物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
世界七不思議のひとつ、ついに謎が解けるか!?
 イギリス南部からすごいニュースが飛び込んできた。
 現代の世界七不思議のひとつに必ずといっていいほどあげられるストーンヘンジ。巨石を地面に立てて、円形に並べた遺跡(ストーンサークル)だ。しかしこれが何であるのか、何を意味するのか、これまでいろいろな憶測が時代を通じて議論されてきた。誰か有力者の墓地、古代ケルトの魔術ドルイドの聖地など。その中でもっとも有名なのは、天文台的な役割。差し込む太陽光線から夏至や冬至を正確に知ることができるカレンダーのようなものだったのではないかというもの。しかし様々な説が飛び交う一方、これまでそれらを決定づけるような考古学的な発見は乏しかった。
 ところが今回、ナショナル・ジオグラフィック協会の支援を受けた調査チームがかつてないほど大きな集落跡を近くで発見した。年代測定によればその集落はストーンヘンジが最初に造られた4600年前とほぼ同時代。発掘の結果、これまでのところ床の基盤、ベッド、戸棚、道具、宝石、壺、それに人骨、動物の骨などが出土したという。床の基盤からそこが神殿であった可能性が高いと考えられるという。
 ついに世界最大の謎のひとつが解明される時が来るのか?これほどの集落跡ならば、謎に満ちた太古も饒舌にわれわれに語りかけるものと思う。

ストーンヘンジ近くで集落発見!
ナショナル・ジオグラフィック協会本部からの詳細報道・英語版(こちらをクリック!)
日経ナショナル・ジオグラフィック社配信・日本語版(こちらをクリック!)
by born_to_explore | 2007-01-31 11:46 | 探検家の日記 | Comments(4)
一時間泳いだら、フルーツタイム!
 毎日、昼前か後、近くのプールへ出かけて一時間泳ぐ。
 その時間帯はだいたいレディースの水泳教室、水中ウォーキングやアクアビクス(音楽に合わせて水中で身体を動かす運動)が行われている。もっぱら25メートルのコースを泳いで行ったり来たりしようとするわたしにとって、学校が終わった子供たちがやってくる時間帯よりも、昼ごろが一番落ち着いていていい。しかしそれでもウォーキングやアクアビクスが始まると、巻き起こされる波にもまれて、流されたり、タイミングが悪いと水をガボッと飲み込んでしまったりする。
 プールからあがったら、フルーツをいっぱい食べる。フルーツ・バスケットにはいつも何種類かのフルーツを揃えているが、今日はその中からバナナとデコポン。それに牛乳とヨーグルトをたっぷり。
b0062963_14322958.jpg

by born_to_explore | 2007-01-29 14:38 | 探検家の日記 | Comments(6)
最高時速275キロの書斎兼バー
 東京での用事を終え、新幹線で秋田へと戻る途中、仙台駅で下車した。
 今年6月(予定)から中日新聞で、ロシアを舞台とした旅のルポルタージュを60回に渡り連載することになったのだが、その取材も今が大詰め。チェックしたい文献を閲覧するために東北学院大学中央図書館へと足を運ぶ。すると本を取り置いてくれていた図書情報課の方が、他にもいろいろな情報をまとめておいてくれていた。さらにそれだけではなく今後ロシアでプロジェクトを継続していく上での人脈についてもアドヴァイスをいただいた。探検は情報と人脈を重ね合わせながら、旅の中に答えを求めるものだから、このように理解し協力してくれる人が現れるというのは本当にありがたいこと。実際にそういう方々との出会いが探検を形作っていくものなのだ。再会を約し、新幹線で仙台を後にする。
b0062963_17161621.jpg 車内のワゴン販売で買い求めた一杯の熱いコーヒーとともに、手持ちのスキットルに入れておいたシングルモルト・ウイスキー(今回はラフロイグだった)をちびちびと舐めつつ、いただいた資料に目を通す。するとそこはいつしか最高時速275キロで走る書斎兼バーとなったのだった。
(写真:正面にあるシルバーの容器がスキットル。錫(ピューター)製。旅人の必携アイテムだから持っている人もいるだろう。ちょっと濃い目のブラック・コーヒーをチェイサーにウイスキーというのもおつなもの)
by born_to_explore | 2007-01-27 17:25 | 探検家の日記 | Comments(5)
驚天動地のオムライス
b0062963_23481824.jpg日本橋にある洋食屋たいめいけんでランチ。頼んだのはたんぽぽオムライス(伊丹十三風)。伊丹十三の映画『たんぽぽ』に登場するのと同じオムライスだが、何といっても常識やぶりがうまさをいっそう引き立てている。オムライスと言えば普通はチキンライスを卵焼きでくるんだもの。ところがこれはチキンライスの上にプレーンオムレツがのっているのだ。(写真上)オムレツを半分に割いて開き、チキンライスの上にふわふわの中身を広げ、そこにケチャプをたっぷりとたらして食べる。(写真下)こうするだけで卵もチキンライスもうまさが十二分に発揮される。ちょっとした違いでもこれまで食べたことがないオムライスとなる。既成概念を打ち破るとオムライスもこれほどうまくなるのかと驚天動地の心境。b0062963_2348429.jpg
by born_to_explore | 2007-01-25 23:52 | 探検家の日記 | Comments(3)
ジャングルからカクテル・パーティ会場に駆けつけるには?
b0062963_22182040.jpg

新年会に出席するために東京にやって来た。今日は表参道の紳士服店でボウタイ(蝶ネクタイ)を買った。ボウタイと言えば、日本では結婚披露宴などで着用するものという印象があるが、欧米ではもっと身近な存在である。それを学んだのはロンドンの大英図書館。閲覧者の何人かが鮮やかな色のボウタイをカジュアルなシャツに合わせて着こなしていた。日常の中のそんな洒落た姿に感化されたわたしは以後ボウタイに注目。ついにはその魅力に完全にはまってしまった。今では探検(旅)に出かけるときもバックパックにしのばせておく。するとサファリ・ジャケット姿のままフィールドから街にやってきても、ボウタイ一本でちょっとしたドレスアップがすぐにできる。砂漠やジャングルからでも、カクテルパーティに駆けつけることができる。今回は新年会と2月に予定されている講演会用に2本購入。
by born_to_explore | 2007-01-23 22:25 | 探検家の日記 | Comments(3)
余計なものを消し去ると、結局、自己だけが残る
b0062963_15491975.jpg

 名刺は常に2種類持ち歩いている。日本語と英語。どちらも表には名前、裏には住所やコンタクト先など。これまでさまざまな名刺を作ったり、使ったりしてきたし、もらったわけだが、自分の理想とする名刺は突き詰めると白紙の中央に名前だけということになった。外国は別として、名刺は初めて出会う人に真っ先に差し出すものである。本来であればその場でまっさらな白い紙に自分の名前を書いて渡すということにしたい。その気分を前面に押し出すと名刺は自ずと然り、こうなるのである。
by born_to_explore | 2007-01-21 15:55 | 探検家の日記 | Comments(4)
本当の宝とは何だろう?
「南米・チリのロビンソン・クルーソー島で1兆1000億円相当の財宝が発見された」
そんな情報が流れてから一年以上の歳月が流れた。以後、つい最近までわたしのもとに世界各地から様々な問い合わせが寄せられた。その多くは宝が実際に発掘される様子をテレビ番組にしたいので協力をというもの。
 しかしなぜわたしにそんなオファーが来るのだろう?確かにこのお宝騒動の勃発は、わたしが行った実在したロビンソン・クルーソーの住居跡発見の発表時期と重なっている。とはいえロビンソン・クルーソーと財宝が混同されているとしたら、それは大きな誤解だ。

b0062963_1703055.jpg 何よりも危惧する点は国立公園として保護されてきた島の環境が危機に曝されてしまったことだ。これまでに行われてきた宝探しプロジェクトは島に大穴を残した。地中深くまで掘ってみても、コイン一枚すら出てこなかった。(写真参照)ただわれわれの前には生態系の破壊という未来への厳しい課題が残っただけ。無為な宝探しはこれ以上はもうやめにしなければならない。

 現在ロビンソン・クルーソー島には355種類の植物が生息している。その約半数、154種が原生種、さらにそのうち94種が固有種である。世界中どこを探してもこの島にしか生えていない植物が、東京都練馬区よりもわずかに小さな島に94種も生えているということからもわかる通り、ここは植物の宝庫だ。

 そして驚くべきことに、実在のロビンソン・クルーソーが生きたのはこの世界的にも希少な植物に囲まれた環境だったのだ。彼が無人島生活を送った遺跡を守りつつ、島の環境をどうやったら守れるだろうか?わたしにとってできることは何だろうか?何らかの活動をはじめなければならないと思っている。
by born_to_explore | 2007-01-19 17:07 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(9)
今度は日本海、海の幸
b0062963_2227113.jpg

今日は日本海の寒ダラが手に入った。
捌く前にその顔をためつすがめつ。
冷たい荒波にもまれて生きてきたタラの顔には圧倒的な存在感がある。
自然の恵みとは時にこんなとてもいい表情をしている。

敬意を表しつつ、腹を割き、さっそく味噌仕立てのタラ鍋にして食べた。
オスだったので腹にはダダミ(白子)がたくさん。
別にとりわけ熱湯でさっと湯がいて、酢醤油で食べる。
クリーミーで、酒のつまみとしては特上。
残りは鍋の中へ入れて、煮込んで食べるとこれがまたうまい。
食べきれずあまった身や骨は一度火を通し、明朝再度温めてドンガラ汁(あら汁)として食べる。寒い朝には、熱い汁をふうふういいながらすするのが一番。
by born_to_explore | 2007-01-17 22:29 | 探検家の日記 | Comments(4)
贅沢な鴨せいろ
 カモを撃ち、無事回収した。今回は三浦氏が撃ち落とした分もいただいたので、コガモ2羽とオナガガモ1羽が手に入った。毛を丁寧にむしり、よく切れるナイフで捌き(4.5寸のマタギナガサを使用)、皿に盛り付けた。丁寧にやっていたらあっという間に四時間がたってしまった。ガラをぐらぐらと湧いたお湯に入れてだしをとり、醤油で味を調えてスープを作る。そしてネギ、春菊、焼き豆腐、えのきだけ、椎茸、ごぼうなどとともに鴨鍋にした。
b0062963_12495346.jpg

 わたしのこだわりはそれを打ち立ての蕎麦とともにいただくこと。茹で、冷やして締めた新そばをあつあつの鴨汁に浸して手繰る。鴨の上品なあぶら味に蕎麦の香りがあいまって、極上の鴨せいろとなる。また捌いた手羽やモモ肉は別に塩、胡椒をふりかけ、オーブンでローズマリーとともにローストした。酒のつまみとしても最高。まさに鴨づくしの晩餐。自ら野を歩き、撃った鴨を捌き、自然の恵みを身近に感じ、また感謝する。これほど贅沢なことはあまりあるまいと思う。
by born_to_explore | 2007-01-15 12:59 | 探検家の日記 | Comments(4)
そしてついにカモをしとめる
 猟場で獲物を見つけた、そして気づかれず猟銃の弾の射程距離に到達した。
ハンターはそこではじめて銃を構える。しかしこの段階ですでに獲物は逃走している。ハンターに獲物を狙う時間はほんの一瞬しかない。止まっている標的でも当てるのは難しい。しかしそれはかなりのスピードで自分から離れているのだ。銃の反動もかなりのものだし、風向きや足場などさまざまなコンディションも考えに入れておかねばならない。
 何度か失敗を重ねた末、ようやくわたしはコガモを一羽撃ち落した。ドーンと撃って、獲物が目の前に落ちてきた。その手ごたえはハンターとしては最高の瞬間だ。しかし猟の大変さはここからが本番。それをきちんと回収しない限り、獲物を手にすることができないのだ。それはだいたい遠い藪の中に落ちている。どの辺なのか、それをよく記憶しておかないといけない。わたしは師匠の三浦さんとともに棘のするどい茨の藪へと入っていった。ここで先日名前を彫ってもらった又鬼長刀(マタギナガサ)が活躍。カモの羽の色は自然に同化して見えるので、探すのにも経験がいる。しかしついに見つけ、藪の中から抜け出た。
b0062963_13241014.jpg

(写真:獲物のカモをようやく手にする。また雪が舞い始めてきた。)
by born_to_explore | 2007-01-13 13:26 | 探検家の日記 | Comments(3)