物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

<   2004年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ロビンソン・クルーソー・プロジェクトのこれまで 3
探検の総本山は日本にはない。それはイギリスや、アメリカなどの欧米にある。
もちろんわたしは日本語で本を書くわけだから、それは日本人に向けたものということになる。ここに乗り越えなければならない、ひとつの壁があった。
自らのプロジェクトの真価を問いかけようとする場合、日本語のままではなかなか探検家としての世界は広がらない。もちろん探検の本場には辛口な探検評論家はたくさんいるし、
ライバルも多い。しかしそこに自ら打って出なければ、存在さえ認めてもらえない。
ロビンソン・クルーソーのプロジェクトを進めていく上で、探検家としての試金石は
欧米をもフィールドとできるかどうかにかかっていた。

さらにロビンソン・クルーソーはイギリス人やアメリカ人にとってのヒーローでもあった。
欧米ではもちろん知らない人はいない。ところが実在のモデルがいたこと、となると
やはり知らない人が大部分。そんなわけでかの地で「ロビンソン・クルーソーのモデル、アレクサンダー・セルカークを追跡しています」と自己紹介すると、何とも怪訝な顔をされたりする。ロビンソンに実在のモデルがいた、という驚きもさることながら、イギリスの小説、それを東洋人のお前がなぜ・・・と皆思うらしい。

そんな2つの理由から、自分の本を英語に翻訳して出版したいと思うようになった。
そこでロンドン市内の出版エージェントに手紙を書き、売り込みを行った。しかし売り込みは茨の道。ましてやわたしは異邦人である。ところがロンドンの人たちは好奇なことにこの上もなく反応し、首尾よく契約へと結びついた。

ところがエージェントと契約をしたちょうどそのタイミングで、事態は急変した。
ハリウッドが、極秘裏に無人島漂流映画を製作している、との情報がもたらされたのである。
場合によっては、自身の出版にも影響を与える可能性がある。いい影響か、悪い影響か、未知数だ。いずれにせよ、風雲は急を告げたのである。(つづく)

b0062963_11564342.jpg

(写真:ロンドンのエージントがブックフェアで私の本を出版社に売り込んでいる一コマ。ロビンソン・クルーソー島の写真を使ってポスターを作り、ブースに張っている。写真の上下にはIn search of Robinosn Crusoe Daisuke Takahashi と本のタイトルと著者名が見える)
by born_to_explore | 2004-12-31 12:02 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
FREE、EASY and Robinson
雑誌『Free&Easy』(イーストライツ刊)には「21世紀の匠たち」という連載企画があって、そのインタヴューと撮影が12月上旬、神奈川県の葉山近くで行われた。

ロビンソンの旅を前に水平線と対峙し、これまでのトレースを振り返りながら、自分の探検のこれからを熱く語った。撮影にはプロデューサー、エディター、アシスタント、カメラマンが参加し、ロビンソンをほうふつとさせるロケ地(撮影場所)を探しながら、撮影と移動を繰り返して行われた。時間は干潮からちょうど満潮にかかる頃合で、海面は徐々に盛り上がってくる。

カシャ、カシャという無機質なシャッター音とともにカメラを撮り続けるハード・ボイルド・カメラマンの熱を背に感じつつも、沖の絶壁岩に立ったわたしはひとり、いつしか足場が無人島になって取り残されてしまうのではないか・・・と気が気ではなかったりした。

ところが誌面に大きく2ページで構成されたこのカットは、当日のそんな緊迫感を見事に映しこんで、劇的なイメージカットとなった。撮る方と撮られる方の緊張感のバランス。それが写真にスピリットをインプットし、物語を語り始めるものなのだなあ、と勉強になった。

そんなある種、カメラマンと私の対決、あるいはエディターとのロング・インタヴュー(これもまた今回は「単なる語り」を超えた対峙があったりした)は雑誌『Free&Easy』が求める価値観に裏打ちされているのだろう。シビレタ!
「21世紀の匠たち第71回探検家髙橋大輔」は『Free&Easy 2月号』(2004年12月28日発売)に掲載。

『Free&Easy 2月号』のページ



b0062963_1427147.jpg
by born_to_explore | 2004-12-30 14:30 | メディア | Comments(0)
ロビンソン・クルーソー・プロジェクトのこれまで 2
意を決して、1994年末、南米のロビンソン・クルーソ島に渡った。そこで目標、あるいは夢見たのは、セルカークが実際に暮らしていた小屋はどこにあったのだろうか、ということ。いまからちょうど300年前の、漂流者が建てた小屋などそうおいそれとは見つかるはずもない。わたしはある意味では酔狂だった。

ところが2001年、3度目の訪問の時、山奥の茂みの中にある石積みの住居跡にたどりついた。写真を撮り、正確な遺跡のデーターをメモに取ると、さっそくロンドンの大英図書館にこもりきりとなって古文書や古地図に照らしながら、検証を続けた。その結果、それはセルカークのものであるという確信に行き着いた。

発見に至るまでの紆余曲折のハプニング。そしてセルカーク自身が無人島生活を送っていたときに書いていたとされる日記をめぐる追跡。あるいはロビンソン・クルーソー島での無人島生活体験。セルカークの実像を体当たり的に追跡したこれまでの全記録については拙著『ロビンソン・クルーソーを探して』(新潮文庫)。

そして今後の旅は、『ロビンソン・クルーソーを探して』の最終頁から始まる。
セルカークの無人島生活、その謎を解くための更なる追跡が待っている。
旅はいよいよクライマックスへと向かう。(つづく)b0062963_16391253.jpg
(写真: ロビンソン・クルーソー島 カンバーランド湾に臨む)
by born_to_explore | 2004-12-30 14:20 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
ロビンソン・クルーソー・プロジェクトのこれまで 1
ロビンソン・クルーソー・プロジェクトは1冊の本から始まった。
そして気がつけばすでに最初に頁をめくった時から12年の歳月が流れている。
1冊の本、しかもその中に書いてある小さな400字あまりのコラムをもとに10年以上も旅を続けることになろうとは、思いもよらなかった。

b0062963_14103870.jpg
b0062963_14111659.jpg

(写真は『世界探検史』とロビンソン・クルーソーの記事が掲載されたぺージ(c)MALLARD PRESS)


ジョン・レノンが息子に贈った歌「ビューティフル・ボーイズ」にはこんな一節がある。

A life is what happens when you are busy to make other plans.
(あれこれと計画を練っているうちに、起きてしまうこと。それが人生)

今思えば、私にとってはその1冊の本、
『世界探検史』("The Royal Geographical Society History of World Exploration" Mallard Press 1991)との出会いが「起きてしまったこと」だった。

イギリスの小説家ダニエル・デフォーによる世界文学の名作、『ロビンソン漂流記』はたった一人で無人島に漂流したロビンソンがいかにしてそこで生き抜いたか、ということが書かれた手に汗握る冒険小説。子供の頃に読んだその本について、わたしはそれが完全なフィクションだと思っていた。ところが『世界探検史』には、実在したモデルがいて、その実話をもとに小説が書かれたとあった。そのとき、血が騒いだ。すぐにいろいろと調べてみると、不思議なことにロビンソン・クルーソーのモデル、スコットランドのアレクサンダー・セルカークの冒険を追いかけて、実際に漂流した南太平洋の孤島まで調べにいっている人がいないことがわかった。歴史の完全な盲点。『ロビンソン・クルーソー』の方が有名になりすぎて、実在のモデルはいつしか歴史の中に埋もれてしまったのだ。 (つづく)
by born_to_explore | 2004-12-30 14:19 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
探検の美学
b0062963_12541787.jpg 講演会で自分の探検について話をする機会がある。
 たまにふと、自分はどうして目の前に集まった人たちに話しかけているのだろう、と素朴な疑問にとらえられることがある。ある種、哲学的な問題さえ含んだこの問いは一言でいうなら「自分探し」への扉。似たような心境はサハラ砂漠のど真ん中で、ヒマラヤの高峰で、アマゾンの密林地帯でこれまでにたびたび自分の中に出没明滅してきた。そのたびに、わたしは「探検」について考えを重ねてきた。
 探検と冒険。これは明らかに異なる次元の人間の営み。危険を冒すという意味の冒険に対して、探検とはあくまでも「探ること」そして「検証すること」。探検家としてわたしはつねにこのことにこだわり続けてもいる。
 轟音とどろく大瀑布の筏下り、8000メートル級の高山への無酸素登頂、さらにはナイフを一本だけ持ってのジャングル越え。たとえばこれらの企図はそれ自体が冒険家にとっての目的となる。ところが探検家はそうではない。
 探検家はたとえば図書館で誕生したりもする。そこで出会った一冊の本。一枚の地図。そこで未知の世界の存在を知ったとき、探検家がこの世に生まれでるのだ。ジャングル、砂漠、雪山、氷河、探検家にとってそれらは目的ではない。それを越えたところにある未知の領域に向かうのが探検家である。冒険と探検は兄弟のような関係にあるが、言葉の違いほどに、二つは別々のものである。
 そんなこともあって、山頂や極点をきわめれば終わる冒険とは違い、探検家の旅はフィールドから図書館を何度も往復するような長いものとなる。そして探検の醍醐味とはそのプロセスにある。発見までの道のり。それ自体が一つの物語。失敗の連続、あるいは遠回りだと思っていたことのなかに成功への鍵が隠されている。
 先日講演会の後、参加者と一杯やりながら話をしていたときに、その人はこんなことを言った。
「サムライの美学はいかに死ぬか、ということ。その理想的な最期にむかってサムライは生きる。ところが探検家はいかに生きるか、そこに最大の美学がある。話を聞いていてそんな気がしました」
 わたしはふと故植村直己氏のことを思い出した。彼の最大のテーマは「冒険とは生きて帰ってくること」だった。しかし植村さんは結局そのテーマを実践できないまま、アラスカのマッキンリーに消息を絶ってしまった。
 発見という一瞬の輝きのために旅から旅へ。そのプロセスは、いかに生きるか、という探検の真髄へとつながっている。
 探検の美学とは、いかに生きるか、そこにかかっている。
(写真はロビンソン・クルーソー島。山に登り、風の中で水を飲む)
by born_to_explore | 2004-12-27 11:00 | 探検について | Comments(2)
拓本伝授
 長崎県の大村へと出かけて、大石一久先生から拓本の技術を伝授していただく。
 拓本というのは画仙紙の上に墨をタンポで置いていきながら石造物に彫られたレリーフを写し取るというテクニック。もとは中国からきた技術だが、日本でも歴史調査には活用されている。
 大石先生は石造物の研究家としてかれこれ10年以上も拓本に親しんでこられた。特に2003年には天正遣欧少年使節のひとり、千々石ミゲルの墓を拓本と検証により同定し、そのニュースは日本ばかりか世界中を駆け巡った。
 拓本についてはじつはかねてから興味を持っていて、たとえば探検に出かけるとロックアート(岩絵あるいは線刻画)に出会うことが結構あって、そのたびに苦労して写真に撮るのだけれど、現像してみるとよくわからないということがたびたびあった。石に彫られた言葉、記号、絵文字、あるいはイメージは古代の人たちからわれわれに向けたメッセージ。探検はそれを読み取ることから始まる。だから拓本の技術を会得することは探検家にとっては必須ではないか、と思っている。
 2005年にはロビンソン・クルーソー島を再訪するが、島の内陸には謎のレリーフがいくつか残されていて、それを拓本にとって検証してみることで、新事実に出くわすことができるかもしれない。
 と、同時に、墨の濃淡により醸し出される微妙な陰影は水墨画を画くような興奮を与えてくれて、なかなかそれだけでシビレルものであるな、と感銘した。
(写真は拓本をする大石一久先生)
b0062963_0195861.jpg
by born_to_explore | 2004-12-27 10:00 | 探検家の日記 | Comments(1)
COMING SOON 浦島太郎
浦島太郎プロジェクト

日本全国に浦島太郎の伝承地はおよそ150ヶ所あると言われています。
神社や仏閣、果ては浦島祭り、龍宮踊りまで。
探検はそれらを訪ね歩くところからはじまります。
なぜそれはその場所に伝わっているのか、そうやって考えていくと、
ひとつの共通項が浮かび上がってきます。
それをもとに浦島が出会った、ウミガメ、龍宮、玉手箱を検証します。
民俗学や生物学、歴史、考古学などを紐解きつつ、日本の海を旅して、
日本書紀などに語られる実在した浦島太郎が出かけた龍宮をめざすプロジェクトです。
スタートまで、今しばらくお待ちください。

髙橋大輔
by born_to_explore | 2004-12-27 09:00 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(2)
COMING SOON 日本のアトランティス
日本のアトランティスを追え

海の底に沈んでしまった島。
あの伝説に名高いアトランティスと似たような話が、西日本を中心に伝わっています。
かの柳田國男が記録したその伝説をもとに、旅へと出かけます。
荒唐無稽だと、誰もが相手にしなかったその伝説をたどっていくと、
そこには興味深い、島が実在した痕跡がいくつも残されています。
海にロマンを求めるプロジェクト。ご期待ください。

髙橋大輔
by born_to_explore | 2004-12-27 08:59 | 日本のアトランティス | Comments(1)
COMING SOON ロビンソン・クルーソー
ロビンソン・クルーソー プロジェクト

ロビンソン・クルーソーには実在したモデルがいた。
2004年1月そのモデル、アレクサンダー・セルカークの足跡を追いかけて
再び、南米チリの孤島に出かけます。このブログでは現地からイリジウム(衛星携帯電話)を
活用しながら、伝説の島の今をお伝えします。

髙橋大輔
by born_to_explore | 2004-12-27 08:58 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
プロローグ
b0062963_23591620.jpg物語を旅する
探検家髙橋大輔

ニューヨーク、70番ストリートには探検家クラブの本部がある。
ガラス張りの摩天楼の輝きの中で、その古色蒼然たるレンガ造りの建物には探検の歴史そのものを見ることができる。
中に入ると、受付があり、その脇には「MEMBERS ONLY」と札が掲げられたラウンジがある。
かつてビックゲーム・ハンティングの時代にメンバーがアフリカから持ち帰ったさまざまなトロフィー、なかでも一対の巨大な象牙が暖炉の前に据えられている。
メンバーはそこで探検の計画について話し合い、地図を広げ、あるいはバーボンを1ショット、2ショットぐっと飲ったりする。
旅への思いが無性に高ぶっていく。未知なる世界、その前途への見果てぬ夢、さめやらぬ興奮。

探検家にとって、ニューヨークのこの建物こそが、出発の地であり、また帰ってくるべき場所であった。

かつてここからノルウェイのトール・ヘイエルダール博士も旅立って行った。かの有名なコンティキ号の航海。筏で太平洋へと漕ぎ出すことで、ポリネシア人のルーツを
南米のインディオに求めようとした。かれはその航海へと乗り出す前に、探検家クラブでしばしの時を過した。図書館には探検計画を練るための様々な本が棚にぎっしりと並んでいる。
マップルームには、探検家自身により製作された地図がたくさんストックされている。ヘイエルダール博士はそれらにじっくりと目を通し、思考を重ね、そしてクラブの大きな地球儀を使って、航海の計画を完成させた。その地球儀はいまでもクラブにある。

またそこには世界各地からの様々な品が展示されている。世界最高点、8848mのエベレスト頂上に人類史上初めて足を踏み込んだエドモンド・ヒラリー卿。
現在、クラブの最高顧問を務めているそのかれがかつてヒマラヤの奥地から持ち帰ったイエティ(雪男)の頭皮、そんなものもそこにはある。多くの探検家がそうやってここをマザー・グラウンドとし、帰還後は講演を行った。毎週、レクチャープログラムが組まれ、ここにくると世界中での探検や冒険、発見の話がもちきりで、楽しさのあまり時の立つのも忘れてしまう。

ここにはかのハリソン・フォード氏もやってきた。映画『インディー・ジョーンズ』の役作りは、やはりこのクラブで完成され、世界中の人々を魅了したあの冒険が誕生したのである。
映画の中のストーリーは完全にフィクションではない。そこには実在した探検家の体験が散りばめられ、そしてスリリングに脚色が施されている。あのおなじみの帽子と革ジャンのコスチュームもまた、実在した探検家にプロトタイプを見つけることができる。第一話の南米の遺跡で大きな丸い石がころがっくるシーン。その遺跡もまた実在した探検家が探し求めて失踪した実話が下敷きになっている。インディー・ジョーンズは、全ての時代の全ての探検家、そのものだといってもいい。

クラブは価値があると認める探検計画に特別に携行用のクラブ旗を貸与する。その旗はすでに世界最高点、両極、深海、宇宙、あらゆる場所へ探検家と共に出かけていった。
深海に沈没したタイタニック号を発見したロバート・バラード博士、ルーズベルト大統領も退任後は南米の奥地へと出かけている。そんな様々の探検の中で、故植村直己氏が北極点単独犬ぞり行を成し遂げたときに与えられた探険家クラブ旗も、現在、講堂の壁面に飾られ、その壮挙がたたえられている。

1992年に正式なメンバーに認定されてから十年。2002年、わたしもようやく探検家クラブの講堂に立ち、自らの旅について語る機会を得た。
ロビンソン・クルーソーの旅についての話。
おなじみ『ロビンソン漂流記』はいまからちょうど300年前に実在したスコットランドの船乗りの無人島漂流体験をもとに書かれている。
わたしはその実在のロビンソン、アレクサンダー・セルカークの冒険と生涯を追跡してこれまで文献と現場への旅を繰り返してきた。もちろん島へと渡り、そこでロビンソンの無人島生活を体験もしてみた。そしてかれの足跡を追ううちに、無人島で二つの小屋を立てて生活していたことを突き止めた。しかもそれはいまだ未発見のまま。
もしそれを探し当てたら、それこそまさにロビンソン・クルーソーの家、ということになる。心は熱くなり、とりつかれたように旅に出た。

そしてついにわたしは十年越しにそれらしきものに出くわすことになったのだ。
探検家クラブでの一時間半にわたる講演は立ち見がでるほどの満員の熱気に包まれるまま、わたしにとってはまるで瞬く間のことのようであった。
大ホールの壁には、故植村直己氏が北極点へと持っていった旗が掲げられていた。それに見守られるようにわたしは、ロビンソンの探検のこれまでの紆余曲を述べ、
また夢を語った。夢とは、発見できた遺跡を発掘したい、という一途の思いだった。

探検家にとって、人前で夢を大声で語ること。それはある種の勇気を必要とする。探検や冒険の企図は実現ができるか、できないかは紙一重のようなもの。
しかし、わたしにとって夢を語ることが、実現への扉を開くものとなった。
折りしも2004年から2009年までの4年4ヶ月間は、アレクサンダー・セルカークが無人島生活をした300周年のメモリアル・イヤーに当たっていた。
そしてこの記念すべきタイミングで、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡の発掘に着手するという計画に、探検家クラブはわたしにクラブ旗を提供してくれることになった。
さらにワシントンDCにある、ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティはこの計画を正式なプロジェクトと認定し、発掘資金を提供してくれることになった。

探検家を志した一つの動機、わたしにとってはシュリーマンが大きな影響を与えた。誰もが作り話だと思い込んでいたギリシア神話、ホメロスの物語に出てくるトロヤという町。それを実在したと信じた彼は信念と努力でついにそれを掘り当てた。感動的なその成功譚の中で、とくにわたしは彼が荒唐無稽な物語を信じ続けた点に大きなインパクトを感じた。
確かに多くの発見、それらは荒唐無稽のものと誰もが相手にしないような物語と真摯に向きあうことからもたらされている。ヘイエルダール博士のコンティキ号による航海も、南アメリカのインディオの神話がそのはじまりにあった。ハイラム・ビンガムのインカの空中都市、マチュピチュの発見も地元の人の取るに足らないような話からもたらされている。

このように神話や伝説はこれまで未知への探検の大きな目標になってきた。
フィクションとにノン・フィクション。作り話だと思っていた『ロビンソン・クルーソー』の背後に潜んでいた実話。
そこに大きな発見されるべきものの気配を見い出したわたしもまた、神話や伝説に探検の広大な沃野を見る思いがした。
神話や伝説の中に潜むリアリティ。フィクションとノン・フィクション、その二つが重なるグレイゾーンへの旅は物的証拠を求めつつも、人間のこころを探求するというものに違いない。それはまた人間の夢への探求であり、地球を舞台とした謎解きでもある。

物語を旅する。
ロビンソン・クルーソーをはじめ、
浦島太郎などの日本の昔話、アイヌの伝承コロポックル、沈んだ高麗島伝説、シバの女王、ブラジルの失われた都市エル・ドラードなどなど。
探検の最大の醍醐味は結果以上にそのプロセスにある。
このブログを通じて、探検に興味を持つ方々と共に旅をしてみたい・・・そんな思いで今、大いなる物語の原野に立ち、そのはるかな地平線を見つめている。
(写真はニューヨーク探検家クラブにて。講演の後、植村直己氏が北極点犬ぞり単独行に持って行ったクラブのフラッグを背景に)
by born_to_explore | 2004-12-27 07:00 | プロローグ | Comments(6)