物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
サファリ・ジャケットをさらにワイルドに、使いやすく
b0062963_1351444.jpg 京都の寺町通りを歩いていたら、ボタン専門店を見つけた。かねてから愛用の探検サファリ・ジャケットのボタンを何とかしたいと思っていた。フィールドでは手袋をしていることもあり、ボタンのかけ、外しが面倒。さらに動いていると暑くなり風に吹かれると寒くなるので、ボタンのかけ、外しは頻繁。水牛の角から作ったトグルを見つけてピンときた。トグルというとダッフルコートでおなじみだが、サイズが小さめなので、これならいけるかもしれない。ワイルドさもいい。ということでいくつか購入。サファリ・ジャケットを自分の探検スタイルに合わせて改良していく。
by born_to_explore | 2007-08-30 13:01 | 探検家の日記 | Comments(5)
ふらりと京都へ
 以前このブログでも紹介した作曲家 平野一郎さんのコンサートへ出かけてきた。神話や伝説に触発された曲の数々。しかし曲を聴くというよりもコンサートホールでヤマタノオロチや鱗宮(龍宮)を目の当たりにするような思いがした。もともと神話も伝説も語り部が口伝で伝えてきたもの。神話は音に属している、と改めて思う。
 京都に来たついでに世界遺産ナスカ展(京都文化博物館)へ。日曜日ということもあったが、かなりの混みようで展示品前に行列ができていた。やはりすごい人気。ナスカの壷やミイラをチラと見て、バーチャルビデオ・コーナーへ。これは上空からナスカの地上絵がどんな風に見えるか、CGを駆使した映像を大画面で見て仮体験するもの。なかなか完成度が高く本当に出かけた気分が味わえた。と同時にこれを見ると現地へ出かけてみたくなる。こんな映像であれば、僻地の探検家の感動も追体験できよう。と、いろいろ感じ充電した京都での一日。
by born_to_explore | 2007-08-28 18:57 | 探検家の日記 | Comments(2)
空中散歩
セスナ機はジャングルを抜けて、やがて巨大な湖上空にさしかかった。雨は上がり、太陽の光がななめから湖上の島々を照らし出す。

b0062963_7135934.jpg


飛び始めて約一時間後、ロスト・ワールドから文明世界に戻ってきた。そして旅の終わり。

ベネズエラの旅については雑誌『自遊人』9月と11月の発売号に2回シリーズでお伝えします。現在、旅の手帳や文献、地図を机の上に山と積み上げて執筆中。
by born_to_explore | 2007-08-25 07:18 | 探検家の日記 | Comments(5)
空にかかった白いレースのカーテン
b0062963_1292857.jpg

小型セスナ機でギアナ高地の上空2000mへ。
やがて雨雲が近づいてきた。ジャングルに雨が降り注ぐ。まるで天からぶら下がる白いレースのカーテンのように、降り注ぐ雨のベールは空でゆらゆらと揺れていた。遠くには霞んだテーブルマウンテンが幾層にも重なって見える。幻想世界への小飛行。
by born_to_explore | 2007-08-18 12:16 | 探検家の日記 | Comments(6)
恐竜はいるのか?
b0062963_23193013.jpg

『失われた世界』のモデル、ギアナ高地。とてもミステリアスで実際、目前にすると想像力がじりじりと刺激された。鬱蒼とした密林とその中を流れる川。そこに屹立するテーブルマウンテン。確かに標高1000メートル以上、高いところで2000メートルをゆうに越えるそこは下界からは完全に遮断されている。まるで城砦のように囲まれたその頂上では生態系もかなり違っているだろう。コナン・ドイルの小説のように進化の過程を逃れた恐竜がすんでいると考えることも、あながち狂気の沙汰とは思えないような気がしてくる。
by born_to_explore | 2007-08-15 23:21 | 探検家の日記 | Comments(3)
エンジェル・フォールズには滝つぼが無い!
エンジェル・フォールズを正面に見ることができる展望台に到着。印象深いのは落差979メートル、世界一高いこの滝には滝つぼがないこと。地面に到着するまで落下する水は岩にぶつかり飛沫となってしまう。近づいてみると、姿を露わにしたのは、まさに幻のごとき滝であった。
b0062963_17352946.jpg

by born_to_explore | 2007-08-09 17:42 | 探検家の日記 | Comments(6)
ジャングルの中、舟行、歩行、5時間がかりのアプローチ
b0062963_13321432.jpg

ボートと徒歩で進むこと4時間あまり。
エンジェル・フォールズが近づいてきた。川はところどころ激流で水をかぶりながら来たが、ここからは舟を下りてジャングルをさらに一時間歩く。遠くに見える岩山から落ちているのがエンジェル・フォールズ。どこまで近づけるだろうか。
by born_to_explore | 2007-08-05 13:34 | 探検家の日記 | Comments(3)
空を映し出す鏡
セスナ機でギアナ高地上空を飛ぶ。
息を飲むほどのジャングルが一面に広がる。
その中を蛇行して進む川。
ジャングルが雲のかたちにあわせて深緑色に染められ、
雲は川のなかにも落ちて、流れていった。
川もジャングルも、空を映し出す鏡だった。
b0062963_1825091.jpg

(写真 セスナ機の窓ごしに)
by born_to_explore | 2007-08-03 18:01 | 探検家の日記 | Comments(3)
ギアナ高地でバタフライ
b0062963_17292754.jpg
豪快な滝の水が流れ落ち、水面に叩きつけられて白い水煙を上げる。Ⅴ字型に躍動するその姿をじっと見ているうちに、無性にバタフライで泳いでみたくなった。というわけで、巨大滝を背にひたすらバタフライ。人間は圧倒的な自然の姿を前にするとそれを真似てみたくなるものかもしれない。素朴にそう感じつつ、滝に憧れて泳いだわたしであった。
(写真 カナイマのアチャ滝 撮影 飯野亮一氏)
by born_to_explore | 2007-08-01 17:34 | 探検家の日記 | Comments(7)