物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
イラストレーターの堀千里さんを訪ねる
b0062963_18434536.jpg

今日は秋田市在住のイラストレーター、堀千里さんをおたずねした。お願いしていたイラストがついに完成したからであった。

はじめて堀さんのイラストをみたとき、わたしは木版画のような民芸調の素朴さ、描かれる人物の表情の天真爛漫さに心惹かれてしまった。

ちょうどこれからあちこちで講演活動を本格的に行なっていこうと思っていたので、さっそく堀さんに浦島太郎をベースとした講演用のイラストをお願いしにでかけた。

実際にお会いすると、堀さんはやはり物語がお好きとあって、まるでそこに花咲じいさんがやってきたみたいに話にも花が咲いた。

東京、京都と仕事で転々としたこの一週間のわたしだったが、堀さんから各地のホテル宛にイラストラフのFAXを入れていただき、ようやく完成。。

民芸調の天真爛漫さに加えて、彩色が素晴らしく、思わず絵物語の世界に引き込まれてしまった。イラストレーターもパソコンで絵を描く時代。しかし手描きを続ける堀さんのイラストレーションには、わたしが旅してきた物語の息吹が確かに感じられる。
講演ではわたしも物語が持つ手触り感を伝えていきたい。

これからわたしが各地の学校等で行なう講演には堀千里さんのオリジナル・イラストレーションが登場します。
by born_to_explore | 2005-10-31 18:46 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(2)
冒険譚
b0062963_20501811.jpg東京駅の大丸デパートで開催のデ・キリコ展へ出かけたら、売店で横尾忠則作、その名も『冒険譚』葉書が売られていて、さっそく何枚か購入!

冒険譚とは、「冒険話」という意味だが、デザインが実にロビンソン・クルーソーを思わせるではないか。無人島に取り残された一人の人間の孤独と心からの絶叫、危機一髪、それが全面に出ていてじつにイイ。あえて横尾氏にたずねるまでもなく、冒険の代名詞はロビンソン・クルーソーであり、ロビンソン・クルーソーとは冒険そのものである。

そしてそれをあくなき好奇心で探し求め続けるわたしは探検家。この違いは時に見分けようもないほど接近したものでもあるが、わたしは探検と冒険をきっちりと分けた上で、探検家であることの意味を求道し続けている。

そんなわけでそのうち、この葉書で探検家としての冒険譚を誰かに書き送ってみようと思っている。
by born_to_explore | 2005-10-30 20:52 | 探検家の日記 | Comments(0)
浦島太郎展
b0062963_9375533.jpg「横浜で浦島太郎展が開催中!」と聞き、さっそく出かけてきた。これは横浜市歴史博物館の開館10周年を記念するもので、横浜のうらしまさんを始め、全国から絵本や人形などを集めて、ヴィジュアル的に浦島太郎の歴史的な背景を見ることができる企画。中でもこのブログでも紹介した横浜市慶運寺の亀乗浦島観音立像は十二年に一度、子の年のみにご開帳されるありがたい観音像で、今回は初めての博物館での公開ということになる。わたしも初めての対面で、じつに感慨深かった。また浦島太郎展では、横浜に伝わる浦島太郎伝説をもとに絵本を作成、販売している。図録も充実しているので、お近くの皆さんはぜひ。浦島太郎が少し旅できます。

b0062963_9382638.jpg
横浜を軸とした浦島太郎の展示会を楽しみつつも、いつか全国の浦島太郎伝承地を結んで展開する「髙橋大輔の浦島太郎インスタレーション(装置)」ができたらいいなあと思っている。TV番組化などを起点に、プロデューサー、クリエイター、絵本作家、イラストレーター、作曲家とのコラボレーション、展示会、古典芸能「うらしま」の公演、講演、むかしがたり、ツアーなどで「昔話浦島太郎」をまさに五感で体感できるようなアート&サイエンス・コンポジッション(学問と芸術の複合)。「物語を旅する」ことをいかに表現して一人でも多くの人と共有するか・・・探検家としては、そんな様々なアーティストやミュージアム・キュレーターとのコラボレーションの実現も将来の夢として、頭の片隅に置きながら旅を続けているのです。


よこはまの浦島太郎展のホームページ(こちらをクリック!)
by born_to_explore | 2005-10-29 09:38 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(3)
レプリカを作製
京都に出かけたもう一つの目的。
それはレプリカの作製だった。
2005年2月、ロビンソン・クルーソー島で発見に成功した航海用のディバイダ。わずか16ミリのピン先が、実在したロビンソン・クルーソー、アレクサンダー・セルカークの住居跡を特定する決めてとなったことはご存知の通り。

そのレプリカ製作をすることは、今後、探検成果を教育活動につなげていく意味でも避けては通れない仕事。そこでいろいろと調べたら博物館で仕事をしたことがある人から、京都科学(こちらをクリック!)のことを教えられた。歴史や考古の資料を復元できる会社はいくつかあるようだが、宮内庁や国立博物館はじめ、全国の埋蔵文化財センターから数々の実績とともに絶大の信頼を寄せられているのが京都科学。

今回は特別にスケジュールを開けていただいて、3日間でロビンソン・クルーソーのディバイダのレプリカを製作していただいた。そしてついに完成!

b0062963_8241590.jpg


さすがに、どちらが本物かわからない!
しかし本物は銅であるのに対して、レプリカは合成樹脂。シリコン製の鋳型で型おこしをしたあと、色は人の目と手を頼りにしてつけていく。
b0062963_8271054.jpg

レプリカ製作は銅像から、埴輪、能面などあらゆる分野をカバーしているし、京都科学ではオリジナルの仏像の修復にも取り組んでいるという。歴史好きにはたまらない仕事だ。
by born_to_explore | 2005-10-28 08:28 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
南禅寺で湯豆腐を
京都の鈴虫寺に出かけたあと、わたしは必ず南禅寺にゆどうふを食べに行くことにしている。
出かけるのは湯豆腐の名店、総本家奥丹。(こちらをクリック!)

b0062963_827145.jpg奥丹では、風情のある古民家の一室で熱燗を一杯ぐっとやりながら、ごまどうふ、木の芽の田楽、山芋のとろろ、精進てんぷらなどとともに、ゆどうふを食べる。
ここの豆腐には質感とコク、まろやかさがあって、源泉素材をブレンドして作ったタレ、それにさんしょやネギをふりかけて口に運ぶと、馥郁とした豆腐本来の甘みと香ばしさが口の中に広がる。

そうやって豆腐と酒を堪能しつつ、探検の次の具体的なプロセスについて思いをめぐらせる。
鈴虫寺で願掛けをした夢をどのように攻略するか・・・それを考えるのがこの奥丹。
立ち上る湯豆腐のあくまでも白い湯気を前にしていると、なぜか、旅のイメージがわきやすい。(すき焼きの煙や焼肉の火ではこうはいかないのだ)

今、わたしは2006年1月に出かける世界一周に向けて、あれこれと準備を始めている。

今日はその後少し時間があったので、南禅寺を参拝した。
南禅寺には、心を静め、思いを深めることができる枯山水の庭がある。
b0062963_8282183.jpg

方丈庭園は枯淡な庭園。そこにしばし自分の夢を重ね合わせてみた。

その後は茶室で、流れ落ちる滝をまえに、お抹茶を一服。
by born_to_explore | 2005-10-27 08:31 | 探検家の日記 | Comments(2)
鈴虫寺
b0062963_111122100.jpg京都にやってきた。
鈴虫寺には一風変った地蔵がいる。全国でもここ一箇所といわれる草履をはいたお地蔵様。人の願いをかなえるために、旅する地蔵といわれる。

旅人であるわたしはその地蔵に出会った瞬間に親近感をおぼえた。10年ほども前のこと。
鈴虫寺はその名の通り、講堂に鈴虫が飼われていて年中鳴いている。冬の寒い間でも死に絶えることなく鈴虫を生かし続けることは不可能と考えられていたが、住職が情熱と忍耐で夢を実現させた。

そんな背景から、この寺を訪れる人には大願成就が約束されている。

かくいうわたしも、処女作『ロビンソン・クルーソーを探して』の出版を皮切りに、ロビンソン・クルーソーの住居発見までこれまで大きな夢をいくつも祈願し、それはことごとくかなえられた。

今回はロビンソン・クルーソー探検のお礼参り。

そしてここからまた次の夢へ。

鈴虫寺のホームページへ(こちらをクリック!)
by born_to_explore | 2005-10-26 11:16 | 探検家の日記 | Comments(2)
在チリ日本大使夫人を囲んで
b0062963_10335439.jpg
チリ共和国へ赴任されている、小川日本大使夫人を囲んで目黒のリリアルでひとときを過ごした。

大使夫人との出会いは劇的なものがある。2005年2月、ロビンソン・クルーソー島で小説のモデルとなったアレクサンダー・セルカークの住居跡を発見したわたしは探検隊のメンバーと別れ、ひとり発掘後の後片付けのために島に残っていた。そこへ日本人のご夫婦がわたしの前に姿を現したのだが、それが小川大使と夫人その人だった。

いきなり「高橋大輔さんですか」と、問われたわたしの驚きはとても大きいものだったが、
大使も夫人も、ロビンソン・クルーソー島へ休暇でやってくるまでは、その辺鄙な島に日本人がいようとは考えもおよばなかったようだ。わたしの存在を知ったのは、現地のガイドからとのこと。そんな偶然により、わたしが島で大発見について報告したのは大使と夫人が初めての人となったのだ。

今回は日本に一時帰国されていて、長野県諏訪市のご友人と会食。リリアルではイベリコ豚を使ったカツ丼風フレンチの傑作、探検家スペシャル(料理)を振舞っていただき、ロビンソン・クルーソー大発見にシャンパンもつけていただいた。
by born_to_explore | 2005-10-24 10:36 | 探検家の日記 | Comments(0)
最近ラジオよく出てます
昨日はラジオ局に出かけて、FM秋田の番組「ぷれちゃ?」(こちらをクリック!)(plesant chat 楽しいおしゃべりのこと)に生出演。

b0062963_11532168.jpg


ラジオの生番組といえば、先日、福澤朗さん初のラジオ番組、第1回目のゲストとして「ラジオスター」(ニッポン放送)(こちらをクリック!)に出演したが、スタッフがあっちこっちで駆け回っている感じ。またラジオはマイク1本なだけに、テレビ以上にテンションが高くなるものかもしれない。だからだろうか、普段TVのバンキシャでみる落ち着いた福澤さんよりはテンションがかなり高いように感じた。

昨日の番組もそんな感じ。事前打合せもそこそこに、いきなり本番!パーソナリティの石川文子さんと宮野さおりさんがおしゃべり全開。だから普段は寡黙なわたしもここぞとばかりパワー全開。ロビンソン・クルーソー探検や浦島追跡を、大いに語った。

スタジオの密室でマイクに向かってしゃべり続けていたら、ふと、かつてロビンソン・クルーソー島の無人地帯でひとり虚空に向かってしゃべり続けていたころのことをふと思い出した。テンションの高さも、あのときそっくり・・・これは何かありそう!?

ぷれちゃのブログ(こちらをクリック!)
by born_to_explore | 2005-10-19 11:59 | 探検家の日記 | Comments(4)
小学校で初授業
b0062963_1704520.jpg

今日は秋田の2つの小学校へ出かけて、探検家の授業をしてきた。
サハラ砂漠を徒歩とヒッチハイクで縦断したり、アマゾンで両足を骨折したりというエピソードを交えながら、浦島太郎追跡について1時間の授業。

秋田市立山谷小学校と太平小学校は、4~5年生あわせても20-30人ぐらいの小さな学校。でものびのびとして、みんな目がきらきらと輝いていた。中学、高校と進むにつれて「勉強」「受験」に追われる子供たち。振り返れば、小学校の時のあそびやいたずら、自由な雰囲気が、自分の原点を作り上げたのだ・・・とふと思う。自然に囲まれた学び舎で、いろいろなことを吸収してくださいね、そんな思いで授業をした。

b0062963_172695.jpg太平小学校で給食に誘われたので、小さな机を丸く並べて6年生の皆さんといっしょに給食タイム。小学校卒業以来食べていなかったけれど、給食の味はどこか同じような気がした。今日の献立は、アサリのスパゲッティー、レーズンパン、リンゴとオレンジのフルーツカクテル、エビのおつまみせんべい、牛乳。おしゃべりをしながら、楽しくみんなで食べた。

では皆さん、また会いましょう!
b0062963_1713166.jpg

(写真:(上)山谷小学校のみなさんと (中)本日の給食(下)太平小学校のみなさんと)
by born_to_explore | 2005-10-17 17:08 | 探検家の日記 | Comments(4)
週刊新潮とザ・ジャパン・タイムズ
b0062963_17544643.jpg
物語を旅する、をテーマとしている髙橋大輔の探検を凝縮させたような広告(新潮社の本)が週刊新潮(10月13日号)に掲載された。写真はロビンソン・クルーソー島、探検中のひとコマ。

さらに今日(10月16日付け)のThe Japan Timesには、大きく全頁を使っての探検家高橋大輔紹介記事が掲載された。
ウェブ版でもみることができます。(こちらをクリック!)
この英字新聞は高校、大学、社会人時代を通じて、英語の勉強のために毎日読んでいたものだっただけに、その全頁に記事が出るとは驚きました。かつてこのブログで英語の習得法について尋ねられたことがありましたが、わたしは毎日、わかっても、わからなくても、ジャパンタイムズにかじりついていました。
by born_to_explore | 2005-10-16 17:57 | メディア | Comments(2)