物語を旅する

あの有名な物語は、本当に実在したのか?
独自の視点から様々な物語を旅する探検家、
高橋大輔のリアルタイム探検日記。
プロフィール
「物語を旅する」をテーマに世界各地、日本全国に伝わる神話、伝説、昔話などの伝承地にフィクションとノン・フィクションの接点を求め旅を重ねている。米国の探検家クラブ(ニューヨーク)と英国の王立地理学協会(ロンドン)のフェロー会員。
1966年 秋田市出身。

 2005年1月ナショナル・ジオグラフィック・ソサエティ(アメリカ ワシントンDC)から支援を受けたロビンソン・クルーソー島国際探検隊でエクスペディション・リーダー(探検隊長)を務め、実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見した。(雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』2005年10月号掲載)

2011年1月〜2月 ライカ・カメラAG(ドイツ)が主催するライカ・エクスプローラーに世界から選ばれた10人のひとりとして参加。キャプテン・ジェームズ・クックの足跡をたどって太平洋の旅に出た。


e-book
文豪たちの足跡を追う世界探検記 KUBOTA GROBAL JOURNEY

フォトエッセイ(「郷」より)
「探検家が見た地球」

著書
『ロビンソン・クルーソーを探して』
(新潮文庫 2002年)

『浦島太郎はどこへ行ったのか』
(新潮社 2005年)

『間宮林蔵・探検家一代』
(中公新書ラクレ 2008年)

『ロビンソンの足あと』
(日経ナショナル ジオグラフィック社 2010年)

『トラベルチップス』
(秋田魁新報社 2012年) 

『12月25日の怪物』
(草思社 2012年)

『命を救った道具たち』
(アスペクト 2013年)

海外で出版された著書

英語版
"In Search of Robinson Crusoe"
(Cooper Square Press, New York 2002)

中国語
"尋找魯濱遜” 
(馬可孛羅 台湾 2002)



なおマスコミ関係者で取材・講演・原稿執筆等に関するお問い合わせ、ご依頼で連絡を取りたい方は下記の電子メールアドレスをご利用ください。
髙橋大輔探検隊 
aplatinumapple@yahoo.co.jp

記事ランキング
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

新刊「漂流の島」
b0062963_16075131.jpeg
日本にもロビンソン・クルーソーみたいな漂流者がいた。江戸時代の船乗りたちだ。流れ着いたのは伊豆の鳥島。無人の火山島で、水は雨水、手に入る食料は貝や魚、アホウドリといった程度。吉村昭「漂流」などの小説になった、それらの体験を現場で追いかけたい。7年の追跡を経て、探検ノンフィクションを書いた。「漂流の島」草思社より発売中。写真は書店から依頼を受けて書いた店頭pop。あれこれ書いたものより、写真で感じてもらいたい。そんな場所です。
『漂流の島』(こちらをクリック)
# by born_to_explore | 2016-05-20 16:05 | メディア | Comments(0)
カツ丼論
b0062963_9552569.jpg

エッセイスト平松洋子さんの新刊「食べる私」(文藝春秋)が届いた。「オール讀物」に掲載されたわたしへのインタビュー記事も収められている。何を食べるか。何気ない日々の食事にも人生が投影されている。わたしが選んだのは、カツ丼。そこにはわたしを世界の果てへ向かわせる秘密が隠されている。旅人よ、カツ丼食うべし。
# by born_to_explore | 2016-04-12 09:56 | メディア | Comments(0)
NHK総合「あさイチ」×『12月25日の怪物』
b0062963_3332557.jpg

NHK総合「あさイチ」の特選! エンタコーナーで、拙著『12月25日の怪物』が紹介されることになりました。書籍ナビゲーターの中江有里さんがクリスマスに合わせてプレゼンテーションしていただけるとのこと。どんな番組になるか楽しみです。
放送 2015年12月18日(金曜日) 朝9時15分〜9時30分(予定)
https://www.nhk.or.jp/asaichi/weekly/index.html
# by born_to_explore | 2015-12-17 03:34 | メディア | Comments(0)
十和田湖で引揚げられた軍機秘話
b0062963_1394685.jpg

飛行場でもないのに、なぜ……。秋田県能代市には風変わりな名前の踏切がある。かつてそこは神風特攻隊が、急降下訓練をおこなった飛行練習場だった! 1943年、そこから1機の練習機が飛び立ったーー。知られざる飛行場に秘められた秘話を追った。
朝日新聞 東北勝手に世界遺産(こちらをクリック)
# by born_to_explore | 2015-11-07 13:12 | メディア | Comments(0)
歴史講座
b0062963_10455525.png

探検の思考と行動で歴史に迫ってみます。マイナーな地域の埋もれた歴史こそ、実は案外スリリング!
# by born_to_explore | 2015-09-10 10:48 | メディア | Comments(2)
おすすめの文具
b0062963_9583614.jpg

1本で8本分の色鉛筆を収納。マルチ8愛用者のわたしに、ぺんてるさんからインタビューのオファーが。。
http://pentel.blog.jp/archives/35215521.html
# by born_to_explore | 2015-07-15 10:01 | メディア | Comments(0)
関西国際空港で写真展(個展)を開催
b0062963_1125817.jpg


関西国際空港のKIXギャラリーで7月20日まで写真展を開催中。
南米ギアナ高地で撮影した探検のシーンの数々をご覧下さい。
b0062963_1058163.jpg

# by born_to_explore | 2015-07-03 11:00 | メディア | Comments(2)
過激な旅へ行こう!
b0062963_8365623.jpg


代わり映えのしない毎日に飽き飽きしてきたなら、旅に出ることだ。日常をしばし離れ、旅という非日常に身を置いてみる。遠い異国まで行かなくても、常識とか固定観念がぐらりと揺り動かされるようなことがある。旅でそんな体験ができたらしめたもの。普段の生活に戻った時、日常を違った角度から見られるようになっているはずだ。
 これまでそんな旅のカルチャーショックは偶発的なものだった。ところがここ数年、あえて非日常を求めるエクストリームトラベラーが出てきたという。「GQ Japan」8月号(2015年6月24日発売)ではそんな新しい旅のスタイルを探している人のために、過激で極端な旅を大特集。わたしも「エクストリームな旅」を語る1人として誌面参加した。そもそも探検は、過激で極端な非日常を求める旅の総本山。探検のおもしろいところは、1人の人間の発想と行動が社会の常識をくつがえしてしまうところ。そこまで構えを大きくしなくても、非日常を求める旅は、旅人の人生をドラマティックかつ、豊かな方向へと導いてくれるはずだ。
http://gqjapan.jp/
# by born_to_explore | 2015-06-24 08:37 | メディア | Comments(0)
BS-TBS「THE歴史列伝」
b0062963_5482919.png

b0062963_5275495.png

BS-TBS「THE歴史列伝」に出演し、北方謙三氏とともに間宮林蔵を語り合った。林蔵の足跡を追い現地を旅してきたわたしと、資料から想像を膨らませ知られざる林蔵像に迫った北方氏。2つの視点を対比しながら観ていただきたい。林蔵を知るというだけではなく、歴史への向き合い方の多様性やおもしろさが発見できるのではないか。放送は2015年6月12日(金)夜10時〜。
# by born_to_explore | 2015-06-09 05:49 | メディア | Comments(0)
GQ 2015年7月号
b0062963_23331861.gif

「GQ」といえば男性ファッション誌の老舗的存在にして、今なお先端的マストアイテム。発売中の7月号にわたしの探検論が掲載された。一見、探検とファッションは水と油ほどの違いがありそうだが、それはたぶん思い過ごし。人生にちょっと探検のスパイスを効かせるだけで、男っぷりが上がってくる。今回は1泊2日の探検を指南。こっそり読んでライバルに差をつけよう。
# by born_to_explore | 2015-05-26 23:33 | メディア | Comments(0)