エキサイトブログ
Brilliant Kingdom Official Blog
LINK
CALENDAR
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
エキサイト公式ブログ
高橋秀幸公式ブログ「Let's Get たかHappy!」
仲谷明香公式ブログ「続、駄菓子菓子、」
『AJF NEO GENERATION 2013』公式ブログ
鎌田章吾公式ブログ「俺たちスーパースター!」
海保えりか公式ブログ「ぽえりずむ」
明坂聡美ヴログ『共和国ノ進メ』
Sister MAYO Official Blog「MAYOブラボー」
Prico official blog『PricoのPrilog』
宮路一昭公式ブログ『~MY LIFE~』
井ノ上奈々公式ブログ『井ノ上屋』

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧  
★閑話休題★アリスのティーパーティーの話②  
★今回は、少~しアリスの内容に踏み入れようか。

アリスのティーパーティーのシーンと言えば、マッドティーパーティー(A Mad Tea-Party)。
今でも邦訳は「気違いのお茶会」。(「気違い」って訳、使っていいのか?)
登場人物は、
気違い帽子屋/マッドハッター(the Hatter)
 ※mad hatterとは原著には一度も書かれてないんだぜ。
三月ウサギ(March Hare/マーチヘアー)
ねむりねずみ(Dormouse/ドーマウス)

この「気違いのお茶会」の章はアリスの全編通しても面白さが際立っている章だと思う。
まずキャラクターが面白いよね。

d0155379_23433937.jpg
有名すぎる絵だからわざわざ引用しなくても…だが、じっくり見て欲しい。

●3月ウサギの庭園で開かれるこのティーパーティー、
なんでこんな登場人物かと言うと、まず3月ウサギ。
これはバビもウサギを飼っていたのでわかるのだが、ウサギは年中繁殖できるが
特に3月あたりが妙に元気なんだ。
後ろ足を蹴り上げて躍り上がるようにジャンプする仕草が見られる。
バビ家のじっとしているのが趣味のようなサファイア君もそうだった。
バビの足のそばで踊りあがってはねたのを初めて見たときはびっくりした。

現在ペットとして広く飼われているウサギはrabbit(穴ウサギ)だが、
hareは野ウサギのこと。穴ウサギとは生態が違う。
3月の発情期の跳ね方も激しくて、一瞬狂っているように見える。
そこで「3月ウサギのように狂った」という慣用句が今もイギリスにはある。
すなわち3月ウサギは、マッドティーパーティーにふさわしいキャラクターってことだ。

ちなみに、上に挙げたテニエルの絵のウサギの頭にあるのは「わら」。
ディズニーだと三月ウサギは金髪の髪の毛?にされているが
頭にわらを載せていることが狂人の証だったので、
これは踏襲してほしかったなーと思ったり。


●では、マッドハッターは?
これもヴィクトリア朝に「帽子屋のように狂った」という慣用句がある。
(現在のイギリスでよく使われる慣用句なのかは知らない)
語源は、紳士の必需品シルクハットのフェルト製造のために、
帽子屋さんはしばしば水銀を用いた。さらに帽子を磨くためにも水銀は用いられた。
水銀は中毒性があるため、発狂してしまうことがある。
そういう危険性を知らないで、水銀は銀メッキとか色んな技術に使用されていたわけだが。
それで、発狂する…あるいはそこまで行かなくても身体が震えるとか中毒症状が出る
帽子屋さんが多かったそうだ。
それで、マッドハッターも立派にマッドティーパーティーにふさわしいということになる。

ちなみに上の絵のマッドハッターのシルクハットの「In this style 10/6」とは
「この型は10セント6シリング」ってことなので、無作法にも売り物をかぶってるんだ。


●そしてねむりねずみことヤマネ。
ヤマネは「MAD」という意味には関係しない。
なんでも、オックスフォードの家具屋でいつもシルクハットを被った
「Mad Hatter」の異名を持つ男がいたらしい。
その彼が眠っている者を放り上げる乱暴な目覚ましベッドを発明して
(呆れられつつ)有名だった。
いつも眠っているねむりねずみがマッドハッターの隣で叩き起こされているのは
そこからの発想ではないかと考察されている。
(アリス研究家の第一人者桑原茂夫氏によるマーチン・ガードナーの考察引用)
ねむりねずみの話す糖蜜井戸の3姉妹の話はもちろん、
アリスの3姉妹の名前をもじっている。


★この1人と2匹のお茶会は実にひどい。

・たくさんの席が空いているのに、「席は無いよ」という。

・無理やり席についたアリスに、3月ウサギは「ブドウ酒はいかが?」と勧めつつ
そんなものはどこにも無い。

・「大ガラスが机に似ているのは何故?」と、なぞなぞを問いかけながら、
「答えなんか無いよ」という。
(※このなぞなぞに関しては、答えを求める問い合わせがあまりにも殺到して
キャロルが困って後に答えを作った。それも駄洒落たっぷりにね)

・時計はいつでもアフタヌーンティーの夕刻6時のままだ。


ここでは在ると無いの概念がおかしなことになっているんだ。


ここから、アリスの言葉尻を捕らえて、

I see what I eat. 私は食べるものを見る。
I eat what I see. 私は見るものを食べる。

…が、同じ意味だったら大変だとアリスを攻め立てるが、ねむりねずみが同調して、

I breathe when I sleep. 私は眠るとき息をする。
I sleep when I breathe. 私は息をするとき眠る。

…が、同じなわけがないと言うと、マッドハッターに
「お前にとっては同じことだろう」ととっちめられる。
しかも「what」の使用についての論議だったのに、
ねむりねずみは「when」と間違えている。

この辺の言葉遊びは、英語圏の子供なら本当に楽しくてしょうがないと思う。
残念ながら英語圏でないバビは、邦訳と並べて「素晴らしい機転を利かした訳だな」と
訳に感動するくらいしかないんだけれども。

beat time は「(音楽で)拍子をとる」ことだけど、
直訳すれば、「時間を叩く」ってことになる。
マッドハッターは、時間をキャラクターと捉えて
「時間は打たれるのが大嫌いなんだよ」と言ったりするんだ。

……ああ、こうしたこと細かく話しだすと、英語の授業みたいだ。
詳しい話は色んな翻訳家が訳しているからそっちを見てくれ。


★ここでバビが気になる、在るものが無くて、無いものが在るとする感覚。

端的に言えば、チェシャ猫がきっぱり言った MAD…気が狂っている感覚だが、
これはおそらく、当時キャロルが没頭していた写真と関わっている。

当時の写真は前も話したけど、快晴の日ですら、30分とか恐ろしく長い時間
シャッターを開けて光をとりこまなければ、像を焼き付けられない。
当時のポートレートが椅子に座っているものばかりなのは、そういう理由。
キャロルはさらに、被写体少女たちを横たわらせて撮ることが多かった。
ひとつは、それがじっとしているのに楽な姿勢だったからだ。
もうひとつは、寝転ぶ少女たちが可愛らしいというのがあっただろう。

そのようにじっと固定していてさえ、写真は写っていなかったり、
意外なものが写ったりした。
特に背景などは静物でないかぎり、揺れたり動いたりすると写らない。

本来在るものが無い。

この感覚は、写真を撮る趣味(ほとんどプロ)に熱狂したキャロルには
興味深い現象だった。
オックスフォードのまじめな教師だったキャロルは、少女ヌードもたくさん撮ったが
大学での風評を恐れて、モデルの本人に写真をあげてしまい、
自分のところに残していたものはほとんど処分してしまった。
でも、そのポートレートセンスは、それを仕事にしなかったというだけで、
素晴らしく、さらに撮影スタジオさえ持っているという完全なプロ。

d0155379_23442133.jpg
コンスタンス・モルベリー嬢のヌード写真
キャロルの残したほぼ唯一の少女ヌード写真。
他は処分してしまった。残っていたら素晴らしい写真集になったと思うのに。
彼のオックスフォード数学教師というお堅い立場にとらわれて
万が一のスキャンダルも絶対許せなかった。もったいない。

d0155379_23444495.jpg
19世紀のグラスハウス(撮影スタジオ)
カメラに大事なのはとにかく照明。
壁をガラス張りにして、自然光をできるだけ取り込める工夫をした。
こんな贅沢な(ガラス窓は当時のイギリスでは贅沢品で窓税をかけられた)
撮影スタジオを使っても、被写体は2分~5分をじっとしていないとダメだった。
「Victorian Inventions」

ここで、キャロルの撮影スタジオ「Glass House/グラスハウス」(1871.10完成)と
「鏡の国のアリス」(1章の題:Looking Glass House)(1871.12刊行)の関係も
色濃く見えて面白いのだが……。

そもそも、アリスがとてつもなくなが~いうさぎ穴を落ちてゆくって、
色んな学者が色んな論文書いているけど、当然「穴」っていうのは、
古今東西関係なくリアルと夢の境界の象徴。

プラス、アリスの場合、望遠鏡の筒も隠喩にあるのだろうと桑原茂夫他が
主張しているが、バビもまったくそのとおりだと思っている。

望遠鏡、写真。

ヴィクトリアンで出てきたこれらの画期的な技術が、見えないものを見せ、
見たものを切り取るように記録した(そして細密画家を消滅させた…)が、
これが人々の考えた方に影響を与えたのは間違いない。
ここもすごく興味深いが、ティーパーティーとは関係ないので割愛。

ブリデコまで、ぱらぱらこんなブリデコに関連した日記を書いていこうと思う。
興味を持ったら、3月20日にぜひとも参加してくれ。
キラキラの夢の世界をお見せするよ!!

3月20日ブリデコ参加表明は
https://ssl.form-mailer.jp/fms/297864d8210444 こちら
少数だった指定席は完売したけど、自由席はたくさんあるよ、ぜひ!

次回は「エゴイズムの無い愛」についての話でもするか。
ブリデコにくっついているBKライブのテーマ。
ちょっと哲学まじりの作家論は、バビ得意のカテゴリーだ←
愛について興味の無い子はいないだろう? フフ…


あ、こっちも開催迫ってきたな。行かねば。
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/130301alice.html


バビ
[PR]
by bkmoonbk | 2013-02-28 23:46 | BKアラカルト
★閑話休題★アリスのティーパーティーの話①  
★3月20日のブリデコでは、またnude soxさんの新作ソックスや
Triple*fortuneの新作絶対領域ソックスが紹介される。

d0155379_23362458.jpg
こんな感じの

柄タイツやソックスは今、マストアイテムとして雑誌でも見るし、
ショップで売られているけれど、デザイナーズの物は一味違うよ
今回も綺麗なだけでなく、不思議な柄なんかもある。
バビは膝や太ももがガバッと破れたジーンズに今回のニーハイあわせるつもり。
スカートはかなくても使用方法は色々だよな♪

そしてメインの服の方は、今回どのブランドさんも本当に可愛い
これからの春ピクニックやお茶会にぴったり♪
可愛いすぎるのはちょっと…と思う子もいるかもしれないが、
アレンジの参考や色違いの選択とか、応用はいくらでもできそうなものが
たくさん登場するので期待しててくれ

ファッションショーが椅子に座って見られる指定席は完売しちゃったけど、
自由席はたーっぷり。
1月の反省を踏まえ、ちゃんと皆にモデルさんの脚まで見えるように
セッティングしているから、ぜひブリデコに参加して欲しい!!

d0155379_23371444.jpg
参加表明はこちら。自由席のチケット、たくさんあるよ↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/297864d8210444


★さて、今回は「ティーパーティー」がテーマ。
1月は「鳥かご」だった♪
19世紀の欧州の貴族や有産階級の間で鳥を飼う習慣が広まったこと。
贅沢な鳥かごのこと。そして鳥かごスカート、クリノリンの話をしたんだ。
鳥が大好きなバビは、もっともっとたくさん話したかったが、
ファッションイベントという限られた中では、そうもいかない。

d0155379_23375518.jpg
19世紀に上流貴族階級で使用された豪華すぎる鳥かご。
ありえん。どこに鳥が入るのだ? 
富の象徴だからこんなバカバカしいものを作った。
(海外サイトからあちこち拝借した画像の合体。スマン)

d0155379_23383924.jpg
皆がアンティークの鳥かごっていうとイメージするのはこっちだろう。
中産階級以下。庶民の鳥かご。十分素敵だけどね。

d0155379_2339746.jpg
左:クリノリン(鳥かごスカート)の上からメイドがドレスを着せる図。
右:あまりにもでっかくなりすぎた貴婦人方の
クリノリンを風刺する雑誌の絵。笑える。

カイエが現代に復活させた鳥かごスカートはため息モノだ

http://bkmoonbk.exblog.jp/17622454/

今回の「ティーパーティー」も3月20日のブリデコでは、こうした「鳥かご」話のときのように、
楽しい話をエッセンスだけお聞かせするつもりだ。
19世紀ティーパーティーとなれば、これはやはり皆も大好きなアリスも絡めて話したい。

英国児童文学ってカテゴリで言えば、本当は「ピーターラビット」と
「マザーグース」もティーパーティー話題から外しがたいんだけどね。

ピーターラビットでは、「パイが2つあったおはなし」で、
猫のリビーが犬のダッチェスをティーパーティーに招いている。
その話について語りたかったな。
それとバビはピーターラビットの世界のキャラでは、ピーターの従兄弟で、
ピーターの姉妹フロプシーと結婚してどっさり子供を作った
ベンジャミンバニーが大好きなのだ

d0155379_23394165.jpg
「パイが2つあったおはなし」
猫のリビーの作るパイは美味しいねずみ入り。
犬ダッチェスはティーパーティーに招待されながら食べたくなくて…。
可愛いお茶会の話だ

d0155379_2340863.jpg
マクレガーさんの畑で堂々と盗み食いをするベンジャミン。
漢(オトコ)ウサなら、このくらい堂々として欲しい
ベンジャミンの後ろのピーターは見つからないかと怖くておろおろしている。

d0155379_23403771.jpg
結婚後のベンジャミンは、子どもどっさり。
さすがウサギである。ベンジャミン家は末広がりで安泰だな。
奥さんのフロプシーは目の大きな美人。エプロン姿も魅力的だ

「マザーグース」もめっちゃいいね
イギリスじゃ、ヴィクトリアンの庶民から王室まで知らない人はいない。
ヴィクトリア女王もマザーグースの話をしているくらいだ。
今の王室でもマザーグースは浸透しきっている。
お茶のシーンも出てくるし、ハンプティダンプティはじめ、ハートの女王、
トゥイードルダムとトゥイードルディーとか、アリスの下敷きになっているしね。

d0155379_2341697.jpg
マザーグース絵本と言えば、ケイト・グリーナウェイ
バビの大好きな作家。これは復刻本を買った♪

d0155379_23413255.jpg
ナーサリーティーはイギリスでは大事な子どもの教育の一環なんだよ。
子ども用の本格的な茶器セットがヴィクトリアンではたくさん作られたくらい。

…と、まあ、ティーパーティーはどこまでも広がっていってしまいそうな話題だが、
今回のファッションショーに限定するので、ピーターラビットもマザーグースも
またいずれ機会があれば。

今回はアリスだ。

アリスは1月17日の日記でも語ったけど、周辺の話だったんだ。
アリス憧憬①

http://bkmoonbk.exblog.jp/17648366/

アリス憧憬②


http://bkmoonbk.exblog.jp/17648384/

……だめだ。アリスの前の前フリが長すぎた。
★閑話休題★アリスのティーパーティー②へ続く

http://bkmoonbk.exblog.jp/17906642/

バビ
[PR]
by bkmoonbk | 2013-02-28 23:42 | BKアラカルト
★閑話休題★おばけってイイネ!  
バビっす。
2月がもうすぐ終わるとか嘘のようだが、今年もまた確実に着実に、
花粉症に苦しめられているので、「ああ、春だなぁ」と思う今日この頃
今回の日記クソ長い。覚悟を!

この春は個人的に行きたい展示会、講演会、ライブ、イベントが目白押し。
時間の隙間を突いて、マスク必須でこそこそ出かけている。

昨日は、知り合いのお誘いで、水木しげる総長、京極夏彦教授、荒俣宏教授の
開校されているあのお化け大学校のトークライブに、BKそろってちょっと参加してきた。
バビは荒俣宏さんの著作がめちゃくちゃ大好きなのだが、
今回のトークライブには、荒俣先生はいらっしゃらなかった。
もちろん京極夏彦さんも大好きだ。デビュー作から読んでいる。
どんな話が飛び出すかわくわくしながら、参加させてもらった

バビは、皆が興味あるファッションと仕事が直結のカイエと違って、
自分の仕事のことを話さないので、
西洋文化関係の文筆?と思われていたりするようだけど、違うんだよ。
ブリデコやBKライブで、バビが台本にしたり語ったりしている
ヴィクトリアンや西洋の話は完全に趣味。
本来専門は日本のほう。
ただし時代はヴィクトリアンあたりと一緒だけどね。
日本文化に興味があるから、同時代の海外にも少々詳しくなったんだよ。

d0155379_21524641.jpg
「それゆけ!妖怪馬鹿おやじ」の皆様(京極夏彦、村上健司、多田克己、郡司聡)の
トークライブのおしらせはがき。
京極先生はじめ、BKご紹介受けておしゃべりもさせていただいた


★さて「化け大光画部・写真展&「それゆけ!妖怪馬鹿おやじ」トークライブ」
というタイトルとおり、昨日は、それぞれお化け学校の皆さんが
フィルムの一眼で撮った「お化けのいそうな場所」写真の展示と、
その写真にまつわるトークショウだったので、内容は撮影時のこととか、
わりと軽い逸話が飛び交った。
バビにとって興味深かった話は、トークライブに参加された皆さんの
お人柄などがわかる爆笑エピソード含め、5点くらいあったけど、
1点だけ、言及しておこう。

「お化けは、ドーナツみたいなもの」

京極さんはそう繰り返し言われていた。
基本お化けは見えないし、100%写真にも写らない。
また一般的に勘違いされやすい心霊とお化けは違うもの。
心霊は非常に個人的な恨みつらみが生み出すベツモノであって、
お化けはもっと可愛らしい愛嬌のあるもの。
その土地の風習などにも結びついた存在。
神々しいと神様にもなるが、ちょっとオバカだとオバケなのだと
ざっくり説明されていた。

で、お化けのどこがドーナツなのかと言うと、
見えないお化けは何によって「いる」と思わせるのか、みんなが信じるのか
という部分が似ていると言う。

ドーナツの穴は、ドーナツの輪が無ければ存在しない。
ドーナツに穴があると誰もがわかっているが、その穴はまわりがあって生まれる。
ドーナツの穴単体では存在しえない。

見えないお化けも、ドーナツの穴と同じだと言うわけだ。
つまり、お化けが出そうな場所というのがとても大事で、
しかもそれは個人の感性に拠るもの。
水木しげる先生は、同じオリンパスカメラを3台持っていて、
とにかくどこでも写真を撮る。一体何を撮っているのか周囲はわからない。
出来た写真も必ずしも素晴らしい写真でもないのだが、
そこにお化けがいそうという雰囲気はすごくあるのだとか。

水木作品は、そうした写真を数枚コラージュすることによって、
いっそうお化けのいそうな場所を生み出している。
水木しげるの漫画は、背景の書き込みがものすごいのはそういう理由だ。

d0155379_21534138.jpg
水木先生ってキャラユーモラスなのに、確かに背景すごすぎる。
これは、今年京極さんの監修で刊行される水木しげる漫画大全集のちらし。
全部で108冊になるらしい。全集並べると3mになるとか。スゲエ
ヨーロッパではこれぞ「Cool Japan」として、水木先生の漫画は
ファッション誌に紹介されている。日本のお墓や卒塔婆と写真と一緒にね←
日本人が、十字架やヴァンパイアをかっこいいと思うのと同じ感覚なんだね。


★八百万神の国の日本はアニミズム。
日本のお化けも根っこはそこで、民俗学と分かちがたい。
バビは柳田國男が大好きで、その関係で遠野も何度も行っている。
水木しげる全集は膨大で手が出せそうもないが、
角川で4月に出る京極先生の「遠野物語remix」をすごい楽しみにしているんだ。

「遠野物語」も含め、土着の習慣風俗から生まれた河童や座敷童子なんかが
お化けなのはとてもよくわかる。
そして個人的な恨みつらみが心霊ならば、
四谷怪談のお岩さんは心霊で、怨霊だ。
ろくろ首はお化けだと思うが、番町皿屋敷のお菊さんも怨霊だな。

お化けのカテゴライズとしては、これらの怨霊はどういう扱いなんだろうか?

お化け、心霊、怨霊の線引きはお化け大学では常識なのかもしれないが、
一般人には説明欲しいところだよな。聞いてみたかったな。


★さて、こうした水木会の皆様の好きなおばけをバビもそこそこ好きだが、
日本の妖怪と言うと、イメージする好きな浮世絵師がいる。

それは月岡芳年(つきおかよしとし)。

芳年は最後の浮世絵師。
幕末から明治にかけて活躍した人で、歌舞伎役者のようにとても美形だった。
去年秋に没後120年記念展を原宿の大田美術館で大々的にやっていて
駅で広告もさんざん出ていたから、知っている人もいると思うけどどうだろう?

芳年の別名は「血みどろ芳年」。

江戸川乱歩や、谷崎潤一郎、芥川龍之介、三島由紀夫などに偏愛されて
紹介されまくった残虐スプラッタ絵で有名な浮世絵師なんだ。

無惨絵はものすごい怖い。
芳年が独自に作り出した鮮やかな血の色が、版画いっぱいに彩っている。
生首も、皮はぎも、なます切りも、切腹や何やらでの飛び散る内臓も、ほんとに怖い。
有名絵画の血の表現は基本大丈夫なバビでさえ、何枚も見ていると鳥肌が立つ。
(交通事故とかそういう血は駄目。全然無理。採血の注射で脳貧血レベル)

芥川龍之介は、芳年の血みどろ絵をコレクションしていたけど、
だんだん見ていられなくなって、手離したとか。
こんな風に、あまりにも高名な作家たちに愛されたために、
「血みどろ絵」が今じゃ有名になりすぎた浮世絵師だけど、実際色々描いている。
新聞の挿絵版画家でもあったしね。

この芳年の描く妖怪がとっても素敵なのだ。
芳年は終生、怪異とか妖怪に興味を持っていて、独特の美学があった。
21世紀に通じるような、色彩とか耽美感覚すらあるように思う。

それが「新形三十六怪撰」

日本の妖怪って美しいなぁとしみじみ思う絵なんだよ。
もっとも、怪談というのは歌舞伎にとても多くて、
その歌舞伎から発想されている絵もあるから、こんな風に絢爛なんだが。

d0155379_21573470.jpg
★小町桜の精
これは小町桜という切り倒されそうな桜の木の精。
「精」もお化けだろ。

d0155379_2155697.jpg
清姫日高川に蛇躰と成るの図
安珍清姫伝説。
お坊さんの安珍に恋した清姫が裏切られて蛇になって安珍を殺した
有名な伝説だよ。今昔物語にある。
清姫は蛇だけどお化けじゃなくて、怨霊か。

d0155379_21593380.jpg
二十四孝狐火の図
狐火はこれは怪異か?
この姫は、妖怪じゃなく上杉謙信の娘八重垣姫。
敵将の息子武田勝頼に恋しちゃって、助けちゃうっていうね。
ロミジュリ的話は日本人大好きだよな。

d0155379_2203174.jpg
葛の葉きつね童子にわかるるの図
これもめっちゃ有名。
美貌の妖怪狐にして安部清明のお母さんだ。
まあこれは立派に妖怪だな。


★バビは妖怪は専門外だが、幻想から生まれているものとして興味津々。
カイエは妖怪馬鹿おやじwの皆様のトークショウの話題だった
わら人形の話で興奮していた。
また次回もこっそり行けたらいいなと思う♪

では、次の日記は3月20日のブリデコ関連のアリスの話をまたするかも~♪


バビ
[PR]
by bkmoonbk | 2013-02-27 22:01 | BKプライベート
3/20ブリリアントデコレーション  

公式マトメサイトはこちら



3月20日(日)は「Brilliant Star☆デコレーションズ」vol.2 が渋谷REXで開催されるよ!
通称「ブリデコ」はファッションと音楽のミクスチャー。
3つのイベントと各種物販ブースで成り立っています。

d0155379_04785.jpg

①【ファッションショウ】 1時間程度
複数のファッションブランドが春の新作を発表するファッションショウ
モデルはプロモデルだけでなく、ライブアイドルやV系アーティストも♪

d0155379_048426.jpg

前回のTriple*fortuneの鳥かごスカートのマリエ

d0155379_0521016.jpg

「その名はすぺぃど」さんも、またモデル出演してくれる

②【ファッションコンテスト】 1時間程度
参加者様(事前応募)によるファッションコンテスト
テーマは「なりたい自分♪」自作派からオリジナルコーデまでなんでもOK!
審査員は、デザイナー、音楽業界、出版マスコミ関係など。
映像はレコード会社やラジオ放送局などにプロモーションとして配布されています。

d0155379_053780.jpg

前回のコンテスト出場者様(一部)

③【BKライブ】 40分程度
主催のBKのショートライブ
歌、語り、衣装、映像、BKライブのエッセンスをぎゅっと!
ワンマンライブよりかなりコンパクト。対バンより豪華♪

d0155379_0541916.jpg

1月6日ブリデコ1のBKライブの様子

④【各種物販】
各出展ブランドさんの新作試着会や、イベント限定物販。
モデル出演のアーティストさんのイベント物販など。
(Triple*fortuneはイベント後、他ブランド様は各ブースで随時)

d0155379_0545850.jpg

BABI公式

d0155379_0555698.jpg

Kaie公式
前回の限定ブリキン公式リング(PGL様製)


ファッションショウ時のみ、椅子席もあり。
会場の出入りはスタンプを押してもらって自由です♪
[PR]
by bkmoonbk | 2013-02-21 14:38
★3月20日アフタヌーンティーのはなし★  


★閑話休題★アフタヌーンティーの小話

☆さて、1月6日のブリデコで、BKは参加者様をファッションショウへ
お誘いする王子として、「Brilliant Starを持つってどういうこと?」
「19世紀に流行した小鳥を飼う習慣と鳥かごとクリノリン」等について語った。

3月20日のブリデコ2では「ティーパーティー」について少々語るつもりだ。

最近は、多くのゴスロリブランドさんもよく主催しているティーパーティー。
むろんそれだけじゃなく、個人的にちょっと華やかに装ってお茶をしに行くことが
好きな子はたくさんいるだろう。
お洒落な喫茶店や紅茶専門店が経営する喫茶店でお茶をいただくことは、
とても気分が寛ぐ。
お茶そのものの楽しみだけでなく、家じゃ扱えないシルバーのティーポットや
茶器を愛でて、しばし日常から離れた優雅なひとときを味わうことも大きい。

d0155379_0575937.jpg

皆大好きだよね。イギリス式アフタヌーンティー♪

そうしたお茶の習慣っていうのは、元祖を言えば中国。
日本には仏教伝来とともに8世紀に入ってきた。
ヨーロッパには15世紀、イギリスには実は最も遅く17世紀に伝わった。

お茶…いや、珍しい嗜好品(生活必需品でない)のほとんどがそうだけれど、
基本それを最初にたしなむのは王侯貴族で、庶民が手にするのはずっと後だ。
お茶も最初はヨーロッパ各国の宮廷に献上品の中でも超高級品として出回った。
イギリスはピューリタン革命で共和制を敷いていたため、
王政復古の1662年までお茶が入って来なかったんだ。

まあそれから色々あって、イギリスはインドから東南アジア、
そして中国と貿易をできるようになり、
そこでようやく、お茶がイギリスに広く普及したわけだ。

現在、皆がよく知っているイギリス式の「アフタヌーンティー」。
誰が始めたか知っているか? 
名前は知らない子がいたとしても、多分誰でもその顔は知っている。
キリンビバレッジの「午後の紅茶」あのラベルについている女性だ。
アンナ・マリア・ベッドフォード公爵夫人。
彼女はヴィクトリア女王のお母さんの高級女官で、アフタヌーンティーを広めた人物。
d0155379_0582940.jpg

キリンの午後の紅茶のこのラベルの人!
アンナ・マリア

d0155379_059757.jpg

こんな肖像画や…

d0155379_0594247.jpg

こんな肖像画が残されている。黒髪だったんだな。

……顔違うように見えるぞ。
d0155379_15548.jpg

アンナマリアがアフタヌーンティーを開いていた
ウーバンアビー ベッドフォード公爵のマナー(荘園)ハウス。
英国紅茶好きでここを知らないとエセ

☆「アフタヌーンティー」は、ただ夕飯までの空腹を紛らわすための
有閑夫人のお茶ではなくて、きっちりとした社交の場であり、
お茶やティーセット、飾られる花のセンスはもとより、
主催した婦人の品格、知性まで試される場だった。
形式は全然違うが、そのサロンの精神性は茶道にも近いものだった。

アンナ・マリアは、知性、教養、センス、品格どれも秀でていた貴婦人で
彼女の主催するアフタヌーンティーはとても人気を博したらしい。
王侯貴族や上級貴族だけでなく、中産階級、そして一般市民にも普及するにつれ
だんだんカジュアルな形になっていったが、
アンナ・マリアの時代が最も尊ばれているのは、今も変わりがない。

こういうほんの小さなことを知るだけでも、
お茶の時間の気分が華やぐよね
お茶やティーカップのことも知ったらなおいっそう楽しいよ♪


☆そう、人はイメージを食べたり、身につけたりする生き物。
「ブリデコ」は夢とリアルの間にキラキラした橋を渡せるイベントにしたい。
ぜひ「なりたい自分」の姿になって参加してくれ。
あるいは「なりたい自分」の表現の手助けをしてくれる小物の一品を探しに
ファッションショウを見にきてほしい。
そして、BKライブはいつも人の心を扱った内容だ。今回は「愛」

出入りは自由の会場。何を求めるかも自由だよ。
1月6日の初回より内容を改善して、
より良くなった新しい形のイベントにぜひ皆参加してほしいな!


バビ
[PR]
by bkmoonbk | 2013-02-21 01:06 | イベント
2月10日「BK バレンタインスペシャル2013」ゆるれぽ②  
ゆるれぽ続き♪

★2幕目スタート前のスクリーン。

BKライブのオキテ(ルール)
「みんなが楽しく、一つになること!」が語られた。
BGMはもちろん「バレンタインデーキッス」もうお約束だな。

毎年みんなのイラスト募集もしていたが、
今回はどうしても(バビが)やりたいことがあった!

それは、バッキー&カッキー しろく○カフェ紙人形バージョン
しろくま君とペンギンさんは作ったことがある。簡単だった。
そこでBKもできるはずと思ったのだ!

d0155379_7394966.jpg
しろくま○フェの紙人形の型紙から、
バッキーカッキー用に正確に起こしてアレンジ

2匹が出た途端、大ウケ。
BKはスクリーン裏のステージ上でスタンバっているわけだが
BKもあのみんなのスクリーンを押すような歓声で乗るんだよね。
ありがとう。ウケてくれて嬉しい♪


2幕OP
★「READY STEADY GO」ラルク
REDコート&BLUEコート衣装
明るいナンバー歌うときのド定番OPのような…。
おかげでみんなも歌ってくれるのが、こっちもすごく乗りやすいんだ!

d0155379_7402221.jpg
笑顔が基本タレ目…。アイライナーつりあげても絶対そうなんだよねぇ。


★「INVOKE」TMR
引き続き、久しぶりのタカノリソング。


d0155379_7405064.jpg
超久しぶりに歌ったので、ダンスもつけてみたぞ♪


★「Can do」グラロデ
カイエ眼鏡:黒縁メガネ(緑間風メガネ)
お待ちかねのナンバーで、みんな跳ねてたね!
can do it!のサビは大合唱。ステージ超熱血&熱気だった。ありがとう♪
BKも前奏・間奏部はフルカウントでダンス!

d0155379_7412110.jpg
服装はアイドル衣装だし黒髪なのに、
「なのだよ」なおしるこ好きに思えてくる不思議。
わきチラ、腹チラ大サービスだな、おい。


★BKバレンタインの恋バナ
これは来た子たちだけのヒミツ♪
(見た子が日記に内容書くのは自由だよ)


★「17’ROCK YOU!」BK
ブリキン学園衣装 
バビ眼鏡:グラサン(静雄サングラス)カイエ眼鏡:銀フチ(宜野座メガネ)

d0155379_7415869.jpg
歌う前のハプニング。知らされてなかったので焦ったぜ。
参加してくれたリアル男子のみんな用にチョコをつめていたはずの箱なのに、
中にはバビ用がちゃんと入っていた。

d0155379_742255.jpg
銀ブチは鉄板だな! グフフ(B)

以上、セトリ&衣装&メガネでした♪

d0155379_7425195.jpg
みんなで食べた巨大チョコレートケーキ♪
みんなで食べると特別美味しいよねぇ~~vvv
この画像はお持ち帰り自由にしますv
日記にでもツイッターにでも貼ってくれ。

d0155379_7431869.jpg
BKファミリーはいつまでも一緒だぁあの満面笑顔!
今年もみんなと笑いあいたい。(あれ、バビ腹チラすぎじゃね…ゲッ)

本当にどうもありがとう♪


●さて、お祭り騒ぎの2幕はともかく、
1幕の「愛」の話は、2013年のBKの前期のテーマとして
細かいチェンジをしながらやっていくつもりだ。
これまで「涙~」と「絶望」は、ミリタリー物扱いで、
戦争によって敵対関係になってしまう親友同士の葛藤とか、
そういう外側の事情からの裏切り(「涙」~)、
絶望(「XTC」)を歌ったわけだが。

今年は違う。

「様々に形を変える愛」による、内なる裏切りと絶望にして歌いたい。
外部から強制されることによる悲劇より、こちらの方がいっそう深刻だ。

別にBKが言うことではないけど、歌には色んな歌い方があって良いはず。
こめる思いがいつも同じでなくてもいいんだ。
バビの歌詞は概念的、抽象的なことが多いので、色んな解釈が成立する。
これを利用して、同じ歌でも違う思いで歌うとこうなるっていうのが
みんなに見せられて、そのテーマの部分に共感してもらえたらいいな。


●今年、また新しい出発をしたBK
☆ファッションと音楽の融合「Brilliant Star☆デコレーションズ」
こちらでは、みんなに普段着とは違う夢のある晴れやかな衣装
(アクセひとつ、タイツひとつでも構わない。それを身に着けること)で
心が明るくなるような、そういう解放の場を提案していきたい。
ミニファッションショー、ファッションコンテスト、BKライブのドッキング!
夢と希望の場所のキラキラライブだ♪

☆BKワンマンライブ
現実と戦っているみんなが帰る場所。
デリケートな心の問題をいろんな形で扱い、
明日の勇気をBKとみんなで充電する
ファミリーのホームグラウンド的ライブ♪
ライブっていう形式にちょっとびびる子も安心の場所。
みんなへの語りかけも衣装チェンジも普通じゃなく多い。

☆BK野戦ライブ
対バン。今はV系さんが多いが、様々なジャンルと対バンする。
そこでは、BKソルジャーの戦い(応援)が必須だ。
30~40分にぎゅーっとエッセンスをしぼりこんだ野戦型セトリは、
「BKライブってどんな感じ?」とちょっと知りたい子にもオススメ♪
案外特典も多い←

こんな風に「1日1歩、3日で3歩、3歩進んで1歩下がる」的(古い!)
あゆみではあるが、今の事務所やスタッフ、そしてファミリーとともに
3年目に突入した。
もうインディーズであろうと、「新人だから~」とかは決して言えない。
厳しいステップアップの年となる。

どうか、みんな、夢はふわふわした甘いものじゃない。
実現させるためにがんばるものが「夢」。
楽しいときも苦しいときも、今年も一緒に進んでいきたい。
よろしくな!

そして最後に、食べきれないほどの愛のチョコレートをありがとう♪
どちらかと言えば、バビ得なチョコレート♪
しかし、デブ禁止令(今回入らなくなったズボンというのが発覚した!)が
カイエから出てしまったので、こっそり食べます←


●さて次回

次回は3月20日(祝水)
「Brilliant Star☆デコレーションズ」Vol.2
1回目のイベントが評価されて2回目が決定したんだ。
初回の問題点(椅子など)を改善した。
ぜひ、コスプレとはまた違う視点の夢ある衣装で参加してほしい!

そして5月6日(祝月)
「K-LOVE Special 2013」
今年もすぐ歳食ってしまうぜ。まったくもう。
「俺なんか祝ってくれなくていいんだからな!」とネガキャンしているカイエだが、
いや、しかしこの日はバビもみんなと盛り上げに徹するぞ!
よろしく頼む!

6月9日(日)
ぼわわ~んと…。3月20日の評価次第のナニカ…

これ以外に、野戦が突然決まる予定なので、今年の前半も怒涛だ!
 
BKジェットコースターの乗組員、まだまだ大募集!!
友達作戦も今年は展開していきたいぞ。よろしくね♪


文責:バビ
[PR]
by bkmoonbk | 2013-02-13 07:44 | イベント
2月10日「BK バレンタインスペシャル2013」ゆるれぽ①  
バレンタインに一番近い日曜日、それも多くのイベントが重なる連休の真ん中に
わざわざBKライブに足を運んでくれたみんな、とても感謝しているよ。


●BKも今回は愛のイベントライブってことで、色んな催しを企画していたが、
一番ドキドキだったのは、バレンタインのBKの実話を話すことだった。
BKは実体験でパンツを見せているような恥ずかしさがあるのに、
作り話のような盛り上がりがあるわけじゃないから、
皆が面白くなかったらどうしよう?とかも思ったよ。

だけど公式録画のムービー見る限り、笑いがたくさん起こっていたので、
楽しんでもらえてほっとした

ライブじゃ恋愛の実話は滅多にしないからな!
ほんと特別なんだぜ。

●それから、今回の「カイエの愛のメガネスペシャル」は
知的眼鏡好きのバビが提案したのだが、これは予想通りの大ウケで
バビは個人的に大満足だ
(カイエはまだ自分が眼鏡を似合わないと信じている…ネガキャンめ!)

というわけで、今回の新セットリストと、衣装と、眼鏡は以下の通りだ。

★「罪と罰~神様のアリバイ」ABC
絶望XTC衣装 カイエ眼鏡:フレームレス(手塚メガネ)
OP背中向けて、振り向きざまに「キャッ♪」と声があがったね。シメシメ。

d0155379_7291542.jpg
ステージが暗めで、殺陣でバビがカイエをなぐって、
メガネが飛ぶのがイマイチわからんかったか……


★「涙に慄え聖なる赦しのキスをしろ」BK
演出ががらりと変わった。歌の振り付けは変えないよ!

d0155379_730130.jpg
「服従しろ!助けてくれと命を乞え!~」の
愛ゆえに気が狂った「K」。
これまでの軍部の高圧とは違う。…迫真www


★「絶望XTC」BK
これも戦争を逃れてきたという演出は削除。
XTCの小説は半分書いてあるのだ、今年公開するよ。
合体振り付けも今年変えたいなぁ。

d0155379_7305786.jpg
陶酔「B」。今回カイエ眼鏡にアテられたせいか、入り込んでて
こんな顔ばっか。そして色々やらかしたしな…NO!

d0155379_7312775.jpg
チューも超粘着チュー。
ビクトリアンチューであるvvv


★「B」様愛のMC「愛は不可解」

d0155379_732039.jpg
「教えてくれ。オレの心がわかるのは……お前だけだ」
(「B」様の「(たくさんの遊び相手はいるが)本気で愛してくれているのは
お前だけ。そして、オレも本気で愛しているのはお前だけ。
お前がオレには最後の女ぁ」演歌的告白シーン)

★「K」様愛のMC「愛は永遠」

d0155379_7323163.jpg
「お前は、悦びよりも、苦しみを共に分かちあう勇気はあるか?」
(「K」様のお前を嫁にもらう前に言っておきたい
「俺の味噌汁はうまく作れ」的告白シーン)
「月下」の前のこのMCで「K」様が愛の告白をしたが、
内容わかっただろうか?
それよりみんなヴァンパイア+モノクルにやられて告白の前に討ち死に多数。


★「月下の微熱幻想(ファンタジア)」BK
B:夏狼男衣装、K:冬ヴァンパイア衣装、
カイエ眼鏡:モノクル(19世紀「K」様メガネ)

d0155379_733142.jpg
素晴らしい… ベストショットだと思う


d0155379_733283.jpg
カイエにつられてバビも世界どっぷり。(…マイク…くっ!)


d0155379_7335639.jpg
バビが一番の役得シーン
いっておくが、本体の黄金なめこカイエには100%興味が無い。
黄金なめこ…じゃないカイエ+スーパーハリネズミヘア+黒い衣装+眼鏡
=バビ陥落…である

★「Bloody Rose」BK

d0155379_7342394.jpg
さて、新曲の3拍子。(正確には8分の6拍子)
今回こそは~!とBK必死に練習した成果は出たのか?

d0155379_7345090.jpg
「穢れなき愛など…在るのか……?」
バビにバラでぶったかかれたい、闇薔薇姫、荊(イバラ)王子大募集←


★「キルケゴールの人間の自意識について」MCのみ。
有限性(現実の自分)と無限性(なりたい自分)の意識的な総合関係の中で
ゆらゆらと彷徨い続けるのが、人間の自意識、自我だと説いている。
だから躓き(つまづき)=失敗は当たり前なんだ。

躓きながら、オレたちと進もう!


★「Angelic Blaster~偽りの現実(リアル)を撃て~」BK
AB地に堕ちた機械天使衣装

d0155379_7352074.jpg
久しぶりに着たAB本来の衣装。
スチームパンクなんだぜ。丸2年前に作ったが。

d0155379_7354363.jpg
カイエの衣装のほうが複雑なので2年の間にどんどん
修正(主に着替えのためのギミック)が加えられた。


1幕終了!


ゆるれぽ②に続く!!

文責:バビ
[PR]
by bkmoonbk | 2013-02-13 07:36 | イベント
★つどえ! BKバレンタイン・スペシャル2013★  
★バビっす。
いよいよ今週末が、BKの「バレンタイン・スペシャル2013」!!
この時期になると、街中に愛とチョコレートが溢れ返る昨今だ。
ガチで真剣な愛を彼氏や片思いの相手に捧げる女子は14日全力でがんばって欲しいが、
その前に、10日(日)のBKライブは、イベントとして
女子も男子も、みんなで大いに楽しんじゃいたいと思う!
もちろん14日の事前練習として…いや本気で、BKに愛を捧げてくれてもいいんだぞ

さて、今年のバレンタインはずばり「愛」について語るが、
今年の前半しばらくライブのテーマにするだろう。しっかり見てほしい

d0155379_027780.jpg
ヴィクトリア朝時代には、すっかりバレンタインは定着
バビの膨大なヴィクトリアンカードコレクションの一部。
コピーのポストカードでよければ、欲しい子にあげるよ♪


★去年のバレンタインは、怖い話をしていたな。
血みどろなバレンタインの話だ。
去年のバレンタインライブMCを少し紹介しよう。


淑女ならびに紳士の人間諸君。
お前たちの西暦にして3世紀、269年の2月14日。
その日に何があったか知っているか?

当時、ローマの兵士たちは、戦争への気力をくじくという理由で
結婚が法律で禁じられていた。
しかし、若い兵士とその恋人の結婚をひそかに取り持つ者がいた。
それがキリスト教会の、バレンタイン司教だった。
バレンタイン司教は、ローマ皇帝の怒りを買い、捕らえられ、
死ぬまで棍棒で殴られた後、首を跳ねられた。

神の教えを守って死ぬことを「殉教」と言い、お前たちは尊ぶ。
今では、バレンタイン司教が殺された日を、
「愛」の祝日と祝っているのがお前たちなら、
その聖者として讃える者を、むごたらしく殺したのも、またお前たち人間だ。

聖アガタは、鋏(はさみ)で、乳房を切り取られ、
聖セバスチャンは、杭に縛られ、無数の矢で射殺され
聖ローレンティウスは、焼き網で焼かれた。

お前たちが口にする「愛」は、これだから面白い。
いつでも俺たちに、それを踏みにじって弄ぶ法悦を与え、

……一方で、月を映すさざ波のように、
美しくも捕らえがたいものに…見えている。

d0155379_0291918.jpg
サン・ヴァレンティーノ教会
田舎にあるのでBKも行ったことはない。旅行サイトから

d0155379_0295075.jpg
聖ヴァレンティヌス(聖バレンタイン)
遺骸。イタリアは聖人ミイラは教会に飾られる。旅行でたくさん見たぞ。
これが本物なのかバビは知らないが。

d0155379_0301992.jpg
聖ヴァレンタインの洗礼
ヤコボ・バッサーノのめっちゃ有名な絵
去年のライブ参加してくれた子はみんな知ってるね

d0155379_0305192.jpg
聖アガタ
おっぱい切り取られるとか痛すぎなので、画像小さく
聖人は(キリスト教を捨てず)ひどい残虐な死に方をすればするほど崇(あが)められたのだ。

d0155379_0312761.jpg
聖セバスチャン
昔から美青年エロ絵のような不謹慎な裏の意味でももてはやされた

d0155379_0315818.jpg
聖セバスチャンのコスプレ??? 
画像検索したら出てきたよ…なんか、まあこういう方面が好きな人もいるよな


★今回は聖人伝紹介みたいなひねりは無い。もっとストレートな話だ。


「愛」とは、なんなのか……?


この決して掴みきれない感情について、問いつめる。
しっかり見て、聞いてほしい。

d0155379_0322587.jpg
ミラグロ(の、アクセ。素敵でしょ)
聖供物として捧げられた。本来は子羊などの心臓
「お前たちの心は何処にある? 脳か? 心臓か?」


★そして、今年のバレンタインも、ただのライブじゃないぞ
愛のイベントライブ
スペシャル企画が盛りだくさんだよ

●オリソンだけじゃなくて、ノリノリのカバー曲もやるからね!
「Can do」は皆で合唱したい。BKと一緒に歌って踊ってくれ

●それから公約した、カイエの愛のメガネスペシャル
色んなメガネで「K」様が愛をささやいてくれるぞ。
今回は愛の話ばかりだから、その威力はメガトン級だ。
腰にクるから、みんなで支えあうように←

d0155379_0325285.jpg
カイエのメガネコレクション
モノクル姿の「K」様には久しぶりにバビも、KOされますた…
存分に叫んでいいぞ

●バレンタインオンリー、恒例のBKの実話の恋バナが炸裂だ。
作り話じゃないので、相当に恥ずかしい…。全裸を見られる感じだ。
言っておくがエロ話ではないぞ。
エロ本の朗読のほうがBKはよっぽどはずかしくないんだからな!

●そして、みんなで一緒に巨大なチョコレートケーキを食べて、
また口が真っ青になったりして…(「あーん♪」もあり)

●最後には、みんな、ヴィクトリアンポーズで、
BKからのキス…じゃなかった、ハグと、牙プリクラを受けとるがよい。
(より腐った者には、マジで牙でがぶがぶもしてやろう)
BKが今年の手帳に貼れるように、みんなの最新プリクラもくれよ!!

d0155379_0332268.jpg
ヴィクトリアンポーズのキス
女子は弓なりにのけぞれ いや、男子もだぞ

d0155379_0335065.jpg
BKガブガブプリクラ
基本、プリ交換前提! チョコレートでもいいぜ


★ライブの場所はBKの実家、渋谷K2!
バレンタインから初参加って子も毎年多いよ。
ぜひぜひ気軽に参加してくれ。
2時間程度のイベントだが、ジェットコースターのようにもりだくさんだ。
おおいに叫んで、おおいに笑って、みんなで心からホットになろう

参加表明はコチラ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/737647e085921
[PR]
by bkmoonbk | 2013-02-06 00:34 | BK音楽関係
NEWS
BK-Brilliant Kingdom LIVE

BK-Brilliant Kingdom -Live
★衣装、語り、歌、映像で魅せるシアトリカルライブ、ロックテイストでクールな最新感覚ライブを是非体験!

スケジュール・申し込みフォームはこちら
つぶやき
最新の記事
最新のコメント
楽しそう!
by りりま at 10:24
ピヨ子さん、ありがとうご..
by bkmoonbk at 02:10
この間のジャンフェスで初..
by ピヨ子 at 20:45
屍さんへ>返信ありがとう..
by うちわ隊のりな at 23:29
りなさん>> 了解..
by 屍 at 22:01
有志でサイリウム(ペンラ..
by もりあげ at 18:31
屍さんへ☆ はじめ..
by うちわ隊のりな at 18:21
おっけーですよ。うちわ隊..
by BK at 18:10
当日、うちわ隊参加したい..
by 屍 at 22:09
うゎ! めちゃめちゃカ..
by 屍 at 19:05
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

© 2010-2015 Brilliant Kingdom All Rights Reserved.
© 1997-2015 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム