物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧
シーズン到来
 いよいよさくらんぼのシーズン到来!やってきた湯沢市はさくらんぼの産地。車を走らせていると、あちこちで赤い実をたわわに実らせた木が目に付く。即売所で買ってさっそく頬張る。
 さくらんぼと言えば、チリのロビンソン・クルーソー島の探検中、野生のさくらんぼをよく食べた。鳥の声を頼りに茂みに入ると、そこには野生の果樹園が広がっていた。そんなことを少し思い出しながら、さくらんぼに舌鼓!
b0062963_1355672.jpg

by born_to_explore | 2006-06-30 13:06 | 探検家の日記 | Comments(4)
おたまじゃくしと混浴
 
b0062963_1045645.jpg
 秘湯にもいろいろあるが、小安峡の近く大湯温泉、阿部旅館では何と、川そのものが温泉であり、野趣あふれるところこの上ない。ここでは温泉を三つに分けていて、内湯、露天風呂、さらにはその先の川風呂を野天風呂と呼んでいる。こういうのは自然児にはたまらない。さっそくわたしも野天の方へ。
 すると川床からゴボゴボと熱い湯が沸き、流れくる川の水とあいまっている。川の水がまだ冷たいので、温泉というよりは「ぬる泉」だったが、最高、最高!
 川ではおたまじゃくしがたくさん泳いでいて、いっしょに戯れるようにして川を楽しんだ。川で彼らとチャポチャポやっていると、流れのある水場で生きることの大変さや醍醐味にも気がついたりする。何かいいものが流れてくるのではないかという期待感もある。やはり川も中に入ってみないと見えてこない面がある。と、あくまでも現場体験主義のわたし。
by born_to_explore | 2006-06-29 10:06 | 探検家の日記 | Comments(4)
どろゆ食堂
b0062963_8175870.jpg
 あっちの湯、こっちの湯と温泉めぐりをしていたら、どうにもこうにも腹がへってきた。そこで迷わず近くのどろゆ食堂へ。おすすめメニューは店先の看板のこの五品。うーん、どれにしようか、迷うところだ。「ら~めん」もいいが、最後の「親子丼」も捨てがたい、さりとて「おにぎり定食」も中身が気になる・・・。それにしてもわたしは「ら~めん」のように音棒を「~」と書かれるとどうにも、絶品のちぢれ麺などを想像してしまいそれを注文しないでは済まされないような気分になってしまう。しかし熟慮の末、やはりここは地元の稲庭うどんを食べることにした。泥湯温泉の近くには稲庭うどんの産地、秋田県湯沢市稲庭町がある。こういう何気ない地元の食堂ですする1杯のうどんに裏切られたためしはない。どろゆ食堂もしかり。やはり熱い温泉のあと、熱いうどんというのもたまらなくいい。
by born_to_explore | 2006-06-28 08:19 | 探検家の日記 | Comments(2)
天狗が来るのをじっと待つ
b0062963_10324746.jpg 泥湯温泉がどうしてにごっているか、この土地の人たちはもともと透明だった湯の色を天狗が濁らせたのだという伝説を伝えている。民話や伝説に関心を寄せて旅をつづけていくと、各地でたびたび天狗話と出くわす。赤ら顔で高い鼻をしているとされるがその正体は不詳。それでも天狗が、山伏など日本に古来から続く山岳信仰となみなみならぬつながりがあるとされる説にはわたしも同感である。こういうところで思いがけず天狗の影に出くわすと、いてもたってもいられない気分となるのだが、徹底的な追跡行は今度またいずれ、ということにし今はただひたすら養生につとめ、湯につかることに専念しなければならない。泥湯温泉、今度は山を臨む露天風呂にザンブリ。せめてここで天狗を待ってみるべし。
by born_to_explore | 2006-06-27 10:37 | 探検家の日記 | Comments(2)
湧き水で
 b0062963_8472657.jpg
 温泉から出ると、近くに水が湧き出ていた。さっそく駆け寄って、ゴクゴクと飲んだ。いつまでも枯れず、勢いよく流れているここの水は「不老不死」と銘打たれている。これぞ仙人の水。飲むだけでは飽き足らず、わたしは持っていたりんごをその清水で洗って丸かじりした。りんごに限らず丸かじりが好きなわたしはこんなところでとれたてのきゅうりやトマト、にんじん、果てはキャベツなど洗って、粗塩でも振りかけ(田舎味噌でもイイ)頬張ったらさぞかしうまいだろうと想像力をたくましくしたのであった。
by born_to_explore | 2006-06-26 08:48 | 探検家の日記 | Comments(1)
湯の品格
b0062963_10342642.jpgその名の通り、泥湯温泉の湯はにごっていた。ここの露天風呂はとにかく粗野とも言えるぐらいに荒削りなのがいい。温泉というとレジャー施設のようなところが少なくないが、逆に徹底して野趣に富んだままのここはやはり名湯である。露天風呂は川の側にあり、そのせせらぎが森の香りとともに山風にのってやってくる。この温泉に入ってみると、なにか朴訥とした田舎の人に会ったときのような、ほんわかとした包み込まれるような安心感があった。温泉にも人格のような、品格があるのだなあと思ったりした。
by born_to_explore | 2006-06-25 10:40 | 探検家の日記 | Comments(0)
自然と対峙する
「硫化水素ガス 噴出につき 立ち止まるな」
「硫化水素ガス噴出 注意」
「危険 熱湯噴出」
「高温 火傷 注意」
b0062963_11583825.jpg

 一本道を進んで行くと、ずらりと並んだ立て看板が警告を発していた。物々しいこの看板の先にあるのは秘湯、泥湯温泉。昨年末ここで一家四人が雪にできた空洞に落ち、中にたまっていた硫化水素ガスを吸って死亡するという痛ましい事故がおきた。ここはその現場の近く。安全対策が講じられ、温泉は再開。二度と繰り返してはならない事故だが、利用するわれわれの方も温泉の気安さばかりか、危険性にも意識を向けておかなければならないことを痛感する。温泉につかるということは、自然と対峙することだと思う。荒削りのままの自然の中にある秘湯ならばなおさらのことだ。自然はわれわれに恵みを与えてくれる存在というばかりか、脅威にもなるのだ。そんなことを考えながら、この一本道を進み、秘湯へと向かった。
by born_to_explore | 2006-06-24 11:59 | 探検家の日記 | Comments(0)
岩魚の骨酒
b0062963_8312517.jpg

 岩魚(イワナ)は清水にしか棲まないので、よほど深山までやってこないとお目にかかれない。運よく見かけたら、串にさして塩をパラリとふり、炭火で焼いて食べたらいい。その端麗な白身はあくまでも清流を思わせるような上品さ。だが山菜や豆腐など酒のつまみが他にもあるなら、迷うことなく岩魚の骨酒(こつしゅ)がいい。よく炙ったものに日本酒の熱燗をかけてひたしておくと、やがてエキスがしみだしていき、山の香り高き絶品酒ができあがる。口当たりはやわらかく、その芳香は幾ばくとして、気品と奥深ささえたたえる。わたしはひょうたん型の徳利からお猪口に注ぎ、その酒をぐっとあおった。まるで清流を走る岩魚のように温かさが体内をかけめぐった。
by born_to_explore | 2006-06-23 08:32 | 探検家の日記 | Comments(2)
地球の体温
 
b0062963_11101242.jpg

 温泉が、岩間から、川から、噴出す、湧き出す。
 秋田県南部を流れる皆瀬川、その流域、小安峡谷へたどりついた。まずは大噴湯に迎えられる。遊歩道を歩くと遠くから滝の音が聞こえてきた。水音に誘われるまま歩んでいくと、やがてわたしはすっぽりと濃いガスに包まれてしまった。ガスは蒸し暑く息苦しい。そこにじっとしているだけで、自然と汗が額ににじんでくる。やがて谷を越える風とともにガスがさっと切れた。断崖から落ちる滝とどこまでも雲海のように続くガスが前方に見えた。このガスは全て湧き出た噴湯からの湯気だった。そう、わたしはすでに温泉の源泉、その只中に立っているのだ。いつの間にかここは歩く温泉の中だったのだ。地球の体温を感じた。
by born_to_explore | 2006-06-22 11:12 | 探検家の日記 | Comments(4)
痔も旅で治そう
 予期せぬ痔の発症により、このところ温泉めぐりに余念がないわたしだが、それにしても温泉は風呂以上に血行作用を高めるものだということがよくわかる。痔は血のめぐりが悪くなったいわゆるうっ血によりもたらされるものだが、温泉に入り続けいたら、血の流れはまるで清流のように軽やかで、身体のすみずみまで行き届いているものと思う。患部を鏡に写し出して覗き見ると、最初は大豆ほどもあったものが、いつの間にか小豆ぐらいになってしまったので、思わず、「ほほう!」と驚いた。一日三回の飲み薬と一日二回の座薬をきっちりと欠かさず、さらに繰り返し温泉に入り続けると、みるみるうちに快方へと向かっていく。
 ならば、いっそのこと再び温泉へ出かけ、徹底的な湯治を・・・とばかり、今度はいわゆる「秘湯」を目指していざ出発。向かったのはいわばb0062963_9472579.gif東北のへそにあたるとでも言うべき地帯。宮城、岩手、山形との県境が迫るその地には、温泉が集中しているのである。旅人であるわたしは、痔でさえも旅に出て治すのである。
by born_to_explore | 2006-06-21 09:50 | 探検家の日記 | Comments(2)