物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2005年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
(イリジウム通信)ロビンソン・クルーソー島をめざす方々へ
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています。今回のロビンソン・クルーソー島からのイリジウム通信はこれが最終回です)

b0062963_3203382.jpg



今回ブログでロビンソン・クルーソー島探検を紹介してきましたが、実際にここに来てみたいと思われた方も多いのではないでしょうか。

チリ国内ではロビンソン・クルーソー島はロブスターの産地として特に知られていて、ここまではるばるやってきた人には茹でたてロブスターとよく冷えた白ワインが待っています。島の民宿に泊まりながら、水平線を前にしてゆっくりとした時間を過ごすことができるため、20日間の予定でのんびりしに来たというサンチャゴからの観光客の姿も見かけます。

シーズンは夏ですが島にはビーチらしいビーチがないために、アトラクションとしてはダイビング、ハチドリや珍しい島の植物を探索するネイチャー・ツアーがメインとなります。

しかし、それに加えて今回は探検の成功を記念し、これからロビンソン・クルーソー島をめざす方が実際の現場へ出かけて探検を追体験していただけるように、探検隊が基地として寝泊りした民宿の宿帳に、髙橋自身が拙いながらも地図と解説付の簡単なガイドを日本語で書き残すことにしました。その秘密の地図で探検してみてください!宿屋のもちろん主人アントニオは全てのロケーションを把握しています。道は所によってはブッシュナイフなしでは通行不可能なところもありますが、アントニオはロブスター漁がない日であれば案内してくれるでしょう。チリへお越しの際は、ぜひぜひ!

ロビンソン・クルーソー島には何軒かの民宿がありますが、ロブスター漁師の民宿に泊まることをおすすめします。アントニオとフリアの民宿もそんな1軒です。とくにフリアさんが作るエンパナーダ・ランゴスタ「ロブスター・パイ」は有名で数日前にチリの大統領が来島した際にも歓迎パーティーに提供されたくらいです。そしてもちろん、今回の探検の成功は彼らのあたたかいもてなしによるところが大きかったです。

おすすめ宿の連絡先は・・・

Hostal Mirador de Selkirk
Julia Chamorro Gonzalez
Fono: (56)-32-751028

島を去る日を明日に控え、わたしも最後にロブスターをガツンと食べていくことにします。

なお、チリのサンチャゴでは日本チリ商工会議所のご好意で当地にいらっしゃる日本の皆さんとと交流する機会が設けられることになりました。講演をする予定ですのでサンチャゴにいらっしゃる方はぜひ遊びにきてください。(3月3日に予定)
住所:Alcantara 772, Las Condes, Santiago
Tel. (02) 208-7950, 206-2128


写真コラージュ:左上から反時計回りに、ロブスターを豪快にゆでるアントニオとそれを見つめる元漁師のホルヘ氏。/焚き火で20分でロブスターはゆであがる。/メニューの
筆頭にはエンパナーダ・ランゴスタ。/ロブスター以外にも魚料理は絶品のフリアさん。/ホスタル・ミラドール・デ・セルカークはログハウス調のくつろげる宿/
宿帳には秘密の探検地図が・・・Enjoy your stay!!
by born_to_explore | 2005-02-28 03:12 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(4)
(イリジウム通信) エクスペディション終了へ
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)


b0062963_19525369.jpg


実在したロビンソン・クルーソーの足跡を求める旅。50日に渡ったエクスペディションはまもなく終了する。

われわれは古地図をもとに、村の古老に話を聞きながら、ジャングルに分け入った。そして繁みの中に埋もれていた石碑をいくつか確認することに成功し、失われたパイオニア・ルートを発見。その伝説的な古道は海とセルカークの見張り台をほぼ一直線に結んでいた。そしてその古道沿いにASとイニシャルが刻まれた石を発見。アレクサンダー・セルカークとの関連性を感じさせた。

しかしそれがセルカークのものだと、わたしに強く確信させたのにはもうひとつの理由があった。

今回の探検ではこれまでに紹介してきた歴史追跡と並行して、チリ、スコットランドからの考古学者とともにパイオニア・ルート沿いにある石積みの住居跡の発掘を行なった。

非公開で行なわれたナショナル・ジオグラフィック・ソサエティの発掘プロジェクトでは、
最終的にセルカークのものと考えられる確定的な出土を得ることに成功した。

その奇跡的ともいえる成果については、近くナショナル・ジオグラフィック・ソサエティより全世界へ向けて発表が行なわれることになるだろう。

地道な聞き取り調査、拓本作業、そして連日の山歩き、完成させようともがき続けてきたジグソーパズル。発掘の結果はまさにその最後のピースとなった。

チリの首都サンチャゴ、アメリカのワシントンDC、英国のスコットランド、ロンドンと、旅はまだ続く。しかしひとまず今回のエクスペディション終了に際して、これまで声援を送っていただいた方々にロビンソン・クルーソー島より心よりお礼を申し上げます。



写真:発掘プロジェクトのメンバーとともに。毎日われわれを見守り続けた探検家クラブのフラッグ(ナンバー60)もまもなくニューヨークへの本部へ返還の帰路につく。
by born_to_explore | 2005-02-26 19:56 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(5)
マガモ
鴨撃ちは「待ち」と「攻め」の2通りがある。

待ちは、ここぞと思った場所に陣取り、じっと葦の茂みに隠れて鴨が飛来するのを待つ。

攻めの狩猟は、あちこち移動しながら水路をのぞいてこちらからせめて行くタイプの戦法。
鴨を始め、鳥撃ちには猟犬が大きな役割を果たすのだが、われわれは犬なしでこの「攻め」と「待ち」で鴨をねらう。待ちの場合は水にボートを浮かべ、射止めて水に落ちた獲物を回収する。
b0062963_14453724.jpg


(写真:マガモをしとめた三浦鉱二氏)
by born_to_explore | 2005-02-24 14:46 | 探検家の日記 | Comments(1)
(イリジウム通信)発見! ASのイニシャル
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_0395915.jpg



パイオニア・ルート、伝説の古道の確かな手がかりを得たわたしは、アレクサンダー・セルカークの足跡を求めてジャングルへと乗り出すことにした。

探検には、山道にめっぽう詳しいドン・グァウイが同行してくれることになった。ドン・グァウイは一見とても怖そうないかつい風体で、声もガラガラにかれているので、なんとも寄り付きがたい。しかしもともとグァウイというのは彼のニックネームで、赤ちゃんの鳴き声の「ウァ、ウァ」から来ているとのこと。それにドン・キホーテでおなじみのスペイン語で「殿」を表す敬称ドンをつけると、さしずめ日本語訳をあえてするならば「バブバブ殿」とでもいうことになる。探検物語にはつねにこのような個性的かつ魅力的なキャラクターが登場するが、それはなにもお話だけの世界ではなく、探検の現実がそうなのである。

しかし余談はともかく、パイオニア・ルートを現代によみがえらせることができるとしたらこの人の協力なしには成しえないというかけがえのない存在であり、わたしとはもう5年の付き合いとなる。

さて、ジャングルに乗り出すと、さっそくブラックベリーの棘の魔境がわれわれの行く手を阻んでいた。しかし道はかすかに地面に残っている。獣道とも古道とも知れないその道を這いながら進むこと6時間。ついにわれわれは、ジャングルから解放された。空が開け、高台を覆う粘土層の急坂が目前に立ちはだかった。その先にはミラドールが見えた。古道はこの急坂とともに一気にアレクサンダー・セルカークの見張り台まで続いているようだ。

今回、ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティの支援を得て発掘調査を進めている、セルカークのものと思しき石積みの遺跡もこの延長線上に位置している。

ついにつながった!全ては1本の線上にあり、今、わたしはその上に立っているのだ。

急坂ながら、踏み出す1歩、1歩は軽く感じられた。逆に、セルカークの漂流から300年、歴史のグラビティ(重力)を地面から足裏に感じる。そのまま坂を登っていく。すると、そこでわれわれを待っていたのは1つの大きな石であった。石の上面を覗き込むと、彫られた文字がわたしの目に飛び込んできた。

それはなんと、「AS」というイニシャル!!!

一瞬、雷に打たれたような強い衝撃が身体の中を駆け抜けた。

よく見ると、ASという文字の下には、ギザギザの斜線が彫り込まれていて、それが山の稜線を表している地図であることが判明した。セルカークの地図か!?石には他にもさまざまな文字が彫りこまれているのでわたしはことさら注意深くならなければならない。しかし、12年にも及んだ謎、これまでは見ようとしても決して見えなかったものが、ついに見え始めたかのようであった。

さっそく拓本で記録をとる。特に、ASのイニシャルは、現在スコットランド国立博物館に収蔵されているセルカークの船員用木箱に彫り込まれたイニシャルと酷似している。拓本をスコットランドへ持ち込んで、照合してみることにしよう。

結論はそれまでは「おあずけ」だ。


b0062963_2204740.jpg



写真:(上)ドン・グァウイと古道をいく。(下)ついに発見、ASストーン。左下から右上にギザギザの山の稜線が走る。
by born_to_explore | 2005-02-21 00:18 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(2)
コガモ
鴨撃ちは朝、4時に出発。猟場で日の出を待つ。

群れをなして飛んでくる鴨は意外にスピードがあり、距離感もなかなかつかめない。また縦、横、左右、縦横無尽に飛び回るので、一羽を仕留めるだけでもなかなか単純ではない。

散弾銃の弾の飛距離は40~50メートル。その射程内に鴨が入る時間はほんのわずかなこと。その一瞬のタイミングを待ち、そして引き金を引く。轟音と共に、肩につけた銃床から反動が伝わってくる。
愛銃はイタリアが誇る世界の名銃ベレッタの自動銃。自動的に弾が弾装に装填されて三連発できる。

そうして水際のブッシュに身を潜めながら日没までに4人のハンターと共に15羽をゲットした。

b0062963_14525388.jpg

by born_to_explore | 2005-02-17 14:54 | 探検家の日記 | Comments(0)
(イリジウム通信)伝説の古道をついに確認
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_23321610.jpg


ロビンソン・クルーソー島の探検にはブッシュナイフが鋭い欠かせない。棘のあるブラックベリーが繁みを覆い尽くしているために、整備された山道以外はそれなしでは1時間で10メートルも進めないことさえある。

”ペドロ・アレドンド デ 1866”。スペイン系の人物の名前と年号が刻まれた謎の石碑。そこから歴史を追跡し始めたわたしは、島民から別の場所にもアレドンドと彫り込まれた石があった、との情報をつかんだ。しかしそれは今や完全に鬱蒼とした繁みに飲み込まれてしまって存在さえ伝説的となりつつある。わたしは古老の情報を元に、その石を探しに出かけることにした。ブラックベリーの厚い壁を突破すべく、探検隊には島民の有志ペドロとレステルにも参加してもらう。

山へ入って程なく、小さな川に行き当たった。それを越えたところに問題の石はあったというが、予想通りそこはブラックベリーの繁み。これまでだれもその中に踏み込むことができなかった、ということがよくわかる。

しかし3時間の格闘の末、われわれはついにその壁を突破し、その中に隠されていた石をついに発見することができた。ところが石には文字らしきものは見えるが、何が描かれているのか判然としない。

わたしはさっそく拓本技術を駆使して、その石にチャレンジしてみることにした。
すると目には見えない石の上の線刻が、墨によって画仙紙にくっきりと浮きあがってきた。
そこには”ペドロ・アレドンド デ 1866”という文字。
文字の上には”ビバ”(万歳)という文字と共にチリの国旗が見えた。

”ペドロ・アレドンド”しかもまたしても1866年!

このペドロ・アレドンドがいかなる人物であったのか?その疑問と同時に、1866年という年号は無性に好奇心を刺激する。というのは、アレクサンダー・セルカークの島での唯一の足跡である見張り台(ミラドール)がイギリスの軍人、ポーウェル准将により確認され、そこに記念の銘板が据えられたのが1868年だからである。

このわずか2年の違い、それらの関連性について、わたしはまだ何も知らない。しかし山中の石に自らの名前を誇らしげに刻んでいるペドロ・アレドンドは、ポーウェル准将と出会った可能性は充分にある。そしてパイオニア・ルートを通ってミラドールまで案内した、という可能性さえ・・・。

その仮説に確証を得ることは難しいだろう。しかしアレドンドでなくても、土地鑑のないポーウェル准将は島民の誰かをガイドにミラドールまで行ったことは間違いない。

ポーウェル准将の時代、ミラドールまでのパイオニア・ルートはまだ存在していたのだ。
そしていまやわれわれはアレドンドの名前とともに1886年と刻まれた石を2つ確認した。
そのことで、それまでは地図上に点でしかなかったものが線として浮上してきた。

海からミラドールまで通じるパイオニア・ルートは、1960年に新道が設けられて以来、山中に喪失してしまった。

しかしアレドンド・ストーンを探り当てることで、浮上してきた1本の線。

ついにわたしは謎の古道を実際の山中に確認することができたのだ。


b0062963_23544756.jpg


写真:(上)ロビンソン・クルーソー島のタフガイ。ペドロとレステル。(下)拓本により明らかになったもうひとつのアレドンド・ストーン
by born_to_explore | 2005-02-13 23:34 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(6)
鴨撃ちリサーチ
狩猟は獲物を探すところから始まるが、水辺に住む鴨の場合、まずは丁寧に水路を見て歩く。双眼鏡で静かに水面をのぞいていると、ところどころ波立っているのが見える。さらにじっとしていると水路を泳いでいる鴨が姿を現す。
するとハンターは、その位置を確かめてその場へと静かにすばやく近づいていく。

b0062963_16814.jpg

by born_to_explore | 2005-02-10 16:07 | Comments(3)
(イリジウム通信)探検地図
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_65111.jpg


これまでの島での探検を古地図で振り返ってみる。イリジウムでの通信ゆえにかなり見えにくいとは思いますがですが、どうかご了承ください。

X地点はセルカークの見張り台、地元の島民にミラドールと呼ばれている高台。標高は565m。そこに立つと島の南西側と北東側がよく見渡せる。
島に残る唯一のセルカークの足跡。

A地点はペドロ・アレドンドの名前が彫られた謎の石碑。ミラドールまでの道沿いに立つこの石碑については今後ももう少し調べてみたいと思っている。

B地点はロビンソンの洞穴。洞穴がある場所からミラドールまでは直接アクセスする道はない。そのことからもこの洞穴がセルカークの生活拠点であった可能性はないと考えられる。

破線は見張り台までの道。

この探検地図は18世紀に製作されたフランスの地図で、古地図にしては地形などが比較的よく描かれている。
出発前に古地図を入手するのも探検家にとっては成果を左右する重要な仕事のひとつで、それが探検の良し悪しを左右する。
古地図をいかに入手するかについてはまた今度ブログで少し紹介することにして、今回、ロビンソン・クルーソー島では、わたしが探検に使用しているこのフランス製のこの古地図を
あしらったTシャツを発見。さっそく入手して毎日泥まみれ、汗まみれにしながらフィールドで愛用している。地図はデザインでありながら、実際にフィールドでの実用品でもある
というこれぞまさに”探検T”。

そんな折、エキサイトのブログ1周年記念で何かをプレゼントしたいと東京の駐在スタッフから連絡があり、さっそく売店に出かけていって同じものを5枚確保しました。
探検(チリ・ロビンソン・クルーソー島)終了後、ワシントンDC(USA)、ロンドン、スコットランド(UK)などを経て、地球をぐるっと回って日本に持ち帰ります。
これぞまさに”旅する探検T”。ぜひゲットしてください!

ロビンソン・クルーソー島の探検Tについて
by born_to_explore | 2005-02-07 06:06 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
(イリジウム通信)プエルト・イングレス
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、南米チリ沖の南太平洋に浮かぶロビンソン・クルーソー島から宇宙経由で送信しています)

b0062963_5554748.jpg


ロビンソン・クルーソー実在のモデル、アレクサンダー・セルカークが島のどこで暮らしていたのか?それはいまだに謎のまま。

しかし島には通称「ロビンソンの洞穴」と呼ばれる場所があって、彼の伝説的なサバイバル生活はそこを舞台として行なわれたのではないかと
考えられてきた。

ロビンソンの洞穴はプエルト・イングレスと呼ばれる湾を臨む海岸沿いにある。そこは本当にセルカークの住居だったのか・・・?

かつて検証し拙作の中にも書いたが、今回も出かけてみることにした。海まで歩いて30秒というロケーションは一見、理想的な住居のように見える。

しかし小説、『ロビンソン・クルーソー』のイメージには何となく当てはまっても、セルカークが甘んじることになった現実の境遇からするとあまりにもリスキーな場所である。セルカークがこの無人島で暮らしていたとき、イギリスとスペインは戦争状態であった。そしてこの島はイギリスから見れば敵国の領土内に位置していた。セルカークはもちろんそのことを知っており、事実、4年4ヶ月の生活の間、スペイン人が実際にやってきてすんでのところで彼らに見つかりそうになる、という危ない経験もしていている。

その史実から考えると、やはりこの洞穴ではありえない。彼は身を潜めることができるどこか内陸に家を建てたのに違いない。

b0062963_557014.jpg


写真:(上)丘の上からプエルト・イングレスを眺める(下)ロビンソンの洞穴の前に立つ。
by born_to_explore | 2005-02-07 05:57 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
ハンティング・ワールドへ
狩猟をはじめることにしたのは、ロビンソン・クルーソープロジェクトがきっかけ。
300年前に実在したロビンソン・クルーソーはマスケット銃でヤギを撃ち、それで生活の基礎を築いていった。肉は食糧となり、毛皮は衣服となった。骨はいろいろな道具になった。命をいただき、その感謝の元に自分の命が無人島でつながって行くという体験。その人間が生きていくといういわば原点の生活を再現検証するプロジェクトの準備のために、狩猟をはじめた。ところがはじめてみると、これははやり究極のアウトドアではないか、とすぐに気づいた。

まずは鴨撃ちから。秋田県の大潟村にある残存湖(もとは八郎潟)で狩猟の師匠、三浦鉱二さんについて、鴨をしとめるための基本を学ぶ。鴨は集団を好むゆえに、猟にはオトリのデコイが使われる。アメリカの中西部などに行くと、木彫りのお土産でも見かけたが、現在ではプラステック製のデコイが主流。それを何羽かつなげて水に浮かべる。こういうふうにたとえばデコイがどういう役割をするか、というところから鴨を知る。当然のことながら鴨を知り尽くさなければとることはできない。

このような準備とともに、時間を見つけては射撃場に通って、クレー射撃の腕を磨く。
野性の血が騒ぎ始める。と同時に、これまでわたしは鴨のことなど全く意識して見ていなかった自分にも気がついた。

b0062963_1622508.jpg
by born_to_explore | 2005-02-03 16:23 | 探検家の日記 | Comments(4)