今回のテーマは

″Hell is gone and heaven's here
There's nothing left for you to fear
Shake your arse come over here
Now scream
I'm a burning effigy
Of everything I used to be
You're my rock of empathy, my dear

So come on let me entertain you
Let me entertain you”





d0339681_15590332.png


TERAI EXHIBITION ROCK GOD &ROCK STAR
会期:2017.10.25(WED)-11.8(WED)
会場:MONKEY CAFE GALLERY.
代官山のモンキーカフェギャラリーにて
11月8日㈬まで開催されています


帰りはMちゃんとメキシカンレストランにて
ワカモレをあてにマルガリータで二人飲み 
同業者だからこそ理解しあえる
葛藤や喜びをディープに話し合う夜となりました
d0339681_15592978.jpg



渋谷でのお食事会

渋谷の駅は表参道から1駅
近くても乗り換え以外で
降りることは滅多にない
でも昨夜は渋谷でお食事会をしました


先日の三越でのポップアップストアを
応援してくれたジュエリープラクティショナーの
受講生さん達とスタッフに日ごろの
感謝を込めてのお食事会です


場所は悩んだあげく
レストラン アー
に決めました






キハチの総料理長を務めた
宮川シェフのお店で
以前は表参道のルイヴィトンの
裏手にあった
″ケンヴェンティクアトロ”
が渋谷に移ったのでした



表参道にあった頃は
お気に入りのレストランだったのですが
渋谷に移ってからは足が遠のくばかり
久しぶりにお料理を頂くことが出来ました



宮川さんのお料理は
前菜からデザートまで
食材の味を丁寧に
時に大胆に引き出していて
とても美味しいのです



そう言えば先日
平野レミさんもよく通うお気に入り
レストランとして紹介していましたよ



http://hamsonic.net/2017/02/14/hiraniemi-matusko/



ソフトシェルクラブがみんなから
好評でした

d0339681_14072450.jpg


カルパッチョも
他店とは違う味わいでお勧めです


d0339681_14005327.jpg

人生の流れの中で
大切な人との出会いに偶然はあり得ない
心を通わせることが出来る人との出会いは
すべて必然で神様からの贈り物なんだと思います



d0339681_14004275.jpg


出会いの後には
疎遠になったり
悲しい別れがあることもあるけれど
それら全てに意味があって
出会えたことこそが幸せ


幸せと成長を与えてくれる仲間たちに感謝しています173.png














ハロウィンには間に合わない

朝 学校へ行く息子を送り出すときに


〝歩きスマホはダメだからね!”


と声を掛ける私に


〝説得力ないよ”の返事


なぜなら今私はこんな形相だから


d0339681_14374876.jpg


すみません、見栄をはりました
こんなに可愛いはずなかった



カバーマークのコンシーラーを
たっぷりと塗り重ねていますが
片方の目の下が内出血で
真っ黒なのであります




自分では見えないので
あんまり気にしてませんが
知人に会うと
かなりの大惨事に見えるらしく
みんなギョッとして理由を聞きます


〝近所の不良と殴り合いの喧嘩をした”
と言いたいところですが


本当は
雨が降る暗い先週末の夜
道に迷って歩きスマホで地図を探していたら
電信柱の突起物を目の下あたりに
ぶつけてしまったのでした



今週は食事会やら
パーティーやらが
あるのにこの顔で参加するしかないな…



この内出血はあと1週間ほど
ハロウィンとニアミスで治るそう


ハロウィンと重なってたら
もう片方も黒くして
パンダとか
呪怨とか
仮装用に活用できたのにね(笑)




新作用カラーストーンのカッティング

11月の末にはアンジェリーナの
クリスマスイベント

12月には三越
日本橋本店でのポップアップストアと
イベントが予定されています


その時期に合わせて大粒の
カラーストーンを使ったペンダントと
ピアスの新作を披露したいと
準備してきましたが


何度かカットシェイプの
調整を直して
主役となるカラーストーンが
やっと出来上がりました


d0339681_13021361.jpg
親指の先ほどの大ぶりなカッティングで
表面のカットが様々な方向に
光を反射させます



大人の女性の頼もしい
アミュレットジュエリーに
相応しいカッティングに
仕上がって嬉しい113.png




カッティングにこだわっているうちに
時間はギリギリになってしまったけれど
制作は明日からスタート
いまワクワクしながら製図を描いてます




大人の女性が楽しむニューショップオープン

昨夜は学生時代からの友人が
イチ押ししているコスメブランド

クレ・ド・ポーボーテ

の表参道ヒルズ店のオープニングパーティーへ



クレ・ド・ポーボーテといえば
日本が誇る資生堂の
最高峰コスメブランド


d0339681_13342074.jpg


今年のはじめに鼻の下に
細かい縦じわがよっているのを
見つけたショックから
化粧品には随分詳しくなり興味津々



そうはいっても
デパートの化粧品売り場で
根掘り葉掘り聞いて実演して
頂くのはちょっと照れくさくて…



表参道ヒルズに今回オープンした
クレ・ド・ポーボーテは
新しいコンセプトの
体験型ショップ



d0339681_13343970.jpg

奥の半プライベート空間では
メイクのコツや
悩みに合った基礎化粧品を
しっかり教えてくれますし


店頭に沢山並べられたクレドポーの
コスメを自由にいくらでも試すことの出来る
贅沢なスペースを兼ね備えています



d0339681_13343398.jpg
今回発表された
クリスマス限定コフレボックスは
愛のストーリーを小鳥で表現した美しいパッケージ
これ1つで今どきのエレガントフェイスに
なれるよう活用方法もがっつりご指導してくれますよ




リップを選ぶごとに
そのカラーのコンセプトを語ってくれる
魔法の鏡も素敵なアイディアで
大人の女性の楽しい遊び場となりそう


d0339681_13345022.jpg
10月20日(金)からのオープン

〝次回はコフレボックスを買いに行こう”

とはしゃぐ私に同級生ならではの
「それよりそのくせ毛をどうにかしよう」
の手厳しい一撃 だけど
正直な友人がいるからこそ客観視出来るから

新しいコスメを試すなら
やっぱり正直な友人と一緒がいいですね









#cledepeaubeaute
#cpb #beauty #skincare
#omotesanodohills
#tokyoluxey
#表参道ヒルズ
#ホリデー
#クレドポーボーテ
#コフレドクレール

面接での質問

〝あなたは何故ジュエリーが好きなのでしょうか?”


現スタッフFさんへ面接のときの質問です



〝以前からジュエリーが好きで
宝石の知識を深めながら
ジュエリー店で働いてみたい”


志望動機をこのように話してくれた
Fさんに対し次に投げかけた質問でした


Fさんはちょっと考えて


〝私がジュエリーから連想するのは愛です。
それは家族へだったり、パートナーだったり
自分へだったり どんなジュエリーにも
それぞれ愛の思いがあるはず。


それにしてもアンジェリーナには
愛ある幸せな人が
沢山いらっしゃりそうですね”



と答えてくれました



d0339681_19082885.jpg


私が思うジュエリーの存在とは

ジュエリーとはありたい姿で生きる
大切さを知り己を見つめ
愛して理解したうえで
自分らしい装いを完成させるための存在


そのジュエリーに愛がなければ
つまらなく味気のないもの
になってしまうでしょう


ジュエリーをデザインするとき
持ち主となる人がいつも
愛のエネルギーと共にありますように
という想いを基軸としています



毎朝ジュエリーを身に着ける
それは贈ってくれた人への愛もあるでしょう
でも一番はやはり愛する自分の人生を
どう歩くのか表現することなのだと思います



Fさんはもちろん採用!
そして今年で勤続3年めとなりました
いつもその存在に
沢山助けられています



アンジェリーナの現スタッフは他に
勤続15年の子育て中のMちゃん
そして新たにファッションの知識が広い
新人さんを迎えました



このメンバーでよりお仕事を高めることが出来そうで
これから先の日々にワクワクしています










食欲の秋

ご近所に住んでいらっしゃるご夫婦が
フォアグラを食べたいとのことで
フレンチレストランへ


アランデュカスのビストロ
ブノワへ


http://www.benoit-tokyo.com/


10階からの眺めはいつもながら
気持ちがいい



残念ながらお目当てのフォアグラは
値段の高騰により
入荷が遅れていて食べれず




ポレンタを添えた
鴨の赤ワイン煮を
頂きました


d0339681_16055832.jpg
長時間煮込んだ鴨のもも肉は
ナイフを入れただけで崩れるほど
柔らかくこってりとした
濃厚な赤ワインソースによく合います




ダイニングマネージャーさんが
説明してくださる
お料理の説明がとても丁寧で美味しそう
説明して頂いたお皿を全部
食べてみたくなりました



d0339681_16060620.jpg
これからムール貝や牡蠣が
ますます美味しくなる季節


表参道周辺は美味しいレストランが沢山
ありますから秋冬ランチ
貪欲に攻めたいと思います(笑)










血とジュエリー2

〝宝石は持ち主の想念を宿す”
伝統的な定説ですから


愛したり
憎んだり
恨んだり


その感情はいつも身に着けている
宝石に宿りその情念をさらに
歯止めの利かないものに
強めてしまう可能性だってあるでしょう


そう考えたとき
私が思う宝石の怖いイメージが
似合うストーリーは
〝サロメ”


もともと新約聖書に登場する逸話ですが
19世紀にオスカーワイルドが
発表した戯曲が有名ですね


素晴らしい踊りのほうびとして
欲しいものがなんでも与えられると
王に約束されたサロメは
自分の好意を拒んだ預言者ヨハネの
首をねだり切断させ口ずけする






聖書に登場するストーリーでは
少女サロメが王に
素晴らしい踊りの褒美として
ヨハネの首を欲しがったのは
母の望みを叶えたかったからなのだけど



可愛さ余って憎さ100倍
想いを遂げられないなら
首をちょん切ってしまえ
激しい愛ゆえなのは間違いないでしょう



d0339681_17470390.jpg



さてヨハネの首を前に
高笑いしているサロメが
つけている宝石は何かしらと
想像したら


やっぱりガーネットかな


和名ではザクロ石
日本の民話では鬼子母神が
人肉の代わりに仏さまから
与えられたものがザクロでしたね


錆びたような血の香りが漂いそうで
ありながらその艶やかさに
魅了され触れずにはいられない


〝一途な想いを叶える宝石”と言われ
ゲーテの年若い恋人ウルリケが
ゲーテへの愛を誓っていつも
ガーネットのネックレスを
身に着けていたのだとか




戯曲の最後では結局サロメも
王に命を絶たれてしまいます


血が滴るようなガーネットを
サロメも愛用していたのなら
そのストーリーエンドを彼女自身が
本当は望んでいたのかもしれません











血とジュエリー

秋雨がしとしと降りだすと
気温がどんどん下がり
もうすぐくる冬を感じずにはいられない


寒い季節こそジュエリーは欠かせないもの
空の色が沈めばより多くの光を
自分に取り入れる必要があるから
たとえば


太陽のイメージと結びついて
現在7月の誕生石になっているルビー
古来からの言い伝えは
11月に着用すると
一番エネルギーを発揮できる宝石と
されていました



d0339681_18160192.jpg



そうヨーロッパの11月は
東洋とは比べ物にならないくらい
気温が下がり身体が冷える


情熱を燃やし
体を温める作用があるとされていた
宝石を着用することで
エネルギーが高まるとされていたのです


艶やかで内側に脈打つかのような
生命力を感じさせる赤い宝石に触れると
心臓から送り出される血を
連想する人は多いでしょう


〝ギロチンで首を切られた魔女
その血にしたった魔女の美しい
ルビーのリングは魔女の呪いを宿し
その後そのルビーのリングの持ち主となった
人に次々と不幸が訪れる”


子供の頃に読んだストーリーを
なぜかこの季節によく思い出します


極上の宝石には幸せなストーリーも
いいけれど身震いするような
恐ろしい話もよく似合うもの



エネルギーの強い宝石は
それだけ持ち主の秘めた
内面の意識さえ表に引き出して
しまうと考えられていましたからね



血が好きなヒロインなら
ルビーを愛するはず


私がこっそり想像するルビーが好きな
ヒロインはまた次回に


















篠田恵美 ブログ


by angelina-kirei