物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧
(イリジウム通信)航海の守護者
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、トルコの地中海沿岸から宇宙経由で送信しています)

トルコ南岸のパタラで生まれた聖ニコラスは、その後100キロほど東のミュラに移り、そこで司教となった。貧しい人々に施しを与え、様々な危機から救い、そして何よりも子供と航海者の守護者であった。ミュラ(現在のデムレ村)には「聖ニコラオス教会」があり、そのことを伝える古い聖画が残されている。

b0062963_2355474.jpg一般の観光客には非公開のところを特別に見せていただいた。なぜ聖ニコラスがのちにサンタクロースとなったのか?その謎は彼が子供と航海の守護者であったことにルーツを見出せると思う。トルコからイタリア、そしてヨーロッパを経てニューヨークに伝えられる、その伝播の秘密は何よりも航海者からの信仰にあるのだろう。
by born_to_explore | 2006-02-28 00:05 | サンタクロース | Comments(0)
(イリジウム通信)サンタクロースが生まれた町
b0062963_1581429.jpg(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、トルコの地中海沿岸から宇宙経由で送信しています)

トルコの地中海沿岸、パタラはサンタクロースのモデル、聖ニコラスが誕生した町として知られる。1989年から大々的な発掘プロジェクトが始まった。大量の砂のなかに町が埋もれてしまったため、8メートルも地下に埋もれた一つの遺跡を掘り出すのに大型トラック6000台分の砂を掘り起こさなければならなかったという。それでも地下から出現し始めた町は聖ニコラスが生まれた当時の様子を伝えてくれた。
by born_to_explore | 2006-02-27 01:59 | サンタクロース | Comments(0)
(イリジウム通信)発掘ハウス
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、トルコの地中海沿岸から宇宙経由で送信しています)

b0062963_1273185.jpg一日の追跡を終えて、パタラという町にある発掘ハウスへ到着。ここでお世話になる。さっそく管理人の食卓に招かれた。
今日のディナーは魚とポテトのフライとサラダ、薄焼きパン。トルコならではの食べ方はフライにたっぷりのヨーグルトをかけて食べること。日本でもカスピ海ヨーグルトが人気だが、遊牧民の文化をもつトルコの人たちはヨーグルトを何にでもかけて食べる。特に日本のように甘くして食べないので、デザートではなく、メインディッシュの欠かせない脇役という感じ。長生きの秘訣はこのヨーグルトにあるという。
by born_to_explore | 2006-02-26 12:33 | サンタクロース | Comments(4)
(イリジウム通信)ゲミレル島へ
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、トルコの地中海沿岸から宇宙経由で送信しています)

チリで夏を、カリブ海で常夏を、アメリカで冬を味わったわたしはこの1-2ヶ月の間に季節も行ったり来たりだ。

南地中海はもう春の装い。ウナル氏とともに地中海南岸の町フェティエ沖にあるゲミレル島へ。そこは今は無人島で、6世紀以後に建てられた教会の遺跡が残っている。島全体が聖所として、教会と聖職者の墓地などが点在している。ここを発掘したのは日本の考古学者。その記録を水先案内役に、聖堂を回った。そしてほとんど崩落し、剥げ落ちた壁画の一角に「聖ニコラオス」の名前を認めることができた。6世紀以後、すでに聖ニコラス信仰が定着していたことを裏付ける貴重な資料だ。

b0062963_12331331.jpg
それを見つつ、聖人の墓所跡から海を見た。
やわらかい春の日だまりの中、水平線上に島々が浮かんでいた。聖なる島にやって来たことをしみじみと実感した。
by born_to_explore | 2006-02-25 12:38 | サンタクロース | Comments(0)
(イリジウム通信)アンタルヤ博物館のウナル氏
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、トルコの地中海沿岸から宇宙経由で送信しています)

サンタクロースのモデルが実はトルコ人だったという事実は、日本をはじめ世界中でもあまり知られていない。その素朴な疑問を皮切りに調査したいと思い、日本である方を通じて協力を願い出たところ、大変ありがたいことに今回のトルコでの調査はウナイドゥン全権駐日大使はじめトルコ共和国大使館からサポートをいただくことができた。アンタルヤ博物館の考古学者ウナル・デミレル氏と会い、ともにこれから数日間、調査を行なう。まずは現地の視察から。明日からは聖ニコラスが司教をつとめたとされる教会や彼がまつられている聖所などを訪ねる。それに先立ちわたしはさっそく聖ニコラスの骨について尋ねてみた。

b0062963_1316929.jpg骨は11世紀にイタリア人が奪って行って、イタリア南方のバーリに持って行ってしまった。バーリには聖ニコラス教会があって、その骨をまつっているという。アンタルヤにあるのはその残存物だというが、それが本物であるという事実はにわかには信じがたい。ウナル氏によれば案の定、その骨には学術上の分析は行なわれたことはないという。
by born_to_explore | 2006-02-24 13:21 | サンタクロース | Comments(0)
(イリジウム通信)サンタクロースの骨
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、トルコの地中海沿岸から宇宙経由で送信しています)

b0062963_8541610.jpg
さっそくアンタルヤ博物館を訪ねる。ここにはサンタクロースのモデルとなった聖ニコラスの骨が保管、展示されている。聖ニコラスは四世紀のキリスト教の聖人で、夜中に貧しい人の家に金塊を投げ入れて、幸福をもたらしたという逸話をはじめとする様々な奇跡で知られ、その信仰は後にヨーロッパに伝わって、サンタクロースのモデルとなった。いわば聖ニコラスは実在したサンタクロースなのである。そして何と博物館にはその骨が展示されていると言うのでさっそく見に出かけた。骨は顎の骨と頭蓋骨の一部だとされる。
by born_to_explore | 2006-02-23 09:11 | サンタクロース | Comments(2)
(イリジウム通信)サーミさんと会う
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、トルコの地中海沿岸から宇宙経由で送信しています)

トルコの地中海沿岸の町アンタルヤに到着した。
さっそく現地在住のサーミ・ユルディスさんと会う。

b0062963_20472684.jpgサーミさんをわたしに引き合わせてくれたのは長崎県の五島列島、久賀島の方。サーミさんは島のクルマエビ養殖場で5年間働き、昨年トルコに帰ったばかりだが、わたしも「沈んだ島」伝説の追跡でたびたび久賀島へ出かけていたという縁あって、サンタクロース追跡にいろいろと協力をしていただけることになった。アンタルヤに到着するとさっそく盛りだくさんのトルコ料理で歓迎してくれた。薄焼きパンのピタにひき肉を詰めたトルコ風ピザに、サラダ、牛肉とピラフの鉄板料理、チーズ、オリーブ。中華、フレンチと並び世界三大料理のひとつに数えられるトルコ料理を腹いっぱい食べてまずは腹ごしらえは完璧。
by born_to_explore | 2006-02-22 20:58 | サンタクロース | Comments(5)
サンタクロースを求めてトルコへ
ニューヨークでサンタクロースのことをつぶさに調べた後、その原型である聖ニコラウスを求めて今度はトルコへ出かける。聖ニコラウスは4世紀のビザンチン時代のトルコのキリスト教の聖人。欧州に広まったあと、特にオランダ人から信仰を集め、移民とともにニューヨークへ渡ってきた。アトランタで見たようにここアメリカで現在のサンタの形が完成したのだが、その源流はトルコにある。だからわたしはトルコへ行かねばならないのだ。サンタの大いなる道をさかのぼる旅が始まる。
by born_to_explore | 2006-02-19 01:48 | サンタクロース | Comments(2)
NY探検家クラブ

b0062963_12221144.jpg

ニューヨークにある探検家クラブの本部を訪ねて会長のリチャード・ワイズ氏と会った。ロビンソン・クルーソー探検の報告をし、これからの探検についても話した。探検家クラブには100年の伝統がある。建物のあちこちに探検の本や地図、探検家の肖像、あるいは探検家が世界各地から持ち帰ったものであふれているので、探検フリークにとってはたまらない場所だ。かつてここにはコンチキ号探検のヘイエルダール博士、月に初めて降り立ったアームストロング船長、エベレストに最初に登ったヒラリー卿、あるいは映画「インディージョーンズ』の役作りのためにハリソン・フォード氏も訪れた。いろいろ話すうちに「探検家クラブ日本支部を作ったらどうか」ということにまで及んだ。摩天楼の中のクラブハウスは探検家のオアシス。下の写真はメンバーズオンリーのラウンジ。奥に探検家バーがある。
b0062963_1223655.jpg

by born_to_explore | 2006-02-18 12:25 | 探検家の日記 | Comments(0)
ニューヨーク 光の宝石
b0062963_9414230.jpg

ニューヨークにやって来た。数日前の大寒波とは打って変わって、今日はずいぶん暖かくて春の訪れさえ感じた。夜の摩天楼を歩いた。この街には人をワクワクさせる不思議なちからがある。なぜだろう?いくつもの理由があるだろう。それは人の数だけあるのだろう。わたしにとってこの大都市は探検家の殿堂、探検家クラブの本部があることが繰り返し来る最大の理由だけれど、毎度来る度、やはり夜景には心を奪われてしまう。息を飲んでしまう。そこで今回は探検家全方位360度の視野をそのまま映し出せる魚眼レンズを持ってブロードウェイを歩いた。まるで万華鏡のように展開する夜景にニューヨークの光の宝石をみつけた。
by born_to_explore | 2006-02-17 09:43 | 探検家の日記 | Comments(2)