物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ナスカ地上絵の謎を解く鍵
b0062963_1043222.jpg
ペルーから帰国し、写真の整理。
ナスカの地上絵や博物館で撮影したものを再点検していたら、地上絵と博物館に収められている陶器の絵柄に接点があることに改めて思い至った。たとえばクモ。これまでこの上空からしか見えないクモがどうやって描かれたのか、という議論がたくさんなされてきた。しかし巨大な地上絵と同じモチーフを古代ナスカの人は手のひらに収まるほどの陶器にも描いたのである。じつはここにナスカの地上絵の謎を解明するヒントがあるような気がする。この陶器はいつ、誰によって、どのような目的で作られ、そして何に使われたのか?そしてクモが古代ナスカ人にとってどんな存在だったのか?その答えは同時に地上絵にまつわる謎の答えでもあるはずである。謎めいた地上絵だけが注目を浴びるナスカだが、答えは案外、小さな陶器に暗示されているのではないか・・・と感じた。
b0062963_10431998.jpg

by born_to_explore | 2006-08-31 10:44 | 探検家の日記 | Comments(4)
南米ペルーから帰国
11日間インカ文明に触れた取材を終えて帰国。
南半球にある南米ペルー首都のリマから北半球のアメリカ、ロスアンゼルスまで8時間。ロスから東京までは10時間。改めて遠いなあと実感するが、この遠さがインカに対する憧れを大きくしているように思う。

b0062963_836250.jpg
 帰国前、リマの天野博物館を訪れたわたしは創設者である故天野芳太郎氏の奥さんにお会いして予定の1時間を大幅にオーバーする3時間もたっぷりとお話をうかがった。商人として成功をおさめた後、天野氏は私財を投じてインカ文明の研究を独学で行い、集めた膨大な史料を一般に公開するためにリマに天野博物館を設立した。その生き方にただただ感銘し、勇気をもらう。常に創意工夫をもって、ひたすら情熱的に、また誠実に生きた人であった。

b0062963_8364763.jpg
 今回のインカの旅は『自遊人』9月売号、11月売号の二回にわたって連載される。同行したカメラマンの飯野さんは最後まで印象的で旅情あふれる風景をフィルムにおさめていた。
b0062963_8374621.jpg
またJTBの横山さんとは好評の読者プレゼント(ペルーからのおみやげ)を厳選。われわれが触れたインカの息吹、その気分を味わってもらえそうな品々を持ち帰りました。雑誌を読んで、感想を添えて、ぜひ応募してください。
 
旅の興奮が冷めないうちに、わたしはこれから原稿書き。
by born_to_explore | 2006-08-29 08:43 | 探検家の日記 | Comments(8)
(イリジウム通信)インカ名物
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米のペルーから宇宙経由で送信しています)

インカに来たからにはインカコーラ!
黄金都市インカを強烈にイメージさせるその輝ける黄色は、好奇心さえかきたてるまさに旅の公式飲料。
口当たりはさわやかだが、どことなく遠いインカ帝国を思わせるようなロマンチシズムさえ漂ったりして・・・。一度は飲んでみたい黄色いコーラ。
b0062963_0404511.jpg

by born_to_explore | 2006-08-29 00:41 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)インカの一家を訪ねる
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米のペルーから宇宙経由で送信しています)

マチュピチュからクスコへ戻り、今度はチチカカ湖へ。途中、現地の暮らしぶりを見せてくれる一家、モンティエルさんを訪ねた。ジャガイモを育て、特別の日にはクイと呼ばれるモルモットを食べ、アルパカやリャマを飼ってその毛皮で織物をする一家。決して暮らし向きは楽ではないが、その笑顔に生きることの喜びみたいなものを知らされるようでこちらもほのぼのとした気分となった。
b0062963_1575448.jpg

by born_to_explore | 2006-08-28 15:08 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)アルパカはかわいい
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米のペルーから宇宙経由で送信しています)

アンデスの旅で時折出会う動物といえばアルパカ。長い首にふわふわの毛皮、それにつぶらな瞳が印象的。その毛は織物としてセーターや帽子になる。とても暖かくて軽い着心地はなんともいえない。現在でも家畜として飼われており、寒く、風が強いアンデスに暮らす人々の生活にはなくてはならない存在だ。
b0062963_10535379.jpg

by born_to_explore | 2006-08-27 10:55 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)マチュピチュには裏がある
b0062963_12213746.jpg
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米のペルーから宇宙経由で送信しています)

マチュピチュに来る人の大半は遺跡を見て帰っていく。そして少し時間がある人は背後に立つ山(ワイナピチュ)の山頂に登る。時間にして往復2時間。標高約2600メートル。お馴染みのマチュピチュの写真の反対側から見ると、遺跡はコンドルの形をしているのがよくわかる。よくもこんな高峰に都市を・・・と驚いてしまうのだが、しかしさらにこのインカの遺跡に暮した人の思いに触れたければ、そのワイナピチュを周回するというコースがある。ワイナピチュの裏手へと回ると、そこにはほとんど訪れる人がいない。静寂さの中にひっそりとたたずむインカの遺跡を訪ねることができる。そこにあるのは大きな洞窟と月の神殿。密林の中を走るインカ道を下っていくと、忽然とその失われた都市が姿を現す。興奮と感動で胸がいっぱいになる。その感動はインカ道の険しさにもある。月の神殿を訪れようとする人は険しい山道を下りたり、登ったりしなければならない。そんなインカ道の階段を登り下りしているうちに、心の波長がそこに住んでいた人のそれにピタリと合ってくる。すると物言わぬ遺跡がかたりかけてくるようだから不思議だ。
by born_to_explore | 2006-08-26 12:22 | 探検家の日記 | Comments(5)
(イリジウム通信)探検の聖地 マチュピチュ
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米のペルーから宇宙経由で送信しています)

ついに憧れの地、インカの空中都市マチュピチュに到着した。探検家としてこの地には格別の思いがある。わたしが探検家に憧れたのがハイラム・ビンガムのマチュピチュ発見。ジャングルの中にインカの失われた都市を発見し、発掘した彼の偉業はアメリカのナショナル・ジオグラフィック・ソサエティにより支援を受けた探検だった。彼と同じような体験をしてみたい・・・わたしが探検家の道へ向かったのは初めはそんな憧れだった。だからここを訪れる誰よりもいっそう、マチュピチュへの思い入れは強い。ここは世界遺産、観光地である以前に、わたしにとっては探検の聖地なのである。そこに立ったわたしは、一探検家の発見が世界中の人をこれほどまでに魅了し、感動を与えるものであることを実感した。
「探検とは?」と聞かれればわたしは「発見である」と答える。発見にはわれわれの未来を左右するほど計り知れない価値がある。発見されたマチュピチュしかり。探検家としては今後もそんな発見をめざしていきたい。
b0062963_19395893.jpg

by born_to_explore | 2006-08-25 19:41 | 探検家の日記 | Comments(6)
(イリジウム通信)アンデスのトウモロコシはチーズとともに
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米のペルーから宇宙経由で送信しています)

インカではトウモロコシが主食。日本では見かけないような種類がいっぱいある。街角では売店のおばちゃんがトウキビを茹でていたので、その湯気と香りに誘われるまま一本買ってみることにした。日本のモノよりも粒は白くて大きく、イモのようなほっこり感がなんともいい。岩塩をぱらぱらと振りかけてくれるのだが、それ以外にも塩気の効いたチーズを添えてくれるので、トウモロコシの粒を芯から手でくずして両方を口に放り込みながら、アンデスならではの味覚を味わう。チーズとトウモロコシ、相性もバツグン!
b0062963_1175135.jpg

by born_to_explore | 2006-08-25 01:18 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)天空都市クスコの少年
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米のペルーから宇宙経由で送信しています)

b0062963_117205.jpgインカ帝国の古都クスコにやって来た。標高3399m。富士山山頂よりもわずかに低いここでは空気も希薄。だいぶ空が近くなったように感じる。
町の中心にはアルマス広場があり、たまたま鮮やかな民族衣装を身にまとった子供たちのパレードが行なわれていた。
空は青く澄み、どことなく物悲しい響きさえある音楽、そして思わず引き込まれるような屈託のない少年の笑顔を前に、遠いアンデスにやってきたのだなあと実感した。
by born_to_explore | 2006-08-24 01:21 | 探検家の日記 | Comments(4)
(イリジウム通信)ナスカの地上絵はやはり・・・
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米のペルーから宇宙経由で送信しています)
b0062963_1136181.jpg
 ナスカの地上絵へと出かけた。
 10人乗りのセスナ機に乗って、地上絵が描かれたパンパ上空を飛ぶ。
 飛行機が旋回するたびに、小さな飛行機は左右に揺れ、肩から腰にかけてしっかりと巻きつけたシートベルトに重力がかかる。目の前で交差する無数のナスカ・ライン(線)や幾何学模様。その間を揺れのなかで見つめているとやがて目も回ってきた。
 その心地よい覚醒の中で、青い空と白茶けた大地の間に横たわる宇宙人(フクロウ男)をはじめ、サル、イヌ、コンドル、ハチドリなどが姿を現す。わたしは一瞬、空と地の間の無重力空間に浮遊したまま、それらが発する強烈で不可思議な信号に触れたようだった。それは明らかに、上空から絵を眺めることができるようになった現代人に向けられた古代ナスカ人からのメッセージだと思う。
 数千年の時を超えてわたしにも届いたそのメッセージは、どこか数万光年かけて届く宇宙の星の光にも似て、淡くも確かな存在だった。やはりここに来なければ、その信号をキャッ
チすることはできなかった、来てよかった。いまは興奮の中でただ感無量。
by born_to_explore | 2006-08-21 11:37 | 探検家の日記 | Comments(6)