カテゴリ:カルシウム補給食( 8 )

マンゴー+油=ワインのおつまみ!

先週、食品卸の大手、国分という会社の300周年記念展示会に行ってきました。

場所は国際フォーラム。所狭しと食品メーカーのブースが並んでいて、会場は試食の嵐!

でも私は普通にお昼ご飯を食べちゃってたから、到着時には満腹状態。
試食を断りながらブースをまわってたんですけど、一緒に行った社長はお腹ペコペコ、積極的に試食してたところ…、「これすごくおいしい!」と感動してたのが、フルーツ缶詰のコーナー。

そんなにおいしいならと思って食べてみたら、、、ホントにすごくおいしい!

d0339702_15152205.jpg


それがこれ(もうマネしちゃった)。
まず、パンに玉ねぎスライスとマンゴー缶をのせます。

d0339702_15152275.jpg


そしてコーン、マヨネーズ、とろけるチーズをのせてトーストします。
仕上げにカレー粉(少々)とパセリをかけて完成!

マンゴーが見事に他の具材と調和してて、なんだかフレンチビストロの前菜みたい!?
ワインに合いそう。とにかくおいしいの!

これを作ったときは、カロリー控え目にマヨネーズとチーズを少なめにしたら、ちょっと調和が乱れたかんじになっちゃいました。
なので後からマヨとチーズを足したんですけど、そうしたら展示会のおいしさが再び到来!
このメニューには、油分が大切なんだと学習です。これを食べるときは、カロリーは気にせずおいしさを優先しなければ。

今度はおつまみ用に夜作ろう。
マンゴーじゃなくても、黄桃缶詰めでも合いそう♪

今月のヒットメニュー! ヨーグルト白和え♪

今日で5月も終わり。明日からはもう6月なんですね。

私は毎月新しいメニューを何品か試すようにしているんですけど、この5月は「ヨーグルト白和え」が我が家でNO.1の支持を得ました(テレビで紹介されてた人さまのレシピだけど…)!

d0339702_15152227.jpg


これ、普通のひじきの煮物。

これにヨーグルトとすりごまをプラスすると、、、

d0339702_15152225.jpg


白和えに変身!

水切りしたヨーグルトにすりごまを混ぜて、それに煮物を入れるとクリーミーな白和えになるんです。

ヨーグルトは水切りしてあるから、クリームチーズみたいなもったり感。
なぜか酸味はほとんど感じず、和風に近いとってもおいしい一品に仕上がりました。

私は作り方をちょっと変えちゃってるけど、ちゃんとしたレシピはこちら。
http://www.tbs.co.jp/hanamaru/recipe/recipe20120514-3.html

夫は「ツナみたいな味がする。サンドイッチにしたら合いそう」と。
私はツナみたいだなんて思わなかったけど…、確かにパンにも合う気がするので、今度やってみよう!

----------------------------お知らせ-----------------------------
今月発売の美的7月号で「バランス食で賢くスリム」特集のレシピ監修をしています。

d0339702_15152200.jpg


よろしければ、P.82-89をご覧ください!

ヨーグルトのアレンジレシピ!

ヨーグルトって冷たいから冬はほとんど食べないけど、基本的に好き。
最近暖かくなってきたので、ヨーグルトの出番が多くなりました。

d0339702_15152444.jpg


ちなみに世の中的にも、4月から売り上げが伸びるみたい。

d0339702_15152431.jpg


このチキン、ヨーグルトで煮込んだんですよ。

母が新聞に出ていたレシピを教えてくれて、作ってみたらハマりました!
南蛮漬けみたいな風味でおいしいんです。

このメニューは、今週火曜日のもの。
今週は急な仕事で急激に忙しくなって、火曜は帰宅が10時すぎに…。
「ご飯作るのめんどくさーい」と思いながらも、夫が後から帰ってくるから作らないわけにもいかず。

「ああ、、一人暮らしなら適当なもの食べて寝ちゃうのに」なんて思いながら、渋々調理開始。
でも、、、、、、味見をしたらおいしくてテンションアップ!

結局、夕食が0時になっちゃったけど、ふたりで「これおいしい」「新メニューで久々ヒット!」と盛り上がりながら食べることができました。

d0339702_15152498.jpg


翌日のお弁当もこれ。ヨーグルトの酸味効果で、冷めてもやわらかかったですよ。

掲載されていたレシピはちょっと濃い目の味付けかな?と思って、少し分量を調整しました。あともろもろ調整してます。
でもおいしくできたので、よかったら参考にしてくださいね。

新聞のレシピ説明欄には味噌煮込みみたいな味だと書かれてたけど、断然南蛮漬け寄りの味だと思います。これからの季節にぴったりかも。


チキンのヨーグルト煮込み

材料(2人前)
鶏もも肉 2枚
塩 少々
Aヨーグルト 1カップ
A醤油 大さじ2
Aみりん 大さじ1
A砂糖 大さじ1

作り方
1.塩をした鶏もも肉の皮目を下にしてテフロンのフライパンに並べ、火をつける。
※皮の脂で焼きます。
2.焼き色がついたら裏返し、Aの材料を合わせたものを入れ、ソースに軽くとろみがつくまで煮込む。

あったかドリンク「きな粉豆乳」

今週の前半は、秋を通り越して冬みたいな寒さでしたね。
つい最近まで、ミキサーでフレッシュジュースを作っていた毎日がうそみたい。
今週からは、ホットドリンクを作るようになりました。

d0339702_15154418.jpg


最近お気に入りなのが、豆乳ドリンク。
材料は、豆乳ときな粉と黒糖の3つだけです。

豆乳もきな粉も、大豆を加工したもの。
大豆の成分で特徴的なのが、大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、とくに更年期障害を改善する働きが注目されている成分なんですよ。

その他にも、PMS(月経前症候群)の軽減、骨粗しょう症の予防、乳がんや子宮がんの予防、抗酸化作用など、女性にとってうれしい働きがいっぱい!

d0339702_15154463.jpg


しかも、大豆製品の中でも、きな粉に含まれている大豆イソフラボンの量はトップクラスなんです。
女子力アップのこのドリンク、簡単につくれるので、よかったら下記のレシピを参考にしてくださいね。


きな粉豆乳(1人前)
140kcal


材料
豆乳(無調整) 150ml
きな粉 大さじ1
黒糖 大さじ1

作り方
1.豆乳ときな粉、黒糖を鍋に入れて火にかけ、黒糖を溶かす。
2.黒糖が溶けて温まったら、器に注ぎ入れる。
※豆乳は沸騰し過ぎると分離するので、注意しましょう。

しじみの味噌汁にひと工夫

この前、お酢メーカーのミツカンさんの商品開発者の方とお話をさせてもらったときのこと。
その方は、いろいろな食べ物にちょこっとお酢をかける「お酢のちょこっと使い」を毎日実践されていたんです。

その中で印象的だったのが「お味噌汁にお酢を入れるとなかなかおいしいんですよ」と、教えてくれたこと。

お味噌汁にお酢!?と一瞬思いましたが、そういえば酢味噌和えっておいしいよな、と思い直し…さらに思いついたのが、これ。

d0339702_15154883.jpg

そう、しじみのお味噌汁。これにお酢を入れてみました!
でも、ただのお酢入りお味噌汁ではありません。密かにカルシウム補給にぴったりの仕様になっているんですよ。

たとえば、骨付き肉をお酢入りの調味料で煮込むと骨からカルシウムが溶け出す、と聞いたことありませんか?

貝の殻も同じです。

しじみやあさり、はまぐりなどの貝も、お酢を入れた湯で火を通せば、殻からカルシウムが溶け出してきます。
だから地味にカルシウムをチャージできる汁になっているんです。

お酢を入れたお味噌汁は初体験でしたが、若干お酢の風味を感じる程度で、とくに気になりませんでした。
私は2人分で小さじ1のお酢を入れてみたのですが、もう少し入れてもよかったかな?

夏にはさっぱり感があっていいかも。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・s
d0339702_15154846.jpg

今発売中の美的8月号(小学館)で「目からウロコのキレイに栄養素ガイドライン」特集の食事診断を担当しました。
キレイになるための食べ方が載っていますよ♪

なんちゃってクレームダンジュ

「気候が暖かくなってくると冷たいものが食べたくなる」という人間の心理状況を反映して、5月からヨーグルトの売り上げって伸びてくるんですって。

なるほど、たしかに私も今月からヨーグルトの500gパックを常備するようになりました。

ということで、今日はイタリアンデザートの定番、「クレームダンジュ」の簡単作り方をご紹介!
クレームダンジュって、フロマージュブランというフワフワのフレッシュチーズを使って作るものなのでヨーグルトとは関係ないのですが、フロマージュブランは手に入れにくいものですよね。

そこで、代わりにヨーグルトで作っちゃおう、というわけです。
しかも生クリームや卵白も使わない、思いっきり手抜きなレシピです。

なんちゃってクレームダンジュ
100kcal


d0339702_15154970.jpg

材料(2人前)
ヨーグルト(無糖) 100g
クリームチーズ 20g
砂糖 大さじ1
お好みのジャム(低糖) 大さじ1
あれば、ミントなどのハーブ 適量

作り方
1.クリームチーズを室温に戻す。
2.1と砂糖をなめらかになるまで混ぜ合わせる。
3.ヨーグルトを少しずつ加え、なめらかになるまで混ぜ合わせる。
4.キッチンペーパーで3を包む。。
5.ボウルにざるを重ね、4をのせる。その上から適当な器などを重しとしてのせる。
6.冷蔵庫に約30分間入れ、水切りをする。
7.2等分にして器に盛り、お好みのジャム、あればミントなどのハーブを添える。

作り方5のヨーグルトの水切りは、こんな感じでやっていただければOK。

d0339702_15154919.jpg

ざるがなければ、ざるなしでも、けっこうちゃんとできますよ!

ほうじ茶ラテ

生姜ココアに続き、今年のマイブーム第二弾は「ほうじ茶ラテ」!

前の席の同僚がスタバのほうじ茶ラテを飲んでいたのに影響されて、作ってみたらハマりました。
和と洋のおいしいコラボです♪

ということで、今日はほうじ茶ラテのレシピをご紹介しますね。

d0339702_15155390.jpg


ほうじ茶ラテ

材料(1人前)
牛乳 120ml
ほうじ茶 大さじ1
水 50ml
砂糖 大さじ2/3-1

作り方
1.鍋に水とほうじ茶を入れ、火にかけて煮出す。
2.牛乳と砂糖を入れ、弱火で温める。
3.茶こしを使い、器に注ぎ入れる(もしくは2を急須に入れ、注ぎ入れる)。

ほうじ茶は、濃く煮出すとおいしいですよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お知らせ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0339702_15155330.jpg

今発売中の美的4月号(小学館)で「女医さんの朝ごはん」特集の栄養診断を担当しました。
女医さんたちが毎日食べているもの、気になる方はぜひご覧ください!

熟しすぎた柿の活用法!

私は今まで、とくに嫌いじゃないけど好んで柿を食べてきていませんでした。
なので結婚後、夫の実家が柿を送ってくれるようになっても、存在を忘れてしまうことがしばしば。。
気付いたらこんなに熟しちゃってたり・・・。

d0339702_15155694.jpg

どうしよう、捨てるのも忍びないと、フードコーディネーターの同僚に聞いてみると「つぶしてヨーグルトにかけたりするとおいしいよ。冷凍もできるし」とナイスアドバイスが♪

d0339702_15155799.jpg

なるほど、これいい!

熟しすぎた柿を半分に切って、手でぎゅっと潰すと、瞬間にペースト状に!
これをヨーグルトにかけて、甘みが足りなかったらはちみつをかければフレッシュジャムみたいな味わい。

普通に切って食べるより、むく手間が省けてこっちのほうがいいかも(というより、こっちのほうが食感が好き)。
最近はもっぱら朝食にこのヨーグルトを食べています。

チャツネ代わりにカレーに入れてもよさそう。
冷凍しておけばいつでも使えるしね。

これでもう、毎年柿が送られてきても安心!