bonobos BLOG

Profile
bonobos

蔡 忠浩(サイチュンホ)
Vo/Gt 1975年8月13日 大阪府生まれ。

森本 夏子(モリモトナツコ)
Ba 1978年9月12日 千葉県生まれ。

辻 凡人(ツジボンド)
Dr 1979年2月25日 大阪府生まれ。

Links
Release Information
『たまものfromぬばたま』
2010.11.3 ON SALE

『たまものfromぬばたま』

PECF-3013
¥2,800(TAX IN)

この作品を購入する
『夕景スケープ』
2009.12.23 ON SALE

『夕景スケープ』

DGP-117
オープンプライス

この作品を購入する
『宇宙温泉へようこそ!』
2009.12.02 ON SALE

『宇宙温泉へようこそ!』

PVDV-52
¥3,800(TAX IN)

この作品を購入する
<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
うつくしいひとたち
bonobos企画”うつくしいひとたちvol.3”、3公演とも大盛況でした。
観にきてくれたみなさん、貴重な時間をどうもありがとう。

東京公演の neco眠る、大阪公演の ハンバートハンバート、名古屋公演の トクマルくん、みんな素晴らしい演奏をありがとう。
全公演のオープニングや転換中、読書ラバダブで多いに盛り上げてくれたカミデくん、とても心強かったです。ありがとう。

この公演を最後に、辻くんはbonobosを脱退しました。
とても長いあいだバンドのビートを支えてくれた辻くんに、改めて感謝を。

最後の最後に獲た奇跡のようなグルーヴ、それをぼくらはまだ進めなければいけませんね。

ソロプロジェクト”シュリープス”での活躍、願ってます。

このツアーと辻くんの為に書き下ろした新曲”うつくしいひとたち”の歌詞を手向けの言葉のかわりに掲載しておきます。

”うつくしいひとたち”

空と鮮やかな色彩 イカレた太陽の香り
ぼくらの夏の終わりに吹く風はまるで合図

欠けた和音の響き つまり手放すことなどひとつも怖くない
物語は枝を分つ 美しい影を落として

この星のどこかでときおり叶えられている愛
それが今ここにある
この美しさ、このさよならさえも

灰とダイヤモンド、つまりぼくらは大きな地平のフラクタル
物語は海を目指す 美しい涙となって

この星のどこかでいくつも叶えられている愛
それが今ここにある
この美しさ、この別れの時でさえ 

どうか愛の可能と
そしてくちびるにいつでも歌を
風に立つ彼女の髪
さよならなんてとても言えないよな

この星のどこかでいつも鳴り続けている音楽
ぼくらが持ち寄ったメロディー、最高のフレーズぜんぶ
眩しすぎる光
愛の可能とくちびるには歌を



この新曲”うつくしいひとたち”は今のところアナログ7インチのみでのリリースです。
B面には辻くんのbonobosでの最後の仕事、”うつくしいひとたち”のシュリープスremixが収録されています。
アナログにはダウンロードコードもついていて、OTOTOYのサイトでmp3データがダウンロードできます。
OTOTOY


[PR]
by bonobosblog | 2015-06-27 14:15 | お知らせ
Twitter
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム