物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
(イリジウム通信)岩窟の修道士
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、アフリカ大陸のエチオピアから宇宙経由で送信しています)

b0062963_1292937.jpg今日はアクスムから一路、ラリベラをめざした。
ラリベラはエチオピア教会の中でも特に異彩を放つ岩窟教会で知られている。巨大な岩がまるで迷路のようにくりぬかれていて、ところどころ地下聖堂のカタコンベさえ思わせるが、ここはそれ以上の秘境。聖地巡礼の旅の果てに、わたしは小さな岩窟に自らの身体をうずめ、一身に祈祷書を読みふける修道士と出会った。

言葉さえ交わすことのない出会い。しかしその鮮烈さは一期一会であり、自らの人生観、あるいは世界観にまで作用する。どこまでも広く世界へと出かけていくわたしに対し、その修道士はあくまでも狭い空間に身をとどめる。どちらが果てしない世界を追求しているといえるのだろう・・・終身忘れがたい、しかもまるで一瞬の稲妻に打たれたような邂逅だった。
by born_to_explore | 2005-11-30 01:34 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)はちみつ酒でカンパイ
b0062963_13103465.jpg
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、アフリカ大陸のエチオピアから宇宙経由で送信しています)

 エチオピアで国民的な酒は・・・と聞くと、「それはもうタッジだ!」ということだったので、さっそ くそのはちみつ酒であるタッジで現地人とカンパイ。はちみつ酒と聞くと気軽に飲めてしまいそうだが 、味は野趣に富み、濃厚かつ独特の酸味がある。一気にやるとてきめんにお腹に来そうないやな予感さえしたが、ひとたび飲みだすと現地人はとまらないのであった。気がつけばわたしもはちみつ酒が好きになっていた。ブンブンブン・・・。
by born_to_explore | 2005-11-29 13:12 | 探検家の日記 | Comments(1)
(イリジウム通信)地下王墓の石室へ
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、アフリカ大陸のエチオピアから宇宙経由で送信しています)

 電話がほとんど使用できないのと、プロバイダーがないのとで、エチオピアの地方ではブログ更新は完全にイリジウム経由。
 さて今日はアジスアベバから一路アクスムへ向かい、さっそく伝説に彩られた各地の遺跡をめぐった。(先日の地図の行程のうち、ラリベラとアクスムが逆。アムスムのあとでラリベラへ行きます)
 古都アクスムのことはほとんど知られていないのだが、考古学によってわずかではあるが解明が進められている。6世紀のものとされるゲブラムスカ王墓の地下石室へと入った。
 中は完全に暗く、たいまつを燃やして一歩一歩注意深く進んでいく。すると壁面に掘り込まれた文字や絵、十字架のイメージがゆらゆらと燃える炎に照らし出された。わたしは愛用のマグライトを灯して進んでいったが、ガイドがためらう方向に光を向けると、そこにひそんでいるコウモリの目が黄色く光り、思わず目が合ってヒヤリとした。実際の探検にはこんな映画の一場面みたいなことが実はしょっちゅうある。
b0062963_1351064.jpg

by born_to_explore | 2005-11-29 13:06 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)アジスアベバの朝ごはん
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、アフリカ大陸のエチオピアから宇宙経由で送信しています)

日本からタイのバンコクまで7時間。
バンコクからエチオピアの首都アジスアベバまで10時間あまり。
長かった。が、途中ぐっすり寝たので、すこぶる元気。

b0062963_2037134.jpg空港から町へ出てさっそく朝ごはん。
見慣れないエチオピアのメニューからフォウルを選んでみた。
フォウルとはドンブリに豆、オニオン、グリーンペパー、バターが盛られてきて、それをかき混ぜて塩を加え、パンといっしょに食べる。淡白なようでいて、グリーンペパー(青唐辛子)に汗がにじみ出る 。久々にエスニックを食べたという感じ。
by born_to_explore | 2005-11-27 20:41 | 探検家の日記 | Comments(2)
エチオピアでの国内移動経路
b0062963_14305571.jpg


エチオピアではシバの女王をめぐる伝説地を中心に国内の北側を周回する予定です。
by born_to_explore | 2005-11-26 14:32 | 探検家の日記 | Comments(4)
エチオピアへの道
b0062963_1036594.gif

「エチオピアへ行ってきてください」
探検家への仕事の依頼はある日突然、そんなメールでやってくる。
職業によって仕事のフィールドはいろいろだが、探検家という職業の場合、辺境であり僻地への特派が多い。そしてその土地にまつわる謎多き魅力に迫ってくることが一つの依頼事項ということになる。

昨日の出発前、最終打ち合わせは銀座の喫茶店で行われた。そこには広告エージェントのアカウント・エグゼクティブやプロデューサー、雑誌社の担当者、カメラマンなどが集まる。そこに探検家として参加し、雑誌での取り扱いやスポンサーである旅行社からのリクエストなどを確認した。

b0062963_1037666.gif
エチオピアはアフリカ大陸にある。隣国はソマリア、スーダン、ケニア、エリトリア。エリトリアとはいまだに争いが絶えない。エチオピアと言えば、マラソンの選手やコーヒーの原産国として、また飢餓や飢饉といった悲惨なニュースも記憶に残る。そんな現代的なイメージに比して、ここにはかつてシバの女王が暮らしていたという伝説も色濃く残る。

イスラエルのソロモン王に謁見し、王を虜にした女王の存在はその後も杳として知れない。

その女王の幻影を追いかけての旅。伝説をもとめる探検家の前途にはエチオピアが横たわっている。
by born_to_explore | 2005-11-26 10:37 | 探検家の日記 | Comments(0)
明日エチオピアに行きます!
b0062963_22285793.jpg

連載中の『自遊人』の取材での旅。JTB地球シンフォニーの企画。
日本からは一度タイのバンコクへ飛び、そこからエチオピア航空に乗る。そして一路首都のアジスアベバへ。

都内のホテルに入って、今日は装備の最終点検。
ここ数日はエチオピアの本を読みまくっていた。とくにエチオピアはその豊かな歴史が面白い。世界史に位置づけながらエチオピア史をざっと頭に入れているが、一度ノートに書き出して整理しないと頭にはいらない。またインターネットでトラブルシューティング(万一に備えてトラブル回避のための情報収集)や現地の天候を確認した。日中は25度くらいまで上がるが、夜は5度くらいまで下がる。そんな気温の変化に合わせての重ね着を考える。それに装備品はカメラやフィルム、取材用の手帳とペン。ウエットティシュや整腸剤、懐中電灯、目覚まし時計それに衛星携帯電話・・・。

今回もエチオピアからは”衛星携帯電話イリジウムを駆使したブログ更新”をしていこうと思っている。1週間程度の旅だけれど、エチオピアをごいっしょに!
by born_to_explore | 2005-11-25 22:33 | 探検家の日記 | Comments(0)
 秋田のコミュニティ・マガジン『郷』のインタヴューページがネット上でも公開されたので紹介する。『郷』は秋田の地方紙『秋田さきがけ』に隔月で挟み込まれてくるフリーペーパー。作り手の思いがよく伝わってくるような手ざわり感のある情報誌で、県内にはファンが多い。
 このインタヴュー記事では、ロビンソン・クルーソーの探検の前、自分がどんな旅をしてきたのか、そしてそれがどう自分に作用したのかを感じてもらえるのではないかと思う。
 私の場合、探検以前に、旅のための旅があり、それはどちらかといえば冒険だった。キケンを冒すという字を当てる冒険は、何かを探し出そうとする試みである探検とは基本的には違う。自分がはっきりと「探検家である」と言い切れる背景には、長年にわたる世界6大陸への冒険行があった。それは自分にとっては武者修行のような期間であったのだが、今思えば、その冒険が、自分に「探検」という目覚めをあたえたのである。その辺を読んでみてください。

『郷』のインタビューページへ(こちらをクリック!)
by born_to_explore | 2005-11-25 00:45 | 探検について | Comments(0)
婦人公論
b0062963_1757143.jpg11月22日発売の『婦人公論』12月7日号(中央公論社)の書評欄「私の書いた本」に登場。
1頁まるまるのインタビュー記事で、浦島太郎を中心に物語を旅するわたしの発想の醍醐味に迫っていただいた。インタビューというのはライターさんの興味関心がおもむくままその質問とともに進められるのだけれど、担当された山本淑子さんは個人的に民俗学とか深層心理学などにも関心の幅をむけられたことがあったとのことで、話している私も楽しく仕事ができた。
 探検というと、汗臭くて泥だらけで・・・という男くさいイメージがどうしても先行してしまうけれど、この女性誌を通じて、知的好奇心が刺激される探検のおもしろさが女性のみなさんにも伝わればいいなあと思っている。
by born_to_explore | 2005-11-22 17:58 | メディア | Comments(0)
あの雑誌にも・・・
浦島太郎はどこへ行ったのか・・・。
発売からまもなく3ヶ月になる。これまでにも新聞や雑誌の書評欄で紹介されてきたが、このほど『スーパー・ミステリー・マガジン ムー』(ホームページはこちらをクリック!)学研(12月号)に登場した。
b0062963_2227118.jpg
『ムー』といえばUFOやオカルト、超能力、霊など科学では説明がつかない謎をテーマとする。私が子供の時からあったので、相当な老舗雑誌。

探検の軸足は現世にあって、他界でも想像の世界にもない。発見はつねにわれわれが生きている現実世界にあるからだ。ところが探検家を魅了するするテーマは時として「伝説」や「異聞」であり、現実とは思えないことも多い。これまでにも幾多の探検家が「アーサー王」「聖剣エクスカリバー」「失われたアーク」「聖杯」「ナスカの地上絵」・・・などに取り組んできた。

わたしにとっての探検テーマの一つは「浦島太郎」。『ムー』は私のこの本をどう読んだのか・・・12月号の156ページ「ブック・インフォメーション・フォーラム」を。
by born_to_explore | 2005-11-20 22:32 | メディア | Comments(0)