物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
地図を21枚もらいました
b0062963_13504154.gif


旅行博2009に行ってきた。世界各国の人々が集まる会場はエキゾチックな雰囲気。民族衣装での踊りやワインの試飲などもでき、ミニチュアの世界旅行が楽しめた。

こういう博覧会の場合、自分なりのテーマを決めて回るといい。今回、わたしは各国の展示ブースを回って各地の地図を集めてみることにした。

ケニア、グルジア、アイルランド、シシリア島、マニラ、アブダビ、クロアチア、ルーマニア・・・。

遠くてあまりよく知らない国でも、地図を手にすると、不思議と行ってみたくなる。またブースではその国の人と直接会話ができて身近に感じられる。

もらった地図21枚をコラージュしてみた。地図の折り目も、バッグから取り出した旅人の地図そのままという感じ。
by born_to_explore | 2009-09-20 13:52 | 探検家の日記 | Comments(5)
アウトドア・セレクトショップ 札幌にもオープン
b0062963_1303183.gif

b0062963_13313662.gif

アウトドア・セレクトショップ EXP STATION (エクスピーステーション)のカタログができあがりました。

コンセプトはライブラリーからフィールドへ。

本を読むために、ちょこっと森に出かける。お茶を飲んで、ひと時を過ごして帰ってくる。

そんなことをしてみたい人のためのお店です。

また新たに札幌にもオープン。青山店とネットワークがつながって、今までとちょっと違う秋の北海道が楽しめそうです。
by born_to_explore | 2009-09-16 13:28 | メディア | Comments(2)
ロストワールドへの誘い
b0062963_18312965.jpg
 ベネズエラ大使館より、JATA旅行博2009の出展者バッチが届けられた。ロストワールド(失われた世界)として人々を魅了しているギアナ高地。その魅力を伝えるため、旅行業関係者向けにベネズエラ・ブースで9月18日短いプレゼンテーションをすることになった。
 ギアナ高地は人跡未踏の場所が残された探検家垂涎の世界でありながら、世界遺産として観光客にも開放されている珠玉の自然遺産だと思う。

 JATA旅行博(こちらをクリック)は9月18、19、20日の3日間、東京ビッグサイトで開催。

 世界最高落差979m!ギアナ高地にあるエンジェル・フォールの映像を公開しました。滝の水は落下する途中で霧散してしまい、地面には滝壺がない。その様子がわかるはずです。


by born_to_explore | 2009-09-12 18:36 | 探検家の日記 | Comments(2)
スノーグース
b0062963_23165852.jpg
 哀愁と不思議なあたたかさ。『スノーグース』(ポール・ギャリコ著)の読後感は2つの感情が心に染み、切ない余韻がいつまでも残る。傷ついたスノーグース(白雁)をめぐる、孤独な画家ラヤダーと少女フリスのひそやかな心の交流。断片的に事実を伝える後半のストーリー展開が、儚(はかな)さみたいなものを伝えることにも成功している。
 この短編にインスパイヤされたのが、イギリスのロックグループ、キャメルの名盤「白雁(スノーグース)」だ。物語から曲が生まれることは珍しいことではないが、キャメルの音楽は見事にギャリコの小説世界を再現している。幻想的でノスタルジーに溢れる組曲は、ただ泣けるばかり。
 いつか舞台となったイギリスのエセックスの海岸に行ってみたい。物語と1枚のCDから始まる旅。そこでどんな風景や人に出会えるのだろう。思いを遥かにした瞬間から、旅は始まっているのに違いない。
(写真『スノーグース』ポール・ギャリコ(新潮文庫)・CAMEL "THE SNOW GOOSE" (ユニバーサル・ミュージック)) 
by born_to_explore | 2009-09-05 23:21 | 探検家の日記 | Comments(0)