圧力鍋で20分!かんたんお赤飯

実家に2か月間居候してたとき、母の中でブームになったのが圧力鍋でお赤飯を作ること。
きっかけはもち米をいただいたことから始まりました。

「久しぶりにお赤飯が食べたい」という私のリクエストに、まずは一回作ってくれ…「簡単だったわ!」と、それからは頻繁にお昼ご飯に出るように!

d0339702_15150326.jpg


おいしくて簡単、しかもなんだか特別感もありお豆も摂れるとあって、私も家に帰ってから作るようになりました。

d0339702_15150316.jpg


圧力鍋ってホント便利。

1.まずは小豆(1/4カップ)と水2カップを鍋に入れて強火にかける。
2.おもりがゆれ始めたら弱火にし、加熱時間3分、蒸らし時間5分。
3.ふたを開けて小豆と茹で汁を別々にし、茹で汁は水を加えて320mlにする。
4.小豆と茹で汁、洗ったもち米(2カップ)を圧力鍋に戻し入れ、強火にかける。
5.おもりがゆれ始めたら弱火にし、加熱時間2分、蒸らし時間10分とって完成!

お赤飯のよいところは、食物繊維が多く摂れること。
玄米ご飯よりもたくさん摂れるんですよ。
また、小豆にはサポニンという成分が含まれているのでむくみ予防につながるし、あの赤い色はポリフェノール。
抗酸化作用も期待できます。

こう考えると、お赤飯ってアンチエイジングメニューなんですね。

めったに食べる機会がないと思いますが、一度圧力鍋で作ってみて!
きっと日常食になるはずですよ。

大砂嵐の勝負飯 <梅ちゃんこ>

テレビで、トップアスリートが食べているご飯が紹介されていました。

フィギュアの高橋大輔選手、体操の内村航平選手などの勝負飯が紹介されたあと、お相撲の大嶽部屋がちゃんこの紹介を。

「なんだ、ちゃんこか。この暑いのに…」なんて思っていると、最近私がヘビーユーズしている梅干を使ったちゃんこだと!

その名も「梅ちゃんこ」。要は、だしに具材を入れて、たたいた梅干をいれるというもの。
食欲がなくなる夏になんとかたくさん食べてもらおうと、大嶽部屋の食事担当者が考えたのだそう。この部屋のオリジナルで、他の部屋ではやっていないメニューみたいです。

d0339702_15150367.jpg


さっぱりしていておいしそうだったので、私もやってみました!
といっても、ちゃんこではなくスープで。
野菜のお吸い物を作って、その中に梅ペーストを混ぜてみると…、ほんとだ!さっぱりしていて夏にぴったり!!

地味な食材しか入れなかったので(大根、わかめ、しめじ)写真うつりは悪いけど、おいしくておかわりまでしちゃいました。気に入った!

大嶽部屋では豚肉が食べられない大砂嵐のために、鶏肉を使ってこの梅ちゃんこを作っているんだとか。
大砂嵐もおいしいと言いながら食べてましたよ。

私は翌日、お肉とそうめんを入れて朝食にしました。
おいしかったでーす。

ラ・ファソン古賀のソースキュリー

週末の誕生日、代々木上原のフレンチ有名店、ラ・ファソン古賀(旧 コムシェブ)でみんなにお祝いをしてもらいました!

d0339702_15150466.jpg

(写真はHPより)

ここは先輩Kさんのお兄さんのお店。コムシェブ時代から通わせてもらっていて、今回は移転して初めての来店。

毎回ながら本当においしくて、今回は穴子とフォアグラとフルーツを組み合わせた魚料理に感動しました!
あとウニとコンソメゼリーが入ったコーンスープもおいしかったなあ。
とにかく絶妙な食材の組み合わせを生み出す、その発想力がすごいと思います。

楽しくておいしくて、そしてお誕生日までお祝いしてくれたことが幸せで、本当にハッピーな一日でした。

d0339702_15150417.jpg


Kさんからは、このお店の名物、ソースキュリーというカレーをプレゼントしてもらっちゃいました!
ソースキュリー、大好きなんです。
お店で買って帰ったことも、取り寄せたこともあるくらい大好き。

d0339702_15150434.jpg


今晩は、早速ソースキュリーを夕食に。

そう、見ての通り、具なしのカレーなんです。
でもあなどるなかれ。牛すね肉、十数種類の野菜からとったブイヨンをベースにしているこのカレー、とにかく美味!
しかも手間を加えて油分を取り除いているらしく、胃もたれもしないんだとか。

だからガッツリしたカレーっていうのではなくて、繊細な味なんです。お腹も心も満たしてくれる癒し系というか。
でもカレーとしての満足度は文句なし! サラサラのスープなのに、お腹はちゃんといっぱいに♪

d0339702_15150450.jpg


同じくお祝いしてくれたNさんからは、汗かきな私のために、こんなたくさんのタオルをプレゼントしてもらっちゃいました!
冷えないように靴下も♪

Kさん、Nさん、そしてYちゃんさん、どうもありがとうございました!

ソースキュリー、気になる方はコチラからチェックしてみてくださいね。
今発売の東京カレンダー(カレー特集)にも載っていますよ。
http://la-f-koga.com/curry

紫外線予防に! スイカジュース

今月からスイカにはまっています。
とにかくスイカが食べたくてしょうがない!

d0339702_15150409.jpg


で、届いたのが丸ごと1個のスイカ。
やったー!

でも、、、決して冷蔵庫に1個を保存することはできないので、半分は冷蔵庫、残りは皮と種をとって小分けにして冷凍庫へ。

d0339702_15150451.jpg


今朝はこの冷凍スイカをミキサーにかけて、スイカスムージーにしてみました。
そのままじゃミキサー動かないので、ちょっと常温に置いて溶かしてから水をちょっと加えてスイッチオン。

d0339702_15150420.jpg


なんておいしいんだろう…。

今までこんな大量のスイカが家にあったことがない我が家。だからいつも普通に食べてたけど、スムージーにしてもおいしい。

千疋屋なんかで飲んだら軽く1000円以上するんだろうな、と贅沢気分を満喫です♪

スイカの栄養としては、まずはカリウムがあげられます。
利尿作用、むくみ防止で有名ですよね。

あとは、リコピン!
そう、トマトで知られている赤い色の成分です。

このリコピン、強力な抗酸化作用があるので、紫外線の強い時季は力強い味方になってくれます。
紫外線のダメージから肌を守ってくれるんですよ。
さすが夏の果物だ。

じゃんじゃんスイカを食べて、アンチエイジングするぞ!

モロヘイヤとオクラのネバネバレシピ

モロヘイヤはすーーーーーっごく栄養がある夏野菜。

古代エジプトの王が重病にかかってどんな薬を飲んでも治らなかったとき、モロヘイヤのスープを飲んだらたちまち回復した、という逸話があるほど。
だからモロヘイヤは、「王様の野菜」と呼ばれているんですって。

夏バテ、熱中症予防にモロヘイヤはオススメ!

d0339702_15150429.jpg


これ、母がこの前作ってくれておいしかったので、私もマネしてみました。

作り方
1.モロヘイヤとオクラを茹でて、包丁でたたく。
2.麺つゆとかつおぶし、千切りの生姜(各適量)を入れて混ぜる。

実家ではこれを冷や奴にかけて食べたのですが、今回はそうめんにかけてみました。

d0339702_15150454.jpg


これまた先週の「男子ごはん」でコウケンテツが紹介していた「四川風ピリ辛そうめん」をマネして…!

鶏肉は豚コマに、野菜はこのモロヘイヤとオクラで代用ってことで、見た目は全然違うけどおいしくできましたよ♪
しかも、ネバネバしてるから麺にからみやすくて食べやすかったです。