物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
雑誌『自遊人』での連載終了のお知らせ
 約三年にわたった雑誌『自遊人』の連載が現在発売中の号をもって終了することになりました。旅行会社JTBワールドのパックツアーに参加しながらめぐった世界各地。グリーンランド、エチオピア、チベットなど秘境へもパックツアーで気軽に行けることは驚きでした。確かに道なき道を進む探検とガイドに全てを任せておけばいいパックツアーは旅のスタイルにおいて対極にあります。しかし各地をめぐっていくと秘境ツアーの目的地はほとんど探検家が最初に道を切り開いた場所だということに気づきます。ペルーのマチュピチュやベネズエラのギアナ高地など、驚くべき発見をした探検家の道には多くの観光客が続きます。そんな発見をめざして夢を膨らまそう!と、探検家としては大いに触発されたものです。
 期間中、ご愛読いただいた皆様、メッセージをお寄せいただいた方々に心よりお礼を申し上げます。
 これからもいろいろな旅の体験をかたちにして行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
by born_to_explore | 2008-04-27 19:14 | メディア | Comments(3)
田舎暮らしのインデックス
b0062963_23591294.gif 雑誌「旅の手帖」などの記事でおなじみ秋田在住のフリーライター小西一三氏より近刊本が届いた。『秋田春夏秋冬こぼれ話』(文◎小西一三 絵◎小西由紀子)カッパンプラン文庫。
 秋田の人々の暮しを季節ごとに紹介したものだが、これは何よりも田舎暮らしをひそかにもくろんでいる都会の人にお勧めしたい。といっても本書に紹介されている人は移住者ではない。皆、生粋の秋田人。いわば本物。田舎での暮らしが12ヵ月どのようなものなのか、通読するとわかってくるのだが、これがうらやましいことしきり。たとえば春。とれたての山菜をバイクで届けてくれる80歳のおばあさんがいるかと思えば(友だちになりたい!)、たけのこ採りの名人は山歩きの後、近くの温泉につかって身体の疲れをとるだけではなく、たけのこも温泉に浸して缶詰用に加工してしまうのだという(しょうゆをたらしてその場でかぶりつきたい!)。そんな食材や体験は、都会から旅に出たとしてもなかなか味わえるものではない。実際に暮らさないと手に届かない田舎の醍醐味。それらが網羅された本書はまさに田舎暮らしのインデックス。やってみたい田舎暮らしがきっとここで見つかるはず。
by born_to_explore | 2008-04-07 00:11 | 探検家の日記 | Comments(5)
APRIL
b0062963_2255623.gif

APRIL 
新しい何かを始める季節。
草木でさえ自然に芽吹くわけではない。
by born_to_explore | 2008-04-01 22:14 | 旅語 | Comments(4)