bonobos BLOG

Profile
bonobos

蔡 忠浩(サイチュンホ)
Vo/Gt 1975年8月13日 大阪府生まれ。

森本 夏子(モリモトナツコ)
Ba 1978年9月12日 千葉県生まれ。

辻 凡人(ツジボンド)
Dr 1979年2月25日 大阪府生まれ。

Links
Release Information
『たまものfromぬばたま』
2010.11.3 ON SALE

『たまものfromぬばたま』

PECF-3013
¥2,800(TAX IN)

この作品を購入する
『夕景スケープ』
2009.12.23 ON SALE

『夕景スケープ』

DGP-117
オープンプライス

この作品を購入する
『宇宙温泉へようこそ!』
2009.12.02 ON SALE

『宇宙温泉へようこそ!』

PVDV-52
¥3,800(TAX IN)

この作品を購入する
カテゴリ:レコーディング( 28 )
うつくしいなまえ

前回の更新から遥かな彼方、アルバムレコーディング中の小淵沢スタジオからこんばんは。

ぼくらの新曲「うつくしいなまえ」はもう聴いていただけたでしょうか。
去年の春頃からずっと曲を作り続けてて、そろそろ何かリリースしたいね、なんてみんなで話してたのが確か今年の初夏。
タイミング良くこんないい曲が出来ちゃったからには、夏が終わる前にアナログ7inchにしなきゃ、ということで、リリース決定。
フル試聴はbonobos official SoundCloudでどうぞ。

これレコードプレイヤーで聴いたら凄く良いと思う。

ちなみにMusic Videoも製作中です。
MV公開までの間はこちらのレコーディング風景でどうぞ。
"うつくしいなまえ"メイキング


歌詞も載せておきます。

うつくしいなまえ

鼻たれは考えていた
小さなちんこの先っちょで触れてみる美しさ
まだ名前さえないもの
かみさまがそばにいて めらめらや ざぁざぁや びゅうっという
ぼくがみたうつくしさ そのすべてについて

お前はなんだと問うても めらめらざぁざぁびゅうっというばかり
もう一度訊ねてみると 好きに名前をつけろという

そして世界はいっせいに ぼくをとりかこみ言った
「うつくしさ、うつくしさにどうぞ名前を」と

薔薇の枝にある兆し ところでぼくはなにものか
わたしはなんだと問えば、誰かに呼んでもらえという

若者は旅にでた
土を踏み夜を越えて 火や水や風をつれ 染まる森を見た 幾度も
そうしてある美しい 美しいある朝に 美しい長い髪の娘と出会った

一つの灯りを頼りに 捧げあう互いのもちもの
むさぼるように 幾度も幾度も呼び交わすその名前

なんというか、光 あるいは愛の詞か
うつくしい うつくしい うつくしいその名前
黄金の歳月の中 その一瞬の庭に咲く薔薇
今ははっきりとわかる すべては愛だと

なんというか、光 あるいは愛の詞か
美しく 懐かしく 愛おしく時は流れる
黄金の歳月の中 その一瞬の庭に咲く薔薇
そしてまた名前などない場所へと還るだろう
そうなるだろう
そうなるだろう



新しいアルバムのレコーディングもやってます。
今日はストリングスを4曲、フルートとクラリネット、ピッコロが3曲、今日で6〜7割は録れた計算になるはず。
構想では、前作『Ultra』と今回のアルバム、あとそんなに間を空けずにもう一枚録って、三部作にしようと思ってます。
やりたいことがあり過ぎて全然追いついてないけど、必ず。


さて、いよいよ10日後(8/26)には「うつくしいなまえ」のリリースパーティーの大阪公演があります(ちなみに東京公演は9/9)。
レコーディングでも素晴らしい演奏をしてくれた、BAGDAD CAFE The trench townのウメケン/トロンボーン、OGI/テナーサックス、岩井ロングセラー/キーボードが今回のライブもサポートしてくれます。
今まさに録音中のまっさらな新曲も披露しようと思ってます。

”うつくしいひとたち”というライブタイトルの通り、大阪公演には 空気公団、東京公演には oono yuuki(band set)をそれぞれゲストバンドとしてお招きしてます。

ひとつの時間、ひとつの場所で鳴るそれぞれの音楽の妙、なかなかに素敵な組み合わせだと自負してます。
8月26日 心斎橋ジャニス、9月9日 渋谷WWWでお待ちしてます。

では、ひきつづきアルバムレコーディング頑張ります。

まだまだ暑いのでみんな御自愛ください。

蔡。
[PR]
by bonobosblog | 2013-08-16 00:16 | レコーディング
MIX開始
毎日しつこく暑いですね。

あ、暑いって言ったから500円貯金。



ようやくぬるっとミックス開始。

録るものは良い状態で全部録ってあるので、なんの心配もなし!!

それよりもライブのことを考えると不安で眠れな、、くはないけど、何から手を付けたら良いのかわかんなくて困る。

とりあえず明日スタジオでみんなと合わせてみたら何とかなると思ってはいるけど、どうなんだろう。


ソロでのライブは場所や時に合わせていろんな形態でやろうと思っているので、たくさんの新しい人と合わなくてはいけないことでしょう。

楽しみが増えたということで。


っつーわけでいつか一緒に演るであろう若者をボノボ号で送ってニコ玉を快走して帰ってきた。

夜風はぬるいが、忙しくなってく感じがよいよい。



[PR]
by bonobosblog | 2010-09-06 01:07 | レコーディング
歌録り五日目
歌録り五日目。

今日はあんまり喉の調子よくなさそうなので、早めに切り上げて帰ろうと思ったが、試しにマイクを替えてみたらとても良かったので、そのまま本格的に歌録り。

来るときの車中でリンゴジュースとポカリスウェットをがぶ飲みしたのもよかったのか、高域まできっちり出ました。

歌録りを終えて、低音部分に足したかったソファーを殴打する音を先ほど録りました。

革張りのソファーをぶっ叩くと、ペチッとした程よいアタックと、ヴォフっ!!て感じのいい低音が得られました。

いやー、やってみるもんですね。


[PR]
by bonobosblog | 2010-08-17 21:35 | レコーディング
歌録り、昨日から始まってますが一進一退。

あ”ー歌録り難しいぃー。

弦や管との噛み合わせがもう、、、ィイイーッってなるわ。

改めて下手だのーと痛感。

精進します。


サイ
[PR]
by bonobosblog | 2010-08-14 22:49 | レコーディング
管と弦
昨日は怒濤のホーン隊6〜7曲録りでしたが、さすがに皆さん手練ぞろい。

あっという間に、つつがなく録り終わりました。

最高です。

残ったクラリネットとフルートは、今日の弦録りが終わったら武嶋君がバッチリ決めてくれるでしょう。

今日は諸事情で少し遅れてスタジオ入り。

来てみたら一曲録り終わってて、次曲に移ってました。

感動ですわ。
[PR]
by bonobosblog | 2010-08-11 15:04 | レコーディング
レコーディング19日目。
本日も入間マグノリアスタジオ。

今日はドラム録りです。

ゲストはスペシャルアザース/宮原良太。

マイクセッティングの間中、ギターでティアーズ・イン・ヘブンやら、トゥルーラブやらを弾いてます。

笑いを産むほど意外な美声。


昨日二人でドラムアプローチ決めと練習してたんだけど、生ドラム入ると全然違ってくるねー。

曲への理解の早さと、それを即座に表現できるスキルがすばらしいです。

フビライ・ハーン似は伊達じゃねーな。

あ、「禁じられた遊び」弾き始めやがった。



[PR]
by bonobosblog | 2010-08-08 14:49 | レコーディング
本日も入間!
今日も入間ジョンソンタウン、マグノリアスタジオにてソロ作品のレコーディング。

あっつい。


RECはとても順調です。

始まる前はウッドデッキでバーベでもやっか!ぐらいの感じだったけど、ぜんぜんそんな暇ないです。

もう毎日毎日昼から晩までこもりっきり。

時には魚も焼いてみたいわっ!


風呂ロックのチケットは無事とれましたでしょうか。

今回はキャパも増えたし、相当のうっかりさんでなければとれたでしょう。

オリジナルも増えてるし、カヴァーも新しくやってみたい曲がいくつかあるので、なかなか新鮮なライブになるのではないでしょうか。

あと、bonobosオフィシャルHPではまだ告知されてませんが、ミナミホイール2010にも出演いたします。
詳細は近々。

あと、まだ内緒ですが都内でもライブが控えております。

いやー、楽しみだねー。



[PR]
by bonobosblog | 2010-08-01 17:19 | レコーディング
レコーディング真っ最中。
毎日暑っっっっっっいのー。

みなさん水分補給はこまめにどうぞ。


レコーディングが始まってまだ5日目。

ギター録ったりギター録ったりギター録ったりしてます。

ギターばっかです。

作業始まるまで気がつかなかったけど、ソロのレコーディングってやる事いっぱいあんのね。

ゲストプレイヤーの楽器以外は全部やんなきゃいけない。

これは盲点。

本当に終わるのか。


楽しみにしててください。



[PR]
by bonobosblog | 2010-07-23 21:38 | レコーディング
DVD用オーディオマスタリング中!
今日は心斎橋でマスタリング、まだまだ終わりまへん。

昨日は空き日だったので散歩しに。
空の上はどうも風が強いようで、雲の形がどんどん変わっていました。
f0197258_1423676.jpg

どうも一雨降るなと思ったら、日暮れとともにぽつぽつと。

大仙公園への道すがら、雨をやり過ごすために大通り沿いのコーヒー屋に。
歩きながらずっと、Mixの終わったばかりの「宇宙温泉へようこそ!」DVD用音源を聴いてました。
「夏至にトカゲは」とか「天体のワルツ」のあたりが、日暮れの大仙公園と合うんじゃないかと思って。
f0197258_143967.jpg

案の定最高でした。

というわけで今日はその音源をマスタリング。
とてもいいMixなので、余計な事はせずにそのままレベルを上げる程度にしてます。
いいわー。
今回がDVD、家宝になる確率470%!!!!


[PR]
by bonobosblog | 2009-10-27 01:44 | レコーディング
『夕景スケープ』マスタリング。
今日は『夕景スケープ』のマスタリング。

ピッカピカとウェルカムな感じで輝いてます。
f0197258_3351070.jpg

ここは子安にあるJVCのマスタリングスタジオ。
久々の小鐡さんマスタリング。
f0197258_3353530.jpg

小鐡ルーム。
大幅にシステムも変わり、音もだいぶ変わった。
f0197258_3355311.jpg


iTunesでの配信用マスタリングとラジオやTV、ネットなどの放送用+着歌配信用のマスタリングを2種類作成。
なぜかというと、サンプリングレートが違うから。

レコーディングの時点では96kHz / 24bitの.WAV、CDは44.1kHz/ 16bitのWAV、携帯用の配信はちょっとわからないけど、iTunesは多分44.1kHz / 16bit。

このへんとか読むと、圧縮/無圧縮など、形式での違いがなんとなくわかるかも。

今回のシングル『夕景スケープ』は試みとして48kHz / 24bitで配信(iTunesのみ)する予定です。

ビット数やサンプリングレートが高いから単純に音が良いとは言えませんが、大雑把にいうと音の細やかさという点ではCDより48kHz / 24bitでの配信の方が勝ってるかもしれません。

でもこればかりは聴いてみないとわかんないし、今日マスタリングしてわかったのは、楽曲そのものや録り方やミックス次第では、ある程度潰した方が音がまとまって聴こえるということもあり得るということでした。

音楽にとっては高音質が最良なのではなく、最良に聴こえる音質が最良ということなのかもと少し思いました。

というわけで、ラジオやTVで流すときのメディアは大概CDなので、従来通りCDフォーマット(44.1kHz / 16bit)のためのマスタリングを、iTunes配信用は一応iTunes公式アナウンス通りなら最高音質である48kHz / 24bitでの配信のためのマスタリングをしました。

微妙な違いに見えますが、48kHz / 24bitを自前のPCで44.1kHz / 16bitに圧縮するのと、マスタリングの際にサンプリングレート別にそれぞれマスタリングするのとでは、段違いのようです。

これは僕も勉強不足だったので、これから少し検証したいなと思ってます。

音楽の楽しみ方は人それぞれです。

プレイヤーやメディアの種類、ヘッドフォンで聴くのかスピーカーで聴くのか、勿論ヘッドフォンもスピーカーも安価なものからバカ高いものまで沢山ありますし、とにかく沢山の楽曲を環境や気分に合わせて生活のお供にしたいとういう人や、気に入ったものを腰を据えてじっくり聴きたいって人、とにかく自由です。
録音物より生最高って人もいるでしょう。

まぁ何でもいいんですけど。

とにかく、せっかくの配信限定シングルなので、試せることは試してみよう。
サンプリングレートやビットレートの増減でどんだけ変わるのか、果たして良いのか悪いのか、有りなのか無しなのか、一緒に検証してもらえるとこれ幸い。
これで良かったら楽しみ増えるでしょ。

最近iPodも160 GBとか、PCのHDDも2.5 TBとか結構な容量あるんだからケチケチせずに容量おごってよってことでいっちょよろしく。

長々と何を。


[PR]
by bonobosblog | 2009-10-23 05:23 | レコーディング
Twitter
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム