物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
モアイになった人
 連載中の雑誌『自遊人』最新号が発売された。前回に続いて、イースター島の後篇。世界的に有名なモアイ像。考古学的にはまだ謎多き存在だが、実在した祖先をモデルにして造られたとも言われる。当地に伝わる伝説をひもとき考え合わせると、モアイ像の個人名まで特定できそうなことがわかった。今回はそんなモアイの謎解きに挑戦です。
by born_to_explore | 2008-03-31 17:42 | メディア | Comments(2)
大人のための旅の絵本を制作中
b0062963_1813110.gif 今年二月に出かけたサークル・パシフィック(太平洋一周)の旅。冒険小説の名作『宝島』と文豪スティーブンソンの航海にインスピレーションを得てめぐった島々。四月から株式会社クボタのホームページ上で新連載が始まることはすでにお伝えしている通りだが、このほど制作スタッフからデザイン・イメージが届いたので特別にちらりと紹介しよう。スタッフいわくビジュアルブック(絵本)をめくるように写真と文章でトラベルストーリーを楽しんでいただける構成にしたいとのこと。わたしも楽しく執筆を進めています。(写真はイメージ)
by born_to_explore | 2008-03-21 18:18 | メディア | Comments(6)
パスポート
b0062963_8543078.gifパスポートの増補をしてきた。10年有効のパスポートはもともと48ページだが、1回限りでさらに40ページ増補することができる。最近ではビザを不要とする国が多くなったり、各国の入国スタンプも小さくなっている。増補せずに終わるかなと思ったがやはり無理だった。新しい40ページにはどこの国のスタンプを押してもらおうか。考えるとそれも楽しい。
by born_to_explore | 2008-03-18 08:55 | 探検家の日記 | Comments(3)
ロビンソンでサクラ咲く
自分が書いた文章が入試問題に採択されるというのは、光栄な話だがちょっと緊張。とある高校の国語の入試問題に拙作『ロビンソン・クルーソーを探して』(新潮文庫)の一部が採用された。ちょうど手に汗握るシーン。じっくりと感情移入して読んでもらいたい箇所だが、試験を落ちてもらっても困る。ハラハラしつつ、設問の数々には筆者のわたし自身も100点取れるかどうかちょっと不安だったりして・・・。ともかく見事合格した皆さん、心より、おめでとう!
b0062963_14184594.gif

by born_to_explore | 2008-03-15 14:21 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(7)
島の内陸はワイルド!
b0062963_21413640.gif
太平洋の旅から戻って十日ほど。
写真を整理しつつ、原稿に向かっている。

南の島というと、青い海と白砂の海岸を連想してしまう。
しかし今回の旅は内陸へと分け入っていくことが多かった。
車で進めるだけ進み、行き止まりとなったら徒歩で山越えをする
ということもしばしば。

それでも密林へひとたび足を踏み入れると、そこでは手つかずの自然や
謎めいた遺跡が来訪者を待っている。

南島にはまだまだ探検すべき世界が残されている。


このトラベル・ストーリーは2008年4月(予定)から 株式会社クボタのホームページ上で連載されます。完成したらここでもお知らせします。

旅に出ている間、多くの方からコメントをいただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

(写真) マルケサス諸島のヌクヒヴァ島。泥だらけでつるつるの坂道を四駆車は滑るように駆け下りていく
by born_to_explore | 2008-03-11 21:45 | メディア | Comments(3)