物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
自遊人のカムチャツカ
探検家が見た風景、に興味がある。

苦しい旅の中で、探検家が山や川、あるいは氷河や砂漠を前にどのような思いであったのか。

たとえば、マルコ・ポーロ。多くの人が名前を知っているこの偉大な探検家について、記録を読むことはできても、なかなか彼が見た風景のなかに立ってみることはできない。黄金郷ジパング伝説に心を奪われて旅に出た彼はどんな風景を前に、どんな思いだったのだろうか?
あるいは、コロンブス。アメリカ発見のその瞬間、その興奮は、記録で読むだけではわからない。しかし、その探検の現場に立ってみることで、探検家の偉大な瞬間、感動を共有できるような気がする。そしてそれは、旅が可能にする。

探検家の見た風景をテーマに、今年1月から雑誌『自遊人』(株式会社カラット)で連載を始めている。

JTB主催の珠玉のツアー(地球交響曲)のデスティネーションを舞台として、その圧倒的な大自然の中で探検家にどんなドラマが生まれ、そしてどんな思いであったのか。

3月号と5月号は2話構成でロシアのカムャツカをめぐる探検家の物語について書いた。
ベーリング海峡でその名が知られるベーリングと江戸時代の漂流民、大黒屋光太夫。
時代を違えた日本と欧米の旅人は、カムチャツカでいったい何を見たのか?
その風景には、驚くべき物語があった。

ドラマのある風景に出会いにいく、そんな旅があってもいい。


自遊人

JTBの地球交響曲
by born_to_explore | 2005-03-31 14:41 | メディア | Comments(2)
3ヶ月の探検 全日程終了 帰国へ
b0062963_0153174.jpg



ロビンソン・クルーソーのモデルアレクサンダー・セルカークの足跡を求めた探検も
今日で全日程を終了する。

ロビンソン・クルーソー島、チリ、ワシントン、スコットランド、ロンドンと世界をぐるっと
1周した3ヶ月の旅。

特にチリのロビンソン・クルーソー島では、これまでその解明が世界的に待たれていた
セルカークの島での足跡に関して、発掘調査においてきわめて重大な出土をもたらすことに成功した。現在専門家チームがそれぞれチリとスコットランドで編成されており、その精査、分析を経た上で、今秋の『ナショナル・ジオグラフィック』にて正式な発表が行なわれることになる。

セルカークが漂流したのが、1704年。
イギリスの海賊船によって助け出されたのが、1709年。

彼の無人島漂流300周年を記念して行なわれた今回の探検は、まさに記念すべき節目におこなわれ、そして幸いなことに大きな成果をあげることができた。
もちろん現状はといえば、世界的な名作『ロビンソン漂流記』その小説に実在した人物がいたこと、それさえまだまだ充分に知られてはいない。
今回の探検の成果が、世界中のひとりでも多くの人にその史実を伝える一助となることを念願してやまない。

生態系の中での共生をサバイバルというかたちで見事に実践したのがロビンソン・クルーソーであり、そのモデルとなったセルカークの実体験こそ、多くの人が環境について語っている現代社会のなかではひとつの大切な指針を与えるもの、とわたしは考えている。

一探検家としてわたしが挑戦したことは、誰もが作り話だと思い込んでいた物語には実在のモデルがいて、これまでだれも見つけることができなかったその男の無人島での足跡を見つけ出すということにあった。しかしその究極的な目的は、ロビンソン・クルーソーが現代のわれわれに伝えてくれるメッセージに耳を傾けようではないか!と声高に叫ぶこと。そこには自然の中でいかに人間が生きるべきか、という現代社会に生きるわれわれが自問し、自答すべく探し求めている答えがあるからである。

ロビンソン・クルーソー漂流300年。2009年まで、まだあと3年あまりある。
一探検家、一個人として、その究極的な目的のために 今後もロビンソンとともに歩んでいきたいと思っている。

また、皆様からのご声援、この場をかりて厚く御礼申し上げます。
今後とも、よろしくお願いします。ブログも続きます!

(写真:ロビンソン・クルーソー島、パンゲの大きな葉っぱの下で雨宿り。セルカークにとってもこれは傘となった)
by born_to_explore | 2005-03-29 00:16 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(4)
検証 ASストーン
ロビンソン・クルーソー島、山奥の遺跡近くで発見したASとイニシャルが彫られた石。
果たして、それは本当にセルカークのものなのだろうか?

スコットランド国立博物館に保存されているアレクサンダー・セルカークの遺品のうち、
船乗り用の木箱のふたにやはりASとイニシャルが彫り込まれていたことを思い出したわたしは
さっそく特別に収蔵庫のなかにいれてもらい、検証してみることにした。

写真1はロビンソン・クルーソー島のASストーン

b0062963_813322.jpg
(写真1)

写真2はアレクサンダー・セルカークが使用していた木箱のふたのASイニシャル

b0062963_8141528.jpg
(写真2)

2つの写真を比較してみるとおり、木箱のAの横線は少し上向きに引かれているが、ASはともに似通っている。

19世紀にスペイン人のペドロ・アレドンド(Pedrp Arredondo) が彫り込んだ、Aは筆記体(写真3)であり、あきらかにASストーンや木箱のものとは異なる。

b0062963_8151384.jpg
(写真3)

もちろんこれで、石と木箱が同一人物の、しかも両者がセルカークによるもの、とはにわかに断定はできない。
ただし、何とも興味深い。伝説と真実が重なりあうその境界線に立っていることを実感する。

イニシャルについて確認すると、今度はロビンソン・クルーソー島のASストーンに彫り込まれていた地図についも検証を始めた。
by born_to_explore | 2005-03-28 08:17 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(2)
賢者の石を求めて 2
b0062963_8554730.jpg


村人に聞き、迷いながら歩いていって、ようやくスタンディング・ストーンにたどりついた。
スコットランドにはこのように地面に立てられた石がいくつもあちこちに残っている。

霧の中から姿を現したその石は、どことなく哲学者のようでもあり、春の小川のさらさらという音を聞きながらたたずむその姿はどことなく詩人のようでもあった。

賢者の石。ハリーポッターの作者、JKローリングのストーリーてリングのバックグラウンドにも、このスタンディング・ストーンがあったのに違いない。まさにこんな石こそ、とてつもない魔法を知っているかのようだ。

遠くからヤッホーと声をかけた。

石は黙っていた。

小川だけが歌っていた。

ぼくはまるでスナフキンのように旅を続けた。
by born_to_explore | 2005-03-27 08:57 | 探検家の日記 | Comments(0)
賢者の石を求めて
ハリーポッターにインスピレーションを得たわたしは、さっそくスコットランドの田舎(地方都市パースから郊外の山へ)へ伝説の石を求めて小さな旅に出ることにした。

賢者の石はどこでしょう?

山道で会った人に聞いても、まったくちんぷんかんぷん。

おまけに、ガスがかかってきてあたりは一面の霧。

ようやくたどりついた村で出会った人に聞いても、やはりちんぷんかんぷん。

何だか、不思議だなと思う。

賢者の石を求めて旅に出ると、そこで出会うのは本当に物語に出てきそうな人、
そして交わす会話さえ物語の一場面を思わせる。

物語は本当はウソでもなんでもない。そのことは、現実に旅に出てみた人にだけわかる。

b0062963_5473314.jpg


(写真:「ええっ?賢者の石だって!? はて、さて」)
by born_to_explore | 2005-03-26 05:49 | 探検家の日記 | Comments(0)
ハリーポッターの中華バイキング
ハリー・ポッターはスコットランドで書かれた。
エジンバラのとある中華のビュッフェでランチを食べるまで、わたしはハリー・ポッターがエジンバラで書かれた物語であったことを意識したことさえなかったことに気がついた。

ハリーポッターの作者、JK ローリングは、冬の暖房費さえ支払えないほどの貧しさの中、
エジンバラのニコルソン通りにあるカフェに毎日通っては1杯のコーヒーで粘り続け、そしてついにハリー・ポッターを完成させた。

その伝説的なカフェ。いったいどんなところでハリーポッターは書かれたのか?
そう思うまもなく、偶然入った中華のビュフェ。そこがまさにローリングが通いつめた場所であるという。もともとはカフェであったが2年ほど前に経営者が変わり、今では百味居 ビュフェ・キング・チャイニーズ・ダイニングとなっている。中華になった、とはいえ、その落ち着いた静かな場所は、今でもローリングが通っていた頃の雰囲気をとどめている。

物語をテーマに探検をしているわたしにとっても、ローリングがこの場所でいったいどんな思いをめぐらせながら名作を生み出していったのか、ということは大きな関心事でもある。フィクションとノンフィクションが重なり会う、物語の現場に立つと、そこに重力を感じる。そしてその見えない力はわたしをスコットランドの小さな旅に誘うことになった。

賢者の石。物語の第1巻に登場するその石を求めて、エジンバラからスコットランドを一路北へ。物語を読むだけではなく、そこから旅に出る。それがわたしの探検の出発点でもあり、原点でもある。

もちろん、思いにふけるだけではなく、中華ビュッフェのほうも心ゆくまで堪能した。
牛肉の細切り炒め、麻婆豆腐、酢豚とパイナップル、鶏肉のカシュナッツ炒め、春巻、焼きそば、焼きビーフン、焼飯、酢辛湯・・・。

b0062963_6432617.jpg


百味居のホームページ
by born_to_explore | 2005-03-25 06:45 | 探検家の日記 | Comments(0)
只今 ロンドンです
いろいろ回っています。
ロビンソン・クルーソー島→サンチャゴ→ワシントン→スコットランド→ロンドン

世界地図ここは便利→MSN Encarta

b0062963_15511176.gif

by born_to_explore | 2005-03-24 15:51 | Comments(0)
エゾジカ猟4
動物を一頭しとめると、今度はその肉をいかに保存するか、が大きなテーマとなる。
いくつかの保存法が考えられるが、今回は燻製作りに挑戦してみた。
まずは市販の燻製を使いながらメカニズムとプロセスを体験する。
鹿のすね肉を塩でもんで、乾燥させ、スモークする。煙の元となる木片のチップはヒッコリーを使用。他にクルミやリンゴ、サクラなどがあり、それぞれの素材により香りづけができる。
一時間燻したあと、さっそく完成品を試食。

ウィスキーをぐっと一杯やりたくなった。
b0062963_15251663.jpg

by born_to_explore | 2005-03-24 15:26 | 探検家の日記 | Comments(0)
ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ
ワシントンDCでの滞在。多くの時間をナショナル・ジオグラフィック・ソサエティで過ごした。
皆さんのご声援にも力を得て、今回のロビンソン・クルーソー島での探検が大成功をおさめたこともあり、スタッフを集めた緊急ミーティングが開かれ、質疑応答を含めた1時間のプレゼンテーションを行う機会が与えられた。

ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティは1888年に創立された探検家にとっての殿堂で、ビルの中を歩き回っているだけで、信じられないことを成し遂げて帰ってきた冒険家、探検界のセレブ、あるいは有名なフォトグラファーと出会うことができる。今回も北極・南極を無補給でスキーで越えて前人未到の冒険を成し遂げた冒険家、世界最深の洞窟降下記録を持つフォトグラファー、あるいは水中写真の大御所などと出会ったが、ここは世界中で最も胸躍る会話が日常的に飛び交う場所であることは間違いない。

エキスペディションを終えた探検家は、ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティで旅についての報告を行なう。そしてその中からさらに選ばれたものが、雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』で報告されることになる。

1時間のプレゼンテーションは無事に終了し、今回のロビンソン・クルーソー探検もまた、そのうちのひとつに選ばれる探検となった。

ワシントンDCでの日々を終えると、わたしは次にスコットランドへ向かった。



b0062963_7215562.jpg


(写真)ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティにて。プレゼンテーションを無事に終え、プレゼントされた旗とともに協会の由緒あるハバード・ホールにて。
by born_to_explore | 2005-03-21 07:26 | 探検家の日記 | Comments(6)
只今 ワシントンDC
ロビンソン・クルーソー島での探検を終えてサンチャゴへ
さらに現在は ワシントンDCです。

世界地図ここは便利→MSN Encarta
b0062963_16593662.gif

by born_to_explore | 2005-03-17 17:00 | Comments(0)