物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
ナマハゲが来た夜
b0062963_20632.jpg

ナマハゲは一年に一度、山から下りてくる。それが大晦日。今年は長年の夢がかなってナマハゲの里、秋田県の男鹿半島で年の瀬を迎えた。男鹿では大晦日の夕方、鬼のように恐ろしいナマハゲが各家々を巡る。そしてこの世のものとも思えないような叫び声を上げ、子供や大人の怠け心を諌める。子供ばかりか、大人にとっても怖い存在。悪い子はナマハゲにより山へと連れ去られてしまう。それは紛れもなく去り行く年を見つめなおし、来る年の幸福への祈りそのものなのだ。「新年おめでとう」とナマハゲは皆に言う。そして豊作豊漁を予祝する。来年はいい年でありますように。(写真:秋田県の男鹿半島の北浦ナマハゲと同行して訪れた民家にて。2005年12月31日午後8時20分ごろ)
by born_to_explore | 2005-12-31 23:58 | 探検家の日記 | Comments(2)
海賊本を読みまくる
b0062963_103489.jpg年末、世界一周旅行の準備と平行して、海賊に関する本を読みまくっている。

海賊の歴史は冒険あり、ロマンありで、一度読み出すと思わずその魅力に取り付かれてしまうジャンル。

そんな無法者にわれわれはなぜ惹かれるのか?

それは彼らには国境もなく、法もなく、制限もない、徹底した自由があり、旅の連続があるからであろう。

そのような生き方は、たとえ望んでもなかなかできるものではない。そんなバックグラウンドから、本屋には案外たくさんの海賊本が売られている。それをドカンとまとめ買いし、一気に通読している。

すると旅心は無性に刺激されるのである。

今ひとつ、海賊を追跡する旅のプロジェクトも構想中。
by born_to_explore | 2005-12-30 01:01 | 探検家の日記 | Comments(2)
地球一周チケット
b0062963_10525848.jpg
地球一周の航空券が届いた。
現在、2006年1月5日から出発する地球一周探検の準備に追われている。
最初の行き先は、真夏のチリ。ロビンソン・クルーソー島をはじめ、昨年発掘した遺跡の保護活動を始める。その後の予定はオープンで、北米や欧州をハブ(HUB つまり起着点として)縦横無尽に世界を行ったり来たりする。予定は3ヶ月ほど。今回も衛星携帯電話イリジウムを最大限に活用して、世界各地からリアルタイムにブログ更新を行なう。もやは探検家髙橋大輔ブログの名物ともいえるイリジウムブログ更新。探検家としての独自の視点で世界の風景を切り取る地球一周の旅、クリックするだけで3ヶ月間ほど楽しめます。ごいっしょにいかがでしょうか?
(写真:地球一周分ともなると、航空券も分厚い束となってしまう)
by born_to_explore | 2005-12-26 10:56 | 探検家の日記 | Comments(2)
探検用のバックパック
b0062963_1435375.jpg
探検でメインに使用するバックはバックパックである。これまでバックパックには金をかけてきた。いろいろなものを使ってみて試行錯誤してきたけれど、サイズが大きすぎたり、小さすぎたり、鍵がかからなかったり、不意の雨に水漏れがしてきたり・・・と、なかなかしっくりくるものには出会えなかった。もちろん出かけていく環境によって洋服や装備が変るように、バックパックも用途にあわせて選ぶ必要があるのだが、地球規模の探検の場合、全天候型、オールラウンドにして、かつヘビーデューティなものを選ばなければならない。これまでわたしはノースフェイスのガリレオを旅のと相棒して地平線や水平線に挑んできた。最大の特徴は大小2つのバックがファスナーで着脱できるので、大きい方はベースキャンプに置き、小さい方でフィールドワークへと出かけることができる。とっさの雨にも対応できるレインカバーがついている。また鍵もきちんとかけられるし、隠しポケットもあるからセキュリティー上も言うことがない。そして使い込むほどに風合いが増し、埃まみれになればなるほど精悍さが引き立つ。ロビンソン・クルーソーや浦島太郎などの探検を陰で支えてくれたこのバックなしでのエクスペディションはもはや考えられない。
by born_to_explore | 2005-12-25 14:11 | 探検について | Comments(0)
ニュートラル
b0062963_18144147.jpg
雑誌『ニュートラル』(白夜書房)第6号にわたしのインタヴュー記事が出版された。。
この雑誌は旅をテーマとしている。一般に旅雑誌は、温泉やグルメもあれば、バックパッカーから豪華客船の常連が読むものまで多種多様。

欧米では探検を専門とする雑誌もあって(アウトドア誌とは別)、探検が市民権を得ているなあと感じる。ところが日本では「探検」に潜在的に興味を持つ人は多いと思うが、『ナショナル・ジオグラフィック』日本語版のような翻訳モノはあっても、なかなかまるまる一冊の雑誌として結実しない。

『ニュートラル』も探検雑誌ではない。しかしこの雑誌を作っている編集者の視点は地球規模に及び、そこに展開されるテーマやストーリーには「探検」の種がたくさん含まれているように感じる。そしてこの雑誌の髙橋大輔へのインタヴューの冒頭はこんなコメントから始まっていた。
・・・まだ日本で馴染みの薄い「探検家」として活動している髙橋大輔。・・・
誰もが知っているようで、まだまだ知られていない探検家。
現状を真正面から捉えたこのコメントが、インタビューを受けたわたしとしてはうれしかった。
by born_to_explore | 2005-12-24 18:15 | メディア | Comments(0)
サンタクロースからの手紙
b0062963_9521872.jpg
サンタクロースから手紙が届いた。スウェーデンのモラにはサンタワールドがあり、クリスマスになると全世界に向けてそこにいるサンタクロースからお祝いの手紙が送られる。

サンタクロースはいるのだろうか?
多くの子供はいると思っている。しかし多くの大人はいないと思っている。
では実際はどうなのだろう?

考えてみれば、サンタクロースは謎だらけだ。
もちろん様々な研究はされてきているが、書かれた本を読めば読むほど、謎は解けるどころか、さらに深まるばかり・・・。

サンタクロースを旅できるだろうか・・・降りしきる雪を窓越しに眺めながら、そのことを考えている。
by born_to_explore | 2005-12-22 09:53 | サンタクロース | Comments(0)
本日は雪かきナリ
b0062963_1622253.jpg



記録的な寒波と大雪の日本列島。雪国の秋田もこれでは大雪国。今日は朝から雪かきざんまい。雪かきというのは、人によってはいやなものだが、探検家にとってのトレーニングとしてはもってこいだ。なにしろ雪の重さといったら、その純白のふわふわしたイメージからは想像もつかない。胸筋や腹筋、あるいは背筋がバランスよく鍛えられられるばかりか、数時間やっていただけで雪焼けで顔が浅黒くなった。これではなんだかジムに出かけて、バーベルを挙げ、サウナの日焼けサロンで焼いたみたいなものだ。ヒキシマッタ肉体とアサグロイ顔は、雪かきでゲットできる!?
by born_to_explore | 2005-12-20 16:24 | 探検家の日記 | Comments(3)
今年最後の授業
探検家として、今年は学校の授業によく出かけた。
探検とは、道なき荒野に出かけること。
しかしこの世の中、なかなか道なき荒野がどこにあるのか、それさえ知ることは難しい。
そして学校で教わることのなかにその荒野が示されることはまずない。
既知という既存の価値観や常識の中に、探検すべき荒野は存在しないからだ。
しかし学ばざる者に、その荒野を知ることはできない。

学校ではサハラ砂漠で死にそうになったり、アマゾンで両足骨折をしたり、という危機一髪の体験を語りながら、なぜそこまでして旅に出るのか、そんなことをテーマに話す。そしてその旅はわたしの場合、ロビンソン・クルーソーだったり、浦島太郎だったり、荒唐無稽と思われる伝説や物語、昔話にインスパイアされた旅なのだ。時に命の危険を冒してさえも、探り出そうとする伝説の真相とは・・・。
b0062963_23284860.jpg

2005年最後の授業は、秋田県大仙市にある荒川小学校。当日はPTA主催での後援会に児童のみなさんが参加してくれた。
by born_to_explore | 2005-12-19 23:30 | 探検について | Comments(2)
探検家クラブ特製ブックマーク
 探検家クラブから、特製のブックマークが届いた。
 昨年100周年を迎えた探検家クラブの伝統は「探検旗」にある。クラブが特別に価値を認めた探検家にはクラブの旗が貸与される。そして探検が終わったら、クラブへと戻り、また別の新たな探検家が新天地へそれをもって旅に出る。この100年、探検家たちはその探検旗を極地からジャングルへ、深海から宇宙へとまるでリレーしているみたいに持って行った。その伝統を描いたのがこの栞のカット。

b0062963_0174930.jpg


 それにしてもこの絵はよく描けている。
 探検家のイメージというと、大きくはこの2つになるのではないか。極地へ出かけるタイプと、ジャングルへ出かけるタイプ。物語を旅しているわたしは、たぶん物語の種類によって両方の探検イメージを実践しているが、それでもどちらかと言えば右のインディー・ジョーンズ系である。

 そう言えば映画『インディー・ジョーンズ』は、探検家クラブに取材して作られたキャラクター。実在した探検家の実体験やコスチュームなどがベースになっている。だから実在するインディー・ジョーンズは、探検家クラブ所属の探検家がもっともイメージとして近く、また映画の世界をある種、地で行っていると言っても過言ではない。
by born_to_explore | 2005-12-18 00:19 | 探検について | Comments(0)
日本一になりなさい
b0062963_134043.jpg

 桃太郎研究に生涯をつぎ込んでこられた小久保桃江氏に会った。現在104歳。日本桃太郎の会を立ち上げて一筋に歩んで来られたその生き方にただただ感銘すると同時に、長生きの秘訣も教えられたような気がした。とにかく自分がこうと決めたことは徹底的にやる、自分を信じて前に進む。小久保氏が桃太郎研究なるものを始めた頃はそれを理解する人など皆無であった。しかし60年、70年と研究をして来てみれば、大学教授も桃太郎研究をする時代となり、博士論文を書きたいと言う学生も集まってくるようになった。

 とにかく続けること、そして日本一をめざすこと。もちろんそこでいう「日本一」という価値観は「一番」や「唯一」というだけではない。小久保氏の生き様は一貫した「一筋」である。別れ際、小久保氏はわたしに「日本一になりなさい」と激励してくれた。一番になることも唯一になることにも関心はないが、わたしも一筋としての日本一を愚直なまでに追求していきたい。物語を旅するという一筋の道。日本の物語追跡シリーズ、浦島太郎の次、今度は桃太郎へ。
(写真:現代の桃太郎、小久保桃江氏(右)正面は出会いを取り持ってくれた松川亭桃太郎氏)
by born_to_explore | 2005-12-16 01:05 | 探検家の日記 | Comments(2)