エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
「『デザインの現場』とデザインメディア」報告
ひとり編集部、宮後です。
3連休前の金曜日、皆様いかがおすごしでしょうか。

昨日、印刷立ち会いを終えて一息ついたので、先週7月10日(日)に開催した「『デザインの現場』とデザインメディア」トークイベントのレポートをアップしてみます。

b0141474_1952620.jpg

b0141474_19521385.jpg

b0141474_19521816.jpg


蚤の市で使用したスペース「Book & Design」初のトークイベントということで、実験的に定員20名で企画してみました。開催3週間前に出演者のTwitterとFacebookのみで告知。デザイン編集者や研究者、デザ現OBには直接メールを送りました。当日欠席される方もいらっしゃると思い、23名まで申し込みを受付。小さいスペースだからなのか、案外ドタキャンする方が少なく、ちょうど満席となりました。

15:30ごろ、デザ現バックナンバーが入ったスーツケースを転がしながら、藤崎さんが登場。打ち合わせせず、16:00からトーク開始。17:45くらいまでお話していただきました。

デザ現の歴史を年表にしてみますと、

1983年    美術手帖別冊『デザインの現場から』(当時はA5判)創刊
1984年    『デザインの現場』創刊(B5判)。創刊編集長は田中為芳氏
1986年    このあたりから藤崎さんがデザ現に加入? 編集長は出村氏
1990〜1993年 藤崎さん編集長時代
90年代半ば  リニューアル。ADが中垣信夫氏から坂哲二氏に。
1996年頃?  再びリニューアル。ADが松田行正氏に
1998年    宮後がデザ現に加入(〜2007。連載のみ〜2010)
2010年    休刊

となっておりまして、藤崎さんが退社された5年後に私が入社するので、時期が完全にずれているのですね。その間に雑誌は2回のリニューアルを経てドラマチックに変わっていくことになります。この時期のお話も当時の編集長にぜひ聞きたいところです。

藤崎さんが『デザインの現場』編集部にいらした時代は、企業やデザイン事務所など、とにかく現場に行って取材していたそう。デザイナーが仕事をしているところを撮影し、見開きか、1ページで大きく掲載。現場の雰囲気を写真で伝えるという編集意図ですね。取材先によっては仕事場の写真を撮らせてもらえず、会議室に案内されたこともあったとか。現場感を出すために、それらしい道具を並べて撮影するなど、編集部員の苦労がしのばれるエピソードも。創刊から休刊まで撮影をしてくださっていた桜井ただひささんも会場に来てくださったので、撮影エピソードなどをお聞きしました。

当時はライターが記事を書くのではなく、なんと取材先のデザイナーに書いてもらっていたそう。原稿料を抑える苦肉の策だったらしいのですが、ただでさえ忙しいデザイナーに原稿を依頼するという無茶振りは私には到底できません(創刊編集長のアイデアなんだとか...)。

『デザインの現場』は創刊時から、いろいろなジャンルのデザインを紹介するという編集方針でしたが、藤崎さんの時代は画材やクラフト系の記事も多かったそう。画材メーカーのタイアップページでイラストレーターに取材したり、曲げわっぱや人形の取材で日本各地に出張したりすることも。それらの記事のページがそれなりに多かったので、バラエティ豊かな誌面でした。

「現場をそのまま切り取ってきて誌面で見せる」という編集手法は、「批評性がない」と言われたこともあったそうですが、では「デザイン批評」とは何なのか? 藤崎さんはそれを評論家による一方的な批評ではなく、作り手と受け手が語り合うことだと考えているそう。作り手の説明によって外観からはわからなかった制作意図に気づくこともあるわけで、デザインを語り合うことはとても重要だと思えました。そしてその開かれた姿勢は、ネットによってオープンにつながっている今という時代ともマッチしているような気がします。

デザインについて語り合う機会をもっと増やしていこう、そのための場所やメディアを考えようというところでトークは終了。

この日は1994年以降の話ができなかったので、時代ごとの比較ができなかったのですが、これ以降、編集部員も大幅に替わっていくことになります。個々の編集者が「おもしろい」と思うものを記事にするので、編集メンバーが替わると雑誌の内容も変わるのです。ありふれた言い方になってしまうけれど、「雑誌は生き物」なんだなと思います。
by dezagen | 2016-07-15 20:16 | イベント | Comments(0)