物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:ロビンソン・プロジェクト( 45 )
もうひとつの見どころ
 新刊本『ロビンソンの足あと 10年かけて漂流記の家を発見するまで』(日経ナショナル ジオグラフィック社)ができあがった。この本では装丁にも注目してもらえたらと思う。カバーを外すと、表紙から裏表紙にかけて18世紀の版画がプリントされている。これは1748年に出版されたジョージ・アンソンの航海記に収められているもの。当時のロビンソン・クルーソー島の様子を知ることができる。
 現代の様子(見張台に立つ著者)を写したカバーを外せば、島の古い風景が現れる。同じように本書もページをめくるごとに、古い時代の謎を発掘していく話が展開していく。
 歴史モノや漂流記が好きな人、これからナショナル ジオグラフィックの探検隊に加わりたいと密かに夢見ている人。いやそればかりではない。何かにくじけそうになってしまった人にもぜひ読んでもらいたい。これは途方もない夢を抱いてしまったわたしの戸惑いと挫折、そしてそこから道がいかに開けていったのかを綴ったドキュメントでもあるから。よろしくお願いします。
b0062963_11751.jpg

by born_to_explore | 2010-04-23 11:09 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(5)
ロビンソンの足あと
b0062963_11242527.jpg


新刊本のタイトルが決まった。

これは『ロビンソン・クルーソーを探して』(新潮文庫 2002)の続編となる。

前作は、実在した『ロビンソン漂流記』のモデルの住居跡らしき遺跡を南米チリの孤島で発見するところで終った。

今回はその遺跡を発掘してみようと思い立ったところから始まり、最後に驚くべき発見にいたるまでのプロセスを書いた。やはり紆余曲折の連続。それでも結論を得て、ようやく探検にピリオドを打てるという思いだ。

校正をしている途中で、チリの大地震(2月27日)が発生した。津波がロビンソン・クルーソー島に押し寄せ、住人十数名の行方がわからなくなった。

ロビンソン・クルーソーの島があるのだ。この本を通じて、一人でも多くの方にその存在を知っていただけたらと思っている。

タイトル 『ロビンソンの足あと 10年かけて漂流記の家を発見するまで』(アマゾンのサイト)
著者 高橋大輔
出版社 日経ナショナル ジオグラフィック社
発売日 2010年4月26日(予定)
by born_to_explore | 2010-03-25 11:25 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(8)
ロビンソンでサクラ咲く
自分が書いた文章が入試問題に採択されるというのは、光栄な話だがちょっと緊張。とある高校の国語の入試問題に拙作『ロビンソン・クルーソーを探して』(新潮文庫)の一部が採用された。ちょうど手に汗握るシーン。じっくりと感情移入して読んでもらいたい箇所だが、試験を落ちてもらっても困る。ハラハラしつつ、設問の数々には筆者のわたし自身も100点取れるかどうかちょっと不安だったりして・・・。ともかく見事合格した皆さん、心より、おめでとう!
b0062963_14184594.gif

by born_to_explore | 2008-03-15 14:21 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(7)
学術論文
2005年に発掘調査で明らかとなった実在したロビンソン・クルーソーの住居跡。あれから2年となるが、ついにこのほど学術論文がまとまった。チリ、英国、日本、3カ国から専門家が集まった国際調査。論文も各国のメンバーとの共同執筆。原稿はスコットランドのコールドウェル博士が書き、それを電子メールで何度もやりとりしながら皆で精査した。発掘で得たものが歴史的文献とどう照合するのか?住居跡がセルカークのものであるとする根拠を科学的アプローチで論じた。
 現地調査に13年、そして論文完成までさらに2年。気がついてみれば光陰矢のごとし。しかし15年前は雲を掴む夢物語のように感じてはいても本当にこうなるとは思わなかった。
 今なおこのリサーチからわたしはじつに様々なものを学んでいる。夢、人との出会い、そして力を合わせてともに進むこと。結果はどうあれ、とにかく世界の人たちと情熱を共有できる時間を過ごせたことは幸せなこと。人生の中のすばらしい体験のひとつだ。
 論文は近く英国の"Post-Medieval Archaeology"誌に掲載、発表される。
 ここからどんなロビンソン・クルーソー・プロジェクトが展開していくのか。旅はまだ続く。
b0062963_15572122.jpg

by born_to_explore | 2007-11-14 16:06 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(8)
本当の宝とは何だろう?
「南米・チリのロビンソン・クルーソー島で1兆1000億円相当の財宝が発見された」
そんな情報が流れてから一年以上の歳月が流れた。以後、つい最近までわたしのもとに世界各地から様々な問い合わせが寄せられた。その多くは宝が実際に発掘される様子をテレビ番組にしたいので協力をというもの。
 しかしなぜわたしにそんなオファーが来るのだろう?確かにこのお宝騒動の勃発は、わたしが行った実在したロビンソン・クルーソーの住居跡発見の発表時期と重なっている。とはいえロビンソン・クルーソーと財宝が混同されているとしたら、それは大きな誤解だ。

b0062963_1703055.jpg 何よりも危惧する点は国立公園として保護されてきた島の環境が危機に曝されてしまったことだ。これまでに行われてきた宝探しプロジェクトは島に大穴を残した。地中深くまで掘ってみても、コイン一枚すら出てこなかった。(写真参照)ただわれわれの前には生態系の破壊という未来への厳しい課題が残っただけ。無為な宝探しはこれ以上はもうやめにしなければならない。

 現在ロビンソン・クルーソー島には355種類の植物が生息している。その約半数、154種が原生種、さらにそのうち94種が固有種である。世界中どこを探してもこの島にしか生えていない植物が、東京都練馬区よりもわずかに小さな島に94種も生えているということからもわかる通り、ここは植物の宝庫だ。

 そして驚くべきことに、実在のロビンソン・クルーソーが生きたのはこの世界的にも希少な植物に囲まれた環境だったのだ。彼が無人島生活を送った遺跡を守りつつ、島の環境をどうやったら守れるだろうか?わたしにとってできることは何だろうか?何らかの活動をはじめなければならないと思っている。
by born_to_explore | 2007-01-19 17:07 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(9)
ASストーン
b0062963_17352079.jpg昨年発掘によってロビンソン・クルーソーのモデル、アレクサンダー・セルカークが暮した住居跡を発見したのだが、その遺跡の近くに「AS」とイニシャルが刻まれた石があった。これまでそれがセルカークの手によるものかどうか、なかなか決定的な史料を探し出せずにいた。歴史をひも解いてみるとセルカークが無人島生活中、木の幹などに自分のイニシャルを彫っていたことは明らかだから、検証のポイントはこの石に彫られたイニシャルがセルカークのものかどうかを確かめられるかどうかであった。しかし今回、スコットランドで彼の所持品を総点検し、ナイフと木箱にかかれたセルカークのイニシャルを確認。ロビンソン・クルーソー島でとった石の拓本と照合してみて、最終的にわたしはあのASストーンはセルカークの手によるものだったという確信をえたのである。下の写真は上の石から彫り込まれた「AS」イニシャルを拓本で写し取ったもの。より鮮明に文字が読める。b0062963_17364333.jpg
by born_to_explore | 2006-03-24 17:40 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(2)
イニシャルASをめぐる史実
b0062963_3243568.jpg無人島に漂着したらきっといろいろなところに自分の名前を彫るに違いない。今日はエジンバラの図書館でロビンソン・クルーソーのモデル、アレクサンダー・セルカークの場合を調べてみた。するとやはり彼は木の幹をはじめいろいろなところに自分ののイニシャルや年号を彫り込んでいたのである。それは一体どんな書体だったのか、それを知る手がかりは彼の所持品に彫られたイニシャルにある。これまで見てきた通り、ナイフと木箱、二つの所持品に彼のイニシャル「AS」がみえる。そしてそれを昨年発見したセルカークの家の近くの岩に彫られていた文字と比較すると・・・。
by born_to_explore | 2006-03-24 03:25 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
ロビンソンの箱

b0062963_1701730.jpgロビンソン・クルーソーのモデル、アレクサンダー・セルカークが自分のイニシャルを彫ったのはナイフだけではない。彼の遺品はいくつかスコットランドに残されているが、船員用の木箱の蓋にはナイフで傷をつけるようにASとイニシャルが彫られている。この木箱と昨日確認したナイフ、セルカークの二つの所持品にイニシャルを確認できたことは他と比較する上でとても重要なサンプルとなる。この二つのサンプルによればセルカークのイニシャルは現代のわれわれが使用しているAとSの書体と似たものだったことが考えられる。
by born_to_explore | 2006-03-23 17:00 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)
ロビンソンのサバイバルナイフ
文献に引き続き、実在したロビンソン・クルーソー、アレクサンダー・セルカークの遺品を改めて調査している。そして彼が無人島生活中に使用したナイフにASという彼の名前のイニシャルが刻印されていることがわかった。b0062963_180883.jpg針のようなもので穴を開けて書いた文字で、ナイフの柄の底部に記されていた。このナイフについてはこれまで何度か実際に手にとって確認をしてきたのだが、今回改めて調査して、ここに記されているASというイニシャルの意味合いがとても重要なものであることを思い知った。
by born_to_explore | 2006-03-22 18:01 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(2)
古文書の調査
b0062963_4333758.jpg今日はさっそくコールドウェル博士とセントアンドリュース大学の図書館を訪ねて、セルカークのことが記録された教会のドキュメントを調査した。日本では複製ばかりで、オリジナルの文献はなかなか見せてもらえないが、さすがに英国ではオリジナルの手稿を手にとって調査をすることができる。調査は必要な部分を見つけてそれをノートに写し取っていく。今日調査をしたのはセルカークが家庭内暴力を引き起こし、教会での譴責を受けた時の記録。彼は以後海賊(バッカニア)になり、そして無人島で生活をすることになる。かつて調査した文献だが、こうして改めて読み返してみると新たな発見があるものだ。
by born_to_explore | 2006-03-22 04:34 | ロビンソン・プロジェクト | Comments(0)