物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

カテゴリ:宝島( 14 )
そして宝の行方は・・・

b0062963_1672239.jpgキャプテン・キッドの実話にもインスピレーションを受けて書かれたスティーブンソンの『宝島』だが、宝のありかについてはこんな風に書かれている。

「北北東より1ポイント北に位して、遠眼鏡の肩、高い木。 
髑髏島東南東微東。 
十フィート。」
(『宝島』スティーヴンソン 新潮文庫)

暗号化されているので、これだけでは何のことやらわからないが、小説を読むと宝は島の内陸、高い木の根元に埋められていたことがわかる。キャプテン・キッドが実際に宝を埋めた場所も内陸の林の中。キッドもやはり特徴ある木を目印にしていたはずである。そんなところにもフィクションとノンフィクションのつながりを見つけることができる。

ちなみに小説とは異なり、キャプテン・キッドの宝は回収後、ロンドン郊外のグリニッジ(経度0度、世界標準時間線が通ることで知られる)で病院建設のために使われたという。海賊の宝で公共施設が建てられた、しかも海賊行為とは対極の病院が!やはり事実は小説よりも奇なり!宝島のバックグラウンドを追いかけ、今後も調査を進めます。

(写真は再びスティ-ブンソン『宝島』の初版本、宝島の地図より)
by born_to_explore | 2006-05-18 16:10 | 宝島 | Comments(4)
埋められた宝の位置
キャプテン・キッドは一体どんなところに宝を埋めたのか?
ガーディナー島をグーグル・アースで訪れると、宝が埋められたその位置に"Captain Kidd Hollow"(キャプテン・キッドの穴)と地名がつけられていた。島の全体図を見ると、赤い印の部分がそこ。
b0062963_1641123.jpg

島のオーナーであったガーディナー氏の邸宅は島の中央部に見えるので、海賊は宝の隠し場所を邸宅からはだいぶ離れたところに選んだのだ。さらに接近するとその場所がよく見える。
b0062963_16422050.jpg

宝は海岸近くではなく、内陸、林の中に埋められていたことがわかる。宝が隠されたポイント周辺には現在では道が縦横に通り、これまでたくさんの人がここを訪れたということをうかがわせる。何よりも目立つのが穴の近くの植林が伐採されて砂地となっている点。もしかしたらキャプテン・キッドのさらなる宝を探してここでかつて発掘が行なわれたのかもしれない。ただしキャプテン・キッドの宝が新たに発見されたという公式な発表はない。

写真は全てグーグル・アースより
グーグル・アースのページ(こちらをクリック!)
by born_to_explore | 2006-05-17 16:44 | 宝島 | Comments(4)
宇宙からの視点
b0062963_15133716.jpg

キャプテン・キッドはどんなところに宝を埋めたのか?
実際にガーディナーズ島へ渡っていくことが難しくても、グーグル・アースにアクセスしてみたら、何とそこにはキャプテン・キッドが宝を隠したポイントまで示されていて驚いた。これまでにも衛星画像はいろいろと出回っていたけれど、まさか海賊が宝を隠した場所までわかるとはこれは本当に凄いサイトだ!地球上の様子を宇宙からの衛星画像で手軽に眺められるツールとして話題になっているグーグル・アースだが、探検のためのツールとしても十二分にその効果を期待できる。グーグル・アースがまだの人は無料ダウンロードが下記サイトから可能です。写真はグーグル・アースでキャッチしたガーディナーズ島。真上からだけではなく、水平にも眺めることができる。そのまま上空から接近していったら、Captain Kidd Hollow、つまり「キャプテン・キッドの穴」という宝の隠し場所(画像の赤線部分)が見えてきた。次回はこのグーグル・アースを使って、しばし実在の宝島を探検してみることにしよう。

グーグル・アースのページ(こちらをクリック!)
by born_to_explore | 2006-05-16 15:15 | 宝島 | Comments(4)
訪問謝絶。。。
 ガーディナーズ島からきた返事。島のオーナーXXXX氏の代理人YYYY氏からのメッセージ(プライバシー保護の観点から特定の個人名はXとYとしました)によれば、残念ながらわたしの訪問の希望は受け入れられてはもらえなかった。探検家としてのわたしの島への興味、真摯な歴史調査への姿勢を尊重しつつも、島は一個人の家であり、数年来訪問を希望してきた親戚や友人たちへの対応でまずは手一杯だとのこと。

(以下原文)

Dear Mr. Takahashi

Mr. XXXX has asked that I respond to your recent letter. He appreciates your interest in Gardiner’s Island and your serious historical purpose. As you may know the XXXX’s use the Island as a home. The Island has been under the sole control of the XXXX’s for less than two years. Facilities there are limited. They have many friends and relatives who over the years have expressed interest in seeing the Island. For the present the XXXX's are restricting visits to certain of these friends and relatives. Thus, it will not be possible at this time to invite you to visit.

Sincerely yours,

YYYY

 探検には様々な障害がつきもので、ひとつのことをなすのに何年もかかる。とくにこのような許可取りは準備段階では一番難しい。今後また時間をかけてアプローチしたい。とはいえ、キャプテン・キッドについてはこれまで多くの人が調査をしてきたし、埋められた宝も十八世紀に回収されてしまっているのでそこで新たな発見は望み薄だろう。わたしが興味を抱いたのは、宝そのものの発掘ではなく、海賊の宝は一体いかなる場所に隠されたのか、その現場はどんなところなのか、という点にある。そしてキャプテン・キッドの宝島がスティーブンソンの小説のモデルだとするならば、何らかリンクするところがあるのか、ないのか・・・。
 ところが必要は発明の母。そんなわたしの望みをかなえるもうひとつの方法があったのである。
by born_to_explore | 2006-05-15 16:55 | 宝島 | Comments(5)
宝島に手紙を出す
b0062963_1427237.gif

 海賊キャプテン・キッドが宝を埋めたのはガーディナーズ島。現在アメリカのニューヨーク、ロング・アイランド沖にある小さな島だ。ところがこの島について調べていくと、少々厄介な事情があることを知った。島は個人により所有されているため、簡単に出かけていくことができないという。

 島の所有者はその名もガーディナー氏。初代のガーディナー氏はアメリカ・インディアンからマスケット銃一丁などわずかな物品と交換で島を手に入れたという驚くべき歴史がある。そしてもともとここにキャプテン・キッドが宝を埋めたのも、当時ガーディナー氏と親交があったためという事情があるのだ。島は一般の人の立ち入りを拒み、これまでもごく一部の財界人やセレブなどがコネを利用して招待を受けるという形で訪問している。そこでわたしも所有者であるガーディナー氏を探し出そうとした。ところが残念なことにガーディナー氏は数年前に他界していたのである。さらにややこしいことにその相続をめぐるいろいろな憶測も飛び交い、しばらくの間コンタクトなど取れる情況ではなかった。

 その後わたしは、ようやく彼の親戚がその所有権を得たという情報を得、ダメモトでもいいからその人に手紙を書いてみることにした。キャプテン・キッドは一体どんなところに宝を埋めたのか、一目でいいから見てみたかったからである。すると程なく、わたしの手紙に対する返事がきたのだ。それによれば・・・。
by born_to_explore | 2006-05-14 14:29 | 宝島 | Comments(4)
宝を埋めた海賊キッド
b0062963_151539.jpg荒くれ者が次々と登場する海賊の歴史。その中でもキャプテン・ウィリアム・キッド(ウィキペディアを参照してください)は特に人気が高い。宝を隠し、海賊裁判でそのありかを白状し、現実に宝が回収された。その後、キッドはロンドンを流れるテムズ川のワッピングで絞首刑となった。その生涯はわれわれが思い描く海賊像そのままである。キャプテン・キッドが縛り首となったロンドンのワッピングには現在、キッドの名を冠したパブがある。ここを訪れたのは2004年。いまから2年前のこと。キッドに思いを馳せながら、ビールをパイントグラスで一杯やった。このキッドが実際に宝を隠したのはガーディナーズ島。キッドがどんな人物なのかをざっとみたわれわれは今度はそのガーディナー島へと興味の矛先を向けるとしよう。
by born_to_explore | 2006-05-13 15:03 | 宝島 | Comments(0)
宝はここに埋めた
b0062963_0413067.jpg宝島の地図。赤く記されたのは埋められた宝の位置。ご存知スティーブンソンの名作『宝島』を読み返した。しかし歴史上、海賊が宝を埋めたという事実はほとんどない。互いに奪い合いはしても、彼らは貯金のような真似事はしない。一攫千金を手にすると、それを湯水のように使った。しかし例外もあった。のっぴきならない情況に陥った実在の海賊のひとり、キャプテン・キッド(1645?-1701)は持っていた金を、とある島に埋めたのである。その史実がスティーブンソンの『宝島』のバックグラウンドにある。ではキャプテン・キッドは一体いかなる場所にそれを埋めたのだろうか?そんな疑問をもとに、しばし追跡を試みたい。(写真はスティーブンソン『宝島』より。その初版本におさめられた宝島の地図(拡大))
by born_to_explore | 2006-05-13 00:42 | 宝島 | Comments(0)
(イリジウム通信)ヨットで漕ぎ出す
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、カリブ海の英領ヴァージン諸島から宇宙経由で送信しています)

昨日でかけた英領ヴァージン諸島の死の箱島、その近くにある無人島ノーマン島へ今日はヨットで漕ぎ出した。
b0062963_10312737.jpg
そこでは海に面した絶壁に洞窟がぽっかりと口を開けており、何と1910年にはそこから海賊の宝が発見されたということである。そのバックグラウンドからスティーブンソンの『宝島』のモデルとなった島ではないかと言われている。
島に着くと洞窟まではヨットから海に飛び込み、泳いで洞窟まで行く。日ごろ鍛えたバタフライで豪快に行くか、さもなくば優雅に背泳ぎかと迷うまもなく、そこは世界でも有数のシュノーケリングのベストポイントとのことで、足フィンと水中マスク、シュノーケルをつけてさっそく海に飛び込んだ。澄み切った海と群れなす熱帯魚、そんな魅惑の水中散歩と、伝説の洞窟への探検、二つを同時に体験するのは初めてだったが、コレゾ究極、男のロマンだ!
by born_to_explore | 2006-02-04 10:40 | 宝島 | Comments(0)
(イリジウム通信)英領ヴァージン諸島の「死の箱島」
(このメッセージは衛星携帯電話イリジウムにより、カリブ海の英領ヴァージン諸島から宇宙経由で送信しています)
b0062963_10573584.jpg
プエルトリコから英領ヴァージン諸島までは飛行機で45分。
多くの無人島からなる英領ヴァージン諸島にはユニークな名前の島が多い。ソルト(塩)島、ジンジャー(生姜)島、ブロークン・エルサレム(崩壊したエルサレム)島・・・死の箱島もその一つ。やはり棺おけに似た形だったからそう名前がついたものと思われるが、この死の箱、
つまり”DEAD CHEST”島こそ、スティーブンソンが『宝島』執筆のインスピレーションを得た島であった。
島を前にわたしも、ヨー・ホー・ホーとラムをグッと飲んだ。ここが名作『宝島』のフィクションとノン・フィクションの現場である。
by born_to_explore | 2006-02-01 11:02 | 宝島 | Comments(6)
海賊の洞窟を探検する
b0062963_10444083.jpg死人の箱島は鬱蒼たるジャングルにすっぽりと包まれているが、ジャングルはジャングルでもそこはサボテンのジャングルで、洞窟を目指す途中、スルドイ棘がわたしの足の腿に突き刺さった。まるでチクリと筋肉注射されたみたいで、しばらく痛みが残った。サボテンの棘に悩まされながら、這うように進んでいくと、やがて地面にぽっかりと穴をあけた洞窟に行き着いた。上からのぞきこむと10メートルもの深さ。われわれは用意していたロープをたらして、慎重に洞窟へと下りていった。

石灰岩の洞窟におりると、そこは巨大なホールになっていて、奥に支道が続いていた。完全な暗闇の中を懐中電灯の明かりを頼りに進む。もちろんここは未踏の洞窟ではない。記録によれば1991年にアメリカのボースカウトが洞窟内を探検した際、19世紀のスペインの銀貨を発見した。海賊がここに宝を埋めたという伝説は、実際に発見された銀貨の発見により、さらに興味深いものとなった。われわれも奥へと入り込んだ。支道は枝分かれしてまるで地下の迷宮そのものだった。残念ながらわれわれの探検では人工物は見つからなかったが、人が壁を削った痕を見た。そこに海賊の足跡を感じつつ、ひさびさに心躍る冒険をしたような痛快な気分をあじわった。そしてやはり地上に出たら、風が気持ちよかった。

小説『宝島』では最後に洞窟の中の宝を見つけて終わるのであるが、実在した死人の箱島にあったこの洞窟、そして海賊伝説。面白くなってきた。さて本物の『宝島』を追跡するわたしの旅、明日は英領ヴァージン諸島へと向う。
by born_to_explore | 2006-01-30 10:49 | 宝島 | Comments(2)