物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
足あとのための足あと
b0062963_17272459.jpg
 本にサインを頼まれて、極細のペンをいっしょに渡されると、たじろいでしまう。わたしは筆や太字のマジックで豪快に書くのが好きで、極細ペンでは何とも味気なく感じる。気が乗らないまま、サインにも熱がこもらないという悪循環に陥り、おまけに人の名前を間違えて書いてしまうといった失態さえ犯してしまう。理想は豪快に名前を書き、印をはらりと押すこと。『ロビンソンの足あと』にちなんで手作りの印を作った。新刊本に足あとの印を押すのはどんな気持ちだろう。新雪の上を歩く、山兎のような気分だろうか。
by born_to_explore | 2010-03-31 17:29 | 探検家の日記 | Comments(4)
ロビンソンの足あと
b0062963_11242527.jpg


新刊本のタイトルが決まった。

これは『ロビンソン・クルーソーを探して』(新潮文庫 2002)の続編となる。

前作は、実在した『ロビンソン漂流記』のモデルの住居跡らしき遺跡を南米チリの孤島で発見するところで終った。

今回はその遺跡を発掘してみようと思い立ったところから始まり、最後に驚くべき発見にいたるまでのプロセスを書いた。やはり紆余曲折の連続。それでも結論を得て、ようやく探検にピリオドを打てるという思いだ。

校正をしている途中で、チリの大地震(2月27日)が発生した。津波がロビンソン・クルーソー島に押し寄せ、住人十数名の行方がわからなくなった。

ロビンソン・クルーソーの島があるのだ。この本を通じて、一人でも多くの方にその存在を知っていただけたらと思っている。

タイトル 『ロビンソンの足あと 10年かけて漂流記の家を発見するまで』(アマゾンのサイト)
著者 高橋大輔
出版社 日経ナショナル ジオグラフィック社
発売日 2010年4月26日(予定)
by born_to_explore | 2010-03-25 11:25 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(8)
ワイルドな旅にはショルダーバックだ!
b0062963_11553366.jpg
意識していようが、いまいが、旅の始まりにバックがある。
どこに行くかで、何を入れるかが決まる。
あるいは何を入れたかで、どこに行くかが決まる。
それだけ大切なバックなのだが、自分が使いたいもの、欲しいものとなるとなかなか売っていない。売っていないものは自分で作ればいい。

機能性や耐久性などにもこだわり抜いて、試行錯誤の末にこんなバックができあがった。タテ型の軍用ショルダーをベースに、漁具店で買った漁網と獣の皮をアレンジした。

何よりも大切なのが、ぱっと見たときのひらめき。
使いやすく、より強靭に。もちろん上質さも。
これならどこまででも行ける。そんなインスピレーションが旅の始まりをワイルドに演出する。

探検用ショルダーバック ”safari by dt” ついに完成!
by born_to_explore | 2010-03-23 11:59 | 探検の7つ道具 | Comments(0)
200年後の読者
b0062963_8243628.gif
今春刊行をめざしている本の原稿の校正に忙しい。1冊の本を書くためには、たくさんの文献にお世話にならなければならない。200年近くも時を経た本の扉を開き、そこに書いてあることを現実の旅と比較したり、歴史を検証する。いわばそれは資料なのだが、一度古書の世界に入り込むと、夢中になって抜け出せなくなることも多い。200年後に誰かが扉をひらいても発見がある。そんな本を書きたい。古書を手にするたびにそう思う。
by born_to_explore | 2010-03-17 08:25 | 探検家の日記 | Comments(2)
無事を祈っています
 ニュースにショックを受けている。南米チリの大地震(2月27日午前3時34分ごろ発生)による津波で、ロビンソン・クルーソー島では死傷者、行方不明者が出たという。情報は断片的で詳しいことはわからないが、カンバーランド湾にある漁村サン・フアン・バウチスタに高波が押し寄せたら、役場や民家はひとたまりもない。
 記録では1751年の大地震と津波で、村が壊滅的な被害にあった。その直後、要塞サンタバーバラは沿岸ではなく、内陸の高台に造られることになった。遺跡が今も残り歴史の教訓となっている。しかし未明の地震発生により、高台に逃げ遅れた人がたくさん出る結果となってしまったのではないか。
 一刻も早くクルーソー島をはじめ、首都サンチャゴにいる知り合いの安否を知りたいが、連絡はとれまいままだ。ただ祈るばかりのきもちでいる。
by born_to_explore | 2010-03-01 11:50 | 探検家の日記 | Comments(7)