物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧
探検の7つ道具

収録したNHKの番組では、探検家の7つ道具(7つとは限りませんが)を紹介したのでここでもちらりと。ごらんの通り、とてもコンパクト。軽量化していろいろな道具を持つ、という必要の母が生んだ結果がこれ。

b0062963_7362463.jpg* 革のグローブ(手袋)
* GPS
* イリジウム(衛星携帯電話)
* 短波ラジオ
* ヘッドランプ
* ジッポ・ライター
* コンパス
* ナイフ
* メジャー
* 付箋
* 削り器付き鉛筆
* ポケット・クロック
* ドック・タッグ(救急用ペンダント)
* 単眼鏡
* シェラカップ
* 先割れスプーン
* 温度計
* マグライト
* スキットル(携帯酒瓶)
* 拡大鏡
* サバイバル・キット

これらが全て、堅牢かつ小型のポーチ一つにおさまる。
by born_to_explore | 2006-10-30 07:38 | 探検について | Comments(4)
NHK番組収録2日目
b0062963_1421759.jpg 昨日に引き続き、NHKインタビュー・シリーズ『幸せのカタチ』の収録。
 今日は自宅で地図や資料を広げ、探検がどのようにして形になるのか、一つのアイディアがいかに旅として実現するのか、その過程について話した。
 一つのテーマに何年もの時間を費やす探検の全容は、一面的なTVの同行取材ではなかなか表現しづらい面がある。しかしインタビューという対話の手法でじっくりと内面やプロセスを掘り下げていった今回の番組制作では、探検の魅力や本質を引き出してもらえたのではないかと思う。
 この2日間、じっくりとセッションしたインタビュアーの小山径さん、カメラマンの桜庭さんを前に。(自宅書斎にて)
 オンエアーは11月25日(土)NHKインタビュー・シリーズ『幸せのカタチ』東北6県
by born_to_explore | 2006-10-29 14:04 | メディア | Comments(2)
NHKインタビュー・シリーズ
b0062963_2313449.jpg
 インタビュー番組への出演、収録のため、NHKのスタッフとともに秋の田沢湖へ出かけた。うす曇りの天候ながら、今日は紅葉目当ての観光客も多く、湖周辺は訪れた人々でにぎわっていた。水がとても澄んでいてきれい。紅葉に染まった山々を映し出し、幻想的な色に染まっていた。
 その湖を前に昼前から夕方まで、探検家としてのわたしの旅、それぞれの局面での赤裸々な内面を語った。こういう内面に迫ろうとする番組は今までなかった。放送は11月25日(予定)。インタビュー・シリーズ『幸せのカタチ」、東北6県のNHKにて。
by born_to_explore | 2006-10-28 23:17 | メディア | Comments(2)
もうワンクラス上の旅人へ
b0062963_11223857.jpg いかに詳しいか、いかにコンパクトか。それが世界地図帳に求めるわたし自身の基準。もちろん製本がしっかりしていること、眺めていて美しいデザインも重要だ。
 旅に世界地図帳を持って出かけるときもある。現在地を確認するばかりか、長いフライトの間、雲の上で未来の旅の計画を立てたり、時には酒を飲みながら紙上の旅を楽しむこともある。

地図帳は英語ではアトラスという。
ギリシャ神話に登場する巨人神、天を肩にのせて支えたアトラスが語源だ。
まさにアトラスのごとく、われわれは世界を両手にすることができる。

いくつかある中でやはりスマイソンのワールド・アトラス(こちらをクリック!)が秀逸。
詳しさ、コンパクト、堅牢さ、そして美しさ、英国王室御用達ブランドのアトラスは全てにおいて最上級だ。

ワンクラス上の旅人、そしてアームチェア・トラべラー(室内旅行家)にもお勧めしたい。
by born_to_explore | 2006-10-27 11:28 | 探検家の日記 | Comments(2)
ハチ公前なら、きっと会える
b0062963_15153165.jpg東京は渋谷で待ち合わせといえば、やっぱりハチ公。この忠犬ハチ公(ウィキペディア)、生誕の地が秋田県大舘市にある。今や伝説的とも言えるこの犬のルーツを訪ねて生誕地へ出かけてみた。すると現在も普通に人が暮らす民家だが、その前に碑が立っいた。

ハチ公がなぜ東京の渋谷へ旅立ったのか、碑文を読むとよくわかる。

b0062963_15154222.jpg
忠犬ハチ公 生誕の地
大正十二年秋、斉藤家に大子内山号を父犬、ゴマ号を母犬として4匹の秋田犬が生まれた。当時この地では耕地整理事業が行われその技師たちの恩師にあたる東京帝国大学農学部教授上野英三郎氏はかねてより秋田犬を飼いたいと望んでいた。翌年の一月、その中の一匹がこの地より旅立った。列車は折り悪く地震のために遅れたがどうにか無事に上野駅に到着する。大正十三年一月十五日、その仔犬は、上野博士の腕に抱かれ「ハチ」と名づけられた。(銘文より)

雨の日も嵐の日も、そして主人亡き後も、渋谷駅に迎えに行った忠犬への人々の思いは生誕地でも大切に記憶されている。

現在でも多くの人がハチ公の前で待ち合わせをしているのは、偶然のこととはいえ、とてもシンボリックなことに思えてくる。ハチ公前なら、待ち人はきっと来る、のだ。
by born_to_explore | 2006-10-26 15:24 | 探検家の日記 | Comments(4)
あまり他人には教えたくないコーヒーハウス
b0062963_1665537.jpg
 秋田県猟友会へ今年度の狩猟登録に出かけた。しかし運悪く担当者が外出中だったため、待ち時間にコーヒーハウスに入った。

 和蘭豆は何と全席がロッキング・チェアというくつろぎの空間。オールディーズのロックがかかる店内は明るく、清潔で、調度品もよく磨かれてピカピカと輝いている。濃い目のコーヒーを注文して、香りとともに味わいながら、あとは椅子に身をゆだねてゆらゆらとひと時を過ごす。旅も著述も、こんなところならいいアイディアがまとまりそう。

和蘭豆(秋田市山王三丁目5-15. 電話:018-862-2685)
by born_to_explore | 2006-10-25 16:08 | 探検家の日記 | Comments(8)
実弾の射撃訓練
b0062963_199375.jpg
 今日は久々に射撃訓練へ。愛銃ベレッタにスコープを装着し、スラッグ弾を撃つ。散弾銃でも一発弾のスラッグ弾であれば標的射撃ができる。2年前に北海道へエゾ鹿ハンティングに出かけた時は、このスラッグ弾で仕留めた。ライフルに比べて飛距離が出ないため獲物に接近しなければならないので理想的ではない。が、その分、面白さもある。狩猟や射撃はどこか動物的感覚を研ぎ澄まされるようで、やり始めると人間の根源に立ち返るようでその魅力に取り付かれてしまった。究極のアウトドアだと思う。
by born_to_explore | 2006-10-24 19:10 | 探検家の日記 | Comments(2)
カボスの丸かじり
 b0062963_10225290.jpg
大分のカボスをいただいた。何よりもこの色がいい。見ているだけでも元気が出てくる。野菜といわず果物も、わたしは丸かじり派。レモンも皮をむいてそのまま丸ごと食べてしまう。そんな話をすると、よくもまあ・・・とすっぱそうな顔をされることが多いのだが、元はといえばレモン丸かじりの魅力はメキシコで知った。メキシコではレモンに塩を振りかけて、がぶりとかじり、ストレートのテキーラをぐっとやる。それがメキシコ人の粋!以後、わたしもその男らしくも潔い飲みっぷりの虜になり、丸かじりを続けている。もちろんめちゃくちゃすっぱい!のだが、効果は抜群で、肌はすべすべ、風邪知らず。
 このカボスも丸かじりしちゃおうと思っていたところ、カボスをくれた人から「サンマ用」と1個だけカボスに指定が入った。しかも絞るときは皮を下向きにすると、風味が倍増するのだという。ジュウジュウいう焼きたてのサンマにたっぷりとカボスを絞る、脂が乗ったサンマにカボスの酸味があいまって・・・こりゃ、ご飯が何杯もいけそうだ。
by born_to_explore | 2006-10-21 10:27 | 探検家の日記 | Comments(6)
ハードな旅にも耐える手帳
b0062963_124980.jpg
かつてインドへ旅に出かけた時、手帳を失くすという失態を演じた。
あまりのショックにしばらくは立ち直ることができなかった。
「パスポートの紛失は悩ましいものだが、手帳の紛失はもはや大惨事だ」といった作家がいたが、まさにその通り。わたしも以後、猛省し、そんな大惨事に再びみまわれることなく何とか旅を続けている。
 旅の手帳には青色のペンで書き込む。万年筆のときもあれば、ポールペンの時もある。日記やメモ、思いつき、覚え書き、読んだ本の気に入った箇所を丸ごと写すこともある。稀にだが色鉛筆があるときは下手くそな絵をすみっこに描き入れる。旅の日を重ねるごとに、白いページがびっしりと埋まっていく。もちろん手帳そのものにもかなりこだわっている。旅先に合わせて手帳を選ぶこともある。写真は1997年の冬季カラフト(サハリン島)行の手帳。全てが凍結する土地へのハードな旅に、極めつき堅牢な牛革の手帳を選んだ。
by born_to_explore | 2006-10-20 12:05 | 探検について | Comments(4)
秋の夜長の栗とワイン
 
b0062963_9445824.jpg
 シーズン到来!おいしそうな栗を手に入れた。とれたての栗はすぐに汗をかく。水滴を乾いた布で拭きとり、そのままゆっくりと掌で転がすように磨くと、すばらしい光沢とほんのりとした香りを発する。見よ、この収穫の秋、喜びに満ちた輝きを!
 と、しばし恍惚のまま鑑賞の後、今度はたっぷりのお湯で茹でる。ナイフで丁寧に皮を剥き、皿に盛り付ければできあがり。そして何はともあれ、ほどよく冷やしておいた白ワインとともに愉しむ。世界はゆっくりと回り始め、至福の秋も夜も、ゆっくりと更けていく。窓の外では虫の声。
by born_to_explore | 2006-10-19 09:48 | 探検家の日記 | Comments(6)