物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
デニッシュ・ペストリーとアンデルセン
b0062963_258317.jpg
 デンマークに来たからにはやはりデニッシュ・ペストリー。文字通りデンマーク(デニッシュ)から世界に広がったパイやタルトなどの練り粉菓子(ペストリー)だ。

 甘くいい香りが漂うパン屋で気に入ったものを3つ買う。すると店員は手馴れた手つきで紙袋に入れ、くるくるっと巻いて渡してくれた。わたしはそれを小脇にかかえ、コペンハーゲン中央駅へ。電車に乗ってオーデンセへと向う。

 オーデンセはハンス・クリスチャン・アンデルセンの生まれ故郷。『みにくいアヒルの子』『マッチ売りの少女』『人魚姫』など世界中の人たちを魅了する童話を書いたアンデルセンはどんなところで生まれ育ったのか。今回のテーマからは少し離れるけれどせっかくのデンマーク、少し足を伸ばして日帰りで出かけてみることにした。さっそく車窓を流れる田園風景を眺めながら、デニッシュ・ペストリーをほおばる。外はサクサク、中はもちもち。カルダモンの香りとともにチョコやカスタードが口いっぱいに広がった。b0062963_2592173.jpg

 デニッシュ・ペストリーを食べながらアンデルセンの故郷を旅する・・・まさにデンマークを満喫!明日はオーストリアへと向う。

(写真 (上)今日選んだ3つ。味は想像以上。本場ですっかりデニッシュ・ペストリーファンに。(下)手前の黄色い家がアンデルセンが誕生した家といわれているもの。)
by born_to_explore | 2006-11-30 03:12 | 探検家の日記 | Comments(3)
『クリスマス・カロル』と旅するイギリス
b0062963_551111.jpg

旅に出るときは、訪れる国々に縁のある本をバックパックに入れる。
英国にはチャールズ・ディケンズの『クリスマス・カロル』を持ってきた。
そして教会の一角で、あるいはクリスマス風情が漂う街角を旅しながら読む。
するとちょっと面白いことに気がついた。本にはクリスマスの様子が描かれているのだが、サンタ・クロースが登場しないのだ。ひょっとしたら本が書かれた1843年当時、サンタ・クロースはまだイギリスにいなかったのではないか?素朴な疑問だが、ありえることである。もともとこの国には聖ニコラウスもおらず、サンタ・クロースの起源とは無縁だ。ちなみに日本で最初のサンタ・クロースの記録は明治7年というから1874年。サンタ日本上陸の立役者はアメリカ人だった。そんなことを考えながら、英国(スコットランド)を後にした。次なる目的地はデンマークのコペンハーゲン。
by born_to_explore | 2006-11-29 05:07 | サンタクロース | Comments(3)
まぼろしのハギス
b0062963_16262773.jpg スコットランドに来たからには、ハギスを食べねばならない。羊の肉や臓物を胃袋に詰めて加工したソーセージのようなもの。そう書けばグロテスクな感じがするが、実際の食感は「秀逸洋風そぼろ」といったところ。ご飯にかけてもうまそうだが、ここではマッシュ・ポテトとマッシュしたカブを付け合せにして、いっしょに食べる。この紅白もめでたい感じがしていい。一度食べつけると、わたしなどこれなしではスコットランドからは帰られないぐらいに病みつきとなった。もちろんウイスキーのつまみとしても好まれている。これがまた悩めるほどまでにシングルモルト・ウイスキーによく合うのだ。
 面白いことにハギスというのは、この料理のことを指していながら、幻の動物ともリンクしている。ハイランド(北部スコットランド)にすむとされる伝説の動物ハギスは、満月の夜、心の美しい清らかなものだけにしか姿を見せないといわれる。ハギスが何の肉かわかりづらいところから、いつの間にか結びついたものだろう。そんなこともあり、これを食べる時はことさら清純なる心で皿に向わねばならないと心得ている。
by born_to_explore | 2006-11-28 16:30 | 探検家の日記 | Comments(3)
スコットランド2006年のクリスマス・ツリー

b0062963_6265260.jpg
エジンバラの夜、クリスマス・ツリーにも明かりが灯される。美しくライトアップされた建物の中でひときわ明るくゴージャスに輝き、思わずため息がこぼれる。クリスマス・ツリーというと、いろいろな飾りをぶら下げたものが思い浮かぶけれど、こういうシンプルなものもまたいいものだ。近くではクリスマス・マーケットの出店が軒を連ね、リースやデコレーション、食品などを販売していた。
by born_to_explore | 2006-11-28 06:27 | サンタクロース | Comments(0)
ステーキ・パイ
b0062963_16231642.jpgスコットランドではいつものようにコールドウェル博士の自宅に滞在している。
今日は自宅に友人を呼んでのホームパーティ。地元の中学校の数学、生物、ドラマの先生3人がやって来た。普段から若い生徒に接しているからだろう、皆とてもエネルギッシュだ。また英国ではドラマ(演劇)の時間があって、それを教える専任の先生がいることも新鮮な驚きだった。さすがはシェークスピアの国。
         
 さて今日のメイン・ディッシュはステーキ・パイ。英国を代表する料理のひとつだ。牛肉の固まりにパイを巻きつけてオーブンでローストする。ミディアム・レアの肉はジューシーで、やわらかく、それを口いっぱいに頬張って、ワインを流し込む。ワインはオーストラリア、カリフォルニア、フランスのものをみんなで飲み比べた。最後はフルーツの盛り合わせと大きなメレンゲ、それにコーヒーでしめる。とにかく豪快に、底抜けに楽しく食べることがスコットランド流。
b0062963_16285162.jpg(写真:食事をサーブするのは主人の役割。ナイフを入れると肉汁があふれ出す。熱いうちに付け合せの野菜とともに。おかわり自由!)
by born_to_explore | 2006-11-27 16:32 | 探検家の日記 | Comments(3)
光と音に包まれて

b0062963_19443351.jpg
スコットランドの中心都市エジンバラから北西に向って車で走っていたら、ダンブレーン(Dunblane)という小さい町に行き着いた。ゴシック式の大聖堂があったのでふらりと立ち寄ってみた。清冽な泉さえ思わせるようなステンドグラスの光に誘われて、堂内へと足を運ぶ。するとパイプオルガンの演奏が始まった。その荘厳な音階はまさに天への階段を登っていくかのよう。クリスマスのために練習をする青年の演奏は途切れ途切れだったが、音と光に包まれながらひとときを過ごした。
by born_to_explore | 2006-11-26 19:44 | 探検家の日記 | Comments(3)
再び、サンタクロースを追う
b0062963_1951718.jpg
アムステルダムから飛行機を乗り継いでスコットランド(英国)のエジンバラにやってきた。すでに空港には各所にクリスマス・ツリーが置かれ、訪れる人を暖かく出迎えてくれる。オランダであれほど人気が高かったシンタ・クラースは、英国に来ると姿形もない。同じヨーロッパでも、1人の聖人を受け入れるかどうかは国や民族によってまちまちで、そこが面白いところでもあり、その違いを理解するのが難しいところでもある。なぜこちらの国にあって、あちらの国にないのか、その素朴な疑問にこそ大きな答えが隠されているのではないかと思う。
(写真:アムステルダム・スキポール空港にあったクリスマス・ツリー、飾り玉は世界を映し出していた)
by born_to_explore | 2006-11-25 19:53 | 探検家の日記 | Comments(3)
絵葉書の時間
b0062963_0593750.jpg
旅の時間にもいろいろあるけれど、絵葉書を数枚買ってカフェで過ごす時間が好きだ。絵葉書の多くにはその国の最も美しく印象的な風景が印刷されている。しかし現実に旅してみて目にする風景は、なかなか絵葉書のようと言うわけにはいかない。現実の風景の目撃者として、わたしはそのギャップを楽しみつつ、それを埋め合わせるように文字を綴っていく。これまでの旅を振り返り、自分が今どこにいるのか、これからどこへ向かおうとしているのか、それを確かめる大切な時間でもある。
by born_to_explore | 2006-11-24 01:00 | 探検家の日記 | Comments(3)
風車旅情

b0062963_6204181.jpg
オランダといえばやはり風車。各地で目にするのだが、ここライデンでは街中にあってとても印象的。夜景の中に浮かびあがるその姿は、普段の牧歌的な姿とは違って、少々幻想的でもある。連日ライデンは曇り、時々雨。今日はあられも降った。そんな荒天の合間を縫うように訪れた一瞬の穏やかな夕方だった。
by born_to_explore | 2006-11-23 06:21 | 探検家の日記 | Comments(6)
間宮林蔵自筆地図!
b0062963_433228.jpg 来年の下半期から某新聞に旅のルポルタージュを連載することが決まった。 
 オランダのライデンに来たのはその取材のためで、わたしは一枚の古地図を追跡してやってきた。
 江戸時代の探検家、間宮林蔵。彼はサハリン島からシベリアに渡り、アムール川流域を踏査した。サハリン(樺太)が島であることを突き止めた探検家、あるいは間宮海峡の発見者として一度は名前を聞いたことがあるだろう。ところが彼が描いたサハリン島の地図は、長崎出島のオランダ商館に医官として来ていたシーボルトによって国外に持ち出されてしまう。それは鎖国時代の日本にとっては第一級の国防情報のひとつであり、禁制品だった。現にシーボルトは国外追放され、関係者の多くが処罰されることになる。いわゆるこれがシーボルト事件。
 事前に集めた情報では、その地図はライデン大学の図書館に保管されているという。本当に見せてもらえるか少々心配になりながら、貴重書閲覧室へと向う。すると出てきたのはオリジナルの地図。まさに間宮林蔵自筆の本物であった。感激!この図書館のすばらしさはオリジナルを手にできること。今からおよそ200年前の探検家が描いた実物、わたしは手の震えを抑えることができなかった。
 旅のルポルタージュはこの一枚の古地図をめぐる果てしなき旅なのだが、詳しくは連載が近づいたらまたお知らせすることにする。
(写真(上)ライデンにあるシーボルト・ハウス。長崎出島から彼はここにコレクションを運びこんだ。手前の大きい建物。(下)手帳”モールスキン”に書き込んだ古地図に関するわたしのメモ。)
b0062963_4341350.jpg
by born_to_explore | 2006-11-22 04:39 | メディア | Comments(6)