物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2007年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
自分にしかできない旅をするための地図手帳
 旅は自由なものだ。しかしガイドブックを持って旅に出ると、いつの間にか自由を失ってしまう、そう感じているのはわたしだけではないだろう。ガイドブックに載っているホテルを予約し、レストランで食事をし、観光地をめぐる。気がつけばガイドブックの写真や体験を現実に確かめにいっただけ。特に外国への旅は土地勘もなければ、言葉も通じないから、ガイドブックに依存した旅をしがちとなる。しかしそれでは没個性だ。自分にしかできないオリジナルの旅をしてこそ、本当にその国なり、地域を訪れる醍醐味が味わえる。そんなこともあって、わたしは旅に持って行くのは地図だけと決め、それ以外の必要な情報はインターネット検索して書き写すか、書籍からコピーするか、ガイドブックの必要なページをビリビリと破り取って持って行くことにしている。
b0062963_121422.jpg
 だから地図帳とメモ帳が合わさったようなシンプルなものがあれば理想。ところがそのような旅人の思いを形にしたものがついに発売された。しかもあの伝説的な手帳として知られるモールスキンの新シリーズ。都市を歩き回るための地図や地下鉄路線図、お気に入りのショップやレストラン、ホテルなどを書き込めるセルフ・コンシェルジュ機能、それにメモ帳などがついた優れもの。旅をして、書き込んでいくだけで、自分だけのガイドブックが形作られていく。そして次回再び出かけるときはそれを鞄に入れればいいだけ。回数が増えるごとに、手放せないものとなっていく。

 欧米で先行発売されたシティ・ノートブック(こちらをクリック!)は12冊。ロンドン、アムステルダム、ベルリン、ミラノ、プラハ、ダブリン、パリ、バルセロナ、マドリッド、ローマ、リスボン、ウィーン。まさにこんなのが欲しかった!と感激。さっそくまとめて全部を買い揃えた。

 さらに今回はわたしの個人用とは別に、エキサイトのプレゼントブログ用に、もう一冊ロンドン・シティ・ノートブックをオーダー。探検家髙橋大輔ブログをご覧の方で旅好きな人に使い込んで欲しい逸品。プレゼントブログについに紹介していただけたようなので、ぜひ関心のある方は応募してください。(2月28日追記)
(こちらをクリック!)

b0062963_11583442.jpg

モールスキン日本公式ウェブサイト(こちらをクリック!)
by born_to_explore | 2007-02-28 12:08 | 探検家の日記 | Comments(8)
行くか、行かぬか

b0062963_1446667.jpg
行こうか、行くまいか。旅には迷いがつきまとう。
それは出かける前だけではない。出たら出たで、旅人はもう一歩先へ行ってみようか、どうしようかと戸惑うことがある。
しかし行けば、必ず何かある。行かねば、何も得ない。
旅にも成果がある。果実がある。それは決して旅をしない人には得られない。
それをわたしは、旅果(りょか)と呼んでいる。
旅に出よう。そうすれば何かを得る。旅果の果という漢字が示す通り、何が無くとも旅人は日と木に出会う。そうだ、旅とはお天道様の下、木々に見守られながら歩むこと。
by born_to_explore | 2007-02-24 14:48 | 旅語 | Comments(13)
海外探検三重苦
b0062963_17415245.jpg
 先日、東京に出かけたとき、清澄庭園を訪れた。かなり古く、もはや崩壊しかけてはいたが、三猿の石造を見かけたので写真を撮った。みざる、いわざる、きかざる、その本来の意味は、子供のときは悪いものに対してそうしておいたほうがいい、といういわば教育上の教え。しかし大人の世界にも十分通用する。ちなみにわたしなどはこれを見ると、海外探検三重苦を連想してしまう。すなわち・・・。

 一、外国に単身勇んで乗り込んだはいいが、現地の言葉がからきし話せない。
 二、ましてや相手が何を言っているのか聞き取れもしない。
 三、さらには、文献を渡されても、読めやしない。

 一体全体、それで探検はできるのかと思わず不安になるほどの困難だが、探検プロジェクトの大方はまずそんなあたりから始まるのだ。わたしにはわたしの三猿。人には人それぞれの三猿があっていい。
by born_to_explore | 2007-02-22 17:43 | 探検について | Comments(6)
探検にはこんな最中を持っていこう
b0062963_16403440.jpg 探検家の名前を冠したお菓子があるとは思わなかった。
 その名も林蔵最中。
 先日茨城県にある間宮林蔵の生家を訪ね、その帰りに地元のお菓子屋さんで買った。栗と求肥入りの最中は結構大ぶり。一つ食べるとお腹にたまる。桃太郎のきびだんごみたいに、探検にはこんな最中がきっといいのだろう。納得のボリューム感。
by born_to_explore | 2007-02-19 16:41 | 探検家の日記 | Comments(3)
童話の世界 遠い雪国 
b0062963_855204.jpg
 
 秋田県横手市、全国的に知られる雪まつり「かまくら」に出かけた。これはまさに日本の雪国の冬景色を象徴するイメージだと思う。雪をくりぬいて作ったまるい家の中に水神様をまつる。中で番をしているのは綿入れを着た子供たち。「はいってたんせ」「きてたんせ」と誘われるまま中に入ると、、甘酒と炭火で焼いた餅をふるまってくれた。雪の中なのにぬくぬくと暖かい。子供たちと取りとめのないおしゃべりを楽しみ、いつしかこころもかまくらみたいにまあるくなっていく。童話、童謡、昔語りに出てくるような光景、とうの昔に失われたと思っていたそんな世界はまだここにあった。
by born_to_explore | 2007-02-17 09:00 | 探検家の日記 | Comments(3)
本を持って旅に出る
 
b0062963_18194870.jpg

 連載中の雑誌『自遊人』。先月末ごろ発売された二〇〇七年三月号と次号の二号にわたって、昨年末取材したオーストラリアの旅のレポートを掲載する。毎回、土地にゆかりのある人の本を持って旅に出ているが、今回はブルース・チャトウィンの『ソングライン』(めるくまーる)を鞄に入れた。
 イギリス出身チャトウィンの肩書きは旅行記作家ということになるのだが、この人の本は旅行記の枠を飛び越えている。フィクションのようなノンフィクション。あるいはその逆かも知れない。人との出会い、読んだ本からのメモ書き、考えついたこと、それらをコラージュしながら、本の主題へと向かう。
 この本をわたしは部屋の中で静かに読むのではなく、作家が語るのと同じ風景の中に身を置き、旅をしながら読んでみたかった。すると実際に目前の風景とページの中の風景がぴたりと重なり合った。無意識のうちにわたしは、本と旅、二つの全く異なる次元を行ったり来たりした。そしてその末わたしが何を見つけたのか、それについては『自遊人』に書いた通りだ。
by born_to_explore | 2007-02-13 18:25 | メディア | Comments(5)
一瞬、餅が光輝いた

 秋田に戻り、男鹿半島へ。真山神社で開催中(最終日)のなまはげ柴灯(せど)まつりに出かけた。なまはげは松明を手にウオッーと雄叫びをあげながら山から下りてくる。その恐ろしい姿は居合わせる大勢の人の目を釘付けにする。怖いもの見たさ、神々しいものへの畏怖、あるいは今年一年の多幸を願う純粋な祈り、それらが心の中で交差する。柴灯とは全ての煩悩を焼き焦がす火。祭りではその火で丸い大餅を焼き、黒焦げとなった護摩餅を、山へ帰っていくなまはげに献上する。ところがそれにはたいへんな神力が宿っていて、神の使いであるなまはげといえども簡単に手にすることができない。わたしは神官の前で右往左往するなまはげの様子をカメラのファインダー越しに追った。そしてついに餅に手をかけた瞬間、シャッターを切った。
b0062963_13392233.jpg

すると不思議なことが起こった。なまはげが持ち上げると、護摩餅が光を放ったのだ。神秘的なその光景に思わずわたしは息を呑んだ。後でよく考えてみれば、それは同時に反対側でたかれた他のカメラのフラッシュが劇的に作用したものだった。しかしわたしには餅が光ったとしか見えなかった。いや、はやり餅は光ったのだろう。参拝者にも振舞われる護摩餅を食べ、災難除去を祈った。
by born_to_explore | 2007-02-12 13:41 | サンタクロース | Comments(2)
間宮林蔵の末裔に会う
b0062963_2355641.jpg
茨城県にある間宮林蔵記念館を訪ねた。
間宮林蔵の生誕地には復元された生家をはじめ、林蔵が探検に使った道具、それに地図(複製)などがたくさん展示されている。しかもここには林蔵から数えて八代目にあたる末裔の間宮正孝さんがいる。歴史を追跡する時、探検家としては現存する遺品や文献だけではなく、末裔に会うことも大切だと思っている。林蔵とはどんな人だったのか、そんな素朴な疑問に対するひとつのインスピレーション、林蔵が持っていた雰囲気を身近に感じることができるような気さえする。
by born_to_explore | 2007-02-11 23:09 | 探検家の日記 | Comments(2)
東京倶楽部 講演午餐会
b0062963_2158693.jpg

六本木1丁目にある東京倶楽部に出かけた。スピーカー(話し手)として招かれたのはレクチャー・ランチョン・ミーティング(講演午餐会)。お昼のひととき、おいしいフレンチと講演を楽しむというクラブメンバーのための月一回のプログラム。当日は一〇〇人近い方が集まった。講演はコースのデザートとコーヒーの後に続くため、その甘さやほろ苦さの余韻をを引き継ぐように、ロマン溢れかつワイルドに、自身の探検について語った。多くの方に楽しんでいただけたのが何よりうれしかった。
by born_to_explore | 2007-02-10 22:04 | 探検家の日記 | Comments(3)
墓場でも考えた

b0062963_2025110.jpg
東京都江東区にある間宮林蔵の墓を訪ねた。
北海道の北にあるサハリン(樺太)が島であることを確認し、間宮海峡の発見者として知られる江戸時代の探検家。わたしは1997年ごろからその足跡を追いかけてきたのだが、気がつけばもう10年が経っている。10年を節目にお墓参りというわけではないが、すでにお伝えした通り今年は中日新聞で6月(予定)から連載をスタート。そんなことを墓前で考えつつ、2007年の今、現代という立ち位置から、およそ200年前の彼の探検を眺めたらどうだろうとルポルタージュへの構想にも思いをふくらませた。
by born_to_explore | 2007-02-08 20:28 | 探検家の日記 | Comments(5)