物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:探検の7つ道具( 9 )
救命工具
b0062963_18251851.jpg

『命を救った道具たち』(アスペクト)がついに台湾上陸!
中国語(繁字体)版のタイトルは『救命工具』。
その言葉の響きには緊急脱出用の車の窓ガラスを割るハンマーみたいな感じがある。
by born_to_explore | 2014-10-28 18:35 | 探検の7つ道具 | Comments(0)
探求のためのバッグパック
b0062963_16593159.png


探究の旅。
フィールドに出て、何かを探し出そうという人のために、新しいバックパックが誕生した。MILLET(ミレー)のREQUIN(ルカン)だ。
パソコンやカメラ、GPS、コンパス、水筒、三脚といった様々な道具を効率よく収納できるようにデザインされている。そればかりか、道具を瞬時に取り出せるアクセスのよさまで、徹底的に考え抜かれている。これまでのバックパックはただ上から詰め込むスタイルのものが多かった。道具を持つだけではなく、フィールドで次々と出し入れし、ガンガン使いたい人におすすめのバックパックだ。

ルカンの発売に併せて野口健さんといっしょにマーケティングのお手伝いをさせていただくことになった。
わたしは今年1月の対馬(長崎県)でいち早くルカンを体験。35リットルのバッグを使用し、1週間の現地調査もストレスなく効率的にこなせた。
REQUINのページでその時の旅のビデオが公開されたのでぜひご覧ください。
MILLET のページ (こちらをクリック)
MILLET REQUINのページ (こちらをクリック)
by born_to_explore | 2014-02-26 17:39 | 探検の7つ道具 | Comments(0)
傘にこだわる
b0062963_9151987.jpg

 コレクターというわけではないが、傘にはこだわりがある。旅に出るときは折りたたみ傘を欠かさず持っていく。現在の御三家は写真の3本。柄の底部に方位磁針がついたオレンジの傘を筆頭に、LEDライト付きのもの、そして微小、軽量のシマウマ傘。携帯用の傘にもうプラスワンの機能をつけているところが単なる傘を唯一無二の存在にしている。雨が降りそうな時以外はどうしてもシマウマ傘に手がのびる。ズボンのポケットに入れて歩いても全く気にならないからだ。
 世の中にはないが今欲しいと思っているのは、カメラの三脚(一脚でも)+LEDライト+折りたたみ傘、できれば登山用ステッキとしても使えるぐらい丈夫で軽量なチタン製がいい。
 雨の日以外でも持ち歩く理由があれば、傘ともっとうまくつきあえると思う。
by born_to_explore | 2011-10-18 09:37 | 探検の7つ道具 | Comments(0)
世界一周のための手帳
b0062963_10261726.jpg
been there done that.(行ったことある やったことある)なんとも妙な名前の手帳だが、これがなかなかのスグレモノだ。世界遺産リストから世界の七不思議、各国の空港コード、飛行機のタイプ(機材)、世界の美術館などが網羅されている。データベースとしても便利だが、ユニークなのは自分が足を運んだところにチェックを入れたり、旅の計画を立てられるようになっていることだ。アフリカ、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリア、南極と全世界をカバーしているので、まさに世界一周の旅にはうってつけだ。黒と赤があるが、わたしは迷わず赤を選んだ。(現在、丸善で先行発売中)
by born_to_explore | 2010-11-12 10:28 | 探検の7つ道具 | Comments(0)
ライブラリー
b0062963_12121071.jpg
 英国で会ったある人は、自分の書斎のことを”My librarey”と呼んでいた。次に会ったときにその人の図書室に招待されて行ってみたら、本はほとんどなくて、工具や地球儀、古びたカメラ、使い込まれたナップザックなどが置かれていた。別に本がたくさんなくてもいいわけだ。
 そこでわたしも書斎のことをライブラリーと呼ぶようになった。壁にはクロコダイルハットやピス・ヘルメット(探検帽)、それに果物などを採集するための小出しがかかっている。これらを眺めながら、本の頁を繰るというのも、なかなかいい。
by born_to_explore | 2010-11-08 12:13 | 探検の7つ道具 | Comments(2)
カメラが海没
b0062963_19274858.jpg
鳥島から離島の際、ゾディアック(エンジン付きゴムボート)で、本船のヨットに乗り込んだ。ところがゾディアックに空気が十分に入っておらず、おまけに大きなうねりで海水をかぶり、びしょぬれになった。厳重な防水対策を施していたはずのカメラバックに海水がしみ込み、水没してしまった。カメラは作動せず、液晶内部にも塩がたまった。ああ。。。盥の水(水道水)で塩抜きをする。買ったばかりの高級機をなんとか救出しようとするが、だめかもしれない。
by born_to_explore | 2010-06-21 19:34 | 探検の7つ道具 | Comments(4)
ROBINSON DIARY

b0062963_1038367.jpg
 旅するわたしは手帳とともに歩む。実在したロビンソン・クルーソーを追跡した時の手帳は愛着を込めて「ロビンソン・ダイアリー」と呼んでいる。無人島に漂流した男の生活を体当たり的に探ったときのメモには、島の地図、釣りの覚え書き、時々の感情、誰かの連絡先、GPSのデータ、あるいは探り当てた住居跡や失われた古道などのことが記されている。手帳の表紙にはナショナル ジオグラフィック協会のビジター・パスが貼られている。探検の報告のために協会を訪れた際、受付で渡されたものだ。セキュリティを通過するとき、ポケットから手帳を取り出して見せると、編集部への入室が許された。
b0062963_10382316.jpg

by born_to_explore | 2010-05-04 10:45 | 探検の7つ道具 | Comments(0)
ワイルドな旅にはショルダーバックだ!
b0062963_11553366.jpg
意識していようが、いまいが、旅の始まりにバックがある。
どこに行くかで、何を入れるかが決まる。
あるいは何を入れたかで、どこに行くかが決まる。
それだけ大切なバックなのだが、自分が使いたいもの、欲しいものとなるとなかなか売っていない。売っていないものは自分で作ればいい。

機能性や耐久性などにもこだわり抜いて、試行錯誤の末にこんなバックができあがった。タテ型の軍用ショルダーをベースに、漁具店で買った漁網と獣の皮をアレンジした。

何よりも大切なのが、ぱっと見たときのひらめき。
使いやすく、より強靭に。もちろん上質さも。
これならどこまででも行ける。そんなインスピレーションが旅の始まりをワイルドに演出する。

探検用ショルダーバック ”safari by dt” ついに完成!
by born_to_explore | 2010-03-23 11:59 | 探検の7つ道具 | Comments(0)
夢の方角
b0062963_10321372.jpg少年時代に使っていた方位磁針をたまに手に取る。
ポケットに入れて旅立てば、どこまでも行けるだろうと憧れた頃。
それでもこの方位磁針とは旅をしたことがない。
いつかきっと、世界の最果てまで行こう。
針は夢の方角を指している。
by born_to_explore | 2009-03-31 10:34 | 探検の7つ道具 | Comments(2)