物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:メディア( 171 )
東京ミステリー
b0062963_07052327.jpg
東京の中世って言われても、ほぼイメージできない。
強いて言えば、徳川家康以前に江戸城を築いた太田道灌(1432-1486)が挙げられる。
ただし、太田道灌もマイナーな存在だ。
ところが調べ始めたら、やめられなくなるぐらい面白い。
彼は品川にいた海賊の親分と手を結び、江戸城を交易センターのように仕立てていた。
品川の海賊っていうのも聞き慣れないし、江戸城でビジネスのプレゼンが行われていたとは知らなかった。
東京は全体がミステリースポットなのだ。探検のレポートは「週刊プレイボーイ」8/21発売号(2017年)から、6週連続で連載。
太田道灌から始まる東京の謎解きツアーにぜひご参加ください。
(写真は太田道灌。暗殺された後、墓が作られた洞昌院(神奈川県伊勢原市)に置かれていた肖像画だ。


by born_to_explore | 2017-08-23 06:15 | メディア | Comments(0)
TBS クレイジージャーニーに出演します
b0062963_09253083.png
TBS「クレイジージャーニー」(2017年6月1日 11:56〜放送予定)に出演します。
探検のために会社を辞めて、13年がかりで漂流者の足跡を追うーー。アメリカあたりでそんな話をすると、リアクションの多くは"You, crazy guy" だった。クレイジーを辞書で引けば「気が狂った」となるんだが、アメリカ人はそれをわたしに対する最大の賛辞の言葉として使うのだ。この番組の底流に流れている思想も同じだろう。「常軌を逸した」と言う表現があるが、そもそも常軌とは何か。そんなことさえ考えさせてくれるのがこの番組だと思う。

by born_to_explore | 2017-06-03 04:02 | メディア | Comments(10)
Yahoo! ニュース「舞台は世界」
b0062963_11593451.png


Yahoo! ニュース「舞台は世界」で紹介された。「脱サラ探検家」というと、サラリーマン時代を足蹴にするような印象があるが、わたしはむしろ逆。サラリーマンをしていなければ、探検家にはなれなかった。会社での経験が、探検資金を自分で集めるなどの活動に活きている。気分的には脱サラというよりは、卒サラかな。でも解脱するぐらいの気持ちがないと、フリーになってうまくやっていけない。だから脱サラでもいいのだ。
「舞台は世界×髙橋大輔」記事(こちらをクリック)
by born_to_explore | 2017-06-03 04:00 | メディア | Comments(2)
NHK東北「みちのく探検隊」
 NHK東北の昼番組「ひるはぴ」(11:30〜)で、10分ぐらいの探検コーナーを担当することになった。2017年4月スタート。第一回目は秋田県の男鹿半島。男鹿はジオパークに指定されていることからもわかるように、野趣あふれる景観が残る。人が訪れることが少ない場所も多く、秘境が残る。写真は不動滝。廃村を通り抜けてたどり着く絶景だ。



b0062963_16142439.jpg

by born_to_explore | 2017-04-14 16:42 | メディア | Comments(0)
東京タワー直下の巨大古墳(中篇)
東京タワー直下の巨大前方後円墳を探る探検エンタメ第2弾!

東京の歴史を調べてみると、徳川以前の歴史がよくわからない。
で、最初に東京という地を開拓したパイオニアは誰だったのかという考えが生まれ、
大都会の真ん中でにある巨大前方後円墳に着目した。

東京の歴史は、最初から首都であるという思い込みで書かれているような気がしてならない。

いや、そうではないだろう。やはり東京もかつては無人域であり、開拓者がいた。
だからこそ、現在の繁栄がある。その辺の、過去の功労者へのリスペクトがないのは悲しい。

そんな思いが、わたしを突き動かしているのです。

週刊プレイボーイ 2017年2月20日号 ぜひご覧ください!




by born_to_explore | 2017-02-07 12:55 | メディア | Comments(0)
東京タワー直下の巨大古墳を探検せよ!
新連載スタート!
高橋大輔率いる探検隊が現代の謎に迫る探検エンタメ。
初回のテーマは、東京タワー直下にある巨大前方後円墳。そこに眠るのは、いわば初代の東京都知事。一体、どんな人物だったのか。現場、資料、推理。それらを駆使して思いがけない事実が浮かび上がるーー。ぜひご一読ください。

週刊プレイボーイ 2017年1月30日発売号
東京ミステリーツアー 東京5半島をめぐる栄枯盛衰の千年物語vol.1 東京タワー直下の前方後円墳に眠る「初代都知事」は誰なのか!?~前編~

by born_to_explore | 2017-01-30 19:55 | メディア | Comments(0)
ジョン万次郎が漂流した島
ジョン万次郎が漂流した島とはーー。
幕末にアメリカに渡った中浜万次郎は有名だが、きっかけとなった無人島漂流についてはほとんど知られていない。
『漂流の島』を書いたわたしの経験をもとに、ジョン万ら江戸期の漂流民がサバイバルをした伊豆鳥島について語りたい。2017年1月28日に彼の生誕地、高知県土佐清水で講演会が開催されます。ふるってご参加ください。

b0062963_10310266.jpg

by born_to_explore | 2017-01-06 10:39 | メディア | Comments(0)
ひるはぴ
b0062963_20360908.jpg
NHK東北の昼番組「ひるはぴ」に生出演した。探検の魅力から、東北の不思議スポットまで。案外、謎って身近に転がっている。
11/29(火) 午前11時30分〜

by born_to_explore | 2016-11-26 12:36 | メディア | Comments(0)
朝日新聞にコメント
11月20日の朝日新聞「文化の扉」に北東アジアの魅力を語った。北方領土問題を国家レベルだけでなく、地域の視点から眺めると、国境線では一刀両断できない文化や人間のつながりがある。
b0062963_08183840.jpg

by born_to_explore | 2016-11-20 08:12 | メディア | Comments(0)
サハリン島 再び
b0062963_1063296.jpg


「遥かなるサハリン紀行」再放送(実際には再再再再ぐらいか? 隠れた人気番組なんです)が決まった。
2014年に撮影されたものだが、サハリン島の風景は2年たっても変わっていないんじゃないかと思う。200年前の間宮林蔵が見た風景さえ、残っているのではないかと思えたぐらいだ。
北方領土問題に進展の兆しが出てきた今こそ、極東の魅力を語りたい。そこは豊饒な北の大地だ。神話や民俗にあふれ、何より手つかずの自然がまだ残る土地。未来に残したい自然遺産でもある。ぜひご覧下さい。

「遥かなるサハリン紀行」
BS-TBS
2016年10月28日(金)19:00〜
出演 中村雅俊 高橋大輔
by born_to_explore | 2016-10-25 10:14 | メディア | Comments(0)