物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
漂着した謎のメッセージ・ボトルを追え
遠い海の向こうから、漂い流れてきた1本のワインボトル。
中にはどこかの誰かからのメッセージが入っていた!

b0062963_044254.jpg


それは日本海、京都府の丹後半島にある箱石浜でのこと、今から一年とちょっと前の話。
メッセージ・ボトルを発見したのは、竹田正義さん(姫路市在住)。当時、彼は兵庫県豊岡市にある水族館勤務のかたわら、近隣の浜を歩いて漂着物を調べていた。
日本海沿岸のその場所には、じつにさまざまな物が海から打ちあげられる。
中でも印象的なのは、椰子やガラス玉(漁用の浮き)。遠い南の島、あるいは異国を思わせるそれらはじつに雄弁にその旅路を語る。眺めているだけで、どこか遠くへと誘われるようなロマンチックな気分に浸る。

浦島プロジェクトを始めてから、海へひんぱんに出かけるようになったわたしは、やはりプロジェクトを通じて竹田さんと出会い、メッセージ・ボトルのことを知らされたのだ。

漂着したボトルの中には、A4サイズの紙が八つ折りにされて入れられていた。
紙には赤色のワインがところどころ染みついていた。そっと開いてみると、温度グラフが出てきた。実に精密に書かれた計測グラフで、どこかの科学的な研究をするラボか、工場か・・・。
いずれにしてもそれは普通の人が見かけることなどない、とても特殊な内容であったから、眺めているだけで薄気味悪いような気分になって、すこし鳥肌がたった。

b0062963_075744.jpg


その裏側を見ると、そこには走り書きをしたような誰かのメッセージが書かれていた。
文字の様子から、それはロシア語であろうか?
それにしても、なぐり書きをしたようなその筆跡には、その人に何らかの危機が迫っているような逼迫感がにじんでいた。
だとしたら、それは一体・・・。

竹田さんからコピーをもらい、わたしはさっそくそのメッセージ解読に乗り出すことにした。

(写真:[上]漂着したワインボトルとメッセージ [下]グラフが書かれた紙の表側。この裏にはなぐりがきされたようなメッセージが・・・謎は深まる。 写真竹田正義氏提供)
by born_to_explore | 2005-05-31 00:12 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)
植村直己直筆サイン本とともに
b0062963_23553953.jpg


4月に取材へ出かけたグリーンランド。
その時のことを綴った原稿が、雑誌『自遊人』(7月号)に掲載された。
掲載に合わせて、旅の裏側と秘蔵写真をちょっとだけ紹介。




この連載シリーズでは毎回、探検家の足跡を追いかけている。
「ツアー」といえば気軽な旅がイメージされるので、ハードな「探検」とは無縁のように思える。ところがそのツアーでも、テーマの立て方によっては、充分探検の醍醐味を味わうことができるのではないか?そう思うところがあり、JTBの秘境ツアーに参加して、探検家の軌跡の1カットを切り取るような旅をした。

今回から2回連載のグリーンランド編。
「グリーンランドといえば、まずは植村さんではないか・・・」
と思案しつつ、出発前、神田の古本屋をぶらぶらしていたら、偶然にも植村直己直筆サイン入りの『北極圏一万二千キロ』(文藝春秋)をとある古書店の本棚に見つけた。まるで「これを持って、出かけよ」と植村さんからポンと背中でも押されたような旅のはじまりだった。

b0062963_2358249.jpg


グリーンランドでそれを水先案内としながら、現在の風景の中に、かれが見た風景を探し求めた。透き通るような青い世界を行き・・・

b0062963_23592358.jpg


さらに植村さんの犬ぞり旅行を支えたイヌイット犬、なんともかわいらしい子孫たちとも対面を果たしたのだった。

b0062963_0061.jpg

b0062963_00441.jpg


JTBの地球交響曲
雑誌『自遊人』のページ
by born_to_explore | 2005-05-30 00:07 | メディア | Comments(2)
その発見はいかにしてなしとげられたか
b0062963_0241100.jpg


わたしに拓本テクニックを伝授してくれた大石一久氏から近著が届いた。

大石先生が大発見をした、というニュースが全国を駆け巡ったのは一昨年の冬。
そのころわたしはチリにいて、その報をインターネットを通じて知り、地球の反対側でひとり手に汗握ったことを今でも昨日のように覚えている。

千々石(ちぢわ)ミゲル、といっても聞きなれない方も多いだろう。

今から400年以上も前、4人の少年がキリシタン大名によってヨーロッパに派遣された。
主な目的はローマ教皇への謁見を果たすこと。重大な使命を帯びたその少年たちは、無事に大役を果たすのみか、欧州で様々な先進文化を学び帰国した。

ところがそこで時代は一転、キリシタン弾圧の猛威が重くのしかかり、彼らの運命そのものを翻弄していく。皮肉なことに、身をひっそりとどこかに隠さなければならなくなった帰国後の彼らの足取りは、いまだに謎の部分が多い。

4人のうちのひとり、千々石ミゲル。しかしその墓は、大石先生によってついに発見されたのである。『千々石ミゲルの墓石発見』(長崎文献社 2005)はタイトルの通り、いかにしてその大発見が成しとげられたのかを綴った本。

まえがきにはこんなコメントが書かれている。

「・・・ひとつひとつの状況証拠を固めながら該当者を追いこんでいくという、いわば探偵みたいな作業・・・」

確かにこのひとことがこの本の全てを物語っているといっていい。キリシタン研究者ではない大石先生は、石像物研究と系図検証を実に巧みに照合し、史実を炙り出していくのだ。
専門的な内容が含まれているが、発見までのプロセスを赤裸々に知ることができる。かくなる偉業がいかにしてなされたのか興味をもたれる方には、この本の読書そのものがスリリングな体験となるであろう。

2004年、はじめてこの大発見のニュースに接したとき、わたしは大石先生とは面識がなかった。しかしその後、沈んだ高麗島伝説が伝わる久賀島(長崎県・五島市)の方の紹介で出会った。大変な方にお会いしたと感動した。そしてもちろんその時は、まさか先生の本の推薦文を私自身が書くことになろうとは、夢にも思わなかった。

推薦文の依頼が来たのは今年の2月。奇しくも、わたしはまたチリにいた。
それはロビンソン・クルーソー島で、拓本を取っている最中のことであった。

b0062963_015259.jpg


大石一久著 『千々石ミゲルの墓石発見』
by born_to_explore | 2005-05-29 00:24 | 探検家の日記 | Comments(1)
新宿で講演
東京新宿ロータリークラブの招きで講演をした。
テーマは「物語を旅する」。

講演では世界各地でのエピソードをことのほか熱く語りつつも、物語を媒介にした新しい旅のスタイル、あるいはそこに新たな価値観を模索している自分なりの視点を投影していきたいと思っている。

b0062963_8341780.jpg


それゆえ講演者のわたしは、そのたびに「物語を旅する」その旅とは何なのか・・・とまるでウシみたいに反芻を繰り返している。

物語は聞いたり読んだりするだけではなく、旅することが可能なのか?
あくまでも想像の中に展開される物語だが、旅はあくまでも現実世界に属している。
だから物語への旅は、時に、シャーマンのような体験であるかもしれない。
風景というよりは、心象風景をつかむための行為。
よりスピリチュアルで、インナー・ワールド・トラヴェルであるということ。
だからこの旅は、旅行ではなく、巡礼に近いのだろう。

巡礼といえば、聖地巡礼。
物質的な欲望を満たす物見遊山とは対極にある、精神的な豊穣や価値観を求めるための道。求道者たちが聖書や仏典をもとに道なき道を歩んでいくのと同じように、物語や神話を片手にした巡礼、ということになる。

世界は探検しつくされた、と人は言うかもしれない。たしかにエヴェレストも南極点も、人間のことばで言うなら「征服」されたが、それは本当にそうなのか?それは表層的なことであり、深層は人跡未踏のままではないか?

「人間はパンにのみ生きるものではない」という言葉がある。
パンではないものを探し出す、それが探検の新たな地平線でもあるのだ。

・・・と、やはりまるでウシのようにわたしの反芻は続いていく。
by born_to_explore | 2005-05-28 08:38 | 探検家の日記 | Comments(0)
探検家のワッペン
探検家のためには、特別に探検用ワッペンというものがある。
僻地への旅、何度もくじけそうになるその道程で、たぶんそれはお守りのような存在として、無類のちからをあたえてくれる。何の変哲もないマークだが、かつて数多の探検家を勇気づけたそのワッペン。

中でも世界から探検家が集う殿堂、
そのメジャー3、
王立地理学協会(英国・ロンドン)
探検家クラブ(米国・ニューヨーク)
ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(米・ワシントンDC)
のワッペンは、探検ワッペンとしてはステータスさえ感じさせる。

b0062963_1473012.jpg


王立地理学協会と探検家クラブは、会費を払えば入れるというものではなく、
審査がある。世界各地を旅した、いうだけでは会員にはなれない。
旅と探検はやはり違う。とはいえ、メンバーシップは老若男女全ての探検家に開放されている。逆にナショナル・ジオグラフィック・ソサエティは、メンバーになると雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』の購読ができる。しかしソサエティが支援する探検は、探検家クラブなどに所属をしながら何年も探検家としての経験を積み重ねた人の企図がほとんど。

実際に荒野を歩く探検家は、探検用のジャケット、あるいはバックパックに縫い付けて、旅の伴侶とする。この相棒なくして、探検ははじまらない、のだ。

(写真:上から時計回りに、探検家クラブ、王立地理学協会、ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティの探検ワッペン)
by born_to_explore | 2005-05-24 14:11 | 探検について | Comments(0)
神田の古書街で買いこむ
書を読み、旅に出よう。
これが探検の基本。
あるいは、書を持ち、旅に出る、というのが、わたしの実際。
だからいつも荷物は重くなるばかり。

探検のスタートは、だいたいは古書店めぐりから始まる。
中でもその膨大なストックゆえ、神田の古書店街には1週間いても飽きない。
街を歩くだけで、血沸き、肉踊る。
財布とも相談だが、基本的に直感に響くものは全て買う。
高いか、安いか、を案じていては、次はない。
古書店の本は本当に一期一会。次、見つかる可能性は少ないマボロシのような存在。
だから、一見必買。

古書街の近場である御茶ノ水に宿を取り、そうして本をあさるように買い込む。
小腹が減れば、そばやで酒を呑みながら、ぱらぱらとページをめくり、意識に残るイメージを反芻する。まるで文献のなかにうずもれるような日々。


b0062963_17174033.jpg


浦島もさまざまな本が出ているが、文学から絵巻にはじまり、わたしの興味はそれらに
とどまらず箱や亀へと広がっていく。そしてもちろん、茫洋たる夢は龍宮へと向かっていく。
すると、本は確かにいろいろあるが、浦島太郎の謎を解いた本は1冊も出ていないことに気づく。

なぜ、亀なのか?
龍宮とは?
玉手箱の中身は?
そして、話の最後にどうして浦島太郎は老人になってしまったのか?

この疑問は本を読んでいただけでは解けない、ことがわかる。
しかし、ヒントはたくさんある。

そうしていくうちに、旅が、自分の中に立ち上がって行くのである。

(写真:浦島を追う本探し。本は自然にどんどん増殖するばかり。)
by born_to_explore | 2005-05-21 17:21 | 探検について | Comments(2)
夢追い人に会う
ひとつのことに、どこまでこだわれるか・・・。

多才で何でもこなせる人よりも、1つのことを諦めず、追いかけていく人に
魅力を感じる。

底なしの夢。その夢がかなうとか、かなわない、という風にとらえず、
夢を自分の未来図として、何もない砂漠に緑を植え続けるように生きる人。

ブログは世界中にネットワークを広げてくれる、どこでもドアみたいなものだけれど、
ブログがきっかけとなり、世界の二大首都でそんな夢追い人たちと出会った。

b0062963_11319.jpg


アメリカ、ワシントンDCで開発援助の仕事をされている青木さん。
お会いしたのは、わたしがナショナル・ジオグラフィック・ソサエティに出かけた三月。
わたしの探検ブログを見ていただいていたのがきっかけ。
青木さんと話をしたら、何よりもその生き方に感銘を受けた。
友人も親戚もいないアメリカに単身で渡り、しかも最初は英語だってうまくしゃべれなかったのに開発援助の仕事をしたい、という夢をただひたむきに追い続けて世界銀行での職を得た。その後、開発途上国へ頻繁に出かけ、探検家でもそうおいそれとは出かけていかないところでさまざまな困難に直面している人たちに救いの手を差し伸べる。

b0062963_1141225.jpg


日本の首都東京では、5月19日フランス料理のシェフ、齋藤さんに会った。
齋藤さんもまた、料理の道を求めてフランスに渡り、修行を重ねて白金の近くに
ラ・フィーユ・リリアルという名前の自分の店をもった。
齋藤さんが作ってくれた料理を食べると、その独創性に修行の意味を教えられたようだった。
築地に食材を求める齋藤さんのフレンチは、日本の旬も、味も、彩、そして香さえもが
料理の中に見事に調和している。学んだレシピをそのまま作るのではなく、その土地の食材の魅力をいかにうまく引き出すか、齋藤さんがフランスに求めて、そして得たものはそのことだったに違いない。
齋藤さんのブログ


そんな人たちとの出会い。もっと、底なしの夢をと勇気づけられる。

(写真:[上]ワシントンのご自宅で青木さんと。[下」東京の齋藤さんとスタッフのTOMOちゃん)
by born_to_explore | 2005-05-20 11:09 | 探検家の日記 | Comments(1)
浦島草が咲きました
b0062963_9414876.jpg
 今年もウラシマソウが咲きました。
 咲くといっても、鮮やかな花弁を開かせるわけではなく、サトイモ科だけあって、紫色をおびた仏炎包から細長い蔓のような花序付属体が伸びる。

 ウラシマソウと名前がつくだけあって、その花はまるで海に向かって垂れている浦島太郎の釣り糸そのもの。仏炎包は、釣り人が腰にさげる魚籠(びく)にも見える。またその後姿には、帰還後、老人となった浦島が、龍宮を思い、釣り糸を海に垂れている寂しげな気配さえ漂う。


植物界にもその名を残した浦島太郎。
この姿には、なんとも詩的というか、風雅な趣さえある。
物語とともにある植物、というのも夢がある。

床の間に飾り、その釣り糸をめでつつ、人肌のぬる燗でぐっと一杯。
肴にはやはり、春の日本海にあがる鯛だろうか・・・塩焼きがよかろうか、
はたまた煮つけか・・・と思案している。
春の日、これもまた、浦島の夢幻か。

(写真:秋田市。自宅の庭で)



浦島草を床の間に飾るまで
by born_to_explore | 2005-05-17 09:49 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(0)
浦島文書を読み解く
b0062963_8584844.jpg


横浜の浦島太郎を追跡してみると、浦賀に実在した浦島一族にたどりつき、
『浦島文書』なる古文書が残っていることがわかった。

さっそくその古文書を見てみると、こうある。

七枚   いため皮   此代弐貫百文    一枚二百文充   
六まい  なめし皮   此代壱貫二百文   一枚二百文つつ
弐まい  よこぬい皮  此代弐百文 

以上拾五まい 代合三貫五百文

右 来四月中たつね、左近士七郎兵衛ニ可渡之、
代物ハ七郎兵衛まへより可請取者也、仍如件、

三月廿六日 幸田興三奉之

皮作 彦右衛門
   中郡皮作中
(『神奈川県史 資料編3』 昭和54 神奈川県)


北条家朱印状として残るこの記述は、簡単に言えば、納品書である。
皮作りであった浦島彦右衛門が、なめし皮など15枚を左近士七郎に納品するという内容。
このことから、中郡の浦島彦右衛門は皮作りだったことがわかるが、
前回見た『新編相模国風土記稿』と考え合わせると、
一族は中郡から浦賀へ移り、大庄屋へと登りつめていったことがわかる。

何が浦島家を大庄屋にしたのか?
皮作りでそれが可能だったのか?もしかしたら実際には皮作りをしていたわけではなく、
その交易をしていたのかもしれない。いずれにせよ、古文書にはこれ以上の記述はない。
浦島寺として知られた観福寿寺も炎上してしまったために、この浦島氏とのつながりを
文献に見出すことはできない。

しかし、浦島一族は皮の交易などで財力を得て、大庄屋になったということは
ありえることである。海を間近にした土地での交易は、浦島一族に大きな力を与え、
神社の創建にもかかわっていったのではないか・・・。と、古文書のミッシング・リンクに
そんな推論をしてみた。

さて、これまで神奈川にいた浦島一族について見てきた。
そのルーツをたどれば、横浜の浦島家は神奈川の出身ではないこともわかった。
それは『新編相模国風土記稿』で前回見たとおり、
その遠裔をさかのぼれば、丹後国の浦島太輔にいきつく、とあった。
そしてこれは、横浜に伝わる伝説とぴったりと照合している。
もともと丹後で生まれ育った浦島太郎が、龍宮からの帰還後、横浜に来たというその内容。

丹後国は京都府。今後は京都に場を移して、浦島伝説を追いかけてみることにしよう。

(写真: 横浜、浦島と縁が深い蓮法寺の亀紋)
by born_to_explore | 2005-05-14 09:03 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(2)
浦島一族の正体
b0062963_10193059.jpg
室町時代、横浜に住んでいた浦島清五郎。横浜の浦島伝説、そのルーツの鍵をにぎると思われる人物。

江戸時代に編纂された『新編相模国風土記稿』三浦郡西浦賀の条 御蔵の項にはこうある。

『浦島清五郎は旧くより当所に土着せし民にて、近郷の着姓にして、丹後国の住人、浦島太輔の遠裔なりと云ふ。浦島がことは、日本後紀及『万葉集』等にも所見あり、小田原北条氏分国の頃は浦島和泉と称し、当郡の大庄屋なり。』(昭和45 雄山閣)

この古文書によると、浦島家は地元の名士である。庄屋というのは代官のもとで村の事務を統轄した者。現在の村長にあたるが、昔は現在よりもずっと権力があったであろう。しかも庄屋に「大」がつくほどの名主だったことがわかる。

三浦郡西浦賀は今のどこだろうか?
地図を当てはめてみると、それは現在の横須賀市。ここには浦賀町がある。
そしてこの地元、浦賀の古文書にさらにフォーカスしていくと、そこには『浦島文書』なるものが古くより伝えられていたことに行き着いた。

その『浦島文書』には一体何が書かれているのだろうか?
取るものも手につかぬような好奇心に誘われるまま、わたしはその古文書を追跡した。

(写真: 横浜の蓮法寺にある亀上観音像。慶運寺にある龍宮伝来の浦島観世音を模したものだろうか?)
by born_to_explore | 2005-05-10 10:25 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(0)