エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
ウィーンのスーパーマーケットにて
ライター渡部のほうです。

ブルジョワの街(偏見)ウィーンなので、やっぱりオペラやワイン専門店じゃないと、なんてことはなく、そんな優雅な街でも、スーパーマーケットばかり行ってしまう。

b0141474_3461977.jpg

クラシカルなパッケージは何かと思えばマヨネーズ。
マヨネーズ和えサラダの多い国なのに、なぜかマヨネーズのパッケージは小振りなものが多かった。

b0141474_5431962.jpg

怖い、ミルカの鬼チョコレート。
こちらのクリスマスはサンタクロースより鬼(というより悪魔か)のキャラクター物をよく見る。
いい子にしていないと焼かれる。

b0141474_5445450.jpg

SUSHIはインターナショナルフードになっているのだが、枝豆(皮付き)にぎりは初めて見た。

b0141474_546155.jpg

砂糖の消費量半端ない。上の小さいパックが1キロ。
下の包みはいったい何キロなのか見るのも怖い。

b0141474_5471949.jpg

上のもそうだけど、Wiener Zucker、種類が多くてお菓子用などパッケージがかわいらしい。
www.wiener-zucker.at/index.php?id=6

b0141474_1023062.jpg

こちらはジャム・コンポート用。砂糖の量1に対し、フルーツ1倍、2倍、3倍で砂糖が違うらしい。
何が違うのかよく分からないが、パッケージが違うことだけは分かった。
上の棚は別会社だけれど、とにかく砂糖の種類が多い。

b0141474_554381.jpg

オーストリアはドイツ語圏だけれど、クマキャラは意外に少ない。ドイツでは石を投げればクマに当たるのに。

b0141474_604734.jpg

ロバが小麦を運んでる。

b0141474_611618.jpg

なぜヨーロッパの女の子には馬キャラなのだろうか。

b0141474_615497.jpg

ヨーロッパにおける正統派オリエンタルイメージ。

b0141474_62176.jpg

生活必需品は無骨シンプル。バター。

b0141474_623143.jpg

チーズ感のないパッケージ(好きだけど)。

b0141474_63796.jpg

牛のキャラクターは世の中で使い倒されて、実際の牛はもうどうでもいい、想像の生物の域に入っていると思う。

b0141474_643265.jpg

「チロリアンはギンガムチェックなんですよ」と言われて「?」だったのだが、よく見るとオーストリア産チロリアンなものにはあらゆるところにギンガムチェック。

b0141474_655896.jpg

スーパーマーケットの菓子売り場をぼーっと見ていたら現地のおしゃれお姉さんに「お土産ならMannerよ!」とアドバイスされるほど、というか、アドバイスされなくても一目瞭然で、売れているブランドだということが分かる、というより、このお菓子しか食べてないんじゃないかというほど多かった、ウエハース菓子のManner
www.manner.com

オーストリア航空の人にまで勧められるので、本店に行く。
b0141474_6114548.jpg

ピンクづくし。
実はこんなものを購入してしまった。
b0141474_6122622.jpg

Manner専用自動取り出し器。
で、店の前(とはいえ正面入口は人がすごかったので、店の横看板の前)で記念写真。
b0141474_614329.jpg


b0141474_6142583.jpg

世界に展開するスーパーマーケットチェーンSpar
オーストリアのプライベートブランドプレミアムラインSpar Premiumは、ピアース・ブロスナン(5代目ジェームス・ボンド)でプレミアム感お腹いっぱい。
www.spar.at/de_AT/index/spar-marken/PREMIUM/Produkte.html

b0141474_6225983.jpg
b0141474_622403.jpg

今回一番の出物であったプライベートブランドはBillaの高級ラインBilla Corso。
クロワッサンを吹く兵隊に葡萄カツラのおじさん、素晴らしいイラストレーション。
これに関してはまた別途。

b0141474_6252592.jpg

まずそう。うさぎの菓子。

さすがカフェ文化のある国、コーヒーの種類も多かった。
b0141474_6303254.jpg

地元ブランドで一番有名なJulius Meinl www.meinlamgraben.at クリムト風のパッケージがきれい。
3賢人のJ. Hornig www.hornig.at もルシアン・ベルンハルト風でいいなー。HPの映像もお上手。

渡部さんって、安いものしか興味ないのかしら、と思われても仕方ないのだが、今回はデザイナーのO島さんに教えてもらった、パッケージが鬼かわいいチョコレート専門店Altmann & Kühneにもちゃんと行ってきた。
b0141474_6293526.jpg

私が撮った写真は全部ブレてたので、HPでその愛らしさをご堪能下さい。
www.altmann-kuehne.at

とはいえ、基本スーパーばっかり行ってますけど。
『スーパー!』飛鳥新社 1500円(税込み)発売中です(宣伝)。
www.asukashinsha.co.jp/book/b146003.html
by dezagen | 2013-12-03 06:44 | プロダクト・パッケージ