エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
フランクフルトで見たパッケージデザイン他
ライター渡部のほうです。
クロアチアの帰りに、トランジットついでにフランクフルトに2泊。

前回のタイ旅行で会った日本人のご夫婦(ドイツ滞在歴15年、現在は日本在住)に、3年くらいドイツに行ってないんでパッケージを見てくるという旨を伝えたところ、
「ドイツなんて3年どころか5年どころか、一生パッケージは変わらないわよ」。
確かにある面では全然変わらない(ニベアの缶とか変わらないだろな)。
とはいえ、結構発見もあり。

いつ見ても変わってないAlpecinのヘアケアシリーズ。
b0141474_00575629.jpg
なぜ筒型に横がはみ出したみたいな形になったのか聞いてみたい。

上段、変わらないヘアケアシリーズ。下段、変わりゆくヘアケアシリーズ。
b0141474_00573400.jpg
単純にドイツの男性は保守的、女性は変化を望む、というまとめでいいんだろうか。

懐かしい感のある石鹸箱の形。この石鹸箱があればドイツに銭湯ができても全く問題はない。
b0141474_01084651.jpg

ベビー用シャンプー類。滑り止めにしてはブツブツ多い。
b0141474_00582646.jpg

クロアチアで考えさせられた、トイレットペーパーの袋の中での向き。
b0141474_01082614.jpg
下のものは正面に筒断面型。上のものは正面にロール紙面型。

必ずチェック、スープストックの動物。
マギーはシルエット風。
b0141474_01030047.jpg
クノールは非常に抽象化の進んだ線画。
b0141474_01032555.jpg
世の中のスープストックからリアルな動物がフェードアウト気味。

牛のいない牛乳。ドイツもそうだった。
b0141474_01022801.jpg
b0141474_01064376.jpg
b0141474_01062034.jpg

ちょっといた
b0141474_01070731.jpg

こちらも必ずチェックするようになったもの、マヨネーズ容器。
b0141474_01045731.jpg
クロアチアでその多様さに驚いたが、フランクフルトもガラス瓶、ハードプラスチック(PP)の蓋が下のタイプ、金属チューブが揃う。

缶詰のパッケージ。正々堂々中身を丸見せ。
b0141474_01053039.jpg

型抜きされたスライスチーズ。
b0141474_01054786.jpg
日本にも型抜きの海苔などあり、そしてそれはとても子供が喜ぶらしいのだが、ドイツにもそのような事が起こっており、海苔かチーズか、という違いが日本とドイツの違いではあるが、海苔とチーズを一緒に食べてもおいしいので、どうせなら一緒にしたっていいんじゃないか。

お茶やらハーブティーやらはやたらと種類の多いドイツ。
b0141474_01014694.jpg
緑茶も中近東のチャイも。都市部は多民族ミックス状態なんで、リアルなものに接しているはずなのだが、なんとなく(ほんの少し茶碗の角度が)イメージが違うような。

茶といえば、ヨーロッパでもボトルタイプの緑茶が流行る!と数年前に断言したものの、今回来たら95%が紅茶系で緑茶惨敗。予測不発。
b0141474_01074113.jpg

ドイツ産の梅ワイン「女王」
b0141474_01040520.jpg

インスタントヌードルコーナー。
b0141474_01043202.jpg
昨今ヨーロッパでこのジャンルはマギーがのしてきているが、日清も相変わらず人気。カップヌードルも別の棚に。

スーパーでお寿司は当たり前になってきている。昨今は外側を海苔ではなくアボカドやサーモンで巻いたりするアメリカっぽいお寿司が流行っているよう。
b0141474_01001836.jpg

寿司セットの名前が、Miyu、Mamiko、Misaki、Haruki、Hayato、Hinata、Honoka、Yumi。
b0141474_01095803.jpg
Natsu Foodsというところから出ている。

スーパーマーケットの、自分で充填するコーナーがえらい充実。
b0141474_01010062.jpg
ナッツやらシリアルやらフローズンヨーグルトやらスムージーやら、オイルや酢まで。
b0141474_01012344.jpg

学習ノートの罫線が分かりやすい。
b0141474_01092028.jpg

スーパーマーケット以外で。

お洒落セレクトショップ、Manufactumで。
b0141474_00584122.jpg
多目的糸だと思っていたのだが、編んで鍋敷き(?)にしたりするのは発見。手芸好きの人には常識な事なんでしょうか。

IQOSの広告塔。でかい。
b0141474_00561635.jpg

分かりにくい写真だが、地下鉄のエスカレーター工事中にて、階段との間に柵を設けてあるところ。仮設柵だけど手すりはしっかある。
b0141474_00592435.jpg
こういうのを見るとドイツは抜かりないな、と思うものの、切符の自販機の使い勝手はサイテーなので、世界が誇るドイツの技術の使われどころに疑問はまだある。

ちなみにこちらは煙草の自販機。ハイテクの香りがしない。
b0141474_00564407.jpg
b0141474_00564411.jpg


フランクフルト、以上です。


# by dezagen | 2017-09-01 01:11 | プロダクト・パッケージ
ザグレブで見たパッケージデザイン
ライター渡部のほうです。

クロアチアの首都、ザグレブに行って来ました。
毎度の事ながら、スーパーで見たものを。

どこでも気になる、牛と鶏。
マギーのスープ。鶏の優しそうな顔に比べて、牛が渋い。
b0141474_07021630.jpg

ヨーロッパで展開するスーパーマーケットチェーンSPARの低価格帯プライベートブランドのスープストック。
b0141474_07025486.jpg
鶏の目が死んでいる。

昔からあるクロアチアのスープヌードル。
b0141474_07032838.jpg
全体的に牛への愛情は感じられるものの、鶏に対して関心なさそう。

牛に慈愛がある割には、牛乳のパッケージに牛がほとんど登場しない。
b0141474_07040657.jpg
b0141474_07040727.jpg

クロアチアだけでなく中欧、東欧全般にそんな感じ、と思って、今ドイツのフランクフルトで見たら、ドイツの牛乳もほとんど牛は見つけられず。
牛より、牛乳の注ぎが「いかにも」な記号の様子。

クノールのスープの素。
b0141474_07051172.jpg
普通は斜め横からスプーンが入っているのに、キノコはスプーンがセンター、その上に素材。

マヨネーズ容器。
b0141474_07053665.jpg
ガラス瓶、ハードプラスチック(PP)、金属チューブ、小さいサシェット、とここまで揃っているのは珍しい(日本のソフトポリエチレン容器は世界的に見るとかなりマイナー)。様々な国のブランドがあるので、内戦終結(1995年)とEU加盟(2013年)、と段階は踏んでいると思うが、外資の商品が入ってきたことをうかがわせる。

全般的にクロアチアで残念だったのは、クロアチア産が少ない事。私が見たKONZUM(クロアチア自国のチェーン)、SPAR(本社オランダの世界チェーン)、LIDL(本社ドイツの世界チェーン)では、パッケージされている商品のおおよそ8割は外国産もしくは外資の製品だった。

いかにもクロアチアっぽいパッケージデザインはないのか、と写真を見返してみて、恐らくこれはすごくクロアチアっぽい。くるんとした文字の70年風な感じとか、シズルイラストの生々しさとか。
希釈してソフトドリンクとして濃縮ジュース。ちなみに粉ジュースもまだまだ健在だった。
b0141474_07061201.jpg

トイレットペーパーの向き、は新たに気になってきたテーマ。
b0141474_07063601.jpg
棚の上でパッケージが天地逆に置かれていたのは棚入れした人がうっかりさんだったからだろう、が、着目点はそこではなく、袋の中のトイレットペーパーの向き。
袋の正面に対して、筒の断面が見える方式である。
日本は袋の正面に対してロールの紙面が見える方式。
東南アジアなどでは前者が多い。アメリカ、イギリス、フランスは後者。ドイツは両方あるようだ。さて、何の違いでこうなるのだろう。

ファンタのボトルのくびれがかなり下。
b0141474_07070199.jpg

緑地に緑の文字で表示が読みにくい。フレーバー付きミネラルウォーター。
b0141474_07072427.jpg

SPARはプライベートブランドのデザインがあまりいいとは言えないが、こう並ぶと壮観。エナジードリンク(こんなに種類がある理由は謎)。
b0141474_07074794.jpg

クロアチアのお茶文化は正直よく分からない。お茶類の棚は紅茶が2種類くらいで、あとはハーブティーと緑の部分は緑茶。
b0141474_07081280.jpg

アジアもの。
b0141474_07083990.jpg
ヨーロッパでよく見るSAITAKU。いずれ取材してみたい。

フレーバー付きのミネラルウォーター。このボトルはカッコイイ!
b0141474_07093848.jpg
アジアの伝統というよりは、周り回ってやって来た日本のスカジャンの柄っぽい。
味はライムとキワノ(ツノニガウリ)というパッションフルーツみたいなもの、のようだが、アフリカ原産らしい。いいのだろうか。
このミネラルウォーターの会社はクロアチア本社。この勢いで頑張れクロアチア!

以上です。



# by dezagen | 2017-08-31 07:11 | プロダクト・パッケージ
タイ、チェンマイで見たパッケージ
ライター渡部のほうです。
タイのチェンマイに行ってきました。
過去にもタイのパッケージをこのブログで取りあげているので、ダブっていることがあると思うけれど、そこはお許し下さい。

タイのパッケージデザインの傾向というのはなかなか捉えづらい。パッケージに限らず、小物家具などのプロダクトもインテリアも、グラフィックも「これがタイで受けます」というのが見極めづらい国。
というのも、観光大国であり在タイの外国人も多く、また貧富の差も大きいため、量産されパッケージされる商品のターゲット層にばらつきがあるため。

タイの経済に関しては、以下の情報などがあるので参考まで

伊予銀行のタイ駐在レポート

タイなどASEANを中心とするビジネス経済情報誌ArayZのコラム

さて、そんな混沌としたところにあるパッケージなのだが、昔ながらのタイイメージで行くとこんな感じ。

玩具から食品まで扱う小売商店で小さいパックを買うとか。
b0141474_02360912.jpg
市場で小分けパックを買うとか、計り売りをしてもらうとか。
b0141474_02373464.jpg
市場や個人商店では「いつものあれをこれくらい」な感覚。ほとんどパッケージのデザインなど関係ない。もしくはパッケージ自体がない。
計り売りで面白いのは、タイの袋詰め文化は、空気がパンパンに入っている。これは市場だけではなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストアの袋菓子商品でも同じ。何がどうして空気パンパン袋が求められるのか、この辺はもっと探っていきたい。

昔ながらのタイっぽいパッケージというと、下のような簡素なデザインや
b0141474_02411458.jpg
b0141474_02413827.jpg
これはインターナショナルなブランド、ファンタだけれどこのシンプルさ。
b0141474_03041418.jpg
タイの華人文化が活きる彩度高い感じのパッケージ(ちなみに上は薬、下は茶)。
こうしたものは「タイっぽい!」と思わせるものの、
b0141474_02430030.jpg
b0141474_02425299.jpg
タイに来るたびこういうものは減っている。

代わり(なのか?)にどんどん増えているのが欧米風なデザイン。
2枚目は思いっきりブレたけど、コーヒー豆のパッケージはヨーロッパとかアメリカっぽい。
コーヒー文化はショッピングモールでもすっかりおなじみになったとはいえ、まだ「外国文化」風で土着化まではしてない。
b0141474_02455541.jpg
b0141474_02462072.jpg
最近は米もお洒落パッケージになってるのが気になるのだが、これは観光客/在タイ外国人向けかもしれない。少量だし。
水色×金の組み合わせはお上手。
b0141474_02503729.jpg
下の、手前に出ている商品は折れた米のパックなので安いのだけれども、3種の色違いと真空パックの良さをうまくパッケージした例。
b0141474_02510612.jpg
そもそもスーパーマーケットでお米を買う人というのもやや希少かも。外食文化が根付いているのでキッチンなしで生活している人も多い。おかずは市場で買い、主食のお米は家で炊く場合でも、結局市場でお米を買うのでわざわざスーパーマーケットでは買わないだろう。
そのためかスーパーで見るのはこうした少量かオーガニック米、ワイルドライスや雑穀入りが主流。

お洒落化しているわけではないが、ここ数年急速に増え、変化しているのがペットボトル入りの茶飲料。
ずらり。
b0141474_03035219.jpg
日本と違うのはフレーバーティーやハーブティーが多いこと。なので、お茶=茶色、緑茶=緑、というわけでもない。

薬草茶。かき氷のシロップと間違えて氷に掛けてしまいそうだが、それはそれで飲料として楽しめるのかもしれない。このデザインがそういう目的じゃないけど。
b0141474_03183205.jpg

緑茶飲料は日本の影響が強く、日本風が多いのが特徴。とはいえ、やはりペットボトル入り茶飲料=甘い、は基本なので、このように「富士」などと日本アピールをした緑茶であっても甘い。お気を付けあそばせ。

よく見ると上にも富士山、商品名の縦帯の下にも富士山、で、どっちか一つにしてくれないか。日本人からすると富士山は一つ、である。
b0141474_03093228.jpg
ほうじ茶も出ていた(無糖だ!)。しかしこの文字パーツの組み合わせはどうしたことだろう。文字のはね、とめ、を構成した原弘のポスター(「日本タイポグラフィ展」)見たわけじゃない、はず、だ。
b0141474_03142141.jpg
国内外のパッケージでいつも気になって見てしまう「牛キャラ」。
世界的に牛乳、乳製品はほぼどこでも手に入るのだけれども、酪農国以外は実際に牛見たことない人が描いてるとしか思えないもの多々。タイもまたしかり。
以下、タイでポピュラーなミルクタブレットの牛。

まともそうに見えるのだけれどなんか違う。
b0141474_03215592.jpg
b0141474_03215514.jpg
絶対見た事ない。

b0141474_03215452.jpg
まあ、牛キャラ、熊キャラとか、象キャラってのはそういうものですが。
言わせていただきますと、、、、実際見て来いや!
絶対キャラクターになんかしたくなくなるから。
(人間より大きい動物まで愛玩物として見ようとする文化は、私、好きじゃないんで)

以下、気になったものをランダムに。

トイレ洗剤。トイレはね、幽霊出やすいですよね。
b0141474_10001420.jpg
アルミホイルに包まれる魚の目力。
b0141474_03264297.jpg
ドーン!ころっ!
殺虫剤は強力。命がけ(人間も害虫も)。
b0141474_03280591.jpg
「奥様、今夜こそ」「やめて、もうすぐ主人が帰ってきてしまうわ」
この石鹸を使うとどんなことになってしまうのか。
b0141474_03291101.jpg
日本、富士山との関係がどうこうというより、この形で石鹸のパッケージ作ったのが偉い。
b0141474_03310212.jpg
牛キャラと並んで気になるマヨネーズパッケージ。サラダクリームやマスタードと同じ並びになってるけど、手に取りやすい真ん中辺りがデフォルト。硬質プラスチックかガラス瓶入り。日本の柔らかいポリエチレン系も奮闘中。コンビニでは給食で出て来るマーガリンみたいな極小パックのマヨネーズもあった。
b0141474_03320318.jpg
抹茶フレーバー流行ってるんだけど、割とどこの国でも煎茶イメージにすり替わってしまっている。
b0141474_03354787.jpg
最後。パッケージじゃないけど、空港の優先座席。左端のピクトは多分お坊さん。
b0141474_03371099.jpg
以上です。


# by dezagen | 2017-08-07 11:02 | プロダクト・パッケージ
mt lab. で「紙展」が始まりました
編集宮後です。
全然ブログを書いてなくって、すみません。

以前、渡部さんがレポートしてくれたマスキングテープmtの路面店「mt lab.」で、
6月14日から新しい展示「紙展」が始まりました。

前回の展示は粘着がテーマでしたが、今度のテーマは紙。
mt製品に使われている、さまざまな原紙が展示されています。

b0141474_2243389.jpg


原紙といっても、通常のマスキングテープに使われている紙から
インテリアで使われるmt CASAの紙、壁紙の紙など、さまざま。
実際の製品に使われている原紙がロール状に展示されており、
素材感を触って確かめることができるようになっています。

b0141474_22432342.jpg


ロール紙のとなりには、インキやセラックを1度塗り、2度塗りした
比較サンプルも展示されており、製品になる前の様子を知ることができます。
それぞれに詳しい解説があって、さながらミニ博物館のよう。

b0141474_22434527.jpg


通常のマスキングテープの製品には粘着剤がついていますが、
今回は糊がついていない状態の原紙も特別に販売されているとのこと。
紙展期間中のみの限定販売だそうです。

店舗は完全予約制のため、「行ってみたい!」という方は
下記サイトで次回申し込み受付が開始されるのをチェックしてみてください。

http://www.masking-tape.jp/event/2017/07/mt-lab-61727.html

# by dezagen | 2017-07-24 08:30 | 展覧会 | Comments(0)
配信時代に入ってからの音楽とグラフィック
ライター渡部のほうです。
facebookのほうに書いておこうかと思ったのだけれど、ブログのほうが記録に残しやすいかも、とブログに書くことにします。
音楽とグラフィックに関する雑記です。

土日は東京造形大学のオープンキャンパスで、進学相談などを担当。たまたま私だけなのかもしれないが、大学の学部も大学院の進学希望者(中国や韓国の人も含め)の中で、「音楽とグラフィックの関係」を考えている人が多かったのが印象的だった。

40代でレコード世代の私からすると、音楽のグラフィックというのはレコードジャケットが中心軸に考えてしまう。一方、20歳以上年の違う高校生や大学生の考える音楽のグラフィックは非常に多様だ。
進学希望者の研究したい事を聞いてみると、楽譜の在り方そのものに立ち戻っている人あり、音楽と同調する動画で考える人あり、かと思えばレコード/CDジャケットに戻って、そこに軸足を置きつつそのパッケージ(立体)の在り方を考える人あり、特定ジャンルの音楽のジャケットの文字だけに注目する人、などなどなど。


書くには恥ずかしいが、私が担当している大学の講義「グラフィックデザイン史」の中で「音楽とグラフィック」というテーマの週もある。先に書いたように私目線でレコードジャケットやMVを中心に紹介しているだけに「配信になってからのグラフィックの在り方はまだ私自身が研究中です」と終わってしまう。デザインのジャーナリストとしても教員としても、煮え切らない終わり方が常々どうにかならないかと思っていたところ。

オープンキャンパスで改めて若い人達の「音楽とグラフィック」の考え方に触れてみて、そろそろ音楽配信とグラフィックの傾向が見えてきたか、とも思う。
歴史的背景を見ても配信が定着して10年以上は経っている。appleの例では、ipodが出たのが2001年、itunes music storeが始まったのが2003年。CD他のメディアと同時進行しつつも、今の10代、20代前半は物心ついた時点ですでに音楽に定形がない状態ということになる。レコードジャケットという形に縛られていないだけに自由な発想が出来るのは、面白いし、むしろうらやましいくらいだ。
とはいえ、「研究」対象となってるくらい、まだまだ模索の状態であることは変わらないし、恐らくレコード/CDというような「これ」というような決定的な形が出来るわけではないだろう。
そもそも人類の長い歴史の中で音楽=空気の振動と捉えると、レコード(記録)媒体を固定化させた20世紀は極めて特殊な時代とも言える。

色々考えさせられるオープンキャンパス相談だった。

# by dezagen | 2017-07-17 09:09 | グラフィック