物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

漂着ボトルとナマハゲの関係
b0062963_13513864.jpg


カリフォルニアからの返事が来るまでのあいだ、今回の漂着ボトルについて、もう少し考えを深めてみることにしよう。

ロシア語のメッセージは、どのようにして日本海沿岸の丹後半島(京都府)に漂着したのだろうか?地図を開いてみよう。すると日本海を北から南へと流れる海流の存在に気づく。
リマン海流。極東ロシアからのメッセージ・ボトルを運んできたのはこの海流に違いない。

b0062963_13491363.jpg


そして北からの海流を見ていると、リマン海流によって運ばれてきたのはメッセージ・ボトルだけではないことがわかる。
秋田県男鹿半島のナマハゲ。ナマハゲといえば毎年、大晦日、各家々に「ウォー、ウォー」とうなり声をあげながらやってくる何とも恐ろしい存在。
これまでのところ、その正体はおろか、ルーツさえつきとめられていないが、説のひとつに「漂着ロシア人説」というのがある。
日本海沿岸にロシア人が漂着した、という記録は歴史の中にも何度も見られる。
大きな体躯のその人たちは助けてくれと大声で叫んだが、言葉を解す人は誰もいないまま、その恐ろしげな様子は人びとのトラウマとなり、ナマハゲに転じていった、というものである。
見たところナマハゲは鬼だが、ロシア人との初めての遭遇は鬼との出会いのように人びとに鮮烈な印象を与えた、という。

漂着ロシア人がナマハゲになったというこの説は、にわかには承服しがたいような気もする。
が、しかし今回ロシアから漂着したボトルは、人間の理性さえ越えた1つの現実を確かに突きつけてくるのである。

すべては、リマン海流のなせる業か・・・。

(写真: 秋田県男鹿半島のナマハゲ像。そのルーツはリマン海流に流されてきたロシア人か?)

ナマハゲについて知りたい方はこちらがおすすめ

世界地図→MSN Encarta
by born_to_explore | 2005-06-05 13:57 | 漂着メッセージ・ボトルの追跡 | Comments(0)