物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

ひるはぴ
b0062963_20360908.jpg
NHK東北の昼番組「ひるはぴ」に生出演した。探検の魅力から、東北の不思議スポットまで。案外、謎って身近に転がっている。
11/29(火) 午前11時30分〜

# by born_to_explore | 2016-11-26 12:36 | メディア | Comments(0)
「12月25日の怪物」文庫化
サンタクロースの正体を追って世界を旅したノンフィクション「12月25日の怪物」が文庫化される。本書は刊行後、新聞書評ばかりか、NHK総合の「朝イチ」でも紹介され、ラジオのドキュメント番組にもなった。クリスマスやサンタクロースの本が多数ある中で注目されるのは、実際に現地を歩いて書いたものだからだろう。わたしが読みたいものを書いたという本だ。
草思社文庫 12/3発売予定。
b0062963_12301753.jpg


# by born_to_explore | 2016-11-26 10:56 | サンタクロース | Comments(0)
朝日新聞にコメント
11月20日の朝日新聞「文化の扉」に北東アジアの魅力を語った。北方領土問題を国家レベルだけでなく、地域の視点から眺めると、国境線では一刀両断できない文化や人間のつながりがある。
b0062963_08183840.jpg

# by born_to_explore | 2016-11-20 08:12 | メディア | Comments(0)
ホンキの冬
拙著「12月25日の怪物」の本文一部が、中学1年生向けの国語のワークになった。クリスマスを前に、サンタクロースの正体を考えてみてほしい。「ホンキの冬」(新学社)
b0062963_10310404.jpg

# by born_to_explore | 2016-11-16 10:26 | サンタクロース | Comments(0)
Yahoo! ニュース「舞台は世界」
b0062963_11593451.png


Yahoo! ニュース「舞台は世界」で紹介された。「脱サラ探検家」というと、サラリーマン時代を足蹴にするような印象があるが、わたしはむしろ逆。サラリーマンをしていなければ、探検家にはなれなかった。会社での経験が、探検資金を自分で集めるなどの活動に活きている。気分的には脱サラというよりは、卒サラかな。でも解脱するぐらいの気持ちがないと、フリーになってうまくやっていけない。だから脱サラでもいいのだ。
「舞台は世界×髙橋大輔」記事(こちらをクリック)
# by born_to_explore | 2016-11-16 10:16 | メディア | Comments(0)
探検と現代社会
b0062963_12135477.png

秋田さきがけが主催する政経懇話会で講演をした。テーマは探検と現代社会。地図が完成され、ネット上で情報検索が容易にできる現代において、探検にはどんな意味があるのか。現場に行くこと、検証したことを伝えること。それに尽きるだろう。講演では間宮林蔵が見た風景を写真で紹介した。これなんかはネット検索したってなかなか出てこない。これだけ北方領土問題が熱く語られているのに、現場の写真は少ない。情報が洪水のようにあるネット社会だが、本当に必要とされている情報が流通しているかというと、話は別。探検家が果たす役割はその辺にある。

>さきがけ政経懇話会(こちらをクリック)

好評につき追加講演が決定。2017年1月、横手市です。
# by born_to_explore | 2016-10-26 12:37 | Comments(0)
サハリン島 再び
b0062963_1063296.jpg


「遥かなるサハリン紀行」再放送(実際には再再再再ぐらいか? 隠れた人気番組なんです)が決まった。
2014年に撮影されたものだが、サハリン島の風景は2年たっても変わっていないんじゃないかと思う。200年前の間宮林蔵が見た風景さえ、残っているのではないかと思えたぐらいだ。
北方領土問題に進展の兆しが出てきた今こそ、極東の魅力を語りたい。そこは豊饒な北の大地だ。神話や民俗にあふれ、何より手つかずの自然がまだ残る土地。未来に残したい自然遺産でもある。ぜひご覧下さい。

「遥かなるサハリン紀行」
BS-TBS
2016年10月28日(金)19:00〜
出演 中村雅俊 高橋大輔
# by born_to_explore | 2016-10-25 10:14 | メディア | Comments(0)
MISSION 命がけの現場
江戸時代に命がけで崖に道を通した男がいた。その現場を求めて秋田県横手市増田町を訪れた。坂を登るとそこにはーー。

朝日新聞 東北勝手に世界遺産(こちらをクリック)
# by born_to_explore | 2016-10-23 06:33 | メディア | Comments(0)
現場論
b0062963_692382.jpg


『漂流の島』のレビュー。「新潮45」(7月号)に鈴木裕也氏の書評「わずかな可能性を追い続けて謎を解明する執念の旅」が掲載されていた。本書はこれまで様々な方にお読みいただき、書評を書いていただいた。鈴木氏のような「現場論」のような視点は初めてだ。探検は現場あってのものだし、どれだけ対象にこだわり、迫れるかで違ってくる。ライターの鈴木氏は何よりもそのことを知っているのだと感じた。評者というよりも、同じ立場の挑戦者からいただいたエールのようでうれしかった。ありがとうございます!
# by born_to_explore | 2016-10-23 06:26 | メディア | Comments(0)
講演会のお知らせ
 浦島伝承地のひとつ、愛知県知多郡武豊町で講演会をします。武豊町に取材で訪れたのは2003年12月。古くから浦島太郎伝説が伝わっているだけでなく、知里付神社には「開けずの箱」なども残っていて興味深い。取材の成果は拙著『浦島太郎はどこへ行ったのか』をお読みいただくとして、講演では武豊町に取材に行かなければたどり着けなかった、浦島のヒミツを話してみたい。講演タイトルは「探検の魅力」。時には危険な目に遭い、変な食べ物さえ出てくる旅のどこがおもしろいのかーー。自分はイヤだけど、話なら聞いてみたいという方、お近くにお住まいの方はぜひご参加下さい。要予約です。

b0062963_14285548.png


武豊町立図書館(こちらをクリック)
# by born_to_explore | 2016-10-08 14:31 | 浦島太郎プロジェクト | Comments(0)