カテゴリ:スピード☆ダイエットレシピ( 17 )

服部流 即席しば漬け!

服部栄養専門学校に通っていたとき、お料理クラブに入部していました。
このクラブは「○○を作ってみたい!」とリクエストをすると、それを叶えてくれる贅沢なクラブでした。

「例えば、餃子を皮から作りたい」と言えば、調理師科から中華の先生がきてくれたり、「ケーキを作りたい」と言えば製菓の先生がきてくれたりという具合。
今思うとほんとにありがたいと思います。

卒業して10年経ちますが、このクラブで教えてもらってから毎年作っているのが、即席しば漬け。

d0339702_15150517.jpg


何かメインは他にあって、その付け合わせだったと思うのですが、みんなこっちを絶賛。
夏らしくて簡単でおいしいんです。ポイントは、レモン汁を入れること。レモンの効果で清涼感がアップして、暑い日にぴったりの副菜になります。

d0339702_15150553.jpg


材料は茄子ときゅうりと茗荷と生姜。
今日はきゅうりがなかったから、彩りとしてしそをトッピングしてみました。

あ~、夏だなあ。。。


レシピはコチラ!

服部流 即席しば漬け

材料(作りやすい分量)
茄子 2本
きゅうり 2本
茗荷 4個
生姜 20g
(合わせ酢)
酢 大さじ6
砂糖 大さじ1・1/2
塩 小さじ1/5
レモン汁 1/2個分

作り方
1.茄子ときゅうり、茗荷は縦半分に切り、ななめ薄切りにする。きゅうりと茗荷をボールに入れ、塩(小さじ2)をふって軽くもみ、しんなりしたら軽く塩気を残して水洗いし、よく水気を切る。
2.茄子は水(大さじ2)、塩(小さじ2)をふって軽くもみ、しんなりしたら軽く塩気を残して水洗いし、よく水気を切る。
3.生姜は千切りにし、湯通しする(私はこれは省略しています)。
4.合わせ酢の材料を混ぜ、1-3を和える。

ストレス解消には、カレー!

先月のTV「世界一受けたい授業」で、カレーはストレス解消にいいとやってました。

なんでも、ストレスがかかっている状態というのは、血管が収縮している状態。
そこに老廃物(活性酸素)もたまりやすくなるのですが、カレーに入っているクルクミンという色素(←黄色い色の素、ウコンやターメリックのこと)は血管を広げて血流を良くし、活性酸素も取り除いてくれるんだそう。

つまり、ストレス解消につながるんだと。

私、カレー大好き!
そして私の父もカレー大好き。
まだ実家に居候しているのですが、父がカレー好きなおかげで、カレーライス、カレーチャーハン、カレーピラフ、カレーうどんなどなどをよく食べています。

だからかな? 最近イライラすること全くなし!
単に実家にお世話になってるからだろうけど…。

d0339702_15150663.jpg


さて今日は、レンジで簡単に作れるドライカレーをご紹介します!!
先週のタニタ食堂に負けないくらい、野菜の食べごたえがありますよー。

簡単レンジドライカレー

材料(1人前)
鶏ひき肉 50g
Aカレー粉 小さじ2
A片栗粉 小さじ1/2
Aおろし生姜 適量
A醤油 小さじ1/3
Aコンソメ 小さじ1/2
Aオリーブ油 小さじ1/2
ミニトマト 1/5パック
なす 1/2本
オクラ 2本

作り方
1.ミニトマトはヘタをとって半分に切る。なすとクラはヘタをとって食べやすい大きさに切る。
2.鶏ひき肉を耐熱容器に入れ、Aの調味料を加えてよく混ぜ、1の野菜も合わせる。
3.2にラップをしてレンジで約1分加熱をしたら取り出し、混ぜ合わせる。さらに約1分加熱することを2回繰り返す。

おでんを「ねぎ焼き」にリメイク!

まだまだ毎日寒い!

なのに、おでんを作ったのはこの冬初。らでぃっしゅぼーやの宅配便の中になかなか大根が入ってなくて、大根来たら作ろうと思ってたら2月になっちゃいました。

d0339702_15151147.jpg


で、おでんが余ったら作りたいものがあったのです。
だからわざと余るよう大量に作りました。

それは、これ!

d0339702_15151115.jpg


カリスマ料理ブロガーのみきママさんが紹介してた「おでんリメイク ネギ焼き」です。
長ねぎとおでんの具を細かく刻んで、卵と薄力粉を混ぜて焼くだけ。

おいしかった! 気に入りました! みきママさん、やっぱりすごいな。
こんにゃくを細かく刻んで入れたら、まるでイカを食べてるみたいな気持ちになってテンションもアップ♪

最近、ご飯作るの面倒くさくなっちゃってて、、、定番の作りやすいものばかり作ってたけど、おかげで少し楽しい気持ちになりました!
毎日する料理だから、変化をもたせて自分の気持ちを高く保つようにしなくちゃなー、って改めて実感。
みきママさんに感謝。

ダイエットステーキ!

先週からの忙しさがずっと続いてて、、、今日がピークなので、かなりテンパり気味。。。

今日は来週のとある仕事で使うレシピを試作してましたー。

d0339702_15152434.jpg


こんなのとか、、、

d0339702_15152427.jpg


こんなのとかとか。

夏メニューの依頼なので、夏野菜がいっぱいです。

で、気分転換(現実逃避?)にこんなものも作ってみました。
○○のステーキです。さて、何でしょう?

d0339702_15152499.jpg


答えはこちら!

d0339702_15152405.jpg


えのきの根元です!

ずっと前にテレビでこういうのを見て、いつか作ってみようと思ってたんです。
そしたらちょうど今日、えのきを使うメニューが。
ふっと思い出してから3分で作れちゃいました。

レシピはほとんど覚えてないから、相変わらず勝手にアレンジしてますが、こんな感じ。

えのきの根元(両面)に片栗粉をまぶし、油を熱したフライパンで焼いて、醤油と酒をからめる。
そして、青のりをかける。

青のりの効果か、口に入れた瞬間、ホタテを食べたのかと思いました。
でも、ほんの一瞬、0.1秒くらいだけど。

でも食感も良いし、日本酒とすごく合いそう。
いいおつまみレシピを発見しました!

というか、究極のダイエットメニュー!?

あわただしい中、ちょっと心が癒された時間でした。

豆腐の味噌汁+キムチ=麻婆豆腐!?

昨年末だったか、テレビでやってたんです。
豆腐の味噌汁にキムチを混ぜると、麻婆豆腐になるって。

「ホントに?」と疑いつつも、もしこれでおいしくできるならいいな、と思ってやってみました。

d0339702_15152767.jpg


これを作るために、わざわざ豆腐の味噌汁を作るくらいの期待を込めて。

レシピは出てなかったから、適当にクッキング。
豆腐の味噌汁を沸かして、キムチを適量入れて味見をしてみたところ、「ん?」という微妙な味…。
酸味が立ってて、麻婆豆腐とは決していえない。。。いや、料理としてこれは成立してないんじゃないかと思うほど。

でもこれで捨てちゃうんじゃもったいないから、とりあえず麻婆豆腐を作るときに入れる調味料を入れてみました。

味噌はもう入ってるから、オイスターソースと醤油、そして生姜を投入。

d0339702_15152775.jpg


なんと、この調味料のおかけで一気に麻婆豆腐に近づきました!
酸味がグッと抑えられて、かつ旨みが加わったから、味にまとまりがでてくれました。
水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。

まあ、正真正銘の麻婆豆腐とはいえないけど、これはこれで成立してます。
アリです。

d0339702_15152740.jpg


ということで、お弁当に持っていったところ…、時間がたって味がなじんだのか、おいしくなってました!
予想外だったので、一層嬉しい!

また作ってもいいかも。

一応、私が適当に作ったレシピはこちらです。

材料(2人分)
豆腐の味噌汁 480g(豆腐200g、味噌汁240g)
キムチ 50g
Aオイスターソース、醤油 各小さじ1
Aおろし生姜 適量
水溶き片栗粉 適量
ラー油 適量

作り方
1.豆腐の味噌汁とキムチを鍋に入れ、沸かす。
2.Aの調味料で味を調え、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
3.ラー油を回しかける。

さすが! グッチ祐三の「もや酢炒め」

去年だったかな? 芸能界で一番料理がうまい人を決める大会「THE 料理王」という番組があって、優勝したのがグッチ裕三。

グッチさんが決勝で作ったもやし料理が話題になったんですよね。
作ってみたい!と、そのとき思ったんですけど、うちには常備していない「すし酢」が必要だったから、そのまま作らずに今までいました。

先週、同僚のAさんとなんの気なしにグッチさんのもやし料理の話になって、「すし酢余ってるから、持ってきてあげる」といってくれたんです(やさしい♪)。
翌日、会社の冷蔵庫には「長さん用」と書いてあるすし酢が(ありがとう!)。

d0339702_15153291.jpg


念願の「もや酢炒め」、作ってみました!

にんにくと唐辛子を油で炒めて、もやしを入れて塩・こしょう、すし酢で味付けをしたら完成。
とにかく簡単で、すし酢でこんな複雑な味がでるの?というおいしさでした。
和食でも洋食でもエスニックでもない、食べたことのない味。
グッチさんが「すし酢はツカえる!」と常々料理番組で言っていたのがやっとわかりました!

レシピは、はなまるマーケットに載っていたこちらを参考に。
もやし2袋と書いてあるけど、フライパンがいっぱいいっぱいになって炒めるのが大変だったので、大きくないフライパンで作るときは1袋で作った方がやりやすいかも。

グッチさんのもや酢炒め

材料(4人分)
もやし 2袋(400g)
にんにく 3片
唐辛子 2本
すし酢 大さじ3
塩、こしょ 各少々
サラダ油 大さじ3
※私は、サラダ油の量は半分にしました。

作り方
1.フライパンにサラダ油をひき、みじん切りにしたニンニクを香りが出るまで弱火でじっくり熱する。
2.にんにくが色づいてきたら種を取った唐辛子を加える。
3.もやしを熱湯で湯通し、水気をよく切っておく。
4.フライパンに水気を切ったもやしを入れ強火にし、塩・こしょうで味を調える。
5.すし酢を加え、さっと炒めたら完成。

なるほど! トマトシャーベット!

先週のブログで、トマトをただすりおろすだけのトマトスープのことを書きましたが、つい最近「はなまるマーケット」を見ていたら、こんな面白いデザートを紹介していました。

d0339702_15153389.jpg


トマトを丸ごと凍らせて、すりおろしたシャーベットです。
はちみつをかけていただくんですって。

はなまるマーケットで「おいしい!」と絶賛されていたのでやってみたのですが、納得!
トマトっておいしー。
すごくあっさりしているので、ダイエット中のおやつとか、ガッツリ系の肉料理や揚げ物なんかを食べたあとのデザートとして最適かも。

d0339702_15153351.jpg


ほんとに、ただ凍らせただけのトマトです。
ヘタだけとりました。

d0339702_15153317.jpg


これを、すりおろす!
かなり冷たいですが、けっこうスイスイすりおろせちゃいます。

食べたい分だけすりおろして、残りはまた冷凍しておけばいいのもお手軽。

これはよいデザートだわ!

混ぜるだけ!簡単チョコバナナケーキ

ちょっと前にも言いましたが、「体にやさしい素朴なおやつを作ろう!」がまだマイブームです。

同僚のAさんが、人気の料理研究家 藤井恵さんの「卵なし、牛乳なし、砂糖なしのおやつ」という本を貸してくれて、それを参考に自分なりにアレンジをして作ってみたのが、これ。

d0339702_15153793.jpg


藤井恵さんのレシピはとっても簡単。
小麦粉はふるわなくていいと書いてあります。泡立て器で混ぜて、ほぐせばいいんですって。面倒じゃなくて、いいアイディアですよね!
しかも、食物アレルギーを考えているので、材料には卵なし、牛乳なし、砂糖なし。
牛乳の代わりに豆乳、砂糖の代わりにはちみつを使ったりしているんです。バターも菜種油で代用してたりとか。

この本を読んで、「藤井さん、よく考えたなぁ、すごいなぁ」と尊敬しました。
お菓子でよく使う卵とかバターとかを抜いておいしいお菓子を作るのは、かなり大変だったんじゃないかと思います。

私は何度か作ってみて、藤井さんのパウンドケーキに卵を入れちゃいました…。
藤井さんのパウンドケーキレシピは、全粒粉と薄力粉の両方を使っていたのですが、私は全粒粉を持っていなかったので、初めて作ったときは薄力粉だけで作ったんです。

そうしたら薄力粉のグルテン(粘り)が出たのか、食感がネチャネチャしてしまって…。
納得はいかないけど、味はいい、もしかしたら私が混ぜ過ぎたせいで粘りがでたのかも?ということで、もう一回作ってみてもやっぱりネチャネチャは健在。

それからは考えられる改善をほどこして何回か作ってみたのですが、どうしてもネチャネチャ感は消えませんでした(何回も作れるほど簡単なんです)。
でもある日、「もしかして、卵を入れたら卵の乳化作用かなんかで粘りが消されるんじゃない?」と思い立ち、ダメもとでもう一回作ってみたら、見事味も食感も満足な、ヘルシーなおやつができたんです!

何度もやって藤井さんのレシピとはかけ離れちゃったけど、、、努力の末の(!?)おいしいケーキになりました!

簡単!チョコバナナケーキ
−藤井恵さんのレシピを大幅アレンジ−
材料<7×20×6cmの流し缶1台分>
薄力粉 1カップ(100g)
ベーキングバウダー 大さじ1/2

卵 1個
砂糖 40g
水 大さじ2
ココア 大さじ2
オリーブ油 大さじ2

バナナ 1本(100g)

作り方
1.薄力粉とベーキングバウダーをボウルに入れ、泡立て器で混ぜてダマをとる。
2.別のボウルにバナナを入れてフォークなどでつぶし、粗いペースト状にする。
3.2のボウルに卵と砂糖を入れて混ぜ、さらに水とココアを入れて混ぜる。最後にオリーブ油を入れて混ぜ合わせる。
4.薄力粉を3のボウルに入れてさっくり混ぜる(粉が見えなくなればOK、混ぜ過ぎに注意)。
5.クッキングシートをひいた型に流し入れ、180℃に温めたオーブンで約20分焼く。

○○ソースと○○ジュースでデミグラスソースに!

なにげなくお料理のレシピをネットで検索していたら…、デミグラスソースを使わずに、ある食材をデミグラスソース代わりにして作るハヤシライスのレシピを発見!
しかも、あるものってとっても身近にある食材。

d0339702_15154999.jpg

そう、このふたつです。
お好み焼きソースとトマトジュース。

お姉キャラで人気の料理研究家、マロンさんのレシピなんですよ。
マロンさんなら安心、失敗することなんてなさそうだと思って、作ってみました。

d0339702_15154930.jpg

まさしくハヤシライス!
デミグラスソースがなくても作れるんですね。
しかも15分くらいでできちゃうから簡単。こんなパパっとできちゃうなんて。これは気に入った!

私はマロンさんのレシピ通りでなく、カロリーオフになるようちょこっとアレンジしてみました。
その作り方はこちら。


マロン流本格ハヤシライス
※オリジナルレシピをアレンジバージョン

材料(2-3人前)
牛肉(薄切り) 200g
たまねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
トマトジュース 1缶(190g)
塩・こしょう 少々
サラダ油 大さじ1/2
A水 1/2カップ
A醤油 小さじ1
Aお好み焼きソース 大さじ5
バター 5g


作り方
1.フライパンにサラダ油を熱し、みじん切りにしたにんにく、薄切りにしたたまねぎを入れて炒める。
2.牛肉を入れて炒め、塩・こしょうをする。
3.トマトジュースを加え、2-3分軽く煮込んで少し煮詰める。
4.Aの材料を入れ、軽く煮込んで少し煮詰める。
5.仕上げにバターを加え、塩・こしょうで味を調える。

よりコクを求めるなら、サラダ油とバターの量を増やしてみては。
あと、本当のレシピには、Aの材料にトマトケチャップも入っていましたが、入れなくても味が良かったので入れませんでした。

ぜひお試しあれ!

マシュマロで100kcalスイーツ作り!

友人からクリスマス仕様のマシュマロをいただきました♪
ほら、かわいいイラストがついているんですよ。明治屋のものだそう。

d0339702_15155630.jpg


たくさん入っていたので、半分はなにかアレンジしてみようと思ってムースを作ってみました。

d0339702_15155666.jpg


私は手の込んだスイーツは作りません(作れません…)。
マシュマロの糖分で甘さをつけ、マシュマロに含まれているゼラチンでムースを固めるので、材料も少なくて済むし、とにかく簡単。
冷やす時間を入れなければ10分もかからないかも。

来週はいよいよクリスマス!
景気の影響で、今年はホームパーティをする人が多いみたいですね(私もその一人です)。

もしよかったら、クリスマスデザートにいかがですか?

マシュマロ紅茶ムース
90kcal


材料(4人前)
マシュマロ 60g
牛乳 1カップ
紅茶のティーパック 2袋

作り方
1.牛乳と紅茶のティーパックを鍋に入れて弱火にかけ、煮立てないよう紅茶を煮出す。
2.紅茶のティーパックを取り出し、マシュマロを入れる。
3.弱火のまま煮立てないようマシュマロが溶けるまで混ぜる。
4.器に流し入れ、あら熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める。