物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
夜桜満開!

b0062963_1222669.jpg
チベットの旅を終えて日本に帰国した。チベットではたくさんの方からのアクセスをいただきました。イリジウムでの通信環境ではメッセージを送るのが精一杯で、サイトにお寄せいただいたコメントにお返事をすることができませんでしたが、皆さんからのメッセージはありがたく拝受いたしました。今後ともよろしくお願いします!さて日本に帰ると、秋田では桜がほぼ満開、夜桜に迎えられました。5000メートルの高地から戻ってくると、空気(酸素)が実に濃く感じられます。それもそのはず、その標高では酸素量は海抜0メートルのちょうど半分です。桜揺らす春風とたっぷりの酸素を吸って、日本の春を実感!
by born_to_explore | 2006-04-30 12:03 | 探検家の日記 | Comments(7)
(イリジウム通信)さらばチベット
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、チベットから宇宙経由で送信しています)

b0062963_9552863.jpgチベットでの最終日。ラサ郊外の寺院、ガンデン寺を訪れた。これが今回のチベットでの最後の聖地巡礼。急勾配の坂道をうねるように山道を登って寺に到着したその時、想像だにしないことが起こった。

天を突くようなタルチョ(祈祷旗)の棹を見上げたわたしの目に、太陽をぐるりと取り囲んでいる虹の輪が飛び込んできたのだ。

太陽を中心としたこの七色の円環はこれまでわたしがチベット僧院の薄暗闇の中で見続けてきた曼荼羅にもよく似ていた。空気が希薄な山寺で、わたしは息苦しさも忘れてその神秘に見とれ、しばし動けなくなった。

風雲を追いかけた果てしなきチベット3000キロの旅は終わった。
旅の空に見つけた曼荼羅(カラーチャクラ)を胸に、今後もまた風雲とともにどこか遠くの青空に旅に出ることにしよう。そしてこの旅のことは決して忘れない。
ありがとう、チベット!
by born_to_explore | 2006-04-29 09:56 | 探検家の日記 | Comments(2)
(イリジウム通信)読者プレゼントを選びました
b0062963_17335646.jpg(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、チベットから宇宙経由で送信しています)

旅も終盤。今日はJTBのチベット取材スタッフと買い物に出かけた。

ラサの八角街というところには屋台が軒を連ね、さまざまなお土産が売られている。さて、このチベットの旅については連載中の雑誌『自遊人』の5月売と7月売号の2回でとりあげることになっているが、今回は特別にチベットで厳選したお土産を『自遊人』の読者にプレゼントすることになった。
(何が当たるか詳しくは掲載号を見てください)

そこで旅を振り返りつつ、それを象徴するような記念の品を選んだ。出かけたことがあるチベット・フリークも、これから出かけるかもしれない未来の旅人にも、このお土産が新しいチベットへの旅へのインスピレーションとなればいいなあと思っている。
遠い外国からのお土産を手にして始まる旅というのがあってもいい。
by born_to_explore | 2006-04-28 17:34 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)石に思いを
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、チベットから宇宙経由で送信しています)

b0062963_237222.jpgオン・マ・ニ・ぺェ・メェ・フーム!
チベットでは、このようなお経や祈りの言葉を石に彫り込む。それをマニ石という。マニ石は聖所に積み上げられ、高地の厳しい風雪に耐え、そこに存在し続ける。おそらくそれを願った人の人生よりも長い間、そこにあり続けるのに違いない。石は偉大だ。そのことをチベット人は知っている。もちろん日本でも墓石に名前を刻んで、いつ、だれがこの世に存在したかを後世に伝えようとする。ところがチベットでは死んだ人がそのように存在の証を残すことは一般的ではない。ここには鳥葬という壮絶な葬送がある。死体をハゲタカに食わせることにより完膚なきまで無にし成仏が可能と考えるのだ。だからここでは石と共に存在し続けるものは彫り込まれた祈りの言葉だけ。いつ、誰がそれを置いたのか、それを知ることはできないし、それは重要なことではないのだ。輝ける青空の下、ただ風が吹き抜けるだけの高地にたたずみ、チベット人が石に託した一期一句の言葉、その重みや大きさというものに思いを寄せた。ふと祈りの何たるかを悟らされる。
by born_to_explore | 2006-04-28 02:44 | 探検家の日記 | Comments(3)
(イリジウム通信)お寺で回転
b0062963_185939100.jpg(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、チベットから宇宙経由で送信しています)

チベットで寺の境内に足を踏み入れると決まってマニ車が置かれている。金属製の円筒の中にはお経が入っているので、一回転させるとお経をはじめから終わりまで一回読んだのと同じ功徳が得られるという。訪れた人はいくつも並んだマニ車を時計回りに回りながらまわしていく。

寺に出かけるたび、わたしもマニ車を回した。
取っ手を引くとからからと音がし、チベットの風の音と共鳴した。
by born_to_explore | 2006-04-27 19:02 | 探検家の日記 | Comments(1)
(イリジウム通信)チベット名物
b0062963_211633.jpg(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、チベットから宇宙経由で送信しています)

今日の昼ご飯はトックパ、チベット風のスイトン。羊肉をじっくりと煮込んだスープに春雨や青菜が入り、小麦粉をこねて小さく丸めたスイトンがドンブリいっぱいに盛られてくる。チベットでは遊牧と限定的な農業(ジャガイモとチンコーと呼ばれる裸麦ぐらい)が伝統的に主たる産業なので、羊肉と麦粉をこねて作った物を使ったこういう食事が一般的かつ伝統的な名物料理ということになる。
さてお味の方は羊肉のエキスがじっくりとスープにしみているところまではよかったが、塩味が強すぎたため思わず顔をしかめてしまった。チベット料理というのはあくまでも家庭料理が基本であり、店にうまいものを求めるのは難しいのかも知れない。
by born_to_explore | 2006-04-26 21:01 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)高地でパンパン
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、チベットから宇宙経由で送信しています)

b0062963_20102416.jpgラサを出て山を越え、再び標高4000メートルのところに寝泊りし、4WD車で標高5000メートルの高さまで上がっていく。
すると持参した飴もお菓子にも異変が起きている。パッケージの中に閉じ込められた空気が空気圧のために膨張し、小包装のひとつひとつがパンパンになってしまっていた。
もちろん味に変わりはないのだが、このようにころころと丸くふくれあがったお菓子を見ると何だが愛着がわいてくるから不思議だ。そして自分もいつの間にか高山でパンパンにふくれあがっているのであるまいかと、不安にかられて鏡をのぞいてみたりするのである。
by born_to_explore | 2006-04-26 20:15 | 探検家の日記 | Comments(1)
(イリジウム通信)これぞ禅問答
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、チベットから宇宙経由で送信しています)

「禅問答」という言葉がある。禅宗の修行のひとつだが、転じてはたから見ていてもお互い何を言っているのかさっぱりわからない問答のこと。

ラサにあるセラ寺ではちょうどその言葉の語源となった問答修行が行われていた。
若い僧が腕を大きく振り上げて手を叩き、質問を浴びせる。地面に腰をおろした僧はそれに平然と答え涼しい顔をしている。質問者は「ならば」とさらなる難問を浴びせる。その繰り返しにより問答は白熱していき、終いには興奮して取っ組み合いになることもある。

b0062963_2050136.jpg同行している通訳にどんな問答のやり取りをしているのかと尋ねてみたが、チベット語を理解しているはずのその人も通訳不能。
これぞ本物の禅問答なのであった。
by born_to_explore | 2006-04-25 20:52 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)聖都ラサに到着
b0062963_2032354.jpg(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、チベットから宇宙経由で送信しています)

青蔵公路2000キロを走破して聖都ラサに入った。
チベットの旅もここで前半戦が終了。
標高5000メートルの薄い酸素の中、腹を壊しながらの数日間だったが、厳しい大自然と対峙し、あるいはそこに生きる様々な人々と出会い、己を知り、また旅が好きになった。

かつて禁断の地であったラサ、その中心に立つポタラ宮。多くの探検家を魅了してきたここには今でも不思議なちからを感じる。
1000室を越えるこの迷宮はかつてチベット王国の宮殿、そしてチベット密教の一大中心地であった。現在公開されているのはその一割にも満たない数の部屋のみ。しかし何気なく入った部屋には立体曼荼羅(カラー・チャクラ)があった。われわれを取り巻く世界のあらゆることをビジュアルで表現している曼荼羅はよく知られているが、それを立体(3次元)で作り、宝石などを散りばめたもので、思わず息を飲む。
ここには一般公開されていない人類の英知がまだまだ秘蔵されていることは間違いない。
by born_to_explore | 2006-04-24 20:35 | 探検家の日記 | Comments(1)
(イリジウム通信)遊牧の子ら
b0062963_19164390.jpg(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、チベットから宇宙経由で送信しています)

旅の途中、チベットのノマド(遊牧民)たちと出会った。
季節ごとにヤク(毛牛)やヤギと共に移動を重ねる彼らの生活は厳しい。過酷な自然の中で生きるということ。日照り、乾燥、そして夏でさえにわか雪に見舞われるチベットでは生きる術以上に生命力がなければ生き残ってはいけない。そしてもちろんそんな過酷な環境の中にこそ見出した彼らのライフスタイルは定住ではなく、つねに移動し続けること、つまり旅としての生き方にあった。

その人生観には境界もなければ、執着もない。どこまでも続く地平線のように自由だ。
本来旅というものはそういうものだし、旅人とはそれを求め続けるものだろう。

屈託のないそんなノマドの子供たちの笑顔にさえ、そこにわたしが理想とする何かを見出せたようで心の中にぱっと光が差してくるような思いがした。
by born_to_explore | 2006-04-24 19:20 | 探検家の日記 | Comments(0)