物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
石で描く絵
チュニジアの遺跡ではローマ時代のモザイクを見かける。
モザイクというのはいろいろな色の石を床にはめ込んで描いた絵のこと。中でもチュニジアはローマ時代のモザイクがたくさん残っていることで有名。しかも実に完成度が高く、モザイクに圧倒され感動する場所は世界広しと言えどもチュニジア以外にはそうない。ボロボロの廃墟でも地面に具象、抽象さまざまのイメージが埋れている。土を掘ってそのような発見があるとすれば、チュニジアでの考古学は楽しくて仕方がないだろう。ここでの遺跡めぐりには、古代と直接触れ合えたような実感がある。
b0062963_1148890.jpg

by born_to_explore | 2007-04-29 12:03 | 探検家の日記 | Comments(6)
ボンジュールの子供たち
b0062963_18555285.jpg
 チュニジアで遺跡めぐりをしていたら、たくさんの子供たちに会った。
 遠足か修学旅行だろうか?とても元気よく「ボンジュール!」(おはよう)「サバ?」(元気?)と声をかけてきた。カメラを向けると、次から次へと集まってきて、騒然となった。それを見た先生が「コラッ!」と一喝。
 怒られた子供たちにはなんだか悪いことをしたような気がしたが、それでも一瞬の心の触れ合いに気持ちがあたたかくなった。
by born_to_explore | 2007-04-26 18:56 | 探検家の日記 | Comments(4)
塩湖も砂漠
b0062963_5215417.jpg

チュニジアの内陸、アルジェリアとの国境にも近いジェリド湖にやって来た。
わたしが座っているのは果てしも無い塩湖のど真ん中。手についた土をちびりと舐めるとめっぽう塩辛い。サハラ砂漠の中の塩湖なので、塩もからからに干からびているというわけ。(写真撮影:飯野亮一さん)
by born_to_explore | 2007-04-24 05:22 | 探検家の日記 | Comments(3)
水タバコをぷかぷか
b0062963_9195651.jpg

同行の現地人ドライバーがカフェでシーシャ(水タバコ)を頼んだので、ツアーガイド、同行カメラマンらと円卓を囲んだ。甘いミントティとともにシーシャを回し飲み。タバコとはいえ、煙を水に通して吸うのでやわらかく、シガレットとは違う。リンゴやオレンジなどのフレーバーがきいたものもあるが、今日はノーマル。シーシャはアラブ諸国漫遊のまさにマストアイテム。シーシャの輪に加わることができれば、現地人にすんなり受け入れられる。(写真は飯野亮一さん撮影)
by born_to_explore | 2007-04-23 09:21 | 探検家の日記 | Comments(2)
チュニジアン・ブルーに魅せられて
チュニジアに到着。
国内を移動する日が続き、ブログ更新も思うに任せず。もう旅の後半、首都チュニスのホテルでようやくインターネットにアクセスすることができたので旅の様子をこれから少しずつ紹介していきます。
b0062963_71932.jpg
白い壁に青い窓、これは地中海の街に共通したイメージ。中でもその美しさはチュニジアがあまりにも有名。いったいこの家にどんな人が住んでいるのだろう?ふと歩みを止めてしまう。太陽の光が窓の飾りを照らし、長く美しい影が白壁に落ちていた。道を潮風が吹きぬけていく。
by born_to_explore | 2007-04-22 07:20 | 探検家の日記 | Comments(5)
明日チュニジアへ

b0062963_23235815.jpg
明日いよいよチュニジアへ向けて出発。
飛行機で成田からイタリアのミラノに入り、乗り継いで首都のチュニスへ。
今回の行程は9日間、チュニスを起点にぐるりと国内を一周する。

実はチュニジアへ行くのはこれが初めてではない。出かけたのが1989年だから、ずいぶんと前の話だが、その時は内陸にあるトズルという集落を起点として、サハラ砂漠3000キロをナイジェリアのラゴスまで徒歩とヒッチハイクで縦断した。トズルはジェリド湖という塩湖沿いにできたオアシス。荒涼とした大地を前に武者ぶるいした記憶がある。
 ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティの衛星地図Map Machine(こちらをクリック!)
を検索したら、そのトズルの画像(上の写真)が見つかった。この地図の黄色い道をわたしはトズルから西へ(左)へと歩き始めたのだ。写真の青い部分が塩湖ということになるのだが、かつて歩いた時、湖は完全に干上がっていた。

さてそんな冒険から18年、今回はどんな発見があることだろう。
行けば何かがある。
まだ見ぬチュニジアを求めて。
by born_to_explore | 2007-04-15 23:29 | 探検家の日記 | Comments(7)
チクリ!!!三連発
b0062963_9425143.jpgチュニジア行きが来週に迫ったので、予防接種へ出かけた。最近、狂犬病のワクチンの生産が間に合っていないということらしく、秋田から新幹線で仙台検疫所まで出向いて接種した。接種は手足一本につき一本が原則。そこで左腕にA型肝炎、右腕に破傷風、そして左尻に狂犬病をそれぞれチクリ!チクリ!チクリ!まるで病原菌の塊のようになったわたし。ガォォ。
by born_to_explore | 2007-04-12 09:46 | 探検家の日記 | Comments(8)
旅のお手玉
b0062963_23444620.jpg
旅に出る。そこは非日常であふれかえっている。
例えば飛行機に乗って上空から世界を眺める。
山があり、川がある。しかし上空から眺めるとそれはまるで木のようでもあり、血管のようにも見える。感性が刺激され、いつしか既成概念とか常識が壊されていく。山はこんなもんだ、川はこうだ、そんな基本的なことさえそこでは危うくなってしまう。

見上げているだけでは山の本当の姿はわからない。山を見下ろす、それを可能にするのが旅。旅は日常を非日常に変える。そして非日常に接した人が旅を終え日常に戻ったとき、以前は非日常であったことはいつの間にか日常のできごとに変わっている。旅は日常から非日常へと出かけて行き、非日常は日常となる。そしてその日常からまた非日常へ…。

旅とはつまり、日常と非日常、その終わりなきお手玉みたいなものである。

(写真: 南米のアンデス山脈、ペルーにて)
by born_to_explore | 2007-04-07 23:58 | 旅語 | Comments(8)
焼豚飯にしばし我を忘れる
b0062963_12384895.jpg親戚からめちゃくちゃうまそうな自家製チャーシュー(焼豚)をいただいた。チャーシューと言えば、ラーメンあるいはネギとあわせてビールのおつまみというイメージが一般的だが、わたしは頑なに焼豚飯でいく。

チャーシューは敢えて厚めに切る。薄っぺらではいけない。あつあつのご飯にうまみがきいた煮汁をたっぷり目にかけ、ご飯が見えなくなるようにチャーシューでおおいつくす。椀からはみ出すほど、惜しげもなくかつ大胆不敵の攻勢でかぶせるのがポイント。わたし流焼豚飯はそれに絶品の味付け煮たまごとネギを少々。このさくさく感が煮たまごのとろりとろける黄身や歯ごたえのあるチャーシューにとてもよくあう。これにお好みでパラリと柚子一味(柚子胡椒も可)を振りかけたら言うことなし。柚子の香りが一杯のどんぶりそのものの品格を高めるのだ。心なしか食欲さえ限界にまで高められる。まさに御代わり必至、究極焼豚飯のできあがり。あとは一気に!
by born_to_explore | 2007-04-03 12:45 | 探検家の日記 | Comments(4)