物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2006年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
海賊の洞窟を探検する
b0062963_10444083.jpg死人の箱島は鬱蒼たるジャングルにすっぽりと包まれているが、ジャングルはジャングルでもそこはサボテンのジャングルで、洞窟を目指す途中、スルドイ棘がわたしの足の腿に突き刺さった。まるでチクリと筋肉注射されたみたいで、しばらく痛みが残った。サボテンの棘に悩まされながら、這うように進んでいくと、やがて地面にぽっかりと穴をあけた洞窟に行き着いた。上からのぞきこむと10メートルもの深さ。われわれは用意していたロープをたらして、慎重に洞窟へと下りていった。

石灰岩の洞窟におりると、そこは巨大なホールになっていて、奥に支道が続いていた。完全な暗闇の中を懐中電灯の明かりを頼りに進む。もちろんここは未踏の洞窟ではない。記録によれば1991年にアメリカのボースカウトが洞窟内を探検した際、19世紀のスペインの銀貨を発見した。海賊がここに宝を埋めたという伝説は、実際に発見された銀貨の発見により、さらに興味深いものとなった。われわれも奥へと入り込んだ。支道は枝分かれしてまるで地下の迷宮そのものだった。残念ながらわれわれの探検では人工物は見つからなかったが、人が壁を削った痕を見た。そこに海賊の足跡を感じつつ、ひさびさに心躍る冒険をしたような痛快な気分をあじわった。そしてやはり地上に出たら、風が気持ちよかった。

小説『宝島』では最後に洞窟の中の宝を見つけて終わるのであるが、実在した死人の箱島にあったこの洞窟、そして海賊伝説。面白くなってきた。さて本物の『宝島』を追跡するわたしの旅、明日は英領ヴァージン諸島へと向う。
by born_to_explore | 2006-01-30 10:49 | 宝島 | Comments(2)
死人の箱島についに上陸
世界的名作『宝島』、その島は実在していないのか?この問いを解くために、ここ数年、リサーチを続けてきた。スティーブンソンの名作『宝島』にはこんな歌がたびたび登場する。

「死人の箱にゃ15人、ヨー・ホー・ホーそれからラムが1瓶と・・・」

b0062963_1011652.jpg作品の中でスティーブンソンは主人公のジム・ホーキンズに「最初のうちは船乗りの長持ちだと思ったが、やがてそれは島であることに気づいた」と語らせているが、このフレーズこそ、宝島を探し出すヒントともなる。作品の中ではそれがカリブ海のどこからしきことぐらいしか触れられていないのだが、追跡していくと「死人の箱」と名づけられた島があったのである。

それはプエルトリコの南に浮かぶ離島、イスラ・カハ・デ・ムエルトス。このスペイン語名を訳すとそのまま「死人の箱島」となる。

一本の間違い電話から始まったこの無人島への上陸作戦。ついに現実のものとなり、わたしはアメリカの海軍の軍人、プエルトリコ人などの仲間たちと島へ渡った。いきなり蚊に襲われ、繁みに入るとそこにはサボテンのジャングルが広がっていた。高台に登るとカリブの澄み切った青い海と潮風のなかにたたずむ島の絶景が展開した。船着場近くには島の環境保護にたずさわるレンジャーの小屋がみえる。

実在した『宝島』ならば、ここには海賊の宝のありかとなった洞窟がなければならないのだが、レンジャーからの情報では、洞窟は確かに存在しており、そこは海賊の伝説で彩られているという。

島の高台から展望した後、ジャングルの中にあるという洞窟へ探検を開始することにする。
by born_to_explore | 2006-01-29 10:16 | 宝島 | Comments(2)
プエルトリコの地図
b0062963_6475118.gif


今日はプエルトリコのサンファンから、南のポンセへ。
下の地図のポンセ沖にある無人島イスラ・カハ・デ・ムエルトスを目指している。


b0062963_6521438.gif

by born_to_explore | 2006-01-27 06:54 | 宝島 | Comments(0)
間違い電話
b0062963_6423496.jpgとても不思議なことが起こった。世にも不思議なこと。

プエルトリコの南に浮かぶ無人島を目指しているわたしは、昨日、船長との間を取り持ってくれるというラファエル氏と電話で話し、明朝ホテルまでやって来てくれるということになった。環境保護の観点から政府が訪れる人の数をコントロールしているため特別の許可を取らなければ島へは簡単に入れない。唯一の手段が、許可を得たツアー会社を通して出かけることでラファエルはその担当者とのこと。

だが朝、わたしの前に現れたのはツアー会社のラファエルではなく、弁護士のラファエルであった。どうも昨日わたしは間違い電話をかけてしまったらしい。普通は間違いにお互いすぐに気がつくはずなのだが、さまざまな共通点が一致して、それに気がつかないままわたしは弁護士のラファエル氏と会ったのである。と言うのも間違い電話をした先に、ラファエル氏がおり、「チリから電話をした」とわたしが言えば、ラファエル氏も数ヶ月前にチリへ2週間出かけていたという偶然があった。さらに「船長とコンタクトして無人島へ」というわたしのリクエストに対しても、ラファエル氏はボートを個人所有していてその無人島へもでかけたことがあったという。しかも無人島へは約80-90キロ離れている島の南岸のポンセから出るのだが、彼はポンセで弁護士を開業しているのだ。

やって来たラファエル氏は、スーツをドレッシーに着こなすジェントルマンであったが、ひょんな偶然で出会ったわたしの無人島へ渡ろうという試みに手助けをしてくれることになった。というのもやはり、ツアー会社はいくら電話をかけても留守電になっているからだ。

わたしは明日までの予定のサンファンのホテルを急遽チェックアウトして、ラファエル氏とポンセに向った。そして政府の環境保護管理事務所へでかけ、そこで許可と船を願い出ようということになった。わたしの興味が「海賊とか宝島」であることを知っていたラファエル氏はわたしに「そこではそういうテーマを口にすると許可とりにも支障が出る恐れがあるから、島に出かける目的を自然環境の取材にしたほうがいい」とアドヴァイスしてくれた。いかにも弁護士らしい助言。

ところが出てきた環境保護管理事務所のオフィサーは、われわれと会うや「その無人島は海賊の逸話がいっぱいで・・・」と海賊のことを話し始めた。私がロビンソン・クルーソーの住居を発見したことを話すと、彼は「それはすげえや!」と興奮してさらに熱っぽく海賊話を始めた。よく見ると彼の机には日本刀のレプリカが置いてある。尋ねてみると彼は元軍人で沖縄嘉手納基地にいたという。これまた何という偶然。案の定、彼は大の日本ファンでもあった。

b0062963_6401888.jpg意気投合したわれわれは、その足で「海賊の洞窟」というパブへ向った。そこには海賊に縁の武器や絵が壁にかけられていた。そしてそこでわたしはまるで海賊の末裔のようなオーナーから海賊の話をきいたのである。

一本の間違い電話から始まったこの旅の果てには何がまっているのか・・・。そしてわたしは無事に島へ渡れるのか・・・。

写真、海賊の洞窟のオーナーと壁に掲げられた本物の海賊の武器。
by born_to_explore | 2006-01-27 06:45 | 宝島 | Comments(4)
(イリジウム通信)カリブの空と海
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、カリブ海のプエルトリコから宇宙経由で送信しています)

「旅は何か?」わたしは「生産」だと思う。それには常に生みの苦しみが伴う。特に初めての国では旅の手配から取材まで何から何まで自分でやらないといけないので、一日を無味乾燥な事務手続きで終わらせてしまうことが多い。言葉も文化も違うので簡単なことが簡単に進まない。今日はプエルトリコ後の英領ヴァージン諸島までの航空券やホテルの手配をおこない、それと並行して今週末の無人島行きを何とか実現したいと思い、船長とコンタクトできるという人物に何度も電話したのだが、何度も「留守電」。本当に自分はそこまで行けるのだろうかと、少し不安になった。しかし時間をおいてまた電話し続ける以外に方法はない。

b0062963_2056236.jpg気分転換に外に出た。するとカリブの空も海もすぐそこにあった。かつてポリネシアのタヒチ島やボラボラ島に出かけたとき、この世にはこんなにも透き通った青い空と海があったのか!と感動したのだが、カリブに来たら、こんなに輝いている青い空と海があったのか!と思わずそこに吸い込まれてしまいそうになった。ここでは何もかもがまばゆいほどの美しさ。海賊が攻めてきたというモロ城砦へと出かけ、その上からサンファンの町を眺めた。そして海賊のことやそれに抗して戦った人たちこのことを考えた。人々にとってこの土地は金貨や宝石以上の存在だったことがうなずけた。

夕方ホテルに戻ると、電話がかかってきた。留守電に残しておいたメッセージを聞いて、返事が返って来たのだ。お願いの末、何とかなりそうな雰囲気。(船長との交渉次第なのでまだわからないけれど)

海と空の中を歩き、そして土地の人と波長が合ってきて、旅はようやく手に握るような実感とともに動き出す。
by born_to_explore | 2006-01-26 21:00 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)プエルトリコ到着
b0062963_22241020.jpg

(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、カリブ海のプエルトリコから宇宙経由で送信しています)

カリブ海に浮かぶ島、プエルトリコの中心都市サンファンにやって来た。オールド・サンファンにはコロニアル風の洋館が立ち並び、壁のパステルカラーが抜けるような青空に映えて見ているだけですがすがしい気分にさせる。ここは豪華客船が停泊する港で、この町全体がお土産屋やレストランであふれていた。いわゆるリゾート地だ。

わたしが今回プエルトリコにやって来たのは、南に浮かぶ小さな無人島へ出かけるため。そこにスティーブンソンの『宝島』との接点を求めようというのだが、多くの人にとって目的地となるリゾート地のサンファンは、探検家にとっては探求の旅のほんの出発点である。それでもサンファンにも海賊をしのばせる遺跡もあるのでそれらもめぐりつつ、週末には無人島上陸をめざそうと思っている。
by born_to_explore | 2006-01-25 22:26 | 探検家の日記 | Comments(0)
宝島を求めてカリブの海へ
b0062963_2143365.gif

2006年高橋大輔世界一周の旅。南米チリで2週間を過ごしたあと、今度はカリブ海をめざす。この数年、スコットランドの小説家スティーブンソンの名作『宝島』を読み込んで構想を膨らませてきたわたしだが、ついにその心躍らす冒険小説の背景へと旅する日がやってきた。海賊の宝をめぐるアドベンチャーの背景にはどんな種が潜んでいるのだろう。フィクションとノン・フィクション、その接点を求め、宝島を探してカリブ海への旅が始まる。

では皆さん、次はカリブで。ヨー・ホー・ホー!
by born_to_explore | 2006-01-22 21:45 | 宝島 | Comments(0)
奇跡のソプラノ
 b0062963_5571624.jpg 
チリでの二週間はあっという間に過ぎ、今日が最終日。

セントロにあるアルマス広場のサンチャゴ教会へ出かけた。この大聖堂にはチリに来るたびに訪れている。何よりも思い出深いのは2003年から2004年、ロビンソン・クルーソー島での発掘許可をとりにやってきたときだった。そのときはロビンソン・クルーソーの住居を探し出したいという一心で、会社を辞め、なけなしの退職金で買った航空券を握りしめて、単身ここにやってきたのだが、最初は何ひとつ自分の思い通りには動かなかった。そして何度も計画を諦めかけた。そんなふうに苦しんでいた時、この聖堂に通って静かに考え事をしたり「もうしばらくやってみよう」と自分をリセットしたりした。
 今回は、これまでの全ての成果のお礼参りをと思って出かけていった。ところが礼拝堂の席についたと同時に信じられないことが起きた。女性司祭がそこで♪アメージング・グレイス♬を歌いはじめたのだ。そのソプラノは朗々として聖堂に響きわたり、わたしははっと息を飲んだまま、しばらくはその場で動けなくなった。

 ♪アメージング・グレイス♬はロビンソン・クルーソーのモデル、アレクサンダー・セルカークの故郷スコットランドの歌だ。わたしが追跡を始めた1994年、そこで偶然に出会ったセルカークの末裔アラン・ジャディーン君がバグパイプで演奏してくれた曲だった。以後、それはロビンソン・クルーソー追跡のわたしのテーマソングとなった。それが今回、時空を超えたチリの大聖堂で歌われたという奇跡。何か見えない力に支えられ続けながら、ついに達成したセルカークの家探し。わたしはこの瞬間、14年に及んだ長き旅はついに幕を閉じたのだと悟った。そして確かに発掘した出土品をチリへ返却したこの旅はわたしの探検にとっては最後の旅だった。
 探検から遺跡保護(コンサベーション)へ。チリやロビンソン・クルーソー島とのつながりは新たな段階をむかえ、わたしはまたこの地に戻ってくるだろう。そのときまで、この歌を胸に。

 Amazing grace, how sweet the sound,
 That saved a wreck like me.
 I once was lost but now I'm found,
 Was blind but now I see.

 アメージンググレース 何とやさしいその調べ
 落ちぶれた、われを救いたまえる。
 迷えるときに、 道を示し
 闇夜では 光となった

 
               
by born_to_explore | 2006-01-22 06:07 | 探検家の日記 | Comments(4)
絶品フライドライス!
この前サンチャゴにある日本チリ商工会議所を訪ねて、職員の浅田和代さんに「なにかうまい話はないもんでしょうか?」と聞いてみたら、最近、評判のペルー料理店があるという。そこでさっそく足を運び、試しにペルー風シーフード・フライドライスを頼んでみた。するとこれが絶妙かつ秀逸!あまりのうまさに「これはわたしのワールド・マエストロ・リストに入りますなあ」とお礼のメールを打った。世界各国を渡り歩き、コレゾ!という逸品に出会ったときは、わたしはそのレストランを極めて個人的なグルメ&グルマン・リストである、「ワールド・マエストロ・リスト」に入れて、その国を再訪した時の密かな楽しみとしている。
b0062963_332936.jpg

 世界各地でいわゆるフライドライスなるものを食べ歩いているが、なかなかコレゾ!と言うものにはお目にかかれない。基本的に米は日本米に代表されるジャポニカ種とタイ米のようなパサパサしたインディカ種があるが、フライドライスは断然インディカ米がふさわしいと思うわたしにとって、米の炊き具合がまずいと逆に目も当てられない代物に成り下がってしまう。米はとかく難しい。ところがサンチャゴのペルー風シーフード・フライドライスは、米の炊きあがり具合がじつに絶妙。インディカ米なのにふっくらとしあがっている。それに魚介のエキスが良く染みたソースをからめて、強火でエビ、貝、タコ、イカなどもふんだんに盛り込んで炒めているので実に奥行きのある味に仕上がっている。さらに泣かせるのがスライスした長ネギ。シャリシャリとした長ネギの歯ごたえとチョイ苦味が、濃厚なシーフード味にアクセントをもたらしている。最後のひと粒までうまかった!
チリのサンチャゴに来たら、ぜひレストラン、エル・アヒ・セコのフライドライスを。


ARROZ CHUFA CON MARISCOS 3300チリペソ(6ドルくらい)
EL AJI SECO, SAN ANTONIO 530 SANTIAGO CENTRO TEL:638-88818
by born_to_explore | 2006-01-21 03:35 | 探検家の日記 | Comments(5)
隊員たちとともに
b0062963_1252757.jpg

隊員と言っても、探検隊員ではない。
今日はチリに派遣されている青年海外協力隊の隊員の方々有志と、サンチャゴの日本レストラン金太郎で楽しくひとときを過ごした。日本から言葉も文化も違う外国へやって来て、社会の中に入り込み、まさに草の根的な活動を通して世界と係ろうという皆さんと話していると、心の中に一陣のさわやかな風が吹き抜けていくようだった。もちろん現場で抱えている様々な問題も多いに違いない。イヤになることもたびたびのことだろう。しかし経験や年数はそれぞれでも、困難を切り抜けてきた人だけがもついい風貌にいくつも出会えたことがうれしかった。夢はそれぞれでも、もっと世界へ、もっと遠くへ、そして全ては誰かの笑顔のために!
by born_to_explore | 2006-01-20 12:53 | 探検家の日記 | Comments(0)