物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
XML | ATOM

skin by exblog

もし大使に手紙を書くことになったら・・・
先日東京に出かけて、新年会で数人の各国大使と歓談の機会を得た。
さっそくお礼の手紙をしたためる。

大使に手紙を書くというのは普段砂漠やら、ジャングル、無人島を駆け巡っている探検家にとっては特殊なことだが、その封筒の宛名の書き方からして特別なことで、ビシッと背筋が伸びるような緊張感がある。

大使宛て書簡の正式(フォーマル)な宛名書きは以下の通り。

もともと大使というのは略称で、正式には「特命全権大使」という。
宛名には「様」はつけず、「閣下」とする。

つまり大使宛の書簡は住所に続いて、

○○○国大使館
特命全権大使
★★★閣下

となる。このルールに従って、数名の閣下に手紙をお送りしたのであった。
by born_to_explore | 2007-02-01 19:53 | 探検家の日記 | Comments(4)
Commented at 2007-02-01 22:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by born_to_explore at 2007-02-02 10:42
Horoさま
進路と探検家についてのご質問。
探検はとても時間がかかるものだと思います。体力だけではなく、探求しようとする知識が求められるからです。そのためには日々の運動、そして様々な分野への興味関心と勉強が大切です。探検家となるために理想的な大学や学科というのはありません。自分が好きな分野を勉強していけば、自ずと探検へとつながってくるものと思います。自分が好きなことが何かわかっていれば、今はそれで上々だと思います。一歩を踏み出せば、そこに道ができます。案ずるまま一歩を踏み出さなければ、道はできません。踏み出す一歩とその方向はあくまでも自分の「好き」に従えばいいと思います。
Commented by zennari at 2007-02-02 23:36 x
へぇ~はじめて知りました。多分書くことはないと思うけど…
ところで自遊人の3月号見ましたよ。楽しそうな雰囲気にうらやましくなりました。
オーストラリアの夜空や朝日や神話の歌を直に感じてみたくなりました。
Commented by born_to_explore at 2007-02-02 23:49
zennariさま さっそく『自遊人』最新号ごらんいただきありがとうございます。ソングラインがまだ存在している、そこがオーストラリアの他にはない魅力だと思うのです。機会があったらぜひ、お出かけください。とても旅しやすい国です。高橋大輔
名前 :
URL :
削除用パスワード