エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
続編
 『これ、誰がデザインしたの?』の連載が終わってから、ややふぬけている。さすがに8年もやってきたことは終わったとはいえ、着眼をすっかり取り除くわけにはいかず、「これ誰」だったらどう取り上げよう、という気持ちで日々の物事を見ている自分に気づく。
 そんな状況を察したのか、知人から「こんな連載案はどうか?」と提案をもらった。せっかくなので、いくつかご紹介しよう。

 まずは私の考えたもの。
 『続・これ、誰〜』の巻末につけた言葉だが「これ、誰がデザインしたのっ!」。最後に小さい「っ」をつけることで怒りを演出。
 似た企画としてライターO氏からの提案は
「これ、何をデザインしたの?」
 一見どういうものなのか分からない。これ何なんですか?と聞きに行くイヤミなライターとして名を確立したい場合は考えたい。

 ちなみに上2案が採用された際に是非伺いたいのが、シェーバー会社である。電動のほうではなく、手で剃るタイプのシェーバーについて、そのデザインについて真の意味を問うてみたいのである。
 男性用のそれはおおむねTの字、あるいはそれプラス人間工学的カーブによって作られており、色合いもモノトーン、メタリックという道具に徹したものか、スポーツ感を演出している蛍光色アクセントなど。まあ、なんとなく形ができてきた背景も理由も分かる。
 問題は女性用だ。ピンクの海洋生物か?と思うような色と形状は果たしてどこから発想を得たものなのであろうか。本当に海洋生物からヒントを得たのであれば、なぜ?
 ある日、海女が海に潜ると、海の妖精が現れこういった。
「このホヤで貴女のむだ毛を剃りなさい」。
 いや、そんなことはないだろう。

 さて次の提案は家具デザイナーのF氏から。
「これ、僕がデザインしたの?」
 デザイナーの失敗作について、自分がデザインしたものを忘れないよう、という連載。心の中では安室奈美恵『PLAY』の鞭ポーズを作りたい。

 F氏に詳しく聞いてはいないので本人に当てはまるのかどうか分からないが、デザイナー自身が「これは失敗した」と思っていても、クライアントとデザイナーは運命共同体、おおっぴらに口には出せないこともある。そこを、他者の誘導により心を解放させてみる。ある意味デザイナーに対するセラピー連載となるのかもしれぬ。

 加えて、インハウスデザイナーの悲痛な叫び特集。
「俺、何をデザインしたの?」
 という案もいただいた。リアルデザイナーからの提案はリアルすぎて聞きに行くのが怖い。これは遠慮させていただく。

 またもやO氏の第2案は、
「俺、誰がデザインしたの?」
 身体自慢、美容自慢のデザイナーさんに、その秘訣を聞く。デザイン誌ではボツ間違いなしだが、どこかの雑誌でやってみたい。
# by dezagen | 2008-07-23 10:16
応用
 7月5日のトークショウでは、開けてびっくりの満員御礼。30度を超す暑い中、わざわざ青山まで来て下さった、道中いたるお店というお店がセール中の誘惑にも負けず、青山の端のビルの地下の奥の会場にまで来て下さった来場者の皆様、ありがとうございました。主催者一同感謝しております。
 
(ここからは本題なので「です・ます」調から「だ・である」調へ変わります。失敬)

 来場者の方々からいただいた感想の中で、多かったのが「カップヌードルやポッキーの世界展開が面白かった」という声。カップヌードルの各国展開その違いについては、『これ、誰がデザインしたの』について書いたので、ここではポッキー、および似たものを紹介したい。
 参考サイト http://pocky.jp/index.html

b0141474_0233462.jpg


 1966年から以後ロングセラーを続けるこの商品は、実際海外でも人気が高い。
「写真1」はタイ・バンコクのスーパー。こちらは現地Thai Glico Co,.Ltd.が製造する本物。ここまで並べなくても、というほどの棚の専有面積から、いかに人気が高いか分かるというもの。
参考サイト http://www.thaiglico.com/
 ちなみに中国でもほぼ変わらないパッケージで売られているそうだ。
http://www.glico.com.cn/templet/pocky.asp

b0141474_0241339.jpg


「写真2」は同じスーパーの下の棚にあった「chocky」。グリコの製品ではないが、76年〜97年までのポッキーパッケージに似ている。かなり。ここまでやるなら、もう少しおいしそうなシズル写真を使ってもらいたいもの、と思ったらイラストだった。
 日本のジャイアントポッキーと同じく巨大さが売り。同じものを台湾、香港でも見たことがある。

b0141474_0245149.jpg


「Rocky」という名前からしてパチモンか、と思わせがちな「写真3」は、マレーシアでグリコが提携して作っているもの。豚を食べてはいけないイスラム圏。Pockyという字面がporkを思わせることから、名前が変わったという情報がウェブサイトに載っていた。真偽のほどは、いずれ会社に問い合わせてみたいものだと思う。

 所変われば品変わるの例をもうひとつ。82年からフランスで発売されているポッキー。現地名は「Mikado」で定着。これはこれで独自にバリエーションを増やしている様子。
http://www.mikado.fr/

b0141474_0252769.jpg


 これぞパチモンの王道!と言えるのが「写真4」のTicky。タイ産。トークショウで明和電機の土佐氏が「いずれも○○ckyというのがトレードマークなんですね」と言っていた。

b0141474_0261278.jpg

b0141474_0351287.jpg


 気になるのは台湾でかなり昔に買った韓国ロッテ(日本のロッテではなく)のCity(写真5)、とロシアの空港で見たPepero(写真6)、なのだが、ロッテはロッテで私自身、嫌いでないだけに、どうにも聞きにくい。これは似ている、のではなく「応用」と呼ばせていただこう。
http://www.pepero.co.kr/
# by dezagen | 2008-07-16 00:37
トークショウの質問に対するお答えです
7月5日に青山ブックセンター本店で開催したトークショウに来てくださった皆様、ありがとうございました! その時に時間切れでお答えできなかった質問に対して、このブログを借りてお答えしていきますね。

1)取材対象はどうやって決定するのですか?
  取材対象の会社からすんなりOKをもらえない時、どうしましたか?
  
渡部さんと私で毎回、次に取材してみたいものの候補を挙げ、第一候補から順に取材の打診をしていきました。すんなりOKがもらえない時など……取材にまつわるエピソードはたくさんありますので、またこのブログでご紹介しますね。お楽しみに!(宮後)


2)どうしてもネタが出ないという時はなかったですか?
  またいいネタを見つけるためのコツとは?

連載でも取り上げきれなかったくらい、「取材したいリスト」があったのでネタ切れということはなかったですねえ。
いいネタを見つけるコツ……。「これ誰」の取材は、ニュースリリースがあって、あらかじめニュース性がありますよ、という主旨ではなかったから、取材してみないと分からないことというのが結構多かった。
取材してみて、会社の人がその製品やデザインを愛してるかどうか、その熱意いかん、という気がします。必ずしも「誰がデザインしたのか」が分かるわけではない完璧にアノニマスな場合もありましたが、開発ストーリーや、その後のデザインのケアの仕方など切り口は色々あるので、やっぱり企業の人がそのデザインをどう見ているか、によりますよね(渡部)。


3)ポッキーの箱の側面の切り込み(ハートマークの)は何ですか?
  ポッキーの箱の裏の四角い切り込みは何ですか?
  
この質問に関しては、江崎グリコ広報部さんからお答えをいただきました。
「(ハートマークの切り込みは)店頭でのいたずら防止のためのものです。通常の開封場所でない部分(貼り合わせ部分)で開封すると、このハート部分が切れて開封したことが分かります」

「(四角い切り込みは)開封時のサック破れ防止、開けやすさ向上のためについているものです。このひし形の切れ込みがないと、パッケージのフタ部分を開ける時に力がかかることで箱の裏面が湾曲し、それにより裏面が破れやすい状態になります。この切れ込みを入れることで、力を分散して破れにくくしています。また切れ込みの形状については、色々な形を試した結果、この形状が最も効果があったため、選択しています」


4)会社のロゴというのはデザインされた後、勝手に(横並びを)縦並びにしてもいいものなのでしょうか?

会社の和文ロゴタイプであれば、たいていは横と縦の両方で組んだものが用意されているはずです。ロゴタイプ作成時に使用方法のマニュアルもつくられているはずなので、社内の担当者に確認してみましょう。横組のロゴしかない場合、独断で勝手に縦組にするのはおすすめできません。ロゴは会社のイメージをつくる大切なものですから、社長や社内のロゴ管理担当者、元のロゴを制作してくれたデザイナーなどとよく相談して、縦組にしてもイメージが変わらないよう慎重に制作したほうがよいと思います(宮後)。

最後になりましたが、渡部さんからのメッセージをお送りします。
「来てくださった皆様、お越しいただいて本当にありがとうございました。しかし、壇上に立った途端に、観客サービスはほとんど忘れてしまい3人としゃべってるのがやたらと楽しく、あっという間に1時間半が過ぎてしまいました。連載は終わってしまいましたが、ウェブ版がしばらく続きますし、単発記事を『デザインの現場』で書かせてもらうこともあるかと思いますので、その時にまたお会いしましょう」

# by dezagen | 2008-07-13 21:39 | Comments(0)
刊行記念トークショウをしてきました。
すでにこのブログでも告知させていただきました本書刊行記念トークショウが7月5日(土)、青山ブックセンター本店(ABC)で行われました。

当日、我々美術出版社チームは午前11時にABCに集合。お店のスタッフの方々と会場の準備にとりかかります。会場にせっととイスを並べ、トークショウで配布するおみやげを置いていきました。そのおみやげというのは本書の中で紹介しているカップヌードル、ポッキー、MONO 消しゴムといった商品から、Jリーグ全クラブのエンブレムデザイン表、Pasco やTop's のロゴが入ったリーフレットなど、豪華な品揃え。ポッキーに至ってはチョコレートが溶けないよう、当日の朝、江崎グリコさんからクール宅急便で届きました。おみやげが並んだ会場内の風景はなかなか壮観でしたよ。

バタバタと準備が進む中、12時にゲストの渡部千春さん、中村至男さん、明和電機の土佐信道さんが到着。実はこのお三方は、『明和電機の広告デザイン』(NTT出版)の制作でご一緒されており、明和電機という架空企業のデザインを熟知する方々でもあります。この3人で会社のロゴや商品のパッケージについて語ったら、どんなトークになるのだろう?という期待が募ります。マイクテスト、打ち合わせを終え、控え室で待っていると、「そろそろ入ります」の声が。いよいよスタートです。

約120人満員御礼の会場を前に、みなさんが席につき、トークが始まりました。最初に各ゲストのご紹介をした後、この連載が始まった経緯や取材時のエピソードなどを渡部さんと私で解説。その後、いよいよ本編に入ります。

会場で配布した6種類のパッケージ、ロゴについてトークがスタート。チョコレートケーキが有名な菓子店 Top's と、食パンで有名な Pasco のロゴは、日本を代表する大御所デザイナーが手がけているという話や、発売以来ほとんどデザインが変わっていないカップヌードルの秘密や、イメージを踏襲し続けるポッキーやMONO消しゴムの強さなどの話が続きます。そして最後、Jリーグのエンブレムデザインの話になると、サッカー好きな渡部さんと中村さんのボルテージが急上昇。話は故郷のチームや応援しているチームの話におよび、デザインの完成度よりもどれだけそのチームに愛着を感じられるかがエンブレムのデザインとしては大事だという、興味深い結論に至りました。

14時に土佐社長の「ジホッチ」(青い公衆電話風の時報式腕時計。http://www.maywadenki.com/の製品説明参照)のアラームが鳴り、会場から質問を記入してもらった用紙を回収。ひととおりトークが終わった後、それぞれの質問に答えていきました。「明和電機のデザインが古くならない理由は?」「インパクトがあるデザインと長く使われるデザインのどちらがいいのか?」など、本質的な質問が飛び出し、会場も大いに盛り上がりました(時間内にすべての質問にお答えすることができなかったので、残りの質問は後日このブログでお答えします)。

トーク終了後のサイン会では長蛇の列が。ちゃっかり私も3人のサインをいただいてきました。寄せ書き風でなんだかいい感じです。

おいでいただいた皆様、本当にありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか? そして、ご協力いただいたスタッフのみなさま、協賛企業のみなさま、この場を借りて御礼申し上げます。これからも機会がありましたら、楽しいイベントを企画していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします! トークのご依頼もお待ちしております!

b0141474_2315635.jpg
b0141474_23153369.jpg
b0141474_23162238.jpg
b0141474_2316476.jpg
# by dezagen | 2008-07-06 23:28 | Comments(2)
第1回 「模倣」
b0141474_181694.jpgb0141474_1816179.jpg

b0141474_18162362.jpg


 アジアの都市では、一部突出して優れたものが出てくる時があるが、一般的にはまだデザインをとりまく環境が東京と同じとは言えない。それだけに、ぐんぐん成長している少年期を見ているように、デザイン文化がどんな風につくられているのか見ることができる。
 日本のデザインはよい、ということはおおまかどこの都市でも同じ認識のようで、それぞれ独自の方法で師匠に学んでいる様は、日本人として誇らしくもあり、時に笑いを誘う。
 類似品、ひどい言い方をすればパチモン、というのも一つのお勉強の方法だ。アジアに行く回数を重ねるたびに類似品の類は減ってきているが、それでも根強い人気を持っているものがいくつかある。「MONO消しゴム」「サントリー烏龍茶」「グリコポッキー」はその代表格。
 MONO消しゴムの類似品の写真はすべて台湾で撮ってきた。「MORE」消しゴムには笑ってしまったが、「Ming Chang」「ERASER」、どんなに目が悪い人でも「MONO」とは間違えないだろう。
 この場合、マネをしているというより、黒・白・青のストライプが消しゴムスリーブのスタンダードとして認識された結果なのではないかと思う。それだけよくできたデザインの証でもある。
 本家のMONOに関しては『続・これ、誰がデザインしたの?』に書いているので、ここで詳しくは書かないが、文房具屋で平らに置かれた時にぐっと目立つものを考え、国旗のような3本ストライプを採用したという。発売当初は青・白・青であったのが、後に上を黒とし、さらにきりっと締まった顔つきになった。
 事実、このグラフィックはどんなにごちゃごちゃした店でもよく目立つ。よって発見の頻度も高い。やっぱりよくできているのである。
 ところで、海外に出るたび私はよく中国人に間違われる。最近、あまりに多い。成田ですら英語や中国語で話しかけられる始末である。ひょっとすると自分でも気が付かないうちに東アジアのメジャー人種、中国人のしぐさや顔つきを吸収、いや、マネをしているのかもしれない。別に自分がよくできたデザインだとは思ってないが。
# by dezagen | 2008-07-01 09:00