物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:サンタクロース( 37 )
「12月25日の怪物」文庫化
サンタクロースの正体を追って世界を旅したノンフィクション「12月25日の怪物」が文庫化される。本書は刊行後、新聞書評ばかりか、NHK総合の「朝イチ」でも紹介され、ラジオのドキュメント番組にもなった。クリスマスやサンタクロースの本が多数ある中で注目されるのは、実際に現地を歩いて書いたものだからだろう。わたしが読みたいものを書いたという本だ。
草思社文庫 12/3発売予定。
b0062963_12301753.jpg


by born_to_explore | 2016-11-26 10:56 | サンタクロース | Comments(0)
ホンキの冬
拙著「12月25日の怪物」の本文一部が、中学1年生向けの国語のワークになった。クリスマスを前に、サンタクロースの正体を考えてみてほしい。「ホンキの冬」(新学社)
b0062963_10310404.jpg

by born_to_explore | 2016-11-16 10:26 | サンタクロース | Comments(0)
一瞬、餅が光輝いた

 秋田に戻り、男鹿半島へ。真山神社で開催中(最終日)のなまはげ柴灯(せど)まつりに出かけた。なまはげは松明を手にウオッーと雄叫びをあげながら山から下りてくる。その恐ろしい姿は居合わせる大勢の人の目を釘付けにする。怖いもの見たさ、神々しいものへの畏怖、あるいは今年一年の多幸を願う純粋な祈り、それらが心の中で交差する。柴灯とは全ての煩悩を焼き焦がす火。祭りではその火で丸い大餅を焼き、黒焦げとなった護摩餅を、山へ帰っていくなまはげに献上する。ところがそれにはたいへんな神力が宿っていて、神の使いであるなまはげといえども簡単に手にすることができない。わたしは神官の前で右往左往するなまはげの様子をカメラのファインダー越しに追った。そしてついに餅に手をかけた瞬間、シャッターを切った。
b0062963_13392233.jpg

すると不思議なことが起こった。なまはげが持ち上げると、護摩餅が光を放ったのだ。神秘的なその光景に思わずわたしは息を呑んだ。後でよく考えてみれば、それは同時に反対側でたかれた他のカメラのフラッシュが劇的に作用したものだった。しかしわたしには餅が光ったとしか見えなかった。いや、はやり餅は光ったのだろう。参拝者にも振舞われる護摩餅を食べ、災難除去を祈った。
by born_to_explore | 2007-02-12 13:41 | サンタクロース | Comments(2)
狂乱怒濤の一夜は終わった
b0062963_15165289.jpg
狂乱怒涛の一夜は終わった。
クランプスたちは去り、世界はまた平和を取り戻した。

早朝、電車に乗って、バード・ミッテンドルフを去る。
全てをすっぽりと覆い尽くしていた濃い霧も晴れ、やがて青空と太陽が戻ってきた。
車窓にはヨーロッパ・アルプスの雄大な山並みが展開する。
まるで異界へと紛れ込んだかのような祭体験は、もはやあの山の向こうのこと。そしていつしか、その山も遠ざかっていく。旅の興奮と感動さえ包み込むような劇的なフィナーレだった。

ヨーロッパから、一路、日本を経由して今度は南洋のオーストラリア。
めざすは灼熱の中央砂漠。
by born_to_explore | 2006-12-11 15:17 | サンタクロース | Comments(3)
恐怖の瞬間
逃げるべきか、それとももっと近づいていくべきか。
そんな戸惑いもつかの間、気がつけば、事態は最悪の方向へ。
周囲を見回していたクランプスが、今度は物凄い勢いでわたしに向って突進を始めたではないか!わたしは慌ててシャッターを切り、逃げようとした。ブレた写真はその時の背筋が凍りそうな一瞬をとらえたものだ。しかしこの数秒後、わたしは鬼につかまってしまう。そして足のふくらはぎに枝鞭をしたたか受けた。
痛い!しかし叩かれることには祈りが込められている。来年の健康や幸運が。

オーストリアでの一夜は忘れがたいものとなった。
聖ニコラスはサンタ・クロースの原型だが、その祭は複雑にヨーロッパに太古から伝えられてきた習俗と合体している。そしてそれは確かに日本のナマハゲともかぶさっている、そう痛感した一夜でもあった。
b0062963_18101761.jpg

by born_to_explore | 2006-12-10 18:11 | サンタクロース | Comments(2)
逃げ惑うのは大人たち
闇から姿を現したのはおよそ六十人ものクランプス。
野獣の毛皮、恐ろしい顔、するどい角、手には白樺の枝鞭を持った鬼だ。
「鬼は悪い子供を鞭打つためにやってくる」
そう思っていたわたしは少々浅はかだった。
クランプスは大人も容赦しない。
人々は恐怖におののき、逃げ惑う。
わたしは暗がりでカメラのシャッターを切った。
一瞬、フラッシュの光に照らし出された女性の恐怖が浮かび上がった。
b0062963_1922647.jpg

by born_to_explore | 2006-12-09 19:03 | サンタクロース | Comments(3)
唸り声とともに魔の一夜が
b0062963_2313324.jpg

深い霧につつまれた闇の中から、不気味なうなり声が響き渡る。
頭にはえた二本の角が、わずかな町の光の中に浮かび上がる。
ついに鬼がやって来た。
聖ニコラスが去った後、街は鬼に支配される。
住民に逃げ場はない。わたしもカメラを持って、近づいていく。
by born_to_explore | 2006-12-08 23:02 | サンタクロース | Comments(6)
聖ニコラス到着
b0062963_0365276.jpg
先導のシャーブに率いられるように聖ニコラスが到着。
携えている黒い本には過去一年間の子供たちの行状がもれなく書かれている。そしていい子にはお菓子が、悪い子には悪魔からのムチが与えられる。彼はまたさまざまな従者をしたがえてやってくる。写真は天使とバーテルという名前の従者。バーテルは子供にお菓子をわたす役目、善者だ。聖ニコラスは子供に「いい子」であるようにと説教をし、お菓子を渡し去っていく。そしてこれら善者のあとに、鬼が大挙してやってくるのだ。
by born_to_explore | 2006-12-08 00:39 | サンタクロース | Comments(5)
聖ニコラスの夜が来た
b0062963_22485439.jpg
聖ニコラス祭の前夜、バード・ミッテンドルフは深い霧に包まれた。
ここでは午後四時にはもう夜の帳がおりてしまう。
午後五時、街の静けさをするどいムチの音が破り、麦わらに身を包んだなにやら怪しげな一団が街に到着した。シャーブと呼ばれる異界の者が、聖ニコラスの到着を伝え、また地面を鞭打ちながら道を清める。そしていよいよ、年に一度の祭りの夜が始まるのだ。
(今日から数回にわけて、怒涛の一夜をレポートします)
by born_to_explore | 2006-12-06 22:50 | サンタクロース | Comments(3)
(イリジウム通信)いきなりナマハゲ人形!
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、オーストリアのアルプス山中、バード・ミッテンドルフから宇宙経由で送信しています)

バード・ミッテンドルフは標高800メートル。積雪はないとはいえ、朝晩は結構冷え込む。

聖ニコラスの祭(前夜祭)が明日に迫った。今日は地元の博物館を訪れて、フランツ・ストリック氏に祭りのことや歴史、民俗などについて話を伺った。彼はドイツ語しか話さないので、ジェラルディンさんが通訳をしてくれることになった。この祭りは登場人物が多彩なため、全体像を把握するのが少々大変だが、最大の特徴は鬼である。

b0062963_0493897.jpgその鬼の話をしていたら、ストリック氏は博物館に大切におさめられている人形を取り出してきた。よく見ると秋田のナマハゲ人形!なぜここにナマハゲ人形があるのか?さっそく尋ねると今から十年前にこの街から秋田県へ出かけて、ナマハゲと交流をしたことがあり、その時の記念であるという。ここの祭りはナマハゲによく似ているという。どうしてそんなことが起こったのか?偶然か、必然か、広大なユーラシア大陸の西と東に残る互いによく似た祭り。
ナマハゲも恐いが、ここの鬼も相当恐いらしい。他の場所では「気をつけて」と声をかけられた。一体どんな夜が待っているのか・・・。
by born_to_explore | 2006-12-05 00:57 | サンタクロース | Comments(3)