物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧
鉄は熱いうちに・・・来年もよろしくお願いします。

b0062963_1324896.jpg
 究極のサバイバルナイフ、又鬼山刀(マタギナガサ)を受け取りに出かけたとき、その鍛冶である西根登氏はちょうど目釘を作っていた。
 
 コークスが熾る窯から、真っ赤に焼いた鋼の棒を取り出しては槌で叩く。リズミカルな音がして、たちまちのうちに釘が打ち出されていく。西根氏は「一日に1000本できたら一人前」という。鍛冶として基本中の基本。その手仕事を興味深くじっと見ていたら、ちょっとやってみるかと誘われた。

 自分がこれから使うことになるであろう一生モノの又鬼山刀(マタギナガサ)が生まれたその作業場に立てることは最高の喜び。さっそく西根氏の指導の下、目釘づくりに挑戦した。しかし思うように釘ができない。鉄は熱いうちに打て、というが本当にその通り。鉄は戸惑っているうちにどんどん冷えて固まってしまう。何度も熱いコークスの中に突っ込み、赤く焼けた棒に槌を振り下ろした。そしてようやくいびつな目釘とは言えないシロモノができあがった。
b0062963_1334814.jpg 
 それでも熱い鉄を打つ心地よい感触は手に残った。また鉄に対して自然に、一途に向き合う西根氏からは無言のうちに大切なことを教えられるようだった。鍛冶に限らず、大きな夢へと向かうプロセスもまた熱い鉄を熱いうちに叩き、冷めたら熱し、それを繰り返していくことではないかと悟った。
 今年はいろいろなところへ旅に出かけたが、締めくくりは鍛冶の作業場。カーン、カーンと、自分自身で鉄を打つ槌の音は除夜の鐘にも匹敵する一年のエンディングとなった。鉄は熱いうちに打て。冷めたらまた熱し、そしてまた叩け!そうすればたとえいびつでも自分自身の釘ができる。2006年最後の旅の中で出会った言葉と体験を胸に、新しい2007年へ。旅路は遥か先へと続いている。

 このブログも満2周年を迎え、先日3年目に突入。振り返ると今年は皆さんとともに地球のあちこちへ、途中いただいたコメントを大切に、一歩一歩を踏みしめるように歩んだ充実の一年でした。また来年もよろしくお願いいたします。
 
by born_to_explore | 2006-12-31 01:40 | 探検家の日記 | Comments(5)
高橋大輔探検ナイフ 完成! 

b0062963_14102538.jpg
究極のサバイバルナイフとは何か?この問いに対し、これまでささやかな体験をもとにいろいろと考えをめぐらせてきた。到達したひとつの答えは「フィールドで万能であること」だ。

森や山林へと出かけると、必然、刃物が必要な場面に遭遇する。

① 鹿や鳥あるいは魚など、獲物を捌くこと
② まき割りなどのさまざまな作業
③ 猛獣の襲撃から身を守る

 つまりその用途から考えると、①包丁、②鉈、③刀となる。しかしそれら三種類の刃物を個別にフィールドへ持っていくことはあまり現実的ではない。そこにサバイバルナイフのニーズが生まれる。フィールドで万能であること。包丁のように鋭い刃を持ち、鉈のような破壊力、さらには猛獣にも立ち向かえる十分な刃渡り。これら三つの要件を満たす刃物を探し求めた結果、又鬼山刀(マタギナガサ)に行き着いた。ナガサは山奥深くへと分け入り熊を追うマタギの山刀、いわばサバイバルナイフだ。柄の部分が空洞になっていて、熊に立ち向かうときはそこに棒を差し込んで熊槍とすることから「フクロナガサ」とも呼ばれる。又鬼山刀は現在、四代目西根正剛(西根登氏)が製作している。

 その秋田県北秋田市にある西根鍛冶店から、刃物への名入れが完成したとの連絡が入ったので、さっそく雪の中、山を越えて店がある森吉へと向かった。熟考を重ねたどり着いた又鬼山刀(マタギナガサ)には自分の名前と「探検」という一語を彫り込んでもらった。髙橋大輔探検ナイフ、ここに完成!(長さ8寸と4寸5分の2本)

西根登氏と息子さんの早人さんと話していたら、作業場にいた登氏からちょっとやってみないかと誘われた。わたしは鍛冶が立つことのできる特別の場所に足を踏み込んだのだが・・・。
b0062963_1412031.jpg

by born_to_explore | 2006-12-30 14:17 | 探検家の日記 | Comments(7)
デザート・ワインの愉しみ
 先月スコットランドへ出かけた際、お土産にワインをもらった。

 なんたること!このご時勢、英国でこれから飛行機に乗ろうとする者がワインを、しかも二本ももらうというのはただごとではない。なにしろテロを警戒する英国を発着する飛行機の機内には、乗客一人につき手荷物は一個しか許されない。そればかりか一定量以上の液体を持ち込むことは厳にご法度だ。もちろんワインは絶望的。機内に持ち込めないとすれば、預ける手荷物の中にしまうしかない。しかし割れたら最後、鞄の中はとんでもないことになる。もちろんそれを回避するためには、途中で飲んでしまうしかない・・・と悩めるわたし。 

 もらったワインはフランスとスペイン製のデザート・ワイン。値段にしたらその辺のスーパーで買える程度のもの。現にラベルをみてもわかる通りセインズベリー(sainsbury)は英国各地に展開する大手スーパーで、これはいわゆるスーパーのお徳用ブランドというやつだ。

b0062963_14133386.jpg
 

 と書けばチープな感じがするが、これがビックリするほどおいしいのだ。ちなみにセインズベリーの開業は1869年というから、スーパーとしては老舗。こんなところもイギリスらしい。デザートワインにビンテージみたいなものがあるのかどうかわからないけれど、そんな面倒なことは抜きにして、これは思わず「ゴージャス!」と叫びたくなるくらいうまい。咲き誇るお花畑に寝転がるような香りと幸せ感が口いっぱいにひろがる、といった印象。デザートワインなので食中ではなく、食後によく冷やしたものを適度に、お口直し程度に飲むワイン。まさにワンランク上の飲むデザート!

 気に入ったが最後、わたしはこれを日本に持ち帰ることにしたのである。ところが英国をうまく出発はしたものの、その後、コペンハーゲン→ウィーン→ザルツブルグ→バード・ミッテンドルフ→ウィーン→コペンハーゲンとわたしはワインとともに欧州内を点々とする羽目に。空港では苦戦に次ぐ苦戦。そしてついに無事帰国。いやー重かった!

 簡単に物が買えるようになった時代、こんな風にして自分で苦労して持ってきたものにこそ、何物にも変えがたい付加価値がつく。価値は自分で見出し、自分でつける。もののありがたみは数段アップする。いよいよ今年もあと残すところ数日。ディナーの締めくくりは、このデザートワインで。
by born_to_explore | 2006-12-27 14:18 | 探検家の日記 | Comments(5)
ブリコ・ナットウ・ゴハン。。。
日本に帰ってきたら、やはりにっぽんの朝ごはん!
今朝は今が旬のハタハタ。ハタハタは漢字で書けば「鰰」。魚偏に神と書く。その名の通りどこか神秘的なところがあって、荒波の日本海、雷が鳴るとき大漁になるともいわれる。そんな厳しい冬が産卵期でもあり、メスが腹にかかえる卵はブリコと呼ばれる。火に少し当てればポリポリ、カリポリと口いっぱいにはじけるような食感となり、これを一度食べたら病みつき。ブリコはまた卵をおおう膜に特有の粘りがあるため、今日は焼いたものを納豆に混ぜて新米とともに大椀に盛りつけた。これぞ、ブリコ・ナットウ・ゴハン。一度手にしたら、椀を卓に置くのも惜しいぐらい。秋田名産のイブリガッコ(燻った大根漬け)をかじりながら、至福の朝飯。
b0062963_1049661.jpg

by born_to_explore | 2006-12-26 10:51 | 探検家の日記 | Comments(4)
原色のオーストラリア
b0062963_2340563.jpg

真夏のオーストラリアから帰国。眩しくて、焦げてしまうくらいの太陽光のなかで十日ほどを過ごしたので、東京に到着したらまるで避暑地のような爽快感さえ味わった。今回の旅の印象を一枚の写真で伝えようとするなら、迷わずこのカットを選ぶ。これはオーストラリア北部カカドゥ国立公園で、蓮の葉の上に落ちていたひとつぶの水滴。じっとみつめているうちにビカビカと光る太陽にあぶられるオーストラリア大陸、それが象徴的に描かれたファイン・アートに見えてきた。摂氏四十度を超える連日の暑さは過酷だけれど、輝いている原色の自然の美しさがそのまままぶたに焼きつけられるような、そんな旅の日々だった。ますますオーストラリアが好きになった。
by born_to_explore | 2006-12-20 23:42 | 探検家の日記 | Comments(6)
お土産は旅を映し出す鏡
b0062963_21251167.jpg

雑誌『自遊人』の取材で訪れたオーストラリア・アウトバック。気温摂氏四〇度を越える中央部(レッド・センター)の乾燥地帯から湿度八〇%以上にもなる熱帯のトップエンドまで、旅する環境は苛酷だった。その旅もいよいよ終盤。毎回恒例となった読者へのプレゼントを探し求めて現地のショップをいろいろと巡る。それぞれの土地でしか買えないお土産を探そうとするとかえって苦労するこの世の中、これぞという品を見つけるのは大変なことだと思う。しかし考えてみれば、お土産は旅のおすそわけ。体験や感性をもとに選ぶことこそ真のお土産選びだと思う。だからこそ、お土産を持ち帰れる旅は、心底充実していたと言える。今回われわれが何を選んだかは、来年一月と三月に発売される『自遊人』を要参照。そして気にいったら、ぜひ応募してください。(写真:『自遊人』連載取材スタッフとお土産を選ぶ)
by born_to_explore | 2006-12-19 21:27 | 探検家の日記 | Comments(3)
ドリームタイム(夢の時代)へ
b0062963_23323438.jpg
 オーストラリア北部、トップ・エンドと呼ばれる熱帯地方にはカカドゥ国立公園がある。今日は原住民アボリジニが岩に描き残した絵を見て回った。そこには彼らの自然観、ライフサークル、神話、そして歴史などがいっぱい詰まっている。彼らは人間の祖先が生きた時代を「ドリームタイム」と呼んで、その時代のできごとなどに基づく、様々な岩絵を各地に残した。どれも不思議な印象の絵ばかりで、その前に立つ人をぐいぐいと神話世界に引っ張り込んでいく。神話は本来、本のなかのものではない。大陸の外れ、巨大な岩の上にこそ、活き活きと見出すことができる。一つ一つの伝説へと思いをめぐらせ、時の経過さえ忘れそうになりながら神話を旅した一日。(写真:雑誌『自遊人』連載取材同行カメラマン飯野亮一氏撮影)
 
by born_to_explore | 2006-12-18 23:47 | 探検家の日記 | Comments(4)
クロコダイルだ!
 オーストラリア中央部の一本道をバスで疾走する旅。摂氏四十度を越える灼熱の砂漠地帯から、やがてわれわれはトップ・エンドと呼ばれる熱帯地方へと入った。すると何もかもが一変した。全てをからからに干上がらせてしまう乾燥から、今度はバケツをひっくり返したような水びたしの世界へ。さっそく激しいスコールが雷鳴や稲妻を伴ってやってきた。高温多湿、天井知らずの不快指数。そんな中での野営は寝苦しい一夜となった。
 黙っていても汗がひとりでに滲んで来るようなところにやって来ると、水浴びがしたくなる。人間に限らず鳥や多くの動物たちにとっても同じことだが、そこには最大の危険が待ち受けている。クロコダイルだ。
b0062963_0134972.jpg
 
 その不気味さは何よりも音もなく近づいてきて、一瞬にして目の前のものを丸呑みしてしまう点にある。そしてショッキングなことは、各地の川それぞれの岸辺で「ここにはクロコダイルが生息しています」と警告を発する看板を見かけることだ。乾燥地帯であれ、高温多湿帯であれ、オーストラリア・アウトバックでは水を支配するものが、最後まで生き残る者となる。つくづくここは過酷な世界。(写真:訪れたアデレード川に棲むクロコダイル)
by born_to_explore | 2006-12-18 00:18 | 探検家の日記 | Comments(2)
地球に落ちてきた地球
b0062963_2374091.jpg

オーストラリア中央部では不思議な光景をいろいろと目にする。
奇岩群として知られているひとつにデビルス・マーブルスがある。
乾燥した大地に転がっている岩はまさにその名の通り「悪魔のおはじき」とでも言ったところ。
午後、熱くなる一方の砂漠を歩き、一枚一枚、気になるものを丁寧に写真に収めた。
中でも気になったのがこの岩。まるでからからに干からびて、あるいは完全にさびついてしまった地球を見るようだった。砂漠を歩いていると、時に地球に落ちてきた地球をみつけることもある。この球体に水をかけたら、やがて海が出現し、そこから生命が生まれ出るものではないか・・・と想像さえふくらんだ。
by born_to_explore | 2006-12-16 23:10 | 探検家の日記 | Comments(2)
(イリジウム通信)アドベンチャーなバス・ツアー (雑誌「自遊人」取材)
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、オーストラリア中央部のノーザンテリトリーから宇宙経由で送信しています)

今回のオーストラリアは世界中からやって来た人々とともにバスに乗って旅をするというのがテーマのひとつ。大陸中央部のアリス・スプリングスからエアーズロックへ、戻って今度は大陸北端のダーウィンまで。その走行距離は千数百キロにも及ぶ。

互いに言葉も文化も異なる人が一つのバスに乗り込んでの旅は、まさに国際キャンプといったところ。食事も自分たちで野菜を切ったり、皿を洗ったり。寝袋でのバンガロー生活。オーストラリアの自然をこのようにして味わうのもまたおつなもの。
b0062963_1912816.jpg

by born_to_explore | 2006-12-15 19:02 | 探検家の日記 | Comments(2)