物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:ライカ・エクスプローラー( 26 )
ライカスタイルマガジン
b0062963_4355483.jpg

キャプテン・クックを追ったライカエクスプローラーの旅(今年1月〜3月)について、このほど刊行されたライカの会報誌「ライカスタイルマガジン」(2011 vol.5)に未公開写真とともに寄稿した。訪れた6つの国を1頁ごとに構成したちょっと贅沢なトラベローグ。
「ライカスタイルマガジン」は一般向けに販売されている雑誌ではないが、ライカ銀座店、ライカ二子玉川店等で閲覧できる。
ライカカメラAG (こちらをクリック)
Photo (c) ライカスタイルマガジン
by born_to_explore | 2011-07-02 05:07 | ライカ・エクスプローラー | Comments(2)
イギリスの新聞
b0062963_7403075.jpg


今回、ライカ・エクスプローラーで訪れたイギリスのホイットビー(ヨークシャー)では地元の新聞記者からインタビューを受けた。ホイットビーはクックが船の見習いとして働き、船乗りになった場所。地元の人のクックに対する熱い思いを逆に感じた。
Whitby Gazetteのページ
Photo (c) Whitby Gazatte
by born_to_explore | 2011-03-11 07:51 | ライカ・エクスプローラー | Comments(0)
クックの旅は終わった
b0062963_1191394.jpg

 ライカ・エクスプローラーの旅を無事に終えた。太平洋の島々ではキャプテン・クックの偉業を讃えている人がいる一方で、欧州人が侵出してくるきっかけを作った人物として彼のことをよく思っていない人がたくさんいることを知った。そんな2つの歴史認識が共存して、今の世界が構成されている。今後は写真を整理しながら、クックとは一体どんな存在だったのかを21世紀の視点に立って改めて考えていきたい。
 本国のドイツ、また日本でライカ・エクスプローラーにかかわったスタッフの皆さんには大変お世話になりました。約40日間、旅におつきあいいただいた皆さんにも感謝します。
*ライカカメラジャパンのページ
*アサヒカメラのページ
by born_to_explore | 2011-03-10 11:37 | ライカ・エクスプローラー | Comments(4)
ブレーメン
b0062963_17561857.jpg

 キャプテン・クックの追跡を終えてドイツへ。『ブレーメンの音楽隊』で有名な北部の町を旅した。石造りの建物と石畳。トラム(市内電車)がレールの上を滑る音と子どもたちの声が響き合う。昔読んだ絵本の物語に続きがあることを知ったような気分を味わう。
by born_to_explore | 2011-03-03 17:59 | ライカ・エクスプローラー | Comments(0)
母の墓前へ
b0062963_8171453.jpg
 旅もいよいよ最後。キャプテン・クックの生誕地ヨークシャーにやって来た。ハワイで非業の死を遂げたクックの遺体は故国に戻ることはなかった。グレート・アイトンには母の墓が残っているという。クックが殺された時、すでに両親はいなかったが、死してもなお我が子の悲運は受け入れられるものではなかっただろう。クックの足跡をたどってきたわたしは墓前に参ることがせめてもの供養だと思った。
ライカ・エクスプローラー高橋大輔のページ
by born_to_explore | 2011-02-28 08:17 | ライカ・エクスプローラー | Comments(0)
フラを習う少女たち
b0062963_1614169.jpg

カウアイ島にて
ライカ・エクスプローラー高橋大輔のページ
by born_to_explore | 2011-02-18 16:03 | ライカ・エクスプローラー | Comments(0)
伝説から読み解くハワイの古代遺跡
b0062963_1715045.jpg


ハワイのカウアイ島に来た。さっそく向かったのは東部に位置するワイルアだ。遺跡があちこちに点在し、古代ポリネシア人が太平洋を越えてタヒチなどからたどり着いた場所だと考えられている。伝説によればハオウラと呼ばれる聖地(写真)は罪を犯した者をかくまってくれる場所だった。ここにやって来れば、たとえ王といえども手出しができなかったという。大きな石が転がっているだけの場所だが、これは偉大な人類の遺跡のひとつだと思った。
ライカ・エクスプローラー高橋大輔のページ
by born_to_explore | 2011-02-17 16:56 | ライカ・エクスプローラー | Comments(0)
日曜日の午後
b0062963_17533989.jpg

ニュージーランドの滞在もまもなく終わり。北島の小さな町ギズボーンではパステルブルーの海に魅了された。日曜の午後、撮影を終えてモーテルに戻る。差し込むやわらかい光と風を楽しみながら、地元のビール、スタインラガーを飲んだ。日本のビールの宣伝文句ではないけれど、「男は黙ってスタインラガー」そんなコピーが似合いそうな飾らない味とキレ。気に入った。
ライカ・エクスプローラー高橋大輔のページ
b0062963_1833988.jpg

by born_to_explore | 2011-02-13 18:05 | ライカ・エクスプローラー | Comments(2)
トンガ巨石文化の謎に迫る
b0062963_5114183.jpg

 トンガではどうしても行きたかった場所がある。ハモンガの三石塔と呼ばれる巨石文化遺跡のひとつだ。 高さ約5m、幅およそ6mもある石造物はなぜ造られたのか。今から800年ほど前にさかのぼるといわれる遺跡の謎は今なお神秘のヴェールに包まれている。加えて、それが日本の鳥居を思わせるところにわたしは惹かれた。現地に行けば何かわかるだろうか。
b0062963_5121574.jpg

 三石塔が位置するところから海側に向かって、巨石が立っていた。たくさんのいたずら書きが目について、近年保護されるまで、あまり重要視されていなかったことがうかがえる。しかしこのスタンディング・ストーンは三石塔よりもずっと古いものではないだろうか。わたしは直感的にそう感じた。日本の神社と鳥居の関係を当てはめると、合理的に説明がつくようにも思う。三石塔の向こう(集落がある陸側)は俗界、門をくぐり抜けたスタンディング・ストーンがある場所(海側)は聖地。人はその境界に三石塔を建てたのかもしれない。
 スタンディング・ストーンのある場所から海は密林におおわれていて見えない。しかし一本の細い道が通じていた。迷わず踏み込んでみることにする。顔や手に何度も蜘蛛の巣がかかり、倒木で払いながら進む。突然、風が強くなり、ヤシの葉をざわつかせ始めた。
b0062963_5122440.jpg

 わたしは急いで茂みの中を進んだ。やがて海に出て不思議な形をした岩場に行き着いた。まるで海へと通じる入り口のようだ。人々がなぜこの場所を特別に感じたのか。その理由を知るような思いがした。写真を撮り始めると、大粒の雨が振り出した。わたしは密林に駆け込んだ。三石塔に戻る頃、雨はぱたりとやんだ。
ライカ・エクスプローラー高橋大輔のページ
by born_to_explore | 2011-02-10 05:20 | ライカ・エクスプローラー | Comments(2)
ライカの旅は続く
トラベルジャーナリストの寺田直子さんのブログハッピー・トラベルデイズで、ライカ・エクスプローラーのことを紹介していただいた。

寺田さんは「商品を売るのではなく、冒険心や旅心を喚起させるスピリッツを養う」と、今回のプロジェクトのことを評しているが、わたしもまったく同感だ。

日本語の「探検」の語感とはちがって、欧米の「エクスプローラー」はもっと自由で遊び心に満ちている。わたしが憧れ、求めている境地はもちろん後者の方である。

サイクロンの直撃により、グレートバリアリーフへ行く夢は叶わなかった。しかし実際にサイクロンを体験し、得がたい旅の果実を手にした。明日は次なる目的地トンガへと向かう。

ライカ・エクスプローラー高橋大輔のページ
by born_to_explore | 2011-02-05 07:06 | ライカ・エクスプローラー | Comments(2)