エキサイトブログ
Brilliant Kingdom Official Blog
LINK
CALENDAR
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
エキサイト公式ブログ
高橋秀幸公式ブログ「Let's Get たかHappy!」
仲谷明香公式ブログ「続、駄菓子菓子、」
『AJF NEO GENERATION 2013』公式ブログ
鎌田章吾公式ブログ「俺たちスーパースター!」
海保えりか公式ブログ「ぽえりずむ」
明坂聡美ヴログ『共和国ノ進メ』
Sister MAYO Official Blog「MAYOブラボー」
Prico official blog『PricoのPrilog』
宮路一昭公式ブログ『~MY LIFE~』
井ノ上奈々公式ブログ『井ノ上屋』

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧  
6月9日「Brilliant Star☆デコレーションズ vol.3」イベントレポ③  
【BKライブ、コンテスト受賞者、次回おしらせ】

★さて、今回のBKライブは「ワンダーランド」に連動させた。というか反転させた。
ワンダーランドの約束事は、

そこが楽しく、美しく、素晴らしい世界であること。

だが人間は、より良き未来を模索しながら、その空想が
常に楽しく美しく素晴らしいことばかりではないという話をした。
BK-Brilliant Kingdomの世界は、人の闇に潜む真実を見据えている。

ダークファンタジーやデストピアというものの意義を
いつかじっくり有名な論文も使って語ってみたいが、
そんな解説してしまうと味も素っ気もない。ライブでも無くなってしまうからね。

BKのパフォーマンスと歌で悪夢を体感してもらいたい。

そんな感じで今回バビはイキイキとやらせていただきましたとも!
(バビの方が被虐な扱いが多いので…今回は逆転した。フフフ)

写真もイってる表情の写真だらけで、いかに乗ってたかがわかるぜ。
変顔でもなんでも、乗りうつり感が凄いのを紹介しておこう。
でもね、写真よりライブだよ。生で受け止めてほしい。
このデストピア。

d0155379_805326.jpg
1曲目「千年の絶愛レクイエム」が闇へ誘う

d0155379_811949.jpg
BK-Brilliant Kingdomの夜の世界へようこそ。悪の化身「K」

d0155379_815212.jpg
悪の化身「B」は、したり顔で「K」に…フフフ

d0155379_822394.jpg
……不老不死か、毒薬か、媚薬か……

d0155379_825316.jpg
さあ、早く飲み干せ

d0155379_845049.jpg
魂を抜かれた処女…

d0155379_864254.jpg
今回の「B」様は強い

d0155379_873383.jpg
強いぞ (「絶望XTC」)

d0155379_873939.jpg
強いぞ(「涙に慄え聖なる赦しのキスをしろ」)

d0155379_882385.jpg
…だがしかし……やっぱりね……

d0155379_883125.jpg
バッドエンドの後は、闇に復活ギラギラ、ヴァンパイア「K」様

d0155379_891092.jpg
むろん「B」様も復活。闇の人狼。(という設定)

d0155379_894242.jpg
愛は無い、いや、喪い (「月下の微熱幻想(ファンタジア)」)

d0155379_8101871.jpg
穢れなき愛などあるのか?(「Bloody Rose」)

d0155379_8104522.jpg
片翼でも飛んでいこう。天を撃て!

d0155379_8111712.jpg
「Angelic Blaster~偽りの現実(リアル)を撃て~」は
BKテーマ曲にして人気曲 盛り上げてくれてありがとう


★カイエの演じる「K」様はこう語っていた。

お前たちの日常世界をただす整合性。
そんなものに沿った人の理性など、湖で言うならば、その水面にすぎない。

無意識や、非理性という、制御しがたい部分こそが、
湖の水底(みなそこ)を作りあげている。

つまり、湖の大部分が、混沌なのだ。

その深遠を覗き込むことは、昔も今も変わらず難しい。
そうした目に見えないもの、現代の科学で説明できないものを、
軽んじて切り捨ててきた人間たち。
お前たちは、科学の方面で飛躍的な進歩をしつつ、空想力を弱らせた。

しかし、今一度考えてみるがいい……お前たちの心は何処にある? 
脳か? 心臓か?


心は何処にある? 脳か?心臓か?

これは常にBKライブでは繰り返される質問。
この質問の深さをブリデコに参加する皆にはわかってほしい。

変に答えを書かないでおこう。
(ま、いつも答えをライブで言ってるし歌ってるけど)


★勿体ぶったことを書いておきながら、
最後に今回の特に輝ける星であるとされた、受賞者様を紹介しよう。
素晴らしかったが、接戦であったことは繰り返し言っておく。
激戦の中、僅差ながら受賞を勝ちとった皆様、本当におめでとう。

d0155379_8114775.jpg
おめでとう、新たなる武器を授けよう!

d0155379_8121459.jpg

d0155379_8123381.jpg


★次回は7月21日(日)。
学生は夏休みスタートだが、ブリデコでは秋の風が吹く。
(もうデパートでは秋冬物が陳列されているからな)
タイトルは「EAT ME!」
おや、どっかで聞いたセリフだね。そう、「不思議の国のアリス」の
セリフだが、アリス中心じゃないよ。
また色んな広がりを見せるよ。

素晴らしい輝ける世界をみんなで作りたい。レッツブリデコ!

みんなの参加待ってるよ!


バビ(文責)
[PR]
by bkmoonbk | 2013-06-18 08:13 | イベント
6月9日「Brilliant Star☆デコレーションズ vol.3」イベントレポ②  
【ファッションコンテストの部】

★今回の白熱ぶりは凄かった。
コンテストも3回目にして、みんなどういう風に「なりたい自分」を表現するのか。
コーディネートもパフォーマンスも、どんどん慣れてきたね。

例によってBKはコンテスト自体には関われないから、
当日は楽屋のモニターで見て、また公式録画のムービーで
後からじっくり見てすごく感動していた。
手作りの子が増えたし、コーディネートもめっちゃ凝っている。
服装だけじゃなくて、髪の毛からつま先まで。そして持ち物にいたるまで
隙のないコーディネートの子が多くて、優劣は本当につけられない。

審査のポイントは、色々あるんだが、とても大事なポイントがある。


それは「なりたい自分」にどこまでなりきっているか? 楽しんでいるか?


ステージでそれがアピールできた子に得点がつくんだけど、
今回は接戦だらけで、同点がずらりと並んでしまうという事態が起きていた。
それだけ「装苑」編集部のチーフ、デザイナーさんやアーティストさんまで
悩ませるとは、次回はどうなっちゃうんだ~って感じ!

さあ、その優劣つけがたい参加者さんたちをご覧あれ!!
(エントリー順にはならべていません)

d0155379_743512.jpg

d0155379_7435279.jpg

d0155379_7442044.jpg
★今回から、審査のコメントはコンテスト参加者様だけが見られる
ページを作りました。
公開はしないので、お知らせしたところにアクセスして下さいね♪

※注意※コンテスト参加者様に審査員コメント送信済です。6/19



6月9日「Brilliant Star☆デコレーションズ vol.3」イベントレポ③
【BKライブ、コンテスト受賞者、次回おしらせ】 へ続く
http://bkmoonbk.exblog.jp/19001886/
[PR]
by bkmoonbk | 2013-06-18 07:44 | イベント
6月9日「Brilliant Star☆デコレーションズ vol.3」イベントレポ①  
d0155379_728594.jpg
【ファッションショーの部】

★6月9日渋谷REXでの「Brilliant Star☆デコレーションズvol.3」に
参加してくれたみんな、本当にありがとう♪
この6月9日は「ロックの日」って読んで、実は多くのライブハウスが
人気のロックバンドやアイドルさんをブッキングしたり、
イベントに趣向を凝らしたりしている日だった。

たくさんのイベントが重なる中、ブリデコを選んでくれたみんなに
心から感謝しているよ!

当日はとても暑かったね。
ブリデコってる(過剰装飾してる)重ね着の子たちには、これから試練の季節。
普段はTシャツ短パンだっていいけど、
ブリデコのBrilliant Kingdomの扉をくぐるときは
夏を楽しむ…たとえば、避暑地の淑女ならびに紳士であってほしいもの。
体力と空想力をバランスよくおしゃれを楽しもう。

今回のテーマは、そんな空想の世界…ワンダーランド!
ワンダーランドってどういうところなのか?って話は、以前、日記に書いたよ。
http://bkmoonbk.exblog.jp/18859878/

ワンダーランドというのは、空想世界。
ジャンルはさまざま。
その多彩な物語の途中に、ミステリーやスリルがあったりしても、


そこが楽しく、美しく、素晴らしい世界であることが約束されている


って、繰り返し伝えたね。

そうしたワンダーランドを訪れる気分にふさわしい衣装を
今回はファッションショーでみんなにお見せしたよ。


★Enchantlic Enchantillyさんは、
ブランドコンセプトに、アリスのような魔法少女のような…というのがあるので、
今回もアリスのお話を紹介した♪
物語の中のアリスと、モデルとなったアリスの違いや、
どうして当時から少女たちの心をつかんだのか?という話。
そして、少女たちの身分を問わず、アリスの服装が
ファンシードレス(今で言えばコスプレ)として流行した話を聞かせた。

そうしたヴィクトリアンにアリスに熱狂したたくさんの「アリス」たちが
現代によみがえるなら、こんな感じだろうと思われるお嬢様ドレスが
発表されてほんとに素敵だった。

d0155379_7283093.jpg
お嬢様でありたいなら、ふんわりスカートのワンピースは憧れ♪


★abilletage(アビエタージュ)さんは、今回初登場!
しかし、コルセットで有名なブランドさんだからご存知の子も多かったろう。
ブリデコに出展してもらうにあたり、デザイナーバンビさんに取材したとき、
コルセットは「ワンランクアップのオシャレ」と繰り返し仰っていた。
しばしば実在の人物がワンダーランドの住人になり、憧れになる話をしたね。
「旧き良き時代の高貴な人々」それがキーワードであったこと。

一つ上の高貴さ優雅さを手に入れるにぴったりなコルセットやタイツが
次々と登場して皆を夢中にさせていた。

d0155379_729120.jpg
セクシーなコルセットに、コルセット柄のタイツにうっとり♪


★Dangerous nude&nude Soxさんは、
ワンダーランドで、いかに「冒険」が大事なファクターかのお話。
それから、黒猫は日本でもイギリスでも、本当は幸運の猫であったこと。
そういう話をした。意外だったかな? 
アメリカなんかエドガー・アラン・ポーの「黒猫」とか流行しちゃったからね。
黒猫は可愛い、黒猫は幸運! ブリデコではそういうお約束だよ。

そして、妖さんのデザイン画のタイツや、すでに真夏のサンドレスや
涼しげなカラーリングの黒猫ワンピースなどが登場して、
皆心が躍ったことだろう。

d0155379_7292987.jpg
すぐ着て遊びに冒険に行きたい衣装たち♪


★Triple fortuneとpureblack Gothic Laboさんは、
フェアリーテールについて語ったね。
1920年、イギリスヨークシャー州コティングリー渓谷で
2人の少女が妖精写真を撮った話。
以前、日記でもちらりと触れた。
http://bkmoonbk.exblog.jp/17721406/が、事件の核心は語ってなかった。今回じっくり話したよ。

・ピュアブラックさんとは綿密な打ち合わせで
普段のブランドイメージのゴシックの気高さを保ちつつ
フェアリーのアクセサリーに相応しいデザインをたくさん発表してくれた

d0155379_7295887.jpg
妖精の女王のマリエ用に製作された。ため息出るね。
デザイナーシエナさんの指がぼろぼろになったとか。


・Triple fortuneでは、そういう妖精だって住んでいそうな空想世界を
自ら作り出してしまった。新作スカートは全部国の名前になっている。
http://bkmoonbk.exblog.jp/18906872/


●素敵な国の名前を冠した新作スカートたち

d0155379_730268.jpg
虹色の神国

d0155379_7305386.jpg
焔の帝国

d0155379_7311865.jpg
蒼い王国

d0155379_7314557.jpg
春夢の中つ国

d0155379_732815.jpg
ショウ全体ではこんな感じに

d0155379_7324592.jpg

d0155379_733841.jpg
そして、マリエは妖精の女王様を意識した翅リボンつき純白ウェディング。
(バビ個人的に今回のマリエには本気でシビレタ。花の魔法ステッキまで…)



6月9日「Brilliant Star☆デコレーションズ vol.3」イベントレポ②
【ファッションコンテストの部】へ続く
http://blog.excite.co.jp/bkmoonbk/19001750/
[PR]
by bkmoonbk | 2013-06-18 07:41 | イベント
★閑話休題★「華麗なるギャツビー」(ネタばれ少々あり)  
★バビっす。
ブリデコレポの前に、映画の感想ですまん。
本日、「華麗なるギャツビー」の封切を観て来たので、
簡単な感想を書きとどめておきたい。
完全なネタばれはしないよう心がけたけど、多少は触れてしまう。
イヤな子は読まないでね。まだこれからの映画だし。

d0155379_2292029.jpg
期待をそそるポスター!

さて、この「華麗なるギャツビー」(The Great GATSBY)、
この作品を知らないアメリカ人はいないだろう。
文学で学ばないことはないF・スコット・フィッツジェラルドの名作だが、
小説としてよりは、フランシス・コッポラのシナリオで、
ロバート・レッドフォードがギャツビーを主演し、
ラルフローレンの衣装できらびやかに作られた
1974年版の映画で知ってるというという人が多いかもしれない。
古い映画ではあるけれども、名作DVDにも必ず名前を連ねる名映画で、
むろんバビは、もともと小説から1974年版DVDで感動したクチなのだが。

d0155379_2295883.jpg
ロバート・レッドフォード版DVD

d0155379_2302481.jpg
やっぱかっこいいな!

今回、それをディカプリオが主演し、プラダが当時のアールデコの衣装を
手がけるというので、そりゃもう大いに期待をしていた。
……ま、ちょっと、ポスター見る限り、アメリカンドリームを手にしながら
愛する女性への愛を追った伊達男をやるには、レオ様は恰幅良すぎるな…と
不安はよぎったけど、ともかく「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督だし、
衣装はプラダだし、絶対行くと決めていた。

で、BKは鼻息荒く、本日封切に行ってきた。
3Dはいっぱいで入れなかったから、2Dで見たが、最初に押し寄せるような
ギャツビーの城でのパーティーシーンや、激しいカーチェイスのようなシーンは
3Dで見たら酔ったかもしれないので、衣装や美術を楽しみたければ、2Dで十分だと思った。

★作品は、さすがレオ様!
演技は大げささも感じたが、とにかく上手い!
レッドフォードのギャツビーは、優しげな美貌に隠された秘密が
ミステリアスな影になってて魅力的なんだが、
むしろ、ちょい太りのレオ様だと、なんというか…成り上がり臭がすごいのである。
コッポラのシナリオだとギャツビーが何者だったのかは、映画の最後の方まで
秘密にされるが、ラーマン版だと映画中盤で早々に化けの皮がはがれる。
その意味での、キャラクターつくりの忠実さはほんとうに凄い。

愛するデイジーの夫トムに「血筋が違う」とはっきり言われた後の
豹変ぶりとか、レオ様は天才だと思う。

……とは、思うものの、BKが求める、アメリカンドリームをつかんで
億万長者に成り上がり、その魅力で~というあの強烈なギャツビーの感じが
もう一歩かなぁ…というのが……。
ヘタじゃない。ヘタじゃないんだ。
演技はすばらしいんだが、太いよ、レオ様~~!

かと言って、ロバート・レッドフォードの再来と言われた
ブラピがやったとしても、より、比較されちゃうし、名作は難しいね。

d0155379_2305268.jpg
ときどき出る出自の怪しさ……てか、太い。(映画公式画像から)


キャリー・マリガンのデイジーは、高評価多いんだな。
確かに可愛かった。次々と着るプラダもすごい。
良家のお嬢さんで、非常に保守的、非常に利己的な貴族精神。
嫌な意味で、ニックがギャツビーに言う名セリフ、
「君以上に価値ある人間はいない」っていうのと呼応しているようで辛い。
BKは、デイジーはもっと夢見られる妖精さん、天使様のような雰囲気が良かった。
このデイジーじゃ、狂ってもしょうがないって思わせるようなね。
そこまでの価値が無い、よくいる当時の貴族の奥様っていうのも、
デイジー役として当たりなのか。

全体の印象としては、バビは若いときにレッドフォード版を見てしまったので
どうしても比べてしまうというのをやめられないし、偏りはある。
個人的に、憧れるアメリカの男性としては、レッドフォード版ギャツビーかな。
映画全体に漂う1920年代のアメリカのノスタルジーも含め。

でも、原作に近くて、人のどうしようもないエゴや汚い部分や、
1920年のアメリカの光と闇(世界大恐慌直前の乱痴気騒ぎ)を抉り出すように
描けているのは、今回のレオ様版かなと思う。


★しかし、なぜこの時期に「The Great GATSBY」なのか?
アメリカの権威が墜落して久しいけど、
まだ暫定1位を保つアメリカに(そして孤立しているアメリカに)
アメリカンドリームの空しさ、儚さを再実感させるためか?
所詮儚い夢…と見せるには、詩的でなく、
ドライな事実が最後に畳みかけるようで見てて、乾いた痛みを感じる。

それを、後年振り返った(アメリカが大恐慌時代でめちゃくちゃな時期)、
最後のニックの締めは良かった。

全体的に良作だった。
プラダの衣装を見るために観る価値もあり。
しかし、グッと来るには、レオ様が太すぎました……。ごめん。
ここは好みの問題なので、今のレオ様をすんなり受け入れられる人はOKだろう。
例によって「タイタニック」さながら、
水もしたたるイイ男のレオ様のお約束はありました♪


★映画のあとは、新宿伊勢丹で18日までやっているプラダのギャツビー衣装を観て
そそくさと帰りました。

d0155379_2312817.jpg
伊勢丹のイベントスペースの円柱に貼られたポスター。
円柱のそりでそこそこ細く見える。今もイケメンであることは間違いない。
おばちゃんたちが皆写メっていた。人気は衰えないね。

d0155379_232593.jpg
衣装は間近で見られて、写メもOK。
映画じゃわからないディテールもすばらしかった。

ティファニーのパールなども飾られていました。
衣装は本当にゴージャス。感動モノ。一見の価値は十分だよ。


バビ(書いたのはバビだが、感想としてはカイエも)
[PR]
by bkmoonbk | 2013-06-15 02:32 | BKアラカルト
【装飾バンザイ】カイエの妄想物語ドレス【6/9ブリリアントデコレーション】  
さて、こんな夜中に今更告知!

カイエが持っているブランドで洋服系のアイテムは実は5年ぶりくらいです。

あくまでも、コーディネートとして使ってもらう目的なので、
単体だと色は派手だけど形は普通です。

パニエ無しだとただのフリフリスカートなので、二次会とかだったら余裕だと思われます。

いきますよ…

d0155379_7511250.jpg
まずはこんな形です。
ゴシックなやつは、ロング丈だったり、色々あるのでご期待下さい。

柄は4つあります。

で、物語を書いてみました。
妄想はカイエで、文章にしてくれたのはバビです。

いずれ、ブリリアントデコレーションで、みんなが輝く世界に旅をする話を欠きたいのだが、
そのパイロット版でもあります。

1枚1枚のテキスタイルが国になってます。
どこの世界でどんな話をするのか想像しながら着て下さいね。

d0155379_751862.jpg
【虹色の神国】
歌と楽曲が鳴り響く牧歌的な世界。
此処に住む者たちは口頭伝承に頼り、文字を持たない。
不思議な蝶や小鳥たちから知識を得て、歌で伝える。
人間の姿をしているが人よりは妖精のようであり、殆どの者には影が無い。
生まれつき影を持つ者が神官となり、歌で歴史を紡ぐ。

d0155379_7525842.jpg
【焔(ほむら)の帝国】
空が燃え立つように赤く、影が焼け付くように黒い世界。
かつて統治したのは若く麗しき赤の女帝。
しかし今や帝国には誰もいない。
あるとき気位の高い女帝は国民をすべて薔薇に変えてしまった。
その後、孤独に耐えかね、自らも一輪の薔薇となり、誰かの訪れを待ち侘びている。

d0155379_7524976.jpg
【蒼い王国】
蒼褪めた月が永遠に照らす昼無き世界。
君臨するは体熱を持たぬ王。
月の面差しを映す相貌に穿たれた蒼き瞳が冴え冴えと、闇の深遠を見据えている。
王は失った己の心臓を捜して神聖な墓所を彷徨っていた。
温かな生きた人間に触れたいと思うが、愛を知らない故に叶わない。

d0155379_7535048.jpg
【春夢の中つ国】
百花繚乱の常春の世界。
時空に魔法が掛かり、美しい春が永遠に続く。
咲き乱れる花は花弁を散らすことも実を結ぶことも決してない。
此処は統治された国ではなく、訪れることができるのは乙女のみ。
成熟を拒む少女がふと迷い込んでしまう。
ときに花の王に攫われる。


さて、こんなお洋服も登場するブリデコだーー。

ゴスロリって何なんだ、という興味本位で見て全然いいんだよー。
ブランドさんも初めて見るって子に見てもらえるだけで十分!て言ってくれているので
マルイワンにびびって入れないとか、
ゴスロリっこ一回してみたいけどどうしていいか分からないとかでもオーケーです。

思い切ってレッツブリデコ!
モデルさんの綺麗な足にハスハス出来る子はそれだけで参加条件満たしてます。

【コードネーム絶対領域】ゴスロリブランドショー&BK-LIVE【6/9参加表明】

http://3-f.jp/bd/shopping.html

カイエ
[PR]
by bkmoonbk | 2013-06-05 07:54 | イベント
NEWS
BK-Brilliant Kingdom LIVE

BK-Brilliant Kingdom -Live
★衣装、語り、歌、映像で魅せるシアトリカルライブ、ロックテイストでクールな最新感覚ライブを是非体験!

スケジュール・申し込みフォームはこちら
つぶやき
最新の記事
最新のコメント
楽しそう!
by りりま at 10:24
ピヨ子さん、ありがとうご..
by bkmoonbk at 02:10
この間のジャンフェスで初..
by ピヨ子 at 20:45
屍さんへ>返信ありがとう..
by うちわ隊のりな at 23:29
りなさん>> 了解..
by 屍 at 22:01
有志でサイリウム(ペンラ..
by もりあげ at 18:31
屍さんへ☆ はじめ..
by うちわ隊のりな at 18:21
おっけーですよ。うちわ隊..
by BK at 18:10
当日、うちわ隊参加したい..
by 屍 at 22:09
うゎ! めちゃめちゃカ..
by 屍 at 19:05
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

© 2010-2015 Brilliant Kingdom All Rights Reserved.
© 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム