物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧
焼鴨飯
b0062963_162088.jpg

ロンドンに来たら「焼鴨飯」を食べずには帰れない。鴨というと日本では北京ダックのように高級かつ少しだけ食べるという出し惜しみかつ敷居が高いイメージがあるけれども、ロンドンの中華街ではローストした鴨が店先にぶら下がっていて、身近で安く、また脂ののりが絶品でやみつきになる。「焼鴨飯1つ~」と頼むと、カウンターの料理人は大きな包丁でローストをざく切りにして、それをあったかいご飯の上に豪快に盛り付け、そして秘伝のあまだれを全体にさっとかけて出してくれる。鴨の肉汁と脂、そしてあまだれがごはんに絶妙にからまり、もう一杯おかわりしたくなる旨さ。だいたいはこれに酸辛湯(ホット&サワー・スープ)を頼み、熱いスープとともにしばし我を忘れて食らうのである。
by born_to_explore | 2006-03-30 16:20 | 探検家の日記 | Comments(2)
ロンドンにて、どっぷりと

b0062963_16173644.jpg
ロンドンでは毎日どっぷりと図書館で検証生活。これまで旅してきたロビンソン、宝島、サンタクロースの現場に関する歴史の記録を丹念にひとつひとつ調べている。ロンドンでは毎朝鳥の鳴き声とともに目を覚まし(これがかなり爽快!)、朝食後すぐに大英図書館へ。電車を乗り換えて行くのだが、久しぶりに朝のラッシュアワーを味わっている。この旅ではサンチャゴで少し味わった他は、トルコでもフィンランドでも無縁のことだった。そして図書館に入ると、まる一日をそこで過ごし、また夕方のラッシュアワーのころ電車で帰る。すると夕方に鳴く鳥がわたしを迎えてくれるのだ。実はひそかにロンドンでは小鳥の鳴き声をエンジョイしている。小鳥は春から夏にかけてのロンドン滞在には欠かせない存在。
by born_to_explore | 2006-03-30 06:41 | 探検家の日記 | Comments(0)
定番ランチ
b0062963_19894.jpg

ヒル・ウォーキングでお腹をすかせたわたしはさっそくパブへ直行!やはり英国(スコットランド)に来たからにはフィッシュ&チップス。白身のタラを揚げたフィッシュフライは外側がサクサク、中はあつあつ。特製のタルタルソースをたっぷりかけてほおばるのがいい。フライドポテトにはケチャップか酢をお好みで、つけ合わせのグリーンピースが何ともうれしい。これを1パイントのビールとともに!うーん、満足、満足。さてこれを食べたわたしはスコットランドを後にして、今度はロンドンに向う。この旅、最後の目的地へ。
by born_to_explore | 2006-03-26 19:09 | 探検家の日記 | Comments(4)
スコットランドのロックアート
b0062963_2511996.jpg

森の中、岩陰にひっそりとたたずむロックアート。ついにその場にたどり着いた。連続する時間や旅、呪いであり、祈りでもあるこの円環は永遠をあらわしているかのようだ。いつとも知れない太古、永遠を求める人たちが岩に彫ったこのイメージには計り知れないパワーが宿っている。そして不思議とわれわれのこころを捉え、離さない。古代人からのメッセージを探しに森に入るのはスリリングでエキサイティングな体験だ。
by born_to_explore | 2006-03-26 02:52 | 探検家の日記 | Comments(4)
森の神話を訊く
b0062963_1946444.jpg

丘を越えて木立の中に入ると、雲の切れ間から青空がのぞいた。自然の中を歩くことが好きなのはたぶん、こんな木と出会うことができるからに違いない。ふと足を止め、神話的なその存在を前にふと耳を傾けてみたくなる。全ての木は神話の語り手だと思う。智慧、思慮深さ、そして何よりも一人の人間がこの世に生きられるよりもずっと長い間、空を見つめ、風や雲を友として生きている。そんな木はまるで吟遊詩人のように、森を訪れた旅人に神話を話し始める。
by born_to_explore | 2006-03-25 19:47 | 探検家の日記 | Comments(2)
ヒル・ウォーキング
b0062963_2453723.jpg

調査の合間をぬって、ヒル・ウォーキング(丘歩き)へと出かけた。天気はあいにくの雪。風は地平線の向こうから突き抜けてきた。それでもスコットランドの原野が雪景色に染まり心までが磨かれるような気分。冷たい空気をいっぱい吸い込んで、白い息をはきながら早春のスコットランドを歩いた。めざすは森の中にある太古の古代人のロックアート(岩絵)。
by born_to_explore | 2006-03-25 02:49 | 探検家の日記 | Comments(0)
ASストーン
b0062963_17352079.jpg昨年発掘によってロビンソン・クルーソーのモデル、アレクサンダー・セルカークが暮した住居跡を発見したのだが、その遺跡の近くに「AS」とイニシャルが刻まれた石があった。これまでそれがセルカークの手によるものかどうか、なかなか決定的な史料を探し出せずにいた。歴史をひも解いてみるとセルカークが無人島生活中、木の幹などに自分のイニシャルを彫っていたことは明らかだから、検証のポイントはこの石に彫られたイニシャルがセルカークのものかどうかを確かめられるかどうかであった。しかし今回、スコットランドで彼の所持品を総点検し、ナイフと木箱にかかれたセルカークのイニシャルを確認。ロビンソン・クルーソー島でとった石の拓本と照合してみて、最終的にわたしはあのASストーンはセルカークの手によるものだったという確信をえたのである。下の写真は上の石から彫り込まれた「AS」イニシャルを拓本で写し取ったもの。より鮮明に文字が読める。b0062963_17364333.jpg
by born_to_explore | 2006-03-24 17:40 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(2)
イニシャルASをめぐる史実
b0062963_3243568.jpg無人島に漂着したらきっといろいろなところに自分の名前を彫るに違いない。今日はエジンバラの図書館でロビンソン・クルーソーのモデル、アレクサンダー・セルカークの場合を調べてみた。するとやはり彼は木の幹をはじめいろいろなところに自分ののイニシャルや年号を彫り込んでいたのである。それは一体どんな書体だったのか、それを知る手がかりは彼の所持品に彫られたイニシャルにある。これまで見てきた通り、ナイフと木箱、二つの所持品に彼のイニシャル「AS」がみえる。そしてそれを昨年発見したセルカークの家の近くの岩に彫られていた文字と比較すると・・・。
by born_to_explore | 2006-03-24 03:25 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
ロビンソンの箱

b0062963_1701730.jpgロビンソン・クルーソーのモデル、アレクサンダー・セルカークが自分のイニシャルを彫ったのはナイフだけではない。彼の遺品はいくつかスコットランドに残されているが、船員用の木箱の蓋にはナイフで傷をつけるようにASとイニシャルが彫られている。この木箱と昨日確認したナイフ、セルカークの二つの所持品にイニシャルを確認できたことは他と比較する上でとても重要なサンプルとなる。この二つのサンプルによればセルカークのイニシャルは現代のわれわれが使用しているAとSの書体と似たものだったことが考えられる。
by born_to_explore | 2006-03-23 17:00 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
ロビンソンのサバイバルナイフ
文献に引き続き、実在したロビンソン・クルーソー、アレクサンダー・セルカークの遺品を改めて調査している。そして彼が無人島生活中に使用したナイフにASという彼の名前のイニシャルが刻印されていることがわかった。b0062963_180883.jpg針のようなもので穴を開けて書いた文字で、ナイフの柄の底部に記されていた。このナイフについてはこれまで何度か実際に手にとって確認をしてきたのだが、今回改めて調査して、ここに記されているASというイニシャルの意味合いがとても重要なものであることを思い知った。
by born_to_explore | 2006-03-22 18:01 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(2)