物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
オーストラリアからチュニジアへ
b0062963_2049325.jpg連載中の雑誌『自遊人』最新号が届いた。今回のトラベル・ストーリーは中央オーストラリアの旅、後篇。ルックJTBのツアーをベースにした旅。

『自遊人』&ルックJTBのこの企画、ありがたいことに毎回テーマは自由。訪問先は指定されるが、その中で何を書くかには制限がない。これは書き手としては大変贅沢なことである。まさにスタッフ・関係者・スポンサー各位の大きな気持ちのたまもの。金は出すが口も出すというのが、世の常ではないか。いやもっと言うなら、金は出さないが口を出すという方が普通だという人もいるだろう。

いつも取材前に、文献を集め、じっくりと時間をかけて読み込み、旅に出る。そして歴史を横軸、旅を縦軸としながら、時空を越えるような旅を求める。

たとえパックツアーを利用しても、わたし自身の探検スタイルは踏襲できる。旅の中で見つかるものは、旅に出てみなければわからない。しかし情報や知識がなければ、価値ある発見は望めない、それが信条。

さて、そんな連載もおかげさまで好評につき、継続が決定。次回はアフリカのチュニジア。旅は来月。一体、どんな旅になるだろう。さっそく準備開始!
by born_to_explore | 2007-03-29 20:57 | メディア | Comments(5)
旅という名の欲望
b0062963_0533122.jpg

人間誰しも旅したい気持ちを持っている。
「旅欲」(りょよく)という言葉は辞書には見当たらないけれど、わたしはだれの心にも旅欲はあると思っている。

欲とは満たされることを求める心であり、旅欲とは旅に出ることで自分を満たしたいと思う気持ち。

欲のつく言葉は煩悩として否定されたりもするが、旅欲は決して世俗的な欲望ではない。それはむしろ世俗から離れていくような業を求める気持ちに近い。

禅の行者は雲水と呼ばれる。行雲流水のごとく遍参を重ね悟りを得ようとする。
あるいは松尾芭蕉。「片雲の風にさそわれて漂白の思いやまず」『奥の細道』のこの名文句はまさに彼の旅欲から出た肉声ではないかと思う。

(写真: ロシア、アムール川の夕暮れ。旅先の黄昏時は、旅欲の存在に気づき、またそれが大きく育まれる瞬間でもある)
by born_to_explore | 2007-03-26 00:57 | 旅語 | Comments(9)
観光のススメ
b0062963_2145659.jpg

「観光」というとどこかへ遊びに行くような響きがある。
言葉の意味としてはそうでも、旅語としてはちょっと違う。
観光は物見遊山ではない。
光を観ること。
光に照らし出される様々な色や形を味わうこと。世界を観照すること。

もっと単純に言うなら、旅は光を浴びに外に出ること。
光は外界ばかりか、人の心も照らす。

旅に出る人は充電されて戻ってくる。
それは珍しいものを見聞したり、おいしいものを食べたり、というばかりではなく、光を心身ともにたっぷりと浴びるからだと思う。

(写真:南トルコ。こんな風景を出現させる光、その場に立つ自分も同じ光の中にいる、まさに観光の醍醐味を知る瞬間)
by born_to_explore | 2007-03-20 21:50 | 旅語 | Comments(8)
午前十一時ころ 魚やがきます
b0062963_1964422.jpgとある温泉、壁の張り紙。

「午前十一時ころ 魚やがきます」

出かけたのは夕方だったので、魚やはもう来ない。

しかし温泉にザンブリとつかって、魚を買って帰る、というのは贅沢の極みだ。

家に帰って、白いご飯でさしみを食うか、はたまた、たっぷりの大根おろしとともに焼き魚にするか、煮付けも捨てがたい…と思わず悩んでしまう。湯船につかり、ムムムと。いずれにしても、新鮮なさかなにはよく冷えた生酒を一本。それを切り子ガラスのお猪口にトクトクとついで、きゅっといっぱい。

湯煙の向こうで、バシャリと水の音がした。

魚!

いやいや、出て行ったのは白髪のおじいさんだった。
by born_to_explore | 2007-03-16 19:10 | 探検家の日記 | Comments(4)
やきそばの大盛り
b0062963_1413375.jpg御当地メニューにもいろいろあるが、「横手やきそば」(秋田県横手市)はよかった。

なにせ太麺に、甘めでジューシーなソースをたっぷりとからませ、具には野菜のほか、ひき肉が入っていた。

中央にはドンと目玉焼きをのせ(豪快にふりかかる青海苔が食欲をさらにあおるではないか!)、その黄身をいつ割ろうか、悩みつつ、周囲から攻めていく。

さらにつけ合わせには福神漬。やきそばに福神漬!? イエス、これがまた実にイケルのである!

大盛りを注文したが、並盛のようにペロリと平らげてしまった。
あっという間のできごと。
by born_to_explore | 2007-03-12 14:15 | 探検家の日記 | Comments(7)
荒野に踏みだす一歩、そこに道がうまれる
b0062963_9482135.jpg

道無道(みちなきみち)を歩もう。
かつて誰も足を踏み込んだことのない、見たことも、感じたことも、聞いたことも、想像の中にしかなかったような、そんな道を歩もう。

他人が通った道は他人のもの。
じぶんが荒野に記す足跡は、じぶんの道。
それは道無道。

道無道は曲がりくねっている。
いつ果てるとも知れぬ、長くて遠い道。
ロング・アンド・ワインディング・ロード。
でもそれがじぶんだけの道。
by born_to_explore | 2007-03-09 09:49 | 旅語 | Comments(4)
読書
b0062963_18154138.jpg読書は今年に入って十日に一冊のペース。
ジャンルは旅行記、自然、神話、歴史など。

『ティンカー・クリークのほとりで』(アニー・ディラード著 めるくまーる社)を読んでいたらこんなフレーズに出会った。

「わたしはリンゴの木の下のニュートンに、菩提樹の下の釈迦になる。」

この珠玉の一文。
木の下で人は科学の真理も、宗教の悟りもひらいたのだ。ニュートンのことも釈迦のこともそれなりに知っているつもりだったが、二人の共通性を考えたことは無かった。それが木だったのだ。新鮮な印象。

木の下を通り過ぎることが多い旅人としては、今度、この一文を思い出すことにしよう。

(写真:茨城県筑波山にて)
by born_to_explore | 2007-03-07 18:18 | 探検家の日記 | Comments(6)
旅の空

b0062963_19233644.jpg
不思議なことだが、旅に出るとよく空を眺めるようになる。
そして気のせいかもしれないが、空が近くなったようにも思う。
異国の地では空気も光も違う。そのためか空は澄んでいてとても青く見える。
同じ地球の上、空がこうも違うものか、はっと息をのむ。

旅する先の土地のことを「旅の空」という。
いわばそこが旅人にとっての舞台。
旅はドラマであり、果てしのない物語だ。
出会い、そして別れ、いや、別れさえ再会にかえることができる場。

何度旅に出ても、そこにはいつも新しい旅の空がある。
自分だけのドラマがあり、自分だけの舞台がある。

(写真: 南米ペルー、いにしえのインカ帝国を求める旅の途中で)
by born_to_explore | 2007-03-04 19:25 | 旅語 | Comments(6)
なぜ人は旅に出るのか?
人は、なぜ旅に出るのだろう?

「そこにあるから」
有名な言葉だ。「なぜ山に登るのか」と尋ねられたとき、イギリスの登山家ジョージ・マロリーは"Because it's there!"と答えた。

b0062963_23263867.jpg


突き詰めて考えていくと、旅は放浪ではない。
旅には理由がある。A地点からB地点へ。A地点を離れるだけの理由。B地点をめざす意味。旅に出るわたしも、つねに自らに問う。そして旅路の果てに知る。
道なき荒野、遠い異国、絶海の孤島。ここにないそれらを求めること、それそのものが旅立つ理由であり意味たり得ることを。

人はなぜ旅に出るのか?
問いそのものの中に、答えはすでにあるのだ。
by born_to_explore | 2007-03-01 23:37 | 旅語 | Comments(2)