物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
サバイバルにはナガサがいい
b0062963_1415348.jpg アウトドアはまずナイフ選びから。こと道具に関しては、しっかりとした一生モノをじっくりと使い込んでいくことが大切。これだ!というものに出会うまではある程度の出費も投資のうちだろう。
 海外ではナイフや斧などが一般的だが、日本人が培ってきた鉈は見直すべきものの一つだと思う。実際にフィールドに出てモノを切ってみて実感するのは、例えば薪のための木の枝のように切りたい物の多くがナイフでは歯が立たないということ。鉈であれば容易に叩き切れるものが多い。そしてその鉈のタフさとナイフの便宜さを併せ持ったのがナガサ。今日はたまたま、奇習ナマハゲでおなじみ男鹿にある米田刃物鍛冶屋のナガサ類が家に運ばれてきたので、じっくりと手にとってみた。現在わたしも一生モノのナガサを物色中。
by born_to_explore | 2006-07-30 14:24 | 探検家の日記 | Comments(3)
オランダから送られてきた本
b0062963_1041537.jpg ロビンソン・クルーソーなど無人島漂着にまつわる追跡を15年近く続けていると、年に何回かは世界各国の研究者から連絡がくる。今日はオランダの研究者から近著が届いた。まだその人とは面識は無いのだが、その本をぜひ読んでみてほしいという。ページをめくるとそれは驚くべき内容であった。
 18世紀大西洋に浮かぶアセンション島に立ち寄った英国船が無人島であるはずのその島でテントが置き去りにされているのを目撃した。調べてみたら白骨化した人の死体と日記を見つけたという。その日記の内容は無人島に島流しとなったその男がいかにして生きたかを綴ったもの。伝説に彩られた部分もあるがフィクションではなく事実である。無人島に漂着した人が残した日記はすこぶる興味深く、わたしはむさぼるようにこの本を読んでいる。
by born_to_explore | 2006-07-29 10:46 | 探検家の日記 | Comments(6)
小野小町と日本人の美意識
b0062963_1228824.jpg 中公文庫『秋田美人の謎』新野直吉著を読んだ。この本はタイトルの通り、秋田美人の評判の変遷を過去からたどろうというものだが、帯に書かれた「小野小町の源流をたずねて」というとおり、一章を小野小町にも当てている。 
 小野小町は百人一首の一句、「花の色は 移りにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に」で知られるが、実際のことは何もわかっていない謎の人物。世界3大美女の一人に数える人もいるけれど、クレオパトラや楊貴妃に比べると圧倒的に歴史上の物証が少ない。三人のうち、他の二人はその美貌ゆえに国の存亡を揺るがせたことで知られているが、ただひたすら謎に満ちた伝説的な女性を美女と崇めるあたり、日本人の美に対する奥ゆかしさを見るような思いもする。
by born_to_explore | 2006-07-24 12:29 | 探検家の日記 | Comments(5)
語りのススメ
b0062963_16371844.jpg 山下太郎顕彰育英会で講演をしてきた。
 講演をする場合、物語の背景を旅することの醍醐味をテーマに語る。ロビンソン・クルーソー、浦島太郎はじめ誰もが架空のこととしている伝説や神話、物語にも現実世界を旅できるだけの舞台があり、そこに種を見つけることができるとわたしは信じている。
 普段はひとり書斎にこもり、ああだろうか、こうだろうか、と考えにふけっているのだが、こうしてたまに外に出て話をすると、案外、頭の整理ができたりするのでよかったりする。たぶん思考は思考しているうちは形が無いが、言葉にして発声すると息が吹きこまれ形を持ち始める・・・そういうことかもしれない。
by born_to_explore | 2006-07-21 16:38 | 探検家の日記 | Comments(4)
一日で最高の瞬間
b0062963_16444815.jpgわたしの一日。
朝5時半起床。冷蔵庫で冷やしておいたりんごを丸かじりしながら、新聞に目を通す。6時に書斎へ向かいコーヒーカップ片手に執筆。8時半に朝食。9時から昼まで再び執筆。昼食後、畳の上でひと休みした後、フィールド・ウォーキング。一時間後帰宅し、ぬるめの風呂にザンブリと入る。そして風呂上りにはかき氷。味はブルーハワイと決めている。ガラスの器にブルーハワイを入れて、氷を少し削り、その上からまたたらす。一日で最高の瞬間。かき氷を食べたら、また書斎へ。夕食まで机に向かう。そして一杯酒を飲みながら、夕食を楽しみ、食後は読書など。夜は10時に消灯。
by born_to_explore | 2006-07-19 16:47 | 探検家の日記 | Comments(4)
フィールド・ウォーキング
b0062963_1750149.jpg
毎日の日課がフィールド・ウォーキング。田んぼのあぜ道を縫うように一時間かけて歩く。田んぼではおたまじゃくしが泳ぎ、サギやカルガモがえさを求めてあちこちをガサガサとやっている。今日あたりはシオカラトンボがたくさん飛んでいた。セミも鳴き始めた。それら毎日出会う動物に加えて、この前はカワセミが側溝の中を飛んでいった。鮮やかなメタリックブルーの羽がキラリと光った。そんな出会いに満ちあふれたフィールド・ウォーキング、雨で外に出られないときはちょっと寂しい気分になる。そしてたまにこうして歩くと、仲間にまた会えたようで嬉しくなる。最近は人よりも、出会う自然の仲間の数の方が多いようだ。
by born_to_explore | 2006-07-17 17:51 | 探検家の日記 | Comments(2)
たまには家でドラえもん!
b0062963_21714100.jpg 今日放送(テレビ朝日系列 19:00~)のドラえもんは無人島漂流がテーマ。のび太が『ロビンソン漂流記』を読んで無人島でのサバイバルに憧れ、チャレンジするという話。最近ではテレビでドラえもんを見ることもなくなったが、それでも小説『ロビンソン漂流記』を読んで無人島へというのは自分の体験と重なるところが多いのでさっそく見てみることにした。
 するとアニメとはいえ、無人島が美しく描かれているし、そこでの生活の基本がきっちりと踏まえられていて感心した。その基本とは、食糧、住居、水の確保。さらにのび太は高台に上って救いの船に手を上げ、大きな葉で服をつくり、洞窟で孤独の自分を省みる。もちろんそれらがうまくいくのは、みなドラえもんの手助けのおかげだ。話の最後にのび太は、広場にジャイアンやスネ夫、しずかちゃん、ドラえもんなどいつものメンバーを集めて無人島サバイバルの武勇伝を話す。なんだかその姿はロビンソン・クルーソー島から帰って来て講演をした自分とだぶって見えてきたりした。
 ネットで調べていたら、かつての『ドラえもん』にもロビンソン・クルーソーセットなる道具が登場していた。まもなく夏休み、探検の季節到来!
(写真:『ドラえもん』 7月14日 19:00~テレビ朝日系列より)
by born_to_explore | 2006-07-14 21:11 | 探検家の日記 | Comments(2)
少年ハンター
b0062963_11504663.jpg

狩猟関係の免許の更新は3年ごと。今年は書き換えの年なので、更新の手続きに出かけてきた。わたしは散弾銃と網、わなでの狩猟免許を持っている。最近では猟をする若い人が少ないため、ハンターの平均年齢も60歳。わたしは所属する猟友会では最年少組。まさにここでは少年ハンターである。狩猟免許は狩猟鳥獣のここと、銃器のこと、火薬のことに加えて関連する法律を学んで、学科と実地の試験をしてパスすればもらえる。個人的には身の回りにいる鳥や獣のことが、この資格を通じて身近に感じられた。網やわなを仕掛けて、あるいは銃で獣をつかまえるには、動物の行動特性をよく理解していなければならない。そして命について考えさせられる、じつに奥深い世界である。
by born_to_explore | 2006-07-11 11:51 | 探検家の日記 | Comments(2)
旅に出たくなるソーセージ
b0062963_1711067.jpg今日は出羽のしんけん工房のポーリッシュソーセージを食べる。欧州に出かけると、ハムやソーセージのうまさに思わず、グッと目を見開かされる思いがするが、それはひとえに厳選された素材と丁寧な製法にある。じっくり作れば日本でもうまい本場モノができるはずなのだが、なかなかお目にかかれない。文化の違いか・・・と半ばあきらめていたが、出羽のしんけん工房のソーセージは実によかった。天然塩で漬け込み、じっくり熟成、その後あら挽き、桜のチップで燻製にする。実にイイ。これぞヨーロッパの薫り高さを舌に直接感じさせるような逸品。こういうのを食べると、たちまち旅に出たくなってしまう、という難点も。。。
by born_to_explore | 2006-07-07 17:04 | 探検家の日記 | Comments(3)
くつろぎのミント
b0062963_18395495.jpg

コーヒーにしますか、お茶にしますか?そう聞かれると、たぶんコーヒーと答えるわたしだが、ミントがあるとなれば、迷わず選んでしまう。もぎたての葉っぱを一枚、カップにいれてお湯を注ぐ。それだけ。爽快な香りが立ち上り気分をとてもリフレッシュさせてくれる。考えごとや張り詰めた作業をした日の寝る前なんかには最高。
by born_to_explore | 2006-07-04 18:40 | 探検家の日記 | Comments(6)