物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:探検について( 35 )
マンガになって登場
b0062963_98146.jpg
 人からよく聞かれる質問のひとつに「子どものときから探検が好きだったのか?」というのがある。もちろん答えはイエスなのだが、どんな子どもにも探検の芽があるのではないだろうか。わたしの場合、方位磁針を手に入れたことが小さいけれど確かなきっかけになった。手のひらにのるほどのものだが、方位磁針は世界の窓を開いてくれる。
 そんなわたしの探検ストーリーがマンガ(4ページ)になった。ベネッセの進研ゼミ小学講座チャレンジ3年生 「なんで!?本」 2010年5月号。しかも付録として方位磁針がついてくるという。手にしたみんなは方位磁針を持ってどこに行くのかな?
by born_to_explore | 2010-04-12 09:11 | 探検について | Comments(2)
海外探検三重苦
b0062963_17415245.jpg
 先日、東京に出かけたとき、清澄庭園を訪れた。かなり古く、もはや崩壊しかけてはいたが、三猿の石造を見かけたので写真を撮った。みざる、いわざる、きかざる、その本来の意味は、子供のときは悪いものに対してそうしておいたほうがいい、といういわば教育上の教え。しかし大人の世界にも十分通用する。ちなみにわたしなどはこれを見ると、海外探検三重苦を連想してしまう。すなわち・・・。

 一、外国に単身勇んで乗り込んだはいいが、現地の言葉がからきし話せない。
 二、ましてや相手が何を言っているのか聞き取れもしない。
 三、さらには、文献を渡されても、読めやしない。

 一体全体、それで探検はできるのかと思わず不安になるほどの困難だが、探検プロジェクトの大方はまずそんなあたりから始まるのだ。わたしにはわたしの三猿。人には人それぞれの三猿があっていい。
by born_to_explore | 2007-02-22 17:43 | 探検について | Comments(6)
探検の7つ道具

収録したNHKの番組では、探検家の7つ道具(7つとは限りませんが)を紹介したのでここでもちらりと。ごらんの通り、とてもコンパクト。軽量化していろいろな道具を持つ、という必要の母が生んだ結果がこれ。

b0062963_7362463.jpg* 革のグローブ(手袋)
* GPS
* イリジウム(衛星携帯電話)
* 短波ラジオ
* ヘッドランプ
* ジッポ・ライター
* コンパス
* ナイフ
* メジャー
* 付箋
* 削り器付き鉛筆
* ポケット・クロック
* ドック・タッグ(救急用ペンダント)
* 単眼鏡
* シェラカップ
* 先割れスプーン
* 温度計
* マグライト
* スキットル(携帯酒瓶)
* 拡大鏡
* サバイバル・キット

これらが全て、堅牢かつ小型のポーチ一つにおさまる。
by born_to_explore | 2006-10-30 07:38 | 探検について | Comments(4)
ハードな旅にも耐える手帳
b0062963_124980.jpg
かつてインドへ旅に出かけた時、手帳を失くすという失態を演じた。
あまりのショックにしばらくは立ち直ることができなかった。
「パスポートの紛失は悩ましいものだが、手帳の紛失はもはや大惨事だ」といった作家がいたが、まさにその通り。わたしも以後、猛省し、そんな大惨事に再びみまわれることなく何とか旅を続けている。
 旅の手帳には青色のペンで書き込む。万年筆のときもあれば、ポールペンの時もある。日記やメモ、思いつき、覚え書き、読んだ本の気に入った箇所を丸ごと写すこともある。稀にだが色鉛筆があるときは下手くそな絵をすみっこに描き入れる。旅の日を重ねるごとに、白いページがびっしりと埋まっていく。もちろん手帳そのものにもかなりこだわっている。旅先に合わせて手帳を選ぶこともある。写真は1997年の冬季カラフト(サハリン島)行の手帳。全てが凍結する土地へのハードな旅に、極めつき堅牢な牛革の手帳を選んだ。
by born_to_explore | 2006-10-20 12:05 | 探検について | Comments(4)
こんな探検帽で旅に出たい!
b0062963_11532440.jpg 憧れてしまうのがピス・ヘルメット。中でも探検家ヘンリー・モートン・スタンレーが愛用していたタイプはどこを探しても見かけることができない。彼はこの帽子を頭に被り未知のアフリカ大陸へと分け入っていったのだ。わたしもこのようなピス・ヘルメットで旅を!と思っていたら、英国の雑誌『ジオグラフィカル9月号』(写真)に記事が出ていた。

 それを読むとスタンレーはロンドンのサビルローにあるホークスでそれを手に入れ、1869年に探検へ出かけたとのこと。そして何とその店はギーブス&ホークス(こちらをクリック!)と名前を変えてはいるものの、今でも当時と変わらず店をサビルローに構えているという。さっそくメールを送って尋ねてみた。しかし残念なことにそこではもうピス・ヘルメットの取り扱いはないという。残念・・・。

 しかしロンドンのサビルローといえば、日本語の「背広」の語源となったとも言われる紳士用品の世界的なメッカ。さすがは世紀の探検家、探検帽も紳士のたしなみなのうち。

b0062963_12374893.jpg
ピス・ヘルメットをかぶったスタンレー。探検を終えてロンドンで撮影。隣にいるのはいっしょに旅をしたアフリカの少年カルル。
by born_to_explore | 2006-10-17 11:59 | 探検について | Comments(6)
本から始まる旅
b0062963_11545987.jpg探検には探検の歴史がある。
ポケットの中に文庫版の『世界探検史』をしのばせて旅に出る。そんなことを何度かしたことがある。

ページをめくるように地平線を越え、揺らぐ水平線の中を進んでいくうちに、いつの間にか本はぼろぼろになってしまった。

星の数ほどもある歴史書の中で、これほど冒険と探求心に満ちた本はない。アフリカ、アジア、オセアニア、新大陸・・・土地の数だけ探検があり、山岳、大洋、極地・・・過酷さの中に夢が追い求められた。
それを現代の旅の中で追いかけてみるのもまたかなりの探検だ。そうして探検が新たな探検を生み、歴史は未来を示してくれる。

イギリスの探検家パーシー・サイクスが1934年に書いた『世界探検史』(教養文庫)。すでに絶版となった本だが、いまだにこれはわたしの座右の書(バイブル)。読むだけではなく、これと旅に出かける。すると木立の中に垣間見られるものが、行間からも漂いはじめる。
by born_to_explore | 2006-10-16 12:05 | 探検について | Comments(4)
探検家は講演する
b0062963_19155475.jpg 年間を通じて講演の依頼を受ける。小学校や中学校、高校、大学、あるいはPTA関係といった教育の現場からの依頼が多い。旅に出ていることも多いのだが、スケジュールが合う場合はなるべく出かけたいと思っている。

 時代のキーワードは「コンビ二」(手間がかからない便利さ)あるいは「バーチャル・リアリティ」(パソコン、インターネット、あるいはゲームなどの仮想世界)だが、探検はその対極にあると思う。便利さとは正反対の現実世界への旅は、不便な現実を体感することに他ならない。それを克服することに美学というか価値感を求めようとするところに探検の現代的な存在意義がある。

 だから小学生や中学生はじめ教育の現場での講演は、探検家としてことさら意義が大きいものと感じている。探検家の話も、座って聞いているだけではある意味ではコンビ二なヴァーチャル・リアリティだ。しかし生の声を聞いてこそ、講演後に握手をしてみてこそ、一少年、一少女の世界が一八〇度変わる、ということはありえる、そんな可能性を信じて出かけていく。

 今年は海外行の合間の秋に講演会をいくつか集中させた。
 今日は秋田県にかほ市、金浦中学校へ。
 南極観測船しらせでも知られる、偉大な南極探検家、白瀬矗生んだこの町。
 新しい出会いがあった。生徒たちと握手した。
 わたしも旅するエネルギーをもらった。 
by born_to_explore | 2006-10-14 19:18 | 探検について | Comments(2)
探検を志す若い人たちへ
「インカ帝国の失われた空中都市マチュ・ピチュ発見」
「ジェーン・グドールによる野生チンパンジーの研究」
「アルプス氷河で発見された5000年前のミイラ“アイスマン”」
「沈没したタイタニック号の発見」。

探検好きならば、以上の一つや二つは耳にしたことがあると思う。これらの偉業は全てアメリカのワシントンDCに本部を置く、ナショナル・ジオグラフィック協会(NGS)の支援により達成されたもの。

このほどそのNGS探検審議会のエグゼクティブ・ディレクター、レベッカ・マーティンさんが来日。『ナショナル・ジオグラフィック日本版』の編集部がある日経BP社でプレゼンテーション(発表)があるというので、わたしにも声がかかり参加してきた。
 
その中で何といってもニュースは、NGSが若き探検家、フィールド・リサーチャー、そして自然・遺跡保護活動家を育てるために「ヤング・エクスプローラー奨励プログラム」(詳細はこちらをクリック)を設立することになったことだろう。18歳から25歳までの若者が提案する探検プロジェクトに米ドルで2000ドルから5000ドルまでが援助される。

NGSの支援によりロビンソン・クルーソーの住居跡を発見することができたわたしとしても、日本でも盛り上げていきたいプロジェクトの一つだ。
by born_to_explore | 2006-08-09 13:13 | 探検について | Comments(2)
地球観を構築せよ
 旅には距離の移動が伴う。たとえば東京ーブエノスアイレス。その距離は昔も今も変わらない。しかし移動時間がこの100年のうちにも大幅に短縮されてしまったので、もはや地球の裏側にあるブエノスアイレスも大雑把に時間で言えば24時間圏内ということになった。旅する時間が距離を超越し、ときに距離で示されるはずの遠さが昔ほど遠く感じないようになってしまった。それがわれわれが生きる現代。そんな今、旅人に求められるのはどんな地球観を持つか。
 わたしの地球観はイームズの「パワー・オブ・テン」によって鍛えられた。これはすごい映像だ。10分間の間に地球を抜け出し、銀河系のはるか先まで行った人がさらには人体の奥深くへと旅を続ける。宇宙の果てと人体の内奥で見るものは恐ろしくよく似ている。
 昨日の『バラカ』が地球の横軸移動の旅だとするならば、『パワー・オブ・テン』は明らかに地球の縦軸移動系の旅だ。この二つの映画はわたしにとっては二大聖典のような映画なのである。



(写真:映画『EAMES FILMS』 角川エンタテイメント2001)
by born_to_explore | 2006-07-03 17:40 | 探検について | Comments(4)
なぜわたしは旅に出るのか
 わたしが探検家として影響を受けたものの一つに『BARAKA』(バラカ)がある。これは映画だが、普通の映画ではない。世界各地を取材して撮りためた映像をコラージュした不思議な作品。ストーリーはない。ここには地球の素顔がある。ただそれだけ。しかしここには真実がある。ここに映し出される地球の風景、実際に自分が見てきた場所もあれば、これから出かけたいと思う場所もある。しかしこの作品にそこはかとなく感じるのは、わたしが旅を続ける理由、いずれわたしが到達するであろう答えが、すでにこの中に内包されているということだ。これまで何度も見た。繰り返しこれを見ては旅に出た。そしてこれからもわたしはこの映画を見続けると思う。この映画の意味をまさぐるように、バックパックを担いでわたしはひたむきに旅に出る。わたしの旅にとってのバイブル。それが『バラカ』だ。バラカとは古代スーフィー語で『生命の息吹』『生命の祝福』あるいは『生命の本質』という意味。


(写真:映画 『BARAKA』Magidson Films November 1993)
by born_to_explore | 2006-07-02 11:05 | 探検について | Comments(2)